コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             そのシーズンは静に幕を開ける。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

そのシーズンは静に幕を開ける。

IMGP0321_convert_20110112190833.jpg
正月休みを終えて最初の休日、夜は当然の如く筑後川へ向かい今年の初ボーズを決めて、釣れない釣を続ける決心をした。翌日、元旦の大雪で行けなかった太宰府天満宮へ三社参りの締めに行く。昨年は家庭の事情で悶々と釣に行けない日々を過していたから、今年はそれがない事を祈り、正月気分を終えた。

そして今日は、何時か敗れたサーフを眺め、まだ見ぬ魚への想いを巡らせている。
というと聞こえはいいが、実は家族サービスで来ているのでロッドは持ってきていないだけである。

しかし、何時見ても、幾つに成っても海は良い。
原始の時代、全ての生命体は海から生まれ海岸線から陸地を目差して行ったと言われる。陸地で暮らす僕等が懐かしさや心地よさを覚えるのはその為なのかはわからないが、海に来るとそんな事も考える様になる。よく母なる海というが正にそのとうりだと思う。

僕のフィールドはそれでも筑後川。
例年であれば、鱸のファーストランがあるこの時期、当れば大型で記録的なサイズを拝む事が出来るのであるが、その道は険しく、これでもかと言わんばかりにアタリも無く、寒さに心折れる者にはチャンスさえ巡って来ない。

そして相変わらず誰も居ないフィールド。
ハイシーズンには釣り人で溢れるポイントも全て貸切で、まるで自分の家の庭で釣をしているのでは?という錯覚さえ起こる。ボトムの変化に気をつけながらルアーで川底を小突く。まるでそれは、CTスキャンの様に頭に川底を描いて行く。砂・砂・ゴミ溜り・ゴロタとボトムを感じながらの釣りも楽しい。この時期の為にフロロラインにおけるライトラインシステムを取り入れて来たのだが、寒さによるトラブルは皆無であり問題は全く無い。

最近気に入っているのがスプーンである。そう、夜の鱸釣にスプーンでやろうという魂胆である。遥か彼方の潮目や、遠くの流芯を大胆に正確に捉える事の出来るルアーとして、最注目している。
元々、得意なルアーなので大きなポテンシャルを秘めているのであるが、こちらは実績を自分で作るだけである。

狙いは曇天、雨天。この時期、星空が綺麗な夜は放射冷却で冷え込みがきつくなる。
冬の夜、雨というコンディションが人間的には良くは無いが、防寒対策をして暴風雨でも出撃する価値がある。

ある人は寒さ厳しい冬をオフシーズンと呼ぶ。
確かに、人間的には釣が楽しいシーズンとは言えないから、オフというのも正しい選択かも知れない。
しかし僕等の仲間に、この時期をオフシーズンと呼ぶものは居ない。誰もが数は少ないが記録的な大物とのコンタクトが出来るベストシーズンだと信じているのである。

今だから真冬の釣をするようになったのかといえば、それはそうでもなく、昔、バス釣をしていた頃も、真冬になるとアングラーを見かける事は少なくなり、そんな季節、雪の降りそうな天候で釣る一本がたまらなく嬉しかったりしたものだ。雪にライズするマスをフライで釣った記憶や、雪の本流でサクラマスを追った日々は僕の中では当たり前の行為であり、無理や無茶をしている気は全くもって無い。

日本の釣には、昔から、寒バヤ、寒ブナという言葉があるとおり冬の釣を嗜む風習はあった。
それをしていた先人達は、僕等と同じ情熱を持っていたのだろうか。

テーマ:釣り全般 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/12(水) 19:16:24|
  2. 野外調査・研究考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<故郷の大河、利根川。 | ホーム | 有明海沿岸釣行 1月 釣りは連想ゲーム。>>

コメント

今年もよろしくお願いします

早速質問なのですが、本流でスプーンを使う際のキモはどのような点でしょうか?
  1. 2011/01/12(水) 23:11:58 |
  2. URL |
  3. ばんぱく #-
  4. [ 編集 ]

ばんぱくさん

コメントありがとうございます。
スプーンを本流で使う時のキモ。

これは、プラグにも通じるものがあるのですが、僕が一番大事にしているのはリトリーブスピードです。
それはラインテンションのコントロールとも言えます。

①回転(破綻)する速度から、泳ぎ出すギリギリの速度。

②激しく崩れるフォールから、極力崩れないフォール姿勢。

この①と②の二つの要素に、流れの強弱が加わる。

流が速ければ、スプーンが受ける抵抗を逃がしてやり、流が遅ければ、リトリーブで速度を補ってやる。

次に縦ターン、横ターン。
ドリフトとリトリーブの要素をミックスする事で理想的なラインを自在にトレースできるはずです。

練習を必要としますので、繰り返し使いこなせるレベルまで使い続ける事かと思います。

説明すると難しくなるのですが、綺麗に泳ぐ速度を見つける事ですね。


  1. 2011/01/13(木) 01:24:23 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

遅ればせながら

明けましておめでとうございます。
写真はさ〇き松原周辺でしょうか。昔、近くの神様の港ではメバル釣りを楽しんでました。懐かしいです。
しかし今年は本当に寒い日が続きますね。
例の湖は一面雪化粧でそれは本当に素晴らしい景色ですよ。
ぼくも今日出撃してきたのですが、わずかな魚の感触があっただけ。それでも心は温まりました。
  1. 2011/01/14(金) 00:59:25 |
  2. URL |
  3. じろう #-
  4. [ 編集 ]

じろうさん

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
画像は御察しのとおり松原の付近です。
今回は釣竿抜きで景色のみを楽しんで来ました。
雪化粧のダム湖。是非、行ってみたいです。
  1. 2011/01/14(金) 09:59:21 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

スプーンの釣り

最近バスでもビッグスプーンでの釣りが見直されているようですね。
釣り方そのものは昔々タックルボックス誌で見たような記憶があるので、特に目新しさはないのですが。。。

以前薦めていただいたので、私も川バス釣りにスプーンを導入しました。
飛距離というメリットは大きいのですが、元々管理釣り場くらいでしか使ったことがないので、残念ながら使いこなすまでには至っておりません(苦笑)
  1. 2011/01/15(土) 14:00:22 |
  2. URL |
  3. yotarizm #484kFWi.
  4. [ 編集 ]

yotarizmさん

コメントありがとうございます。
管理釣り場で鱒を釣るのとバス釣でスプーンを使うことは同じです。
僕は野池でしかしていませんが、トレースするコースが鱒よりもバスの方が障害物にタイトになるイメージですね。それと、ブルーギルもマイクロスプーンで釣って面白いですよ。
  1. 2011/01/15(土) 22:22:36 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/375-c5400ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: