コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             有明海沿岸釣行 1月 釣りは連想ゲーム。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

有明海沿岸釣行 1月 釣りは連想ゲーム。

昨年末、僕は筑後川の釣り仲間である「筑紫次郎氏」に電話をした。
「今年の正月休みは長めだがら、どこかでチャンスでどこかに行こう!」と釣りを計画する。
そして仕事納め、大掃除を終え、準備をした晦日の夜、九州は大雪、残念ながら釣行を断念する他無かった。

年が明けて、正月を迎え、その夜、雪は雨に変わり僅か気温が上昇した事を教えてくれた。
「行くなら今しか無い」と再度、連絡とると「OK」の返事。

僕等の初釣行はスタートした。
今回は、普段、筑後川で有明鱸を追いかけている仲間とまったく違うフィールドで、普段は釣らないメバルやタケノコメバルなどの小物釣をするので、別の楽しみがある。それは、有明海という海を知る・相手の釣を学ぶ・自分の釣を磨く。という事になるのだけれど、釣味としての楽しみ以外に食味としての楽しみもある。

道中は車内で筑紫次郎氏と釣談議に花が咲く。
車内からは何やら懐かしいミノープラグが出てくるので、僕はそれを得意気に解説する(笑)
最近のルアーの事は全く知らないが、80年代~90年代くらいのミノープラグはだいたい知っている。
当時は魚が上手く釣れない人だったから、ただのルアーマニアだったのかもしれないな?と思った。
IMGP0314.jpg
そして、到着した僕等の有明海。
潮はまだ低いけど海は穏やかで良い感じであり。僕等は身支度を済ませると釣座へ向かう。

数分後、「おっ!釣れた!」思わず声が出る。
小さいながらもタケノコメバル。記念すべき今年のファーストフィッシュだ。
まだ食べるには早いので撮影後、速やかにお帰り頂いた。
IMGP0319.jpg
同時に筑紫次郎氏はメバルを連発させているが、なぜか僕にはメバルのバイトが無い。
時折「ぶしゅーーっ!!」と聞き覚えのある呼吸音。招かれざる客、スナメリが海面に背中を出しているのが確認できた。小型の鯨である魚食性の彼等が回遊している場所には必ず魚はいるのだが、彼等が近づくと魚達は一斉に気配を消す。こんなに魚に嫌われているのによく生き延びてきたなあと関心してしまう。

永い時間のなかで生物多様性が生まれ、海草や甲殻類や貝類、魚類、そしてスナメリも有明海の深い懐の中で生き延びてきた事を想像すると、その海で釣をしている者として全ての生き物へ敬意と特別な想いが湧いてくる。
その特別な想いとは、僕が釣をしている場所は、そのフィールドを頭上の星空から俯瞰して見れば「地球」であるという実感である。有明海の潮を動かしているのは、紛れも無く宇宙の一部ということになる。

子供の頃からなのだが、時折僕はこの身に宿る魂?を開放してとある遊びをする。
果てしなくイメージを繰り返しその先へ行きたどり着いた場所から記憶を辿り元に戻る遊びだ。

本来、人の想像の領域には限界は無いと思う。連想ゲームをしてゆくと最後に大抵とんでもないものへ行き着き、我に返る。目を覚まして元いた場所へゆっくり戻る。そう復路も楽しめる事が出来る。
子供の頃から大好きな理科と図工以外の退屈な授業はコレで過していた(笑)

僕にとっての釣りはそんな遊びなのかなと最近思うようになった。
「何で釣れたんだ?」から「ああこうなんだ!」を何回でも楽しむ事が出来るという点で非常に似ている。

そしてこの夜も発見をする。
どうやら、メバルは潮の当たる側の大きめストラクチャー周辺に、タケノコメバルはそのサイドの反転流のしたのゴロゴロとした捨石の周囲に付くという棲み分けをしている様だった。

IMGP0318.jpg

そして潮が上がるとサイズも良くなる。
IMGP0315.jpg
途中ボラも釣れたりしたけど、最後は今年最小?になりそうな有明鱸。

釣り方も答えも少し見えた頃、肝心のメバルの地合は終了していた。
これだからまた次回も釣りに行かねばわからない。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/02(日) 20:47:14|
  2. 沿岸小物疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そのシーズンは静に幕を開ける。 | ホーム | 新春 2011年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/374-dca663f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: