コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             ルアーキャスティング  釣りを楽しむ為の基礎・基本。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

ルアーキャスティング  釣りを楽しむ為の基礎・基本。

IMGP0413hgf.jpg
ルアー釣りの基本にはキャスティングがある。

ただ「ルアー投げる事」と一言で片付けるのは簡単だが、何の為に「投げる」のかでその方法・作法は変わってくる。当たり前だが、魚の居る場所や魚が餌を狙ってる場所へ正確にルアーを送り込まなければ釣りは成立しない。

それが川なら流し込む事や、湖や海なら縦に沈める事で送り込む事は出来る。
しかし、その始点がズレれば当然の如く修正も出来なくなるものである。

ボートから真下へ釣る釣り意外では、ルアーを「魚により近付ける」為にキャスティングを正確に行う必要がある。
ルアータックルの性能には色々あるのだが、近づく為の性能を疎かにしては釣が成立しないのである。
だからと云って、釣具メーカーのカタログや広告で飛距離に関する能書きを鵜呑みにしては能が無さ過ぎる。道具とは基礎が出来て初めて使いこなせるというもの、何が大切で何が重要なのかは理解されてから道具選びもした方が良い。

ロッドには様々なマティリアルがある。素材だけでも竹・グラス・カーボン・ボロン・・それぞれに反発力や比重が異なるから、同じキャストフォームでも初速が変わる。何が良くて何がダメなんて事は無く、それぞれにメリットデメリットがある。色々なロッドを使う事で僕の場合は、基礎が見えてきた。全てのロッドにおける操作の共通点である。

もちろん僕よりもキャスティングが上手いアングラーはごまんと居る。
釣場でその人のキャスティングを見れば、どんな釣りをしてきたか?その経験値は?何となくわかってしまう。キャスティングだけはフィールドでの場数を踏んだ人、通い抜いた人、その求めてきたスタイルでアングラーの個性が浮き彫りになる。

まず、ベテランやプロと同じ道具を使えば、上手く投げられるなんていう事は有り得ない。本当のキャスティングの名手であれば、ロッド開発者・製作者がいい加減な数字で作ったロッドだとしてもそれなりに使いこなしてしまうものである。

それをふまえた上でキャスティングのメカニズムを考える事が大事ではないだろうか。

まず僕等がロッドを振り、撃ち放ったルアーには色々な力が加わる。まず重力、そしてルアーが受ける空気抵抗、ラインの摩擦、スプールエッジやガイドがその摩擦抵抗になる。ベイトキャスティングであれば、軸受部の回転抵抗が生じる。それにより初速を失ったルアーはやがて放物線を描き着水する。室内でもそれが生じるのに、実際のフィールドでは四方八方から風が吹き、その風速は常に変化しているのだから正確なキャストなんて年に一度出来るか出来ないか?の世界である。

それなら適当に投げても同じでは?なんて考えになるかもしれないが、基礎や理屈・理論を考えて腕を磨くのと、何も考えずに道具任せのホッポリキャストでは雲泥の差があると言うことである。

基本はオーバーヘッドキャスト。

読んで字の如し、頭上をルアーがロッドティップが通過しアングラーの身体の軸に対して正確な方向性を持ち、最大限の飛距離と最も正確なアキュラシーを誇る。脇を閉めて肘や肩などは固定させて支点は手首(リスト)のみである。これを繰り返し徹底的に身体に叩き込む事をしてきたアングラーと、何も努力せず道具任せで今まで釣りをしてきたアングラーとでは、後の釣りの楽しさの幅が明らかに異なる。

キャスティングが上手なアングラーは、毎回ロッドの撓り具合、反発の返し方、振動の逃がし方を手の内で楽しんでいるのである。手の内、指の動き、手のひらの中で行われる複雑な加重移動も自由自在ならば、使うルアーやロッドに合わせた初速コントロールなんていうのも、お手の物なのだ。

ベイトキャスティングとスピニングでは何が異なるのか?
もちろん、リールの構造、形状、操作は異なるが・・ロッドの使い方は同じである。初速に対しての放物線、つまりは飛距離に差は生じるものとは、僕は考えていない。

一般的には、軽量ルアーがスピニング向き、重量ルアーはベイト向きというが、3gでもベイトで飛ぶし、50gでもスピニングで投げてしまうので、使うルアーのウエイトに合ったロッド選び、飛距離に合わせたラインキャパシティを持つリール選びの方が遥かに重要ではないだろうか。

ルアーを始めた子供の頃から僕はキャスティングが好きで、飛ばす事、正確なスポットへ放り込む事に拘ってきた。もう30年以上、キャスティングしてきたつもりだけれど、まだ完璧だなんて思えない。

どうしたらもっとこう・・そんな疑問は尽きない。

僕等はプロゴルファーの様に正確な動作でキャスト出来ているのだろうか?
その「キャスティング」にはどんな意味が込められているのか?

より自由にこの釣りを楽しむ為に、キャスティングの基礎、基本をもう一度考えて行こう。

皆様はオーバーヘッドキャスティングしてますか?
皆様のご意見もお待ちしております。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/05/23(水) 10:24:05|
  2. 釣の能書きと愚痴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<それも釣り、これも釣り。 | ホーム | 筑後川シーバス釣行 5月 久々の筑後川。>>

コメント

今年はオーバーヘッドできる場所でほとんど釣りしてないですねぇ。
スパーンと振り抜きたい気分です~。
この記事を読んで、最近流行のスナップだけでバビュンと飛ぶロッドより、いっぱいに撓ませて飛ばすロッドでキャストしたくなりました。
  1. 2012/05/24(木) 21:58:15 |
  2. URL |
  3. えむやま #-
  4. [ 編集 ]

釣り場でMegacycleさんにお会いしてから、ぼくはようやくキャスティングに目を向け始めました(笑)
それまでキャスティングの意味すら考えた事ありませんでしたが…
まだまだキャスティングは始まったばかり。これから修行です。
  1. 2012/05/25(金) 13:36:03 |
  2. URL |
  3. じろう #-
  4. [ 編集 ]

いつも楽しく拝見させていただいております。
私はオーバーヘッドキャストをほとんでやっておりません。陸からですとサイドスローで、ボート上ではアンダースローでキャスティングしています。水面や草を叩く事はよく有ります。ルーアーが水面からホップアップするみたいに飛んでいっています。私は利き腕関節が人工関節になっていますので、真上からの振り下ろしが大変なのです。木々の隙間等からキャストするしかない場合はオーバーヘッドを使いますが、天高くテンプラしてしまいます。
  1. 2012/05/25(金) 19:39:43 |
  2. URL |
  3. x68000 #-
  4. [ 編集 ]

えむやまさん

コメントありがとうございます。
ほんの20年ほど前まではロッドのフレックスを最大限に使ってキャストするのが基本でした。
近年は、物凄い勢いでタックルの軽量化が進み、高弾性、低レジンのレスポンスの早いロッドが増えましたので、アングラーの技量に関係なくある程度のディスタンスを約束してくれる様になったのです。
その分、アングラー達からキャスティングの基本が失われた気がします。
今の投げ方、昔の投げ方。
両方出来るアングラーに成りたいものです。
オーバーヘッドキャスティング。
味わってきて下さい!

  1. 2012/05/26(土) 22:52:17 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

じろうさん

コメントありがとうございます。
キャスティングはやればやるほど楽しいものです。僕なんかは、釣りに行かない時?仕事中でも(笑)手首の柔軟性を失わない為に手首のストレッチや筋トレをついしてしまいます。。
  1. 2012/05/26(土) 22:55:28 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

X68000さん 

コメントありがとうございます。
人工関節でキャストしている事、釣が出来ている事が素晴らしい事だと思います。
そして何より何時も素晴らしい釣果で関心しています。これからも、良い釣りをされて下さいね。
  1. 2012/05/26(土) 23:02:25 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

Megaceryleさん、こんばんは。

ダブルハンドのロッドではオーバーヘッドを多用しています。
面白いのは、力いっぱい投げるのと、タイミング良くコンパクトにサクッと投げるのでは飛距離が同じなんですよね!
無駄な労力使わなくても基本どうりに軽く投げれば飛距離が出るんですよね。

でもね、目の前でボイルが始まったりすると、熱くなってしまいついつい肩に力が入ってしまうのです。
  1. 2012/05/30(水) 00:49:49 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

cami さん

コメントありがとうございます。
ムダの無いキャスト、適正な力の入れ具合がありますよね。あとはラインリリース後にロッドの反復・振動をどう逃がすかだと考えています。
僕も先日80m先のボイル、あと5mがどうしても届かなくて四苦八苦でした(笑)要修行ですね。
  1. 2012/05/30(水) 09:31:17 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

オーバーヘッドキャストがやはりアキュラシー一番いいですよね。
私は片手投げも両手投げもしますが、回転運動でなく押す並進運動が大事と考えています。
あとロッドを軸中心に反時計回りに捻ると更に飛ぶなあと気づきました。
良いフォームで投げたいものですね。
  1. 2012/06/05(火) 19:40:51 |
  2. URL |
  3. うさぎ  #9BPdTliE
  4. [ 編集 ]

うさぎさん

コメントありがとうございます。
並進運動とフィニッシュ寸前の軸回転が最後のロッドの振り子状の返り振動を消す最適な投げ方です。キャスティングをやり込んだ人は、誰にも教わることなくご自身でそれにお気づきになる様です。
  1. 2012/06/06(水) 07:29:47 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/10/12(金) 10:52:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/424-422698f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: