コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             渓流釣行 6月 原点回帰の梅雨入り。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

渓流釣行 6月 原点回帰の梅雨入り。

今日、九州北部が梅雨入りしたと気象庁から発表された。
その頃、僕はダムからの遡上魚を求めて、ハンドルを握り上り坂を急いだ。
久々の釣行に胸は弾むが、そうは甘くないのがこの釣り。

さて、ここ数日の北部九州は雨量が少なく、活水での苦戦が予想されるが、雨さえ降ればチャンスは訪れるはずだと目論んでみたが。
IMGP1034.jpg
土砂降りの釣りを想定していたのだが、意外に雨量は少ない。
IMGP1043.jpg
青空を忘れた紫陽花の青色、霧雨、薄曇り、スコールのような激しい雨。
短い時間に刻々と天候は変化してゆく。
頼む、もっと降ってくれ。
IMGP1042.jpg
桑の実、食べたら唇がドドメ色。
IMGP1033.jpg
あれだけの水は何処へ行ったのだろうか・・・見渡す限り、活水の流れ、これでは遡上魚の見込みは無い。
IMGP1035.jpg
それでも、来てしまったからには、ダメなら駄目を確認するべし。
IMGP1032.jpg
案の定、水が湯だっていた数日前を物語る様に、活水の流れ、石の苔は腐り、鱒の住む流れではなかった。
IMGP1029.jpg
それでも、酸素が有りそうなポイントから、数十匹の魚がルアーをチェイスしてくる。
正体は、ハス。
昨年も、その前の年も、そのまた前もハスが釣れた気がする。
IMGP1028.jpg
ランドロックのサクラマスは何処へ行った・・・・
本命が御留守の時、彼等がこの流れを支配する。
IMGP1037.jpg
何度味わっても釣れない時の上り坂ほど、身の重さを感じる道は無い。
行きはよいよい、帰りは辛い。

一旦車に戻り、冷静に記憶を辿れば、この近くの渓流で、6年前に「九州初のヤマメ」を僕は釣った事を思い出した。

再びハンドルを握ると、あの時、霧雨の渓流でヤマメを連発させた流れを目差す。
山村の古い町並みを抜けて、山道を登ると、その渓流へと到着する。
IMGP1044.jpg
この状況を予想していたのか、渓流タックルが・・・何故か車に積んである。

UFM バックウォータースペシャル BWS‐55
ミッチェル 408  
3LB ナイロンライン
ブルーのラインで色合いも合わせている確信犯だったりする。

早速、入渓すると、こんな流れである。
IMGP1063.jpg
支流も水が少ないが、ポイントには蜘蛛の巣だらけで先行者が誰も居ない好条件。
IMGP1057.jpg
白泡の切れ間のレーンにミノーが上手く乗ると、食い損ねたのか、パシャっと水柱。
そのまま、ステイさせて細かくルアーを振ると、再び水柱。

「ヒット!」

こんな獰猛なヤマメは知らないので、何時ものカワムツとかじゃないよね?と半信半疑で寄せてくると、中々それでシャープな走りをする。
IMGP1049.jpg
大判、小判のパーマーク、その野性味溢れる、地ヤマメ。
IMGP1056.jpg
ミノーはやっぱり、ツインクル 45S&45mm
IMGP1060.jpg
使い慣れた僕のミノー達、渓流にてヤマメを一番釣ったミノーかもしれない。
釣れないまま終わるのも、釣れるまで諦めず最後には釣るのも同じ一日。

6年前に良い釣りをしてから、再釣行を一度もせずに今まで来たのは、きっと釣れるのがわかっている流れで釣りたく無いという偏屈な意地を張ってたからだと思う。

流れにヤマメを帰すと、僕は6年ぶりに、原点回帰を出来た気になった。
そして二匹目を釣る気には成れず、退渓とした。

また何時か自分の釣りに迷いが出たら、このヤマメに逢いに行けば良い。

魚はすぐ近くに何時もいるのに、僕らは何故か自ら遠ざけて、腕が上がった気分になっている
明日自由に釣るために、今はしっかり釣らねば成らぬ季節かもしれない。

少し目が覚めたよ、ありがとう。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/06/08(金) 23:09:11|
  2. 鮭・鱒族疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
<<それが釣り、これが釣り。 | ホーム | それも釣り、これも釣り。>>

コメント

Megaceryleさん、こんばんは。

何故か車に積んである・・・確信犯・・・それ大好きですょ~(笑)

僕は積み過ぎていますが~w

往年のタックル写真を見て、久々にミッチェル408&ツインクル45S使いたくなりました。


  1. 2012/06/09(土) 20:52:43 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

cami さん

コメントありがとうございます。
毎年、遡上物を求めてこの川を攻めていますが、最初の年に尺をキャッチして以来、まったく釣れません(笑)
なので、何故か保険に積んであるんですよ!やはり活水の平瀬にTWS45は良いですね。
  1. 2012/06/09(土) 23:22:09 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ダム湖

  は、その流れだと厳しそうですね~

九州の止水での鱒釣り事情の難しさお察し

いたします。

こちらの本流もハスがこれから釣れ始め

ますが、最近では珍しい存在になりつつ有る

様です。

ボサッ川のヤマメ、良い色していますね~

赤みが強く、野生を感じさせる容姿です。

こちらもそろそろ終わりの様です、

ここが終わるといよいよ東北ツアーの始まり

です。
  1. 2012/06/10(日) 14:56:40 |
  2. URL |
  3. saitamasunosuke #QPK5ksfk
  4. [ 編集 ]

確信犯だな(笑)

どうもです。
オイラも何故か積んである事が多いです(笑)

良い山女魚っす!
がっ?リールが…?(笑)まあ、バックに良いワッペン着けてるので、良しとしますか(笑)

その道具だてだと
『おときさん』での釣りのイメージかねぇ?
ツインクル45Sが泣かせます(笑)
オイラも先日の鬼怒川上流部で使っちゃいましたけど(笑)

良い仕事するミノーですね。
  1. 2012/06/10(日) 18:39:27 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

雨・・・

ご無沙汰です!!

雨は、川を潤すばかりじゃなく
渓魚の活性をあげてくれますよね。

先日の釣行で、入渓者が多い渓で
小雨が降る釣行時、小さいプールでの出来事

それまでルアーに無反応だった渓魚達が・・・
大粒の雨に変わり水中が見づらい場面に・・・
その瞬間、湧いてきました!!
サイズは小さいですが5~6匹も・・・

これからは雨天決行が癖になりそうです。
  1. 2012/06/10(日) 18:42:09 |
  2. URL |
  3. gijie.angler #aghQ/S3w
  4. [ 編集 ]

サイタマスノスケさん

コメントありがとうございます。
九州のダム湖のバックウォーターに、嘗て北関東の釣りを夢見ております、なかなか目覚めない儚い夢です。
夏の東北ツアー釣行記を楽しみにしてます(笑)
  1. 2012/06/10(日) 22:37:02 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

コメントありがとうございます。
そうです、「おときさん」です、最近子供と沢蟹取りをして気付きました、「蟹⇒ヤマメ⇒蟹」
釣りはフナに始まりフナに終わる。
渓流は蟹にはじまり蟹に終わる。
幼少の頃、祖父と沢蟹取りをしたのが「おときさん」なんです。
あーあの頃、僕は、純粋だったのに。。。
兄貴分のおかげ様で今じゃへそ曲がりの古タックル釣師になってます(笑)
  1. 2012/06/10(日) 22:43:28 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #8iCOsRG2
  4. [ 編集 ]

gijie.angler さん

コメントありがとうございます。
雨が降ったらまだ山道のアスファルトが乾かない内に渓流へ!って通ったものです。
雨で釣れだすのには、酸素、水温、色々ありますが。
おそらく、雨降ると鳥が飛ばなくなるからじゃないのかな?と最近は思っています。
昼間からマズメ状態ですものね。
  1. 2012/06/10(日) 22:48:44 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

こちらは若干の増水と濁りが呼び水となったようで本流差しのパー付きアマゴに出会えました。
これからの季節は本流アマゴにシーバスに太刀魚にメッキアジと忙しくなりますが幸せな忙しさを堪能したいと思います。

こちらこそありがとうございますと言ってしまいそうになる記事でした。幸せな忙しさがMegaceryle氏にも訪れることを願っています。
  1. 2012/06/11(月) 11:49:21 |
  2. URL |
  3. six #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!
蓮〇や釜〇周辺も桑の実でいっぱいです。
僕が初めて来たときもちょうど同じ季節でした。

夏は渓流に浮気しようかと思ってます♪
  1. 2012/06/11(月) 22:13:21 |
  2. URL |
  3. たいきち #-
  4. [ 編集 ]

sixさん

コメントありがとうございます。
この梅雨の時期は、生命全体が夏へ向けて最高潮を迎える時ですから、色々と釣り物がありますね。
八月半ばを迎えると、川の中はもう寂しい秋になります。僕は年数回のペースでしか釣りには行けませんので僕の分も釣ってくださいね!
  1. 2012/06/11(月) 23:47:43 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

たいきちさん

コメントありがとうございます。
僕も高校生の頃は、その釣り場へ何度も通ったものでした。
あ、そろそろ近所で熊谷の釣り大会の落ちマスが釣れる頃ですよ。
  1. 2012/06/11(月) 23:50:57 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/06/12(火) 01:06:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

たいへん遅くなりまして(^^;)
タックルセレクトが完璧っすね!リールがどうのと云う人も居るみたいですが…わかってませんね!(笑)
だいぶ水が減水してる中いいヤマメが釣れて良かったですね!釣りは水しだいな所ありますから…
これからも九州支部の活動を楽しみにしてます!
  1. 2012/06/12(火) 12:35:21 |
  2. URL |
  3. みっちぇる #-
  4. [ 編集 ]

みっちぇるさん

コメントありがとうございます。
解禁から三ヶ月、家庭的にやっと解禁です(笑)
ミッチェルのリールフットは長いので、実はBWS55のスクリューシートに装着は大変困難でしたが、408の個体差でなんとか入りました。
超渇水の釣りでしたが、ワッペンの効力で何とか釣れましたよ!
  1. 2012/06/12(火) 12:46:24 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

かっこいいヤマメですね。
出撃回数が少なくても、心に残る魚を釣る。
目指したい釣りですね。
  1. 2012/06/12(火) 21:41:55 |
  2. URL |
  3. じろう #-
  4. [ 編集 ]

じろうさん

コメントありがとうございます。
魚を釣るテクニックよりも、少ない釣行数での釣をいかに有意義に見せるか?のテクニックを磨いております(笑)
次回はそちらの山へお邪魔するかもしれません。
  1. 2012/06/12(火) 22:42:46 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです。

地付きの良いヤマメですね!潔く1本で退渓するあたりは流石です!私ならツインクルで何処までヤマメが居るか調査してしまうなあ・・・
しかし川の状況見るとほんと渇水が酷く鱒達には酷な環境ですが・・・梅雨は梅雨らしく降って欲しいものですね。
  1. 2012/06/13(水) 18:11:51 |
  2. URL |
  3. hiraipapa #-
  4. [ 編集 ]

hiraipapaさん

コメントありがとうございます。
本流へ遡上する鱒を釣りたいのですが、それが簡単に行きません。以前釣ったのが偶然?なんて思えてくるからいけませんね。
纏まった雨が降ったらまた、確実な渓流に頼らず釣りたいものです。
  1. 2012/06/14(木) 07:53:00 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

もう、往年の…なんですね。

初めてコメントさせていただきます。

ちょっと前から存じておりましたが、バックウォータースペシャルとミッチェルの組み合わせに思わず書き込みました。

実は私も同じ組み合わせなんです。(リールは黒ボディーのですが…)

最近では主にヘビーウェイト向きのタックルセットですが、久しぶりに使ってみたくなりました。

他の記事も興味深いものばかりで楽しく読ませていただいております。

また、お邪魔いたします。
  1. 2013/06/20(木) 10:39:30 |
  2. URL |
  3. こっしー #JBFGtPPo
  4. [ 編集 ]

こっしーさん

コメントありがとうございます。
BWS-55は名竿です、BWSのグリップに408はフットが長いので通常入らないのですが、僕のは少し磨耗してるので何とかフィットしています。
これからも宜しくお願い致します。
  1. 2013/06/24(月) 08:42:56 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/426-c4238595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: