コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             フライdeオヤニラミ!!

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

フライdeオヤニラミ!!

082_20130515175235.jpg

071.jpg

初夏の蒸し暑い風の中、紫色のアザミが咲く土手を走る。

向かう先は、頭の中を離れない夢の魚オヤニラミの棲む小川。

小川のほとりのブッシュは背丈ほど多い茂りちょっとしたジャングル状態、故に人里にありながら、人を寄せ付けない。

魚たちはそこにひっそりと棲み、太古の時代から命を繋いでいる。

今回はフライマンの僕、道具は年季が入ってるけど、一筋ではなくルアーの合間にやる程度。


020.jpg
058_20130515175229.jpg
0.6号にBBのショット(ガンダマ)を装着、フライはニンフの#16~#12

オイカワで使用している、7fの#2ロッド、DT-2のフライライン。

今回は日本のフライフィッシングのシーンではあまり語られる事の少ないニンフを使ったアウトリガーメソッドを小川で試すことに。

先日の餌釣りの感覚で言えば、魚のサイズが小さい為、ルアーよりもフライが有利かと思ったのがその理由。

相手は水深30~1.5mくらいにいるオヤニラミ、待ち伏せ方の捕食の為、普段は物陰でじっとしていて、流れてくる餌を捕食して隠れ家にUターンする様な動きをするから、オヤニラミの付く障害物周りを丹念に探るには、ニンフ(水生昆虫を模したフライ)でボトムを這わせるイメージで探る釣りをして行く必要がある。
005_20130515175222.jpg
初夏の生き物、ヌマガエル、そしてもう直ぐ雨の季節。
雷魚や鯉も浅瀬に出てきている。
054_20130515175521.jpg
適度にマンメイドストラクチャーのあるエリア。
ボトムを探ると、バットまでグイっと絞るトルクフルな引き。

珍客のギンブナ、実は二回目、フナのフライフッシングが成立するのもニンフならでは。
061_20130515175523.jpg
続いてスピード感あるバイトにアワセをいれると、ジグザク頭を振りながら上がってきた、カワムツ。

今日は高活性の様子、オスはこの南国の果実の様な鮮やかな婚姻色。

追星にオレンジのアイシャドウも入ってます、そしてクロモの可愛い白い花。

063.jpg
貴方は誰ですか?ハイわたしドン子ちゃんです~♪ 
066.jpg
速やかに お引取り下さい・・・・ フライで釣れるとは(笑)
067.jpg



そして終に!

終に!!

この時が来た!

043_20130515175813.jpg
震えるほどの感動をくれたオヤニラミがちゃんと僕のフライを咥えて。
040.jpg
僕が探してた「蒼色」はここに。

038_20130515175805.jpg
同じ魚だけど、光の角度でこんなに色は違う。


049.jpg


048_20130517002735.jpg




僕の釣りは、間違いなくコレだ!と思える瞬間に出逢えた事は釣師として最高の幸せである。


近道などせず、わざわざ長い時間を掛けて、君に逢いたかったのは。

この瞬間に、忘れかけて、錆び付いてた、この胸を弾ませる想いをしたかったから。

この胸の熱が冷めないのは、今日こそ逢えるかもしれないって毎回思ってたから。

大きな魚を追い求めることが、この釣りの全てでは無いことを、改めて教えてくれた。

何時までも、この小川で命を繋いで欲しい。



もしも、僕の息子が将来、君の子孫に逢いにきたら、また、同じ熱を教えて欲しい。

僕は悪戯に、希少な魚を釣りたいだけではなく。

今、この時代に残された、本当に大切なものを多くの人に伝えたいだけ。

こんなに小さな野生がある事を、釣り仲間、そして皆に伝えたいだけ。

希少種、イトウやアカメを大切に想う釣師が、その魚を釣る理由と似ているかもしれない、根っこには、その環境が残されてる事を確かめたいから。

本当に、この小さな野生が釣れなくなってしまう前に、僕は何かをしなければ成らない使命を感じた。

この釣りに先駆者など無くても、飽くなき探究心で求め続ける事が、唯一の道。





あのとき2009年の秋に偶然発見したオヤニラミをその場所でやっと釣る事が出来た。

今思えば、このブログを始めて、小畔川通信のjetpapaさんの「韋駄天」の写真に深く感銘を受けて、オイカワ釣りを再開し、それが切欠でオヤニラミに出会って、釣りたくて逢いたくて、地元のじろうさん、九州釣行記@福岡のタカヲさんに出逢って、地元ならではのものを色々教えて頂き、念願のフライで釣る事が出来た。

そして、諦めずに済んだのは、古き友の言葉、やっぱり、一川三年ですよ、秩父のNさん。

そして読者のみなさま 本当にありがとうございました!

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/15(水) 17:53:19|
  2. 川眼張疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<どうした東洋式? | ホーム | オヤニラミ釣行写真>>

コメント

感動をありがとうございます

Megaceryle さんのお陰で、オヤニラミの存在を知ることができました。
大きさを求める事だけが釣りの目的では無い事を、私はタナゴ釣りから教えられました。
在来・外来種の問題も、真剣に釣りをする様になってから、考える様になったのかもしれません。
いつも感動する記事を本当にありがとうございます。
マズメ時、アイにラインが通り辛くなってしまい、ルアーロッドばかり手にするようになってしまいましたが、またフライロッドを握りたくなりました。その前に、もっとキャスティングの練習をしなければなりませんが...(汗)
ⅡでMegaceryle さんのアップのお写真にも感動しました!
  1. 2013/05/17(金) 00:01:58 |
  2. URL |
  3. danran #-
  4. [ 編集 ]

やった~

  フライでオヤニラミおめでとう御座います!

 はじめからフライで狙って釣ったというのは

 世界初?かもしれませんね~

 外道がイッパイいるのも面白いですね~

 ドンコがいい味出してます。

 これからも回を重ね、メソッドを確立していって

 ください!
  1. 2013/05/17(金) 06:26:50 |
  2. URL |
  3. saitamasunosuke #QPK5ksfk
  4. [ 編集 ]

こんにちは!

追い求めた一匹…感動しますよね!
私もそんな釣りができる様になりたいです。
  1. 2013/05/18(土) 10:03:19 |
  2. URL |
  3. hiro #/rItj/Do
  4. [ 編集 ]

満願成就

 何年越しになったのでしょうか

 オヤニラミの生態を調べ、手を替え品を替え
 ここに釣りのだいご味が凝縮されているのではと関連記事を振りかえり強く思いました。
 恐らくオヤニラミを日本で、もしかして世界で初めてフライで釣ったのかもしれません。
 そんなロマンを感じました。
 満願成就、おめでとうございます。

 直ぐそこに、家に近く自転車で気軽に行けるところに、希少種が生息している。
 永遠に残しておきたい環境です。
 オヤニラミに限らず、ドンコ、銀ブナ、カワムツ、オイカワ、雑魚が沢山居るところが普通なので種類が少ないところは、何か問題ありです。
 lここはパラダイスなんですね。

 大物、小物、在来種、外来種、そろそろ釣りの仕方も整理されなければ日本古来の貴重な種が絶滅してしまうのかもしれません。

 そんなことを語りかけてくれた素晴らしい出来事でした。

 おめでとうございます、そしてありがとうございます。
  1. 2013/05/19(日) 04:12:54 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

Megaceryleさんへ

オヤニラミおめでとうございます!
大変綺麗な魚体だなぁ~って思いました。
僕は井の頭公園の水族館っでみるばかりですので、大変羨ましいです(笑)!

僕もMegaceryleの影響を受けて、何時の日かオヤニラミを!って思いながら、多摩川で挑戦したいのですが、その一方本来は多摩川には居ない魚種が生存している、国内外来種の問題もあり、日々これ勉強しています。

何はともあれ、おめでとうございます!
  1. 2013/05/19(日) 13:55:35 |
  2. URL |
  3. トレック #-
  4. [ 編集 ]

おめでとうございます!
こんなに生き生きとしたオヤニラミの写真は、初めてです!!
もともと食物連鎖の頂点の魚でしょうから個体数は少ない上に、環境破壊もあって貴重な魚になっているんでしょうね。
なんとか種を維持、いや増えて欲しいものですね。

PS.いろいろな魚種が釣れますね(^^)
  1. 2013/05/20(月) 07:12:32 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

danranさん

コメントありがとうございます。
オイカワのフライフィッシング、手軽で奥が深くおすすめですよ。
フライのキャスティングは何歳になっても上達するから不思議です。

色々な問題は有るかもしれないけれど、小さな野生は何時も無垢で美しいですね。
  1. 2013/05/20(月) 22:56:40 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

saitamasunosukeさん

コメントありがとうございます。
世界初!と言いたいところですが、随分前から既に関西方面のフライマンでやってる人いるみたいです。
今回の河川は十分釣らせてもらった(二匹ですが・・・)ので他の小川、あちこち探ってみたいと思います。
  1. 2013/05/20(月) 23:01:52 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

hiroさん

コメントありがとうございます。
より感動するには、釣れない釣りをどれだけ積み重ねたのか?が重要な様です。
本当に久々に震えるほど嬉しい魚でした。
  1. 2013/05/20(月) 23:04:53 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん

コメントありがとうございます。
オイカワ釣り再開、本当にその切欠になったのは、小畔川の「韋駄天」の素晴らしい写真だったのです。

アイシャドウを・・なんて書いてあるものだから、それはもう虜になりましたよ。

そんなオイカワの姿を知っているのに、今までヤマメの外道だと思ってカメラを向けた事も無かった自分が居ました。「九州の韋駄天」今度はそれも探してみたいと思います。

本当にありがとうございました。
  1. 2013/05/20(月) 23:35:11 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

トレックさん

コメントありがとうございます。
多摩川のオヤニラミ、少し複雑な気がしますが、ニンフで五目釣りを楽しみながら狙ってみてはどうでしょうか?大変面白い釣りでしたよ。
  1. 2013/05/20(月) 23:41:35 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

しげさん

コメントありがとうございます。
いつか「Four eyes」もしくは「kawamebari」という名のオヤニラミ・フライ用の竿を作りたいと考えてます。
僕は不器用なので、物凄く時間は掛かるかも知れませんが(笑)
  1. 2013/05/20(月) 23:51:46 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

素敵な釣りです。

初めてコメントさせていただきます。

おめでとうございます!

オヤニラミにルアーで挑戦したことがありますが失敗に終わってます。

このブログを拝見させていただき、改めてフライで挑戦しようと思いました。
  1. 2013/05/22(水) 21:55:53 |
  2. URL |
  3. ボ・ロバン #-
  4. [ 編集 ]

ボ・ロバンさん

コメントありがとうございます。
いやいやフライで狙ってくれるなんて嬉しい限りです♪
僕もルアーでは釣る事が出来ていません、チェイスはあるのですが・・・いかんせん魚が小さい。
マラブージグでもまだ大きい・・そしてフライに辿り着きました。
一番最初にオヤニラミを見つけてフライを落とした時、逃げられたのでフライはダメなんだと勝手に思い込んでました。
是非是非、フライで釣られて下さい、僕も今回とは別の河川にて只今調査中です。
色々と情報交換させて下さい、今後とも宜しくお願い致します。


  1. 2013/05/22(水) 23:10:18 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

おめでとうございます!

私も九州に長いこと住んでいますが、フライでオヤニラミを釣り上げた人を見たことがありませんでした。

素晴らしい!

美しい鮮やかな色彩!

感動を呼びます(^^)

  1. 2013/05/30(木) 04:57:46 |
  2. URL |
  3. mpfyh669 #-
  4. [ 編集 ]

mpfyh669さん

コメントありがとうございます。
真に小さな宝石の様な魚でした。
僕は淡水小物を釣るフライマンに逢ったことがありません。
もう少し増えてくれるといいのですけどね。
  1. 2013/05/30(木) 22:51:23 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは

Megaceryleさんのオヤニラミの記事に触発されて、再度オヤニラミ釣りにチャレンジしました。
フライで釣ろうと試みましたが、結局的にニンフにミミズを付けて釣りました。
今回はミミズで釣りましたが、今回の釣行で次回フライで釣るにあたりかなりの収穫になりました。
私のブログで釣行記事を書く予定ですが、その際Megaceryleさんのこの記事のリンクを貼ってもよろしいでしょうか?
  1. 2013/06/05(水) 12:10:22 |
  2. URL |
  3. ボ・ロバン #-
  4. [ 編集 ]

ボ・ロバンさん

コメントありがとうございます。
やっとオヤニラミ釣れましたか!おめでとうございます。
リンクに関しては大歓迎です、こんなブログで宜しければなんぼでも貼ってくださいませ。
ついでに相互リンクさせて頂いても宜しいでしょうか?宜しくお願いいたします。
  1. 2013/06/05(水) 22:00:28 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

ありがとうございます!よい刺激をいただきました。

相互リンクもうれしいです。こちらこそよろしくお願いします!
  1. 2013/06/06(木) 07:50:26 |
  2. URL |
  3. ボ・ロバン #-
  4. [ 編集 ]

ボ・ロバンさん

素敵な記事とリンクありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2013/06/06(木) 22:49:31 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/462-8ea1a59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: