コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             筑後川シーバス釣行 8月 指の痛み。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

筑後川シーバス釣行 8月 指の痛み。

季節は8月になり猛暑が続いているが、夜になれば日差しが無い事で過ごし易くとまではいかないものの、何とか釣には影響は無い気温になる。

23時過ぎに釣場に付き身支度を整えると目の前には魚達の気配、鱸の気配が感じ取れた。
食味での鱸は淡白で透き通る肉質から夏が旬の魚だと言われているが、釣り味としても夏が旬だと僕は思う。
水温が高ければ身体能力も高くなり、消化も早く餌も沢山摂取する事がファイト中のラインの先から想像できる。
今夜はそんな事を考えながらキャストを繰り返した。
そして対岸には「筑紫次郎氏」が張り込み、両岸から狙い打つ作戦を今夜の僕等は選んだ。

水面直下のレンジから徐々にレンジを下に刻むローテーションで狙い打つ事数分。
約1m付近を漂うジグミノーから反転バイトと思われる明確な魚信が沖で確認できた。
それは、ナイロンラインも目視で分かるほどテンションが急激に加わり、徐々にロッドにまで伝わる生命感を感じ取れた。

魚がテンションを掛けてる時に合わせては成らない。
僕は迷わずロッドを前方に倒した。

前方倒す事で僅かテンションが緩むが、反転した動きでラインが張り出すと鱸は行き場を失い案の定水面を割った。ロッドを寝かし込みバットまで徐々にテンションを加えてフックセットを完了させる。
通常であれば、素早い動作を必要とするが、そこは伸びのあるナイロンライン、素早い動作など数十m先の針までは届く事は無いのである。「大きくゆっくり丁寧に」それこそが、このタックルを活かす釣師の操作であると僕は思う。
さほど大きくは無いものの、鱸はその後川底に潜り込み潜行板の様に体を使って動かなくなった。
PEタックルの場合はここで剥がすのであるが、今日はとことんこのやり取りを楽しみたいのだ。
徐々にズラシながら流芯を外して足元に誘導する。

DSC01449.jpg
51cmの有明鱸。
小型ではあるけれど今の僕には丁度良いサイズである。
撮影後、素手でフックを外そうとして鱸が首を激しく振った際、指にカエシまでガッツリとフッキングしてしまい鱸と繋がってしまった。
筋肉が硬直する前にと素早く無理矢理ペンチで引っこ抜いた為、激痛と流血でしばらく釣にならなかった。
(皆様も御気を付け下さい。慣れた頃に何時もやるものです。)
タオルで止血して、鱸をリリースしてキャストを開始するが投げ難く嫌になってきた。
やがて血が止まったので集中してキャストするが、二度目のバイトはここには無かった。
対岸の「筑紫次郎氏」も一本キャッチとのことで、少し合流して話したあと筑後川を後にした。
怪我さえなければ、楽しい釣だったのに。
僕もまだまだだな・・と反省して帰路についた。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/08/05(木) 10:13:30|
  2. 本流・鱸疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<フィールドリサーチ  夏休みのバス釣り。 | ホーム | 筑後川シーバス釣行 7月 ナイロンラインシステム。>>

コメント

こんばんは

いやヒレぴんぴんのいい魚ですねぇ

ホント読み応えのあるいい文章です♪

アタシも以前もんどり打った魚にがっちり決められました(痛)

ご自愛ください。
  1. 2010/08/05(木) 22:01:14 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

痛い。

やっちまいましたか。
ペンチで、引っこ抜くのも相当勇気?がいりますね。
安全第一で、必ずペンチで針を外しましょう(笑)よく、そんな時の為と魚の為にバーブレスにしましょう!
と言われますが、確かに人様や自分に刺さってしまった時は、バーブレスかなと思います。バーブレスだから特別にバレるなんて事はないと思うのですが(バーブ付きでもよくバラすので)
バーブレス使ってバラすと自分の腕を棚に上げて針のせいにしてしまうので、保険の為に安全に気をつけて、バーブ付きを使っております。
もう少し、釣り師として成長したら、バーブレスでやれるんだと思いますけど。
皆さんは、バーブについてはどうなんですかね?それは、さておき
送り込んでからのフッキング!見事ですね!
俺は、先日のハイランドレイクでそれが出来ずに竿を立ててしまい、直後のジャンプで、フックアウト!を二連発でやってしまい、坊主を食らってしまった訳です。
まだまだバーブレスには出来そうにないです。
  1. 2010/08/05(木) 22:13:58 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

ジェロさん

コメントありがとうございます。
何時も釣師は魚に痛い思いをさせていると聞きます。今回は魚達の仕返しですね(笑)
僕等は、遊び、魚は命がけ。
相手が命がけ本気というのは、どこか火遊び似ていて、そこに釣の真実があると思います。
  1. 2010/08/06(金) 09:39:00 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

コメントありがとうございます。
バーブレス推奨して、キャッチアンドリリースを声を高々に謳う風潮が一時期ありましたが、優しく釣ることなんて出来ないと思うのです。エコだの自然に優しいとかいって偽善で生き物を傷つける釣という行為を正当化する発想には違和感を覚えます。
数百、数十単位で魚を釣る時は僕もバーブレスにすることがあります。例えばオイカワ釣とか管理釣り場とか。
数回の釣行で一匹釣れるか?釣れないのか?という釣においてはバーブレスでチャンスを逃す必要があるのでしょうか?安全性が高いのも分かるのですが、僕等の釣行の様に、夜間や渓流の単独釣行であれば自己責任ですから、他人に迷惑をかける様な事も少ないと思います。ただ一旦、事故等などで行方不明や遭難とかになれば、それは相当な迷惑や心配をかけるわけですから、その点は細心の注意を払うべきだと考えます。

バーブレスを推奨されてる方々の言わんとしていることは理解できますが、そういう釣り場は管理釣り場とか、魚の密度の濃い釣り場、放流がしっかりされている釣り場、人の多い釣り場の事だと思います。
針よりも身の安全を最優先して釣をする意識を大事にしたいですね、ライフジャケット着用とか帽子を被るとかサンダルで釣り場に立たないとか。毒蛇、毒虫、ヒル、毒魚、転倒、転落、水難など色々危険はあるものですから。
話は戻って、僕は基本的に本流の鱒釣や鱸釣の時はバーブレスはほとんど使いません。
刺さって痛い思いをしてもそれは変えません(笑)

  1. 2010/08/06(金) 10:04:59 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

服などにフックが刺さってもスッと外れるので余計な時間を費やさずに済む&なかなか外れなくてイライラせずに済む、ルアーを丸呑みされても外しやすい、という実用的な理由で20年以上殆どの釣りでバーブレスです。

キャッチ云々といったところとは全く無関係な理由でバーブレスを選択しているのは、きっと私くらいなものでしょう(笑)
  1. 2010/08/07(土) 01:18:24 |
  2. URL |
  3. yotarizm #Vl86Xo7Y
  4. [ 編集 ]

ご自愛くださいますよう

こんにちは♪
一瞬で悪夢が甦り、首筋をすくめてしまいました(ウゥ‥)ご自愛ください。

先日ですが同行者はナメで転倒しました。臀部を強打し遡上に支障が出ました(笑:まぁ踏ん張ると尻が痛い~ってくらいですけど)。頭部を打たなくてよかったと思います。僕も雨の木の乗り越しで足を出したところが悪く、バランスを崩してしまい危うく壷へ突入してしまいそうになりました。

Megaceryle lugubさんの話からも、慣れのなかにある油断と隙こそが大敵だ!と強く実感させられました。大げさかもしれませんが、特に遡行メインの場合は無事に帰る事が目的だったことを再認識です。

PS:すいません(汗・汗)、今更なんですけどサイドバーの紹介文の変更ありがとうございます♪大感謝デス!!
 
  1. 2010/08/07(土) 10:26:48 |
  2. URL |
  3. 憧渓 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは!

指、大丈夫ですか?
僕は、お魚さんのためというよりは
自分のためにバーブレスを使うことが多いですね
僕も以前バーブフックが指に刺さり、貫通させ、切断し、引っこ抜くという作業をやったことがあるのと
下手くそなんで自分を釣ることも多く、外しやすいので・・・

身の安全を最優先して釣りをするってことは
僕もとても大切だと思います。
最近、身をもって感じました(笑)

  1. 2010/08/08(日) 17:49:12 |
  2. URL |
  3. prankster #-
  4. [ 編集 ]

yotarizmさん

コメントありがとうございます。
20年前からバーブレスってのはある意味凄いですね。20年前の僕は春から夏は印旛沼・霞ヶ浦でバス釣り、秋から冬は加賀フィッシングエリアでフライフィッシングをしていました。バーブレスなんて知らずに数と大物を釣る事しか考えていませんでした。
  1. 2010/08/09(月) 10:03:36 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

憧渓さん

コメントありがとうございます。
渓へ遡行する時は危険と背中合わせであるという事を忘れてはいけませんね。
僕も渓流釣りに夢中になってた時代はそんな意識はまったくありませんでした。
後に登山をする方に色々聞いたところ、沢登りは必要な技術も危険度も高いレベルだと言われたのを覚えています。幸い怪我などは一度も無かったですが、ある日疲労困憊と寝不足で動けなくなった事が一度あります。無理のある釣行計画もいけませんね。
ここに来るすべての釣師が事故無く安全に釣りをする事ができる「水辺の達人」に成る事を祈っています。
  1. 2010/08/09(月) 10:12:31 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ワタクシは,バーブレスにしてます。
で,バラシまくってます(笑)
なのにバーブレスにする理由は,yotarizmさんとほぼ一緒です。

過去に何度か,バーブ付きトレブルが無茶苦茶複雑な掛かり方をしていて,ペンチでぶった切ってリリースするまで非常に時間が掛かってしまったコトがあったのがバーブレスに踏み切った直接の理由です。

しかし,バーブレスの方が,魚へのダメージが少ないか否かについてはちょっと「?」です。
外れやすいと言うことは,ファイト中のフックポイントの移動が多くなると言うことであり,これにより,眼や鰓などへのダメージが増える可能性があります。

過去に,その辺を,バーブレスを推奨するある有名アングラーに質問してみたことがあるのですが,曖昧な返答しか貰えませんでした。

ベストなのは・・・がまかつのアウトバーブでしょうか?
「魚に優しい」って書いてあるし(笑)
  1. 2010/08/09(月) 10:16:32 |
  2. URL |
  3. マークン #-
  4. [ 編集 ]

pranksterさん

コメントありがとうございます。
ご心配おかけ致しました。
抜き取る時の激痛と出血に吠えましたが、数分後には釣りを再開してます。現在は小さなカサブタがあるくらいです。
本当に安全に釣りすることが一番大事ですね。
携帯残念でしたね。
  1. 2010/08/09(月) 10:24:31 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

マークンさん

コメントありがとうございます。
フライフィッシングや渓流ルアー、東京湾奥での鱸釣りではバーブレスを使用していました。
しかしサクラマスではバーブ付きを使用していました。バーブレスのメリットは理解しているつもりですが、総てをバーブレスにはできない自分がいます。
筑後川ではバーブ付きです、今では少ない釣行でいかに結果を出すか?って部分もありますので。
僕の中に本気で真剣勝負の釣りと遊びの釣りとあって 遊びの釣りのときはバーブレスを使ってるのかもしれません。
バーブ付きでも 感染者なのでバラシまくりですけどね(笑)
  1. 2010/08/09(月) 10:35:29 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

フッキングまでのプロセスが堪らなく楽しいです^^
が、
おあとは背中がゾックっとしますね
夏の夜の怪ならぬ 怪我となったよですね
私も気をつけようと思いました。
  1. 2010/08/09(月) 11:26:24 |
  2. URL |
  3. チョコボ #-
  4. [ 編集 ]

チョコボさん

コメントありがとうございます。
油断してました、慣れからくる「だろう運転」と一緒ですね。
用心してペンチで外すこと、めんどくさがらずにそれを徹底して癖にする事ですね。
お互い気をつけましょう。
  1. 2010/08/09(月) 11:40:25 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは
その後、怪我の具合は如何でしょうか?
自分はこの手のアクシデント防止の意味もありますが、圧倒的に有利なアングラーにハンデをつける意味でも、バーブレスフックオンリーにしています
特に伸びないPEラインを使うようになってからは、バーブレスでも、それほどバラシに繋がらなくなったような気がします
  1. 2010/08/09(月) 13:05:04 |
  2. URL |
  3. ばんぱく #-
  4. [ 編集 ]

ばんぱくさん

コメントありがとうございます。
ご心配頂いた怪我の具合は順調でもう痛みもありませんし、釣にも影響ありません。
ばんぱくさんはバーブレス派なのですね!
石器時代の遺跡から出てくる釣り針にバーブがある以上、人類史にとってバーブレスがどういう意味を持つのか?なんて思いを馳せたりしています。
  1. 2010/08/09(月) 15:06:59 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/347-e1702fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: