コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             荒川の旧川 明秋 釜虎 と 僕のバス釣り。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

荒川の旧川 明秋 釜虎 と 僕のバス釣り。

僕が少年時代に釣をした、荒川の旧川の事を話したいと思う。
DSCN1892.jpg
初めてのフィールドリサーチは此処から始まった。
埼玉県のほぼ中央に位置する吉見町その荒川の河川敷内にこれらの旧川群は有り。北からひょうたん沼、明秋、釜虎、蓮沼と呼ばれる。ヘラブナの釣り場としても有名であり、僕の下手なヘラブナ釣りはこれらの池で覚えたものである。

バスがいるらしいと話題になったのは1980年代の半ば頃だと記憶しているが、当時はヘラ釣や雷魚の池でありなかなかバスの姿を拝むことは難しかった。

さてこのちょっと変った名前、明秋と釜虎。
名の由来は昭和の始め頃に存在していた川魚料理の料亭の名前であると釣具屋のご老輩から聞いた事がある。
此処で漁をした魚を出していたのか、養魚していたのか?詳しい事はわからないが、歴史を感じる。

明秋は雷魚狙いに最適な菱藻の池であるが、ウィードの中で育ったバスは体色も美しく、筋肉質で釣る醍醐味がある。
スピンニングでも12LBのラインは欲しいところ、ベイトタックルなら迷わず、16LBから20LBという太糸での釣りとなる。池全体がウィードに覆われてその僅かなポケットへの正確なキャスト、静かなポイントへのアプローチ、瞬時の判断力が問われる釣り場であり、ベテランでも容易にはキャッチ出来ないだろう。しかしその高いゲーム性から良型をキャッチ出来たらその喜びも大きいといえる。僕はテキサスリグや、トップウォーター、スピナーベイトやノーシンカーの大きめのワームなどで良く釣っていた。

釜虎は、バスの素晴らしいフィールドである。
明秋同様にウィードエリアであるが、柳の木の下、倒木、ガレ場、小さなインレットが点在しオールシーズン、バスを釣る事が出来た。プラグのみで半日で20本以上釣る事が出来るくらい当時の池のポテンシャルは凄かった。
僕のシャローのバス釣りの殆どは此処で覚えたと言っても過言ではないと思う。

それは、後の印旛沼、霞ヶ浦水系の釣りもこの釜虎の釣りがベースと成り、メキメキと腕を上げていったと思う。
全ての湖岸線をブッシュを掻き分け歩いてまわり、ピンポイントを打ってゆくスタイルもここで生まれた。たかだか10代半ばの高校生や中学生達は、手もちのルアー、トップウォーターからメタルジグまで幅広く使うことで様々な状況のコンディションを釣っていたのである。

画像は、春先にスクールするバスを狙う為に使っていたZEALのチマチマシリーズ。小さいのもいたけど、時折少数の群で40cmクラスが2~4匹で物陰に付いている。そぉーっと静にその向こうにキャスト、スイスィーと泳がしてくると、まるで子猫がじゃれ付く様にバスが後ろに付いてきてガブリ!と銜える。大抵後ろに付いた大きいのではなく、一番小さい奴が横から食ってくる。

カリカリとアンバサダーからドラグのクリック音が響いて。
ジャンプを二つ三つ凌ぐとパンパンのお腹をした魚体が横たわる。

汗だくになって満足したら、近くの商店でコーラを買って一気飲みして、また藪の中を進んで行く。

楽しかったバス釣りとその仲間達。

あの日の勝負も、あの時の悔しさも、震えるほどの興奮も、止め様が無い真直ぐな情熱も
僕の記憶の中で今も生きている。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/24(木) 01:07:39|
  2. 湖沼・黒鱒疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<江川ダム釣行 フィールドと魚と人との出会い。 | ホーム | 最後のABU アンバサダー LITE FL>>

コメント

地元ネタありがとうございます。

懐かしいですね(笑)
先日、釜虎の脇を通ったばかりです。
岸際でのピッチングを覚えたのが此処でした。
ライトFLにウエダのピッチングスティック(後日折れてもいいやってアビースペシャルのピッチングスティックを使用)でかなり無茶な取り込みをしてました(笑)
黒青スカートのラバジに青爪のギドバグで釣ってました。ブラスシンカーにガラスビーズのテキサスリグも此処で導入しました。
滑り易い土手を藪こぎして転けて、ケツに竹の切り株を刺したのは今では笑い話になってます。


でもあれは痛かった。
  1. 2011/02/24(木) 19:52:26 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

コメントありがとうございます。
初代ウエダPRO4シリーズのピッチングスティックですね。66ファーストと70のスローなのがありましたね。
僕はラトリンシェイカーをカスタムメイドしたロッドでサイドロールピッチングというジャンルを研究中でした。
懐かしいですね(笑)

しかし、お尻に竹の切り株。。激的な展開ですね・・痛そ。
  1. 2011/02/25(金) 00:05:15 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

続 釜虎。

ケツに竹は、そりゃあ痛かったです。
殆ど全体重をかけてグサッとでしたから。
脂汗は出るし、抜くにも斜面だから踏ん張り利かないしね。
S君は、大爆笑だし?

コーラやカップ麺を買った商店はもう何年も前に店じまいしてしまいました。

ピッチングスティックは70のスローの方です。
ピッチングスティックとしては?でしたが、ある程度のパワーゲームには使い勝手の良い竿でしたね。

初代プロ4シリーズは、何本か揃えましたが、結局BBB-60が一番使用頻度が高かったです。
その竿も霞ヶ浦で使い過ぎて?ガイドは緩んでガタガタ、バットフェルールも接着剤が剥がれてガタガタで使えません。

今は、バス釣りも某山上湖の手漕ぎボートの釣りしかしませんので5半のミディアムライト位のベイトロッドで間に合います(笑)

そのうちBBB-60の補修しますね。

治ったら、4600CB着けて霞ヶ浦でラットLトラップぶん投げますよ(笑)
  1. 2011/02/25(金) 22:30:35 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

明秋、釜虎は何故か縁遠く、一度も竿を出したことはありませんでした。
付近のため池ではよく釣りをしていたにもかかわらず...

最近中古釣り具店で80年代のZEALを探していますが、見つかるのはバスバブル時以降のものばかりです。
バスバブル期以降のものは仕上がりがきれいですが、80年代の手作り感がなくなってどこか淋しいですね。
  1. 2011/02/25(金) 23:15:40 |
  2. URL |
  3. yotarizm #6bZ3Rd.A
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

コメントありがとうございます。
PRO4が発売される頃から、遊び竿が無くなって行きましたね。
BBB-60はそんな中でも一本で何でも屋さんにはぴったりの竿かと思います。
そういえば、霞ヶ浦って二月でも通ってましたよね。
二月の釣行、本湖で良い思いをした記憶があります。
  1. 2011/02/27(日) 22:42:58 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

yotarizmさん

コメントありがとうございます。
明秋、釜虎へは一度、腕試しで出かけてみてはどうでしょうか?
今現在、行ったとして僕は釣る自信がありません(笑)
80年代のZEAL、当時は何時行っても買えたんですけどね。今は見かけないですよね?
きっとマニアの方が沢山いるのでしょう。
  1. 2011/02/27(日) 22:48:53 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

明日エノハ解禁を前に

おはようございます!

僕も新たな記憶を紡ぐ徘徊が今年も始ります。
大人しく貯めていた分を一気に♪

道具と仲間とフィールドと自分の釣りと色んな釣り方とが、上手くリンクして楽しいものにしたいと願ってます。

僕にとっては本当の意味での年始の挨拶になるかもしれませんが、今年もよろしくお願いいたします。
 

  1. 2011/02/28(月) 10:48:57 |
  2. URL |
  3. 憧渓 #-
  4. [ 編集 ]

憧渓さん

コメントありがとうございます。
今年も渓での安全と楽しい釣りを祈っています。
今年も宜しくお願い致します。
  1. 2011/02/28(月) 11:00:45 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/379-4e94f051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: