コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             筑後川シーバス釣行 10月 冬支度、木枯らしの夜に。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

筑後川シーバス釣行 10月 冬支度、木枯らしの夜に。

この筑後地方も木枯らしの吹く季節になった。
バタバタと冬物を引っ張り出し「今夜の釣行は厳しいだろうな・・」と呟きながら家を出たのは、時計の針が午前1時を回った頃だった。運転席から見える遠くの街明かりの鮮明度は、冷えて乾燥した空気を感じさせる。
いよいよ晩秋のシーズン、終わるその時がくるのか?ベストな地合にポイントに入るが、ファーストバイトは30cmクラスのフナである。この場所にフナが居るということは鱸は近くに居ないという事。
IMGP0159_convert_20101027112304.jpg
気を取り直して別の場所に入るが、既に越冬のボラが集結を始めている。
どこにいる?どう釣ればいい?僕はとうとう鱸を見失った。
とぼとぼと歩いて来た道を車まで戻りしばし考えた。

出来るだけの事、出来る事をしよう、午前3時半、別の場所で釣りを再開する。
ここで出なければ魚が居ない事にしようとしたが、僅か数投で答えは出た。
IMGP01700_convert_20101028225027.jpg
セイゴクラスが何かを追って水面付近を乱舞しており、その正体はわからずにいたのだが間もなくルアーのフックに掛かってっきた。平べったくてギザギザ、銀色の口の変な魚。答えは「ヒイラギの稚魚」だった。
IMGP0164_convert_20101026054647.jpg
この日、最大は48cmだった。合計3本のセイゴが相手をしてくれた。肝心の大型の姿はとうとう拝む事が出来ず、木枯らしの吹く筑後川を後にした。

この季節から色々な意味で釣りは冬支度に入る。

2010年のシーズンは、自分にとってどんなシーズンだっただろう。
2月バチ抜けの釣りをしてから半年間筑後川への釣行をお休みしたが、復活してからの8~10月までは、ほぼ全力で挑めたと思う。ライトラインの釣り、JIGの釣り、トラウトミノーを使った接近戦。

自分にとってはどれも古くて新しい釣りだったが、確実に「釣り力」としては向上したと思う。
つまり「引き出し」が増えたという事であり、今後がまた楽しみである。

今から約2ヵ月後には、アフターの鱸が帰ってくる。
実は夏からのライトラインでの釣りは、最終的に春のバチ抜けに標準を合わせた釣りなのである。
早春6LBラインでの超大型キャッチを夢見てシュミレーションをしてきたのである。
風に負けないフロロラインならではの釣りは、季節風の吹く真冬~早春に威力を発揮するものと考えている。

そしてバチ抜けが終わる頃、3~6月筑後川のサクラマスを探して。合間にオイカワ釣り、フライでのヤマメ釣り、オヤニラミ探しなどもっと充実させたい。今は深夜しか釣に行ける時間が無いのだけど、もう少し我慢かと自分に言い聞かせながらまだ遠い春を待ちわびている。

今期、自分にとって釣に行けない苦しい時間が長かったけれど、出会えた沢山の有明鱸に、この素晴らしい筑後川フィールドに、喜びを分かち合える筑後川の仲間達に、ブログを見てくれた全国の、世界の孤独なアングラー達に心から感謝である。

本当にありがとうございました。

※引き続き釣れない釣行記を今後は掲載予定ですので宜しくお願い致します。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/10/28(木) 22:54:19|
  2. 本流・鱸疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<筑後川シーバス釣行 11月 僕等は0を恐れない。 | ホーム | 筑後川シーバス釣行 10月 夜霧の大河。>>

コメント

ヘラですかねぇ
アタシも何度か掛けちゃいました

ファイト キャッチも
もちろん好きですが


ポイント選び
車止めでの準備
藪こぎ ポイント観察
キャスト ルアー操作
サカナ掛けるまでの方が
高揚感感じます(笑)

打ち震える釣りがしたい
今日この頃です(笑)


  1. 2010/10/30(土) 14:10:27 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

ジェロさん

コメントありがとうございます。
玄関を深夜に抜け出しフィールドに向かうひととき。
竿袋からロッドを出す時。
草むらを歩く時の頬の風。
ざわめく水面にルアーを投げ入れるとき。
ゴクンッとロッドが曲がり、ドバッ!!と水面が割れる。
鱸の顎に親指を入れた瞬間。
極寒の真冬、コンビ二でカップラーメンをすする時。
土手から見る夏の朝日。
PCに向かい釣行記を書くとき。
そのどれもが本流鱸釣だと思います。
打ち震える釣り、それをやりましょう!
  1. 2010/10/30(土) 22:08:14 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/366-a23bfe0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: