コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             4周年 魚野川 0から始める本流ルアー釣り。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

4周年 魚野川 0から始める本流ルアー釣り。

4周年
東洋式疑似餌釣研究所も四周年を迎えた。

今、僕は今までに無いくらい釣りに行けない時間を過しているが、情熱だけは冷める事無く、今地表めがけて吹きださんとする休火山のマグマの様に静に、その時を待っている。今までもこれからも変らず、今までに経験してきた釣りとこれからも続けて行くであろう釣りを発信して行きたいと思う。


さて、新潟県は越後の里にある本流「魚野川」読んで字の如し、うおのがわ、魚と野の川である。

四周年を迎えるにあたり、今回はその本流のお話。
僕の記事には過去、何度か登場しているが、この川には特別な想いがある。

近所の野池から始まった僕のルアー釣りは何時しか川を上り山を越えて新潟県を目指していた。
ルアーで釣れる魚には、ナマズ、ライギョにブラックバス。その次には当然、ニジマスとヤマメにイワナ。
サクラマスの存在を知ってしまった日から僕の本流への憧れと情熱は日に日に強くなって行った。

週末の深夜、国道17号をひたすら下り、渋川ICから何時もの関越自動車道へ飛び乗る。
車速が乗った頃、月夜に煌く利根川の荒瀬を目下に長い橋を越え、ディーゼルエンジンは黒い煙を吐きながらドコドコと低い音を立てながらダラダラと長い上り坂の登坂車線を越えて行くと、やがて道は再び水上で利根川の上流を越え、10キロを越える長いトンネルとなる。

関越トンネルである。

群馬県と新潟県を結ぶこの道が出来た事で片道150キロになり、魚野川は遠い川では無かった。
大型レインボーや大ヤマメ大イワナの棲む未知のフィールドへはこの深く不気味な闇を越えて行くのである。
トンネルを抜けさえすれば、あの川に魚に辿り着ける、自分の不毛な釣行とこの道のりが重なり、若き日の僕はただ抜け出せない出口へ向って必死になっていた。

出口からは長い下り坂、大きな左カーブを抜けると直に湯沢ICが現れ、スキー場を多く構えるこの地は首都圏から2時間というアクセスの良さから田舎には不釣合いなリゾートマンションも目立つ。

湯沢IC出口を右折すると再び国道17号、僕はこの道を何度も何度も通った。

石打のコンビニでコシヒカリの大きなオニギリを二つ買う、もちろん梅干は買ったらいけない。
梅干のオニギリはボーズを招くという釣師の迷信を信じている。定番の鮭と昆布の佃煮、そいつにかじりつきながらハンドルを握りポイントを目差す。

この付近の国道17号は長い直線。日本でも有数の米所とあって、田園風景が続くそして山には雪、左手には魚野川。標準サイズ狙いであれば、この付近でも良いのだが、はやる気持ちをぐっと堪えて下流を目差す。

春、残雪の大地にふきのとうが芽吹く頃、僕等の季節が始まる。雪解けの磨かれた水が流れる季節、解禁となるのであるが、心弾む早春とは裏腹に冬戻りの冷たい風が河原を吹き抜けて行く。

塩沢地区から下流が本流ルアーのフィールド。夜明けに川霧の立つ瀬に立ちこみ、一歩、また一歩、探りながら釣り下る。瀬を一本こなしたらハンドルを握り次の流れを目差す。釣れても釣れなくてもこれを繰り返す事が結果への唯一の道。

雑木の中を複雑に流れ、瀬と中州の連続し各支流との合流とカーブが続く六日町。八海橋を越え大和地区、浦佐地区になると本格的な本流エリアとなる。越後川口までの流程約50キロ全てで大イワナ大ヤマメ、大型ニジマスを狙う事が出来る。

そう。

狙う事が出来るのであって、決して容易く釣れる川ではない。
利根川や荒川の様に、ホームではないから、地元の強みは無い。

0から始まって1にする。1に成るまで通う、本流釣師が一人前になるとはそういう事だと思う。
其処には高級な竿もリールも高価なルアーも要らない。

一個、数百円のスプーンを生き物の如く操り、大物を誘い出す釣り。
必要なのは、流れを読む、流れを掴む、見えない流れを見定める、己の感覚と目である。

当然、最初はそんな事知る筈も無く、闇雲に我武者羅に当ても無く彷徨い続けた。
行きにはケースいっぱいのルアーがアレヨアレヨと無くなり午前中でスッカラカン。

「この時期はあの川のあの流れでこうしてこうすると釣れる」

たった一つの答えを求めて、まるで無数に溢れる河原の砂利から宝石一個を探し出す作業の様に
投げる巻く歩くを黙々と続ける。

根掛かりで弾を全て失ったら釣具屋でスプーンを補給するとまた出撃する。

そして行きはよいよい。希望と浪漫に満ち溢れ期待感100%。
帰りは戦に負けた侍の如く精も根も財も何もかもが尽き果て絶望感と疲労感120%であった。
数年はそんな釣行が続いたのだが稀に綺麗な本流ヤマメが姿を見せてくれた。

釣果は年に5~6匹くらいではなかっただろうか・・・
それでも、それで良かった。

数年後、本流ミノーイングのハシリの頃、あれだけ沈黙してた流れで面白い様に釣れる。
けど、コストもスプーンの2倍、3倍、でもミノーを使いこなしてみたい。

当時は本流フィールドとしては超が付くほどメジャーだったにも関わらず、他にルアー釣師の姿を滅多に見ることは無かった。
薄々、年々魚が減ってる気はしていたが、それでも人気河川らしい一面を見てみたかった。

僕の狙う場所がズレているのか?シーズンが違うのか?時間帯が間違いなのか?
徐々に何が正しくて、何が違っていて釣れないのかわからなくなってきた頃、スプーンの師匠と秩父のN氏に出会った。
ほんの数年だが彼等の魚野川の釣り方スタイルを学ぶ事が出来たから、僕は本流が怖くなくなった。

流れへの恐怖ではない、無限に釣れない時間への恐怖である。仮に永久に辿り着けない夢、その魚。見えない標的を追い続ける事はある意味恐怖である。

しかし、僕が闇雲に向っていた先の方向性は、彼等と一致していた。
ドリフトによる釣りに、スプーンとミノー、操作は違えど狙いは同じなのである。

流芯の下流で強引なまでに流れに揉まれたルアーは、ミノーであれ、スプーンであれ適正速度を越えて規則的な動きは破綻する。その時、僕はロッドを前方に倒す操作をしていた、師匠は一歩前に踏み出し、秩父のN氏は自分の岸側へスライドさせて逃がしていた。三者三様の、ラインテンション、コントロール。

何時しか魚沼漁協の年券を買い、僕の釣りは毎週の釣行と成った。それは、大物を釣りたいのではなく、確実に獲る為の釣りやルアー操作を学ぶ為である。10年以上に及ぶ出撃を繰り返すも、度重なる河川工事と台風と地震などの災害で僕の上達よりも速い速度で流れが衰退して行った。

つまり、釣りを覚えたポイントは残念ながら一つも残っていない。

今でも魚は居るはずだが、当時の流れは無いだろう。
0から始まり、やっとの思いで1になり、また0に戻る。

でも、いいじゃないか、僕等は最初から0だったのを知っているのだから。

さて、今回は十分釣りを休んだ。
また0から始める時が来た。

テーマ:釣り全般 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/08(水) 22:38:53|
  2. 嗚呼、釣り人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30
<<江川ダム釣行 2月 釣師に降る春の雨。 | ホーム | 春へ向けて、静かなる始動。>>

コメント

Megaceryleさん、こんばんは。

当時の魚野川での光景が想像できます。
往復時の心情までもね(笑)

また0からのスタートでも、今までの経験と勘で直ぐに10になりますよ!

もうすぐ春だ!!!
  1. 2012/02/09(木) 00:41:42 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

う~

読ませますねぇ

これは釣り人生だ
読み込んでしまいました

トップの写真も
びんびん発してますよぉ

Megaceryleさん

おかげさまで
静かな炎がつきました(笑)
  1. 2012/02/09(木) 01:30:26 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

4周年おめでとうございます。
本流は本当に難しく遣り甲斐がありますね。
ボクはサクラにおいてまさに今、闇と恐怖の中です。
  1. 2012/02/09(木) 13:14:33 |
  2. URL |
  3. えむやま #-
  4. [ 編集 ]

四周年おめでとうございます。

いつも楽しく読ませていただいております。

今回の魚野川編、心が奮え立ちました。 

僕も以前は本流の大物を求めて、年に数回程通っていた時期がありました。

早朝、朝靄の田園風景の中、希望を胸にこめ釣場に向かうあの情景を思い出します。

まぁ打ちのめされるのが常でしたが・・

春ももうすぐです。そんな季節を想いながら、今夜も釣道具いじりです。

今後ともよろしくお願い致します。





  1. 2012/02/09(木) 23:57:41 |
  2. URL |
  3. るぽん #-
  4. [ 編集 ]

思わず引き込まれてしまう文章でした。
本当に釣りをやっている人の恐怖。ぼくはまだそれほど釣りをした人間ではありませんが、解る気がします。
当のダム湖のサクラも...ですね!
ぼくはまだまだその恐怖に打ち勝てそうにありません(笑)
  1. 2012/02/10(金) 00:01:09 |
  2. URL |
  3. じろう #-
  4. [ 編集 ]

4周年おめでとうございます。

いつの日かフィールドで!

  1. 2012/02/11(土) 08:11:57 |
  2. URL |
  3. karasu #z8Ev11P6
  4. [ 編集 ]

四周年年おめでとうございます!。いつも楽しく、それ以上に釣人としての心構えを学べるブログとして読んでおります。いつかフィールドでお会い出来れは嬉しく思います。
私が最近通っているダムにレインボーが居るらしく、まだ日本本来の自然が残されている事のに、ほっとした気持ちになりました。
  1. 2012/02/11(土) 17:22:01 |
  2. URL |
  3. X68000 #-
  4. [ 編集 ]

 4周年おめでとうございます。

 遠くは難れた釣り場が修業の場となり、たまにの釣行から、日々の鍛錬になる。
 釣りが見えて漆黒の闇を知る。
 釣りの面白さと釣れない恐怖。
 しみじみと感じました。

 今年は環境が激変。
 渓流に行けるのは何時の事か、その間オイカワとバスとハスが主たるターゲットになります。
 別の意味で静かに燃えています。
  1. 2012/02/12(日) 05:54:11 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

4周年のおめでとうございます。

釣りへの想いの深さにはいつも感銘を受けます。
これからもすばらしい文章を書き続けてください。
私も自分の釣りを確立したいと思います。
  1. 2012/02/12(日) 16:20:53 |
  2. URL |
  3. サイレン #-
  4. [ 編集 ]

昨年の私が川の釣りに感じていたことがそのまま文章になっていて驚きました。

0から始まり、いまだ0のままですが、いつかは出口にたどりつけると信じて今シーズンも頑張ってみようと思います。
  1. 2012/02/12(日) 22:04:21 |
  2. URL |
  3. yotarizm #Vl86Xo7Y
  4. [ 編集 ]

camiさん

コメントありがとうございます。
10とは言わず1に成ればと思います、今年も筑後川の春の幻を追いかけます。
解禁楽しみですね! 色々と準備したいと思ってます。
  1. 2012/02/12(日) 22:38:09 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

ジェロさん

コメントありがとうございます。
また新たなる感動や発見を探しにフィールドへ出かけたいと思います。
今回の写真はダイワのスプーン色々でした(笑)
  1. 2012/02/12(日) 22:41:47 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

えむやまさん

コメントありがとうございます。
もうすぐ長野は解禁ですね、この時期は佐久の銀化ヤマメ釣りを思い出します。
春の大河でサクラが咲くと良いですね。
  1. 2012/02/12(日) 22:44:49 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

るぽんさん

コメントありがとうございます。
本流にて自作のミノーで魚が釣れたら最高でしょうね。
これからも宜しくお願いします。
  1. 2012/02/12(日) 22:54:19 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

じろうさん

コメントありがとうございます。
もうすぐNEWタックルですかね?是非、僕等のダムでサクラを獲りたいですね。
またご一緒しましょう。
  1. 2012/02/12(日) 22:56:20 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

karasuさん

コメントありがとうございます。
何時か筑後川へ遊びに来ませんか?ご一緒できたら楽しいですね。

  1. 2012/02/12(日) 22:58:52 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

X68000さん

コメントありがとうございます。
うわ、今の時代に九州のダムでレインボーが居るんですか!それはあとでこっそり教えて下さい(笑)
そして是非今のバス釣り教えて下さい。
  1. 2012/02/12(日) 23:01:48 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん

コメントありがとうございます。
「継続は力なり」jetpapaさんが言われた言葉を胸に続けて行きたいと思います。
関西ならではのハス釣りを楽しみにしていますよ。
  1. 2012/02/12(日) 23:04:04 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

サイレンさん

コメントありがとうございます。
今、釣りに行けない分、好きなだけ釣りをしていた時代を懐かしく思います。
少ない釣行でどう楽しむか?をテーマにこれからもやって行きます。

  1. 2012/02/12(日) 23:06:27 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

yotarizmさん

コメントありがとうございます。
故郷の荒川からの釣り。記事を楽しみにしていますよ。
  1. 2012/02/12(日) 23:08:21 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

四周年おめでとうございます。素晴らしい文章です。釣りの情景がリアルに感じました。あらためて釣りの奥行きの深さを確認し、そして言葉にできない敬虔な時間への貴さが伝わってきました。
またどこかのフィールドでお会いできることを楽しみにしてます。
  1. 2012/02/13(月) 20:14:51 |
  2. URL |
  3. 波乗三平 #-
  4. [ 編集 ]

波乗三平さん

コメントありがとうございます。
なかなか釣行できずに2月を迎えました。
また何処かでご一緒したいですね。
  1. 2012/02/15(水) 09:59:11 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ダンサーやクルーセイダー、トビー
懐かしいです。

片道何時間も費やして、心の高揚を抑えつつ
何年かぶりに訪れると
すっかり様相が変わってしまっていた事
よくありました^^;

いつでもゼロスタートの心構えって
必要ですね

有り難うございます^^/
  1. 2012/02/15(水) 18:06:35 |
  2. URL |
  3. Bトラ #zaTBqBzo
  4. [ 編集 ]

Bトラさん

コメントありがとうございます。
あの流れをもう一度やりたいなんて事もよくありますが・・結局は今の釣りをするしか無い。
未だ見ぬ遠くの鱒達に想いを馳せながら今年もボチボチやって行きます。
  1. 2012/02/16(木) 00:03:12 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです
これは思わず読みふけってしまう記事ですねー
自分もここのところ仕事が忙しく
釣りに行くどころか
ブログの更新すらままならない日々が続いております
  1. 2012/02/18(土) 16:09:32 |
  2. URL |
  3. ばんぱく #-
  4. [ 編集 ]

ばんぱくさん

コメントありがとうございます。
こちらも昨年秋から釣行はお休みが続いています。
更新が途切れ途切れですがボチボチやってます。
これからも宜しくお願い致します。
  1. 2012/02/20(月) 09:35:39 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

4周年おめでとうございます。

当時のMegaceryleさんの川を釣る様子と周りの情景が脳内で像をむすびました。
なんども読み返してしまいます。
これは良い読物だなぁ(笑)

私の少ない釣り歴のなかでも、鳥取へのサクラマス挑戦を思い出しました。たしかあの記事で初めてコメント頂いたのでしたよね。
なにか心に感じるものが芽生えたような気がします。

今後ともよろしくお願いします。
  1. 2012/02/22(水) 11:40:51 |
  2. URL |
  3. SKY #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

SKYさん

コメントありがとうございます。
釣りに行けない時間が長いほど釣りへの気持ちが強くなります。
今日はウェーディングシューズのフェルトソールを張替えました。
暖かな春の雨降る九州もあと一週間で解禁です。



  1. 2012/02/23(木) 01:10:13 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

4周年おめでとうざいます!ブログを拝見して、とても感銘を受けました。今年も素晴らしい景色と美しい魚、すばらしい釣行をたくさん書き綴って頂けることを願っております(^^)/



  1. 2012/02/26(日) 16:52:29 |
  2. URL |
  3. mpfyh669 #-
  4. [ 編集 ]

mpfyh669さん

コメントありがとうございます。
今年もぼちぼちとこの筑後地方の魚達と愉しみたいと思っています。
釣行記はしばしお待ち下さい。
  1. 2012/02/27(月) 00:27:09 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/416-ec8df42f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: