コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             OLD Daiwa ! PHANTOM-MAGSERVO

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

OLD Daiwa ! PHANTOM-MAGSERVO

phantom MAG gs10
ダイワ ファントムマグサーボ GS-10
先日、ふらっと入ったリサイクルショップで、少年時代の僕に出逢ってしまった。
あの頃みたいに、何時かこのリールでバス釣りがしたい・・・そう思ったら居ても立っても居られず、手に入れてしまった。

1982年、ファントムマグサーボSSシリーズが、電磁誘導ブレーキ、マグサーボを纏い鮮烈にデビューする。
「釣りキチ三平」のアニメ放映があった頃、そのCMが盛んに流れていた。
少年達の憧れはもちろんSSシリーズだが、定価15000円のリールをそう簡単に買えるはずもなかった。

ファントムシリーズはアメリカのダイワブランド名で、僕的にはベトナム戦争で使用されたアメリカ海軍の全天候型戦闘機、F4 ファントムⅡを連想させる言葉であるが、幽霊、亡霊、幻想、幻影や幻を意味する。

僕等にとっても、手に入らないまま、大人になってしまった幻のリールでもある。

そして、その廉価版が、このGSシリーズ、少し遅れて1983年頃からの発売と記憶している。
GSシリーズの価格は一万円を切っていたから、何とか手に入れられそうな存在のリールだった。
当然、僕も手に入れてバス少年をしていたのだけど、何時かはABUっていう憧れの中で、少し使っただけで、躊躇いも無く手放してしまった。

僕が初めてバスを釣ったリールは、間違いなく「ファントムマグサーボ」であるのに、二度とそのリールを手にすることが無かった。

30年後、そんなリールに再会するなんて・・
色々な思いにワクワクしながら、家に持ち帰り、OHを施すべく、ハウジングを開けてみると、その内部の機構を見たとたんゾクっときてしまった。

この構造を、隅々まで僕は知っている、バラす手順も迷い無く、次々にパーツを外す事が出来る。

当時は悩みながらバラして、間違えては、組みなおすを繰り返していたリールだけに、僕はリールメンテナンスの基本をこのリールで覚えていたのである。

さて、このリール、30年の時間をどうすごしてきたのだろうか?

まず、不具合であった、ノイズと逆転、その原因を探すべく内部を観察する。

その原因は直ぐに理解できた。

クラッチのリバースロックの銅板が、どういう訳か間違えて組まれていた、この組み付けを間違えると、予期せぬ逆転と巻き上げ時に激しいノイズを生む。

憶測だが、購入されて割と早い段階で分解され、組み付けに失敗して不具合発生、そのままお蔵入りしたリールなのだろうか?

経過年数の割に、外見の損傷は少なく、外装のビス留め部にのネジのメッキ部に青錆びが見られる程度で真鍮ブラシで一本、一本、磨くと輝きを取り戻した。

内部のアルマイトの腐食なんかはないから塩水で使われた形跡も無い。
各部のガタも少ないから、実釣上問題無いコンディションである。

このリールがあると、あとはスピードスティックかスーパーパルサーのFBシリーズが使いたくなる。
ルアーは、バスハンターやウッドマックあたりかな・・と、しばし、少年時代にタイムスリップした感覚になる。

今日は冬型で肌寒く、北風の強い日だった。
暖かなコーヒーでも飲みながら、古い釣り道具で遊ぶのも、有意義な過ごし方と思う。

今夜は、現実の釣りに戻って、筑後川の有明鱸に逢いに行くつもりである。
釣れれば、釣行記、釣れなければ・・また再挑戦かな。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/14(水) 12:51:01|
  2. 大口黒鱒用道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<釣師としての新たなる一歩。 | ホーム | 2012年秋、オイカワのフライフィッシングのススメ >>

コメント

こんにちは。
懐かしいです!。私は遠心ブレーキ型を購入しました。ブレーキの小さなコマみたいなのを、よくあちらこちらに転がらせて探してました。これにグラスロッドのフジスピードステック2ピースを組み合わせて。今思えば、よくこんな重たい竿とリールを振り回せてたものだと。糸は当然ストーレーンの黄色。ルアーはヘドンとフレッドアボーガストとエバンスのトップウォーター5/8OZ。まるで戦艦の砲撃戦の如くに水柱揚げて着水させてました。それで釣れたりしたものだから不思議です。
  1. 2012/11/15(木) 00:47:45 |
  2. URL |
  3. x68000 #-
  4. [ 編集 ]

Megaceryleさん、おはようございます。

懐かしのタックルに巡り合え、衝動買い・・・
そのドッキリ・ワクワク感、解りますねぇ~

分解、メンテナンスも、子供の頃に夢中で組み立てたプラモデルに近い感覚があります(笑)

リールひとつで想像をふくらませ、ヒットシーンまで描いてしまう 楽しいひと時ですね。
  1. 2012/11/15(木) 08:56:22 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

懐かしい・・・!

こんばんは。
思わず、涙が出そうになります。
マグサーボ、ファントム、バンタム、ミリオネア・・・
ABUが全盛だった時代に、日本のベイトリールのさきがけだったように記憶しています。
ショーケースの中にあっても、手が出ませんでしたが・・・
ちなみに、僕はスピンキャストも使っていました。
当時のベイトはバックラッシュも多かったので^^;
そういう意味でも、マグサーボの登場は画期的でしたね!
  1. 2012/11/16(金) 20:12:29 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

マグサーボ?

確か3グラムのバルサミノーをフルスゥイング出来る!とかなんとかって広告だったような?(笑)
当時は、ラパラとか投げるのに苦労したもんですから(笑)
マジか?と思いました。
スピニング使えば楽なルアーもベイトで投げてた僕達でしたね(苦笑)
  1. 2012/11/17(土) 12:53:44 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

x68000さん

コメントありがとうございます。
ファントムの遠心ブレーキブロックは、釣り場での分解時(バックラッシュの時とか)よく外れて行方不明になるみたいですね、僕の相方がそれでした(笑)
今考えると、当時の重いタックルだったから腕も鍛えられ、力に頼らないキャスティングフォームも身についたのだと思います、実際そのお陰でどんなタックルでも使う事が出来ます。
やっぱりストレーンですよね、何処かに売ってないかなぁ、ポンド表示のシールをリールに貼りたいので(笑)
  1. 2012/11/18(日) 00:23:46 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

cami さん

コメントありがとうございます。
僕も、プラモデル好きでした。
何故か日産のS110シルビア・ガゼール、あとR30のスカイラインばかり作ってた気がします。
あの頃、あんなに夢中になれたのにって事、結構ありますよね。

今は、このリールを使って釣りに行くのを楽しみ毎日過ごしています(笑)
  1. 2012/11/18(日) 00:33:27 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

しげさん

コメントありがとうございます。
80年代の日本製品って僕らの先輩達が欧米の製品を真似て、日本人の知恵でそれ以上を作ろうと努力してた感が凄くあって好きなのですよ。
そしてスピンキャスト、初心者にこれ以上トラブルレス、ストレスフリーなりールは無いです、もっと市場に出回って良いのにと思います。
  1. 2012/11/18(日) 00:38:00 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

コメントありがとうございます。
キャスト時、水煙を上げて回転するスプールの写真、3gのプラグをフルスイングってコピーでした 確か(笑)
そうそう、意地でもベイトタックル、って痩せ我慢的な釣りでしたよね。

僕も吉見の沼で、あの兄貴に会うまで、バス=スピニングタックルの発想はなかったです。
  1. 2012/11/18(日) 00:46:03 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/443-9b5f9ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: