コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             三周年。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

三周年。

IMGP0254.jpg
最近、よく夢を見る。そこでは嘗ての仲間達、そして釣り場が出てくる。
朝靄中のファーストキャスト。
夕暮れのポッパー。
突然の夕立、大雨、農協の倉庫で雨宿り。

少年時代は毎日が終らない夏休みで明けても暮れても釣ばかりして
まだ夜も明けきらぬ早朝、釣竿を背負って自転車に乗り何処までも長い道を釣り場へと向った。

やがて大河との出会い、サクラマスへ辿り着くまでの日々。
小雨の渓流でヤマメ釣。
ダム湖のイワナ。
魚野川とスプーン。

僕には特別な時間を過した事実と、記憶がある。
そこには多くの釣り場と魚と仲間が存在していた。

それまでの生涯の情熱を向けた疑似餌釣の世界。

夢に見るくらい、釣りに行けてないのだなと少し寂しい気持ちになる。

そう、何時しか釣に行けない時間が増え、このまま終らせるわけにはいかないと一念発起し
書き始めたのが、ブログ:東洋式疑似餌釣研究所である

アングラーは孤独なものだから、釣りは一人の世界であるけれど。
進むには仲間との出会いが大切。
それは一生涯の仲間と呼べるものから、宿敵やライバル、色々あるけれど。
何かを得るにはそれもありと考える。

釣というものは、釣と一言で云っても人それぞれ千差万別であり、縦に長い日本列島では地域差がある。

ブログの世界でも、出会いは僕の釣をもっと自由な世界へと導いてくれた。

情報を発信する事で、情報を得る事も多い。
それがブログの素晴らしいところではないだろうか。

石の上にも三年、一河三年とは言うが、この三年はあっという間に過ぎた三年間だった。
その中で多くの方と出会えた事に感謝である。

今日まで、リンクして下さった皆様、コメントを頂いた皆様、本当にありがとう。
今年も、やれる事を少しづつやりますので 宜しくお願い致します。

テーマ:釣り全般 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/02(水) 22:16:26|
  2. 嗚呼、釣り人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<最後のABU アンバサダー LITE FL | ホーム | 故郷の大河、利根川。>>

コメント

三周年おめでとうございます

私んとこもMegaceryle lugubさんとブログ同級生なのでもうじき三年になります
全国の釣りを愛する方々とのブログを通じた交流は貴重な財産となっています
Megaceryle lugubさんのように「生涯の情熱を向けた」方の記事には凄みがありますね
これからも素晴らしい記事を読めることを楽しみにしております
  1. 2011/02/03(木) 00:43:58 |
  2. URL |
  3. ホゲタツ #-
  4. [ 編集 ]

ホゲタツさん

コメントありがとうございます。
そうですね、当初から何時もコメント下さってありがとうございます。
同級生だとしたら、卒業の季節ですかね?
冗談はさておき、これからも、お互いボチボチやって行きましょう。
  1. 2011/02/04(金) 09:51:21 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

先輩へ・・・

三周年おめでとうございます

私も3月が来れば3周年になりますが・・・
一ヶ月先輩ですね(笑

これからも『情熱』をテーマにした
記事で楽しませてください!!

  1. 2011/02/04(金) 20:42:51 |
  2. URL |
  3. gijie.angler #aghQ/S3w
  4. [ 編集 ]

gijie.anglerさん

コメントありがとうございます。
この情熱とは裏腹に釣行時間が激減していますが、
それなりに今後も「熱め」の記事をお出ししたいと思います(笑)
  1. 2011/02/04(金) 23:36:16 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
年期の入ったC4グリーンラインですね!
その傷が、数々の経歴を物語っている事を想像出来ます。

僕はブログを初めて、まだ2年にならないのですが、
ブログを通じて得た物は大きく、励みになっています。

Megaceryle lugub さんの文章は、表現力が巧みで、
そのシーンやフィールドをイメージできるので、
読めば何時でも釣りに行きたい症候群になります(笑)
これからも、5年10年と頑張って下さい!

  1. 2011/02/04(金) 23:49:08 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

3周年・・・

毎度です。

3周年でしたっけ・・・(爆)
もう? まだ? 
早いようでもあり、長いようでもあり・・・

幸い??? 今年は水温が低いので
もう少し先のようなカンジですから、
じっくり行きましょう・・・(笑)

今までどおり、変化しながら、ボチボチいきましょう。
これからも、よろしく!!です。

  1. 2011/02/05(土) 10:35:46 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集 ]

C4、個人的には縁が薄いリールですが、この頃のABU(ヘンリードレファスデザインでしたっけ?)はカッコいいですね、ポラリスとか。

復刻したら買っちゃいそうです。
  1. 2011/02/05(土) 22:08:39 |
  2. URL |
  3. yotarizm #6bZ3Rd.A
  4. [ 編集 ]

三周年! おめでとうございます^^/

これからも、いろいろと教えてください。
そして、いろいろ考えさせてください。

師匠! よろしくお願いします^^
  1. 2011/02/05(土) 23:54:54 |
  2. URL |
  3. チョコボ #-
  4. [ 編集 ]

camiさん

コメントありがとうございます。
まだ若かった頃、初めての尺ヤマメも、サクラマスも、シーバスもこのC4で釣ったんです。
このC4実は亡くなった親友の形見なのです、ABUのリールはそんな思い出の品が多いです。
僕の文章から釣りをイメージして頂けるとは大変嬉しく思います。
今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2011/02/06(日) 01:18:28 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

筑紫次郎さん

まいどです。
そうなのです、なんかあっという間に三年になりました。
今はもっと広く、もっと深く筑後川を知りたいですね。
僕等の釣りにきっと終点は無いのだと思いますが、ぼちぼち行きましょう。
こちらこそ宜しくです!

  1. 2011/02/06(日) 01:21:39 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

yotarizmさん

コメントありがとうございます。
ABUアンバサダー1021がポラリスでしたよね?昔所有していた時期がありました。
釣行時フットが折れてガラクタ箱行きになりましたけど(笑)
821FLと521FLはまだ持っています。
エビスの価格は4~5万円くらいでしたが、バスプロショップスで個人輸入すると
1万円程度で購入できたんですよね。C4も6000円くらいで買えました。
懐かしい思い出です。
  1. 2011/02/06(日) 01:30:12 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

チョコボさん

コメントありがとうございます。
今のチョコボさんに教える事は何もありませんよ(笑)
逆にサーフの釣り方を学びたいくらいですから!
師匠ではなく、同志で行きましょう。
  1. 2011/02/06(日) 01:32:08 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

三周年おめでとうございます!
これからも、自然と向き合う素晴らしい記事楽しみにしてます。
  1. 2011/02/18(金) 13:54:45 |
  2. URL |
  3. hiraipapa #-
  4. [ 編集 ]

hiraipapaさん

コメントありがとうございます。
しかし犀川の釣果素晴らしいですね。
こちらは今後もぼちぼちやって行きますので、
宜しくお願い致します。
  1. 2011/02/18(金) 21:52:21 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

 三周年おめでとうございます。

 長いようであっという間。
 継続は力なり。
 これからもよろしくお願いします。
  1. 2011/02/19(土) 10:36:24 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん

コメントありがとうございます。
継続は力なり。父親に良く言われた言葉です。
この年になり少しだけ意味が理解出来てきた気がします。
こちらこそ、これからも宜しくお願い致します。

  1. 2011/02/19(土) 20:32:15 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/377-d49941ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: