コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             もっとライトラインシステム。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

もっとライトラインシステム。

6lb+(2)_convert_20101116233308.jpg
この夏以来、6LBフロロラインでの釣りを地元の筑後川で使い続けた。

結論から言えば、「コレもアリ」という結果に成った。

僕がルアーを初めた頃、80年代のラインは ナイロンラインとダクロンというブレイテッドラインしか無かった。
バスが主体だったから良く使ったラインはダイワ社が輸入元をしていて何処でも入手出来るデュポン社のストレーンだった。その後、トライリーンXL、アブロン、バリバス、ダイリキ、東レ、エムズクエスト、サンヨーナイロンなどの数え上げればキリが無いが無数のメーカーを使ってきた。

そして本流トラウトの世界へ入り、後にシーバスを釣るのだけど根本的にナイロンラインを使う釣りであることに変わりは無かった。6~10LBが本流の世界では常に使った太さである。

やがて本流ライトミノーイングに特化した時期があった。使うラインは2~5LBで軽量ミノーを操りながら30~50cm最大2kgのトラウトを狙う世界がである。
そんな僕だから当然、細糸細仕掛けの釣りは大好きでありそれなりの心得はあるつもりだ。

現代では安価な廉価版のラインでも強度的なものはまったく問題なく、むしろPEが主体になりつつあるシーバスゲームにおいてPE以外の可能性を求めて、現在のフロロラインにたどり着いた。以前も当ブログで話したかもしれないが、ブログの世界で知り合ったフィッシングライターの田澤晃さん、3LFGさん両氏の影響も大きかった。

当たり前だが、水中のルアーは様々な影響を受けながら泳いでいるのだけど、必ずこのラインというものに牽かれているから僕等はそれをコントロールする事が出来る訳である。ラインは一般的には細くて強いというのが一番大切かと思うのだけど、実際は比重や、コントロール性、対磨耗性、対水性、対劣化性、リールへの馴染みの良さ、滑りの良さ、結束した時の潰れ難さ、伸びの少なさ、感度、視認性と求められるものはキリが無い。

僕等の様に毎日フィールドに出るものには遠慮なく使えるライン、そう「低コスト」であることも重要である。


メインライン6LBで本流の有明鱸を仕留める事が可能なのか?

6ポンドテストライン。それは3キロの付加で確実にブレイクするラインであることを意味する。僕のドラグセッティングは1キロ前後だから綱引きであればそこはまったく問題は無い。

さて、ラインの弱点は結束部とラインローラー、テップガイドの三箇所である。
後者2つは避けて通れない部分であるが、前者、つまり、結束部は技術で有る程度カバーできる部分である。
ラインの結束部では最大50%強度が失われると言われている。
それを補う為に考え出されたのが、ラインシステムである。6LBのラインはビミニツイストで巻きつけられ、ダブルラインとなり、ここで12LBの強度へ上がる。そして最終的に接続金具(スナップ)に各ノットで結合されるから強度低下値で12LB以下~6LBとなる。それでも、メインラインの強度よりも強くて然るべき部分であるから、もしラインブレイクするとしたら、ティップガイドかラインローラーの位置、すなわちラインが折れ曲がり負荷の掛かる場所になるという訳だ。

しかし、実際、オッカナビックリ使ってみると、その不安は、わずか数ヶ月で払拭され、今ではこの比重を使った更なる可能性を感じてもいる。どんなラインにも、メリット・デメリットがあるが、それぞれを理解して適材適所に投入してゆくこと、使い分けることで自分の釣りの幅は広がることだろう。

フロロライン最強の武器、それは比重であるが、その武器、比重が重いが故にデメリットもある。

フロロラインは水よりも重い。つまり沈むのである。沈むということは流れに同調させやすく、僕の様にドリフトを主体とする釣り方には非常に適している。しかし、その反面、沈んでしまうが故に視認性というのは低く、キャスト直後のテンションコントロールは神経を使う。これはドライフライを流すのにも似ていて予め上流にキャスト、プレゼンテーションされたルアーとラインを綺麗に流れに乗せて流し込んで行く。その際、浮力のあるPEやフッ素やシリコンをコーティングしたナイロンラインなら流しながらメンディングをかけて修正できるのだが、フロロではそうはいかない。

つまり、キャストと流し始めは通常よりもシビアになるということであるが、逆にテクニカルになる分、こちらとしては面白いのである。僕がメインで使ってるのは6LBのフロロラインということで、その細さ故に飛距離の面でもPE1.5号タックルと比べて遜色ないレベルでありライン自体に比重があり水面下に沈むという事で、風の影響を受けにくいというメリットがある。

そしてこの冬の最終テストとなるのが耐寒テストである、フロロラインはパラパラとしていて硬く糸捌きがナイロンやPEとは異なる。さてガイドも氷結する季節、トラブルレスで乗り切ることができるか?
その結論は出ていないが、今度の季節検証して行くつもりだ。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/11/17(水) 00:13:32|
  2. 有明鱸用道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<筑後川水系オイカワ釣行 11月 原点回帰。 | ホーム | 筑後川シーバス釣行 11月 僕等は0を恐れない。>>

コメント

厳冬の北海道で・・・

吹雪の中アメマス&サクラマス狙いでベーシックFC6lbと5lbを使ってましたが、問題ありませんでした。

妻は、やりとりが下手なので10lbを最初使わせましたが・・・逆に太くなるとラインが硬くなりトラブル連発。

結局、妻も6lbで落ち着き、サクラマスをCatchしてました。
ただ、冬は指先が乾燥して硬くなるので、キャスト時に指をかける部分の点検はマメにした方がおすすめです♪
  1. 2010/11/17(水) 22:55:22 |
  2. URL |
  3. 3LFG #V0sVL5lk
  4. [ 編集 ]

3LFGさん

コメントありがとうございます。
皆様で既に北海道で使われていた事を考えると問題無さそうですね。
キャスト時、指をかける場所が一番痛むという事ですね。
今度、5LBも試してみたいと思います。
何時もアドバイスありがとうございます。
  1. 2010/11/18(木) 10:47:50 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

フロロ☆☆

こんばんは、Megaceryle lugubさん♪

どこかで見た事のあるラインだったので、
ついつい嬉しくなっちゃいました。

挑戦するハートがこちらもやる気にさせてくれます。
フロロの良い点も再認識できました。
要は適材適所ですね!
 
  1. 2010/11/20(土) 19:53:26 |
  2. URL |
  3. 憧渓 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは
6LBフロロラインはタックルを
ちゃんと使いこなしている人
魚とのやりとりに熟知している人
でないとちょっとマネはできないですね
Megaceryle lugubさん的に
「フロロナイロン」「X-TEX」「ナノダックス」
の評価はどうなのでしょうか?
  1. 2010/11/21(日) 03:00:57 |
  2. URL |
  3. ばんぱく #-
  4. [ 編集 ]

憧渓さん

コメントありがとうございます。
このラインに見覚えがありましたか?(笑)
冬のデカイダーもこれで釣ろうと考えています。
ご期待下さい?!
  1. 2010/11/21(日) 22:22:07 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ばんぱくさん

コメントありがとうございます。
実は「フロロナイロン」「X-TEX」「ナノダックス」などのラインにはまだ手を出していません。
僕はラインに関してはコレというものが一度決まると数年は使い続けますので、これらを使うのはしばらく先になりそうです。インプレに関してはしばらくお待ち下さい(笑)

  1. 2010/11/21(日) 22:31:10 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

御無沙汰しております。
釣行も順調のようですね!

フロロ6lbで有明鱸キャッチ問題ないのですね!

私は本栖湖では今ナイロン10lb(笑)を使ってますがフロロも今度使ってみようと買っては有りますが使ってません
自分の技術では8lb位から今度試して見ます(爆)

夜の釣行で体力低下や寒暖の差が激しいですから、お身体御自愛ください。
  1. 2010/11/24(水) 08:23:27 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugubさん #-
  4. [ 編集 ]

hiraipapaさん?

コメントありがとうございます。
お名前が不明なのですが、hiraipapaさんだろうと思ってます(笑)
このところ疲れもあり寒いので深夜の釣りをお休みしていますが、鱸が釣りたくなったらまた出向く事になりそうです。
  1. 2010/11/25(木) 18:40:58 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/368-22bfd150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: