コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             筑後川水系オヤニラミ釣行 4月 スピナー釣り。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

筑後川水系オヤニラミ釣行 4月 スピナー釣り。

今回も最初に竿を出したのは小さな小川。風情のある橋とその流れに期待したものの狙いのオヤニラミの姿は見つける事が出来なかった。水深は深いところで80cmくらいだろうか?砂底が藻が密生しており、その藻の中を、オイカワ・ハス・カマツカ・コイ・フナなどが潜ったり出てきたりを繰り返している。
この地方ではオヤニラミの事を「ミズクリセイベイ」と呼ぶそうだ。由来は産卵後に巣を守る時に、鰭を使って新鮮な水を送る仕草からそう呼ばれているらしい。
DSC01334.jpg
風下からのやや強い風がアプローチの際にルアーを引っ張り、狙いたい場所にルアーを送り込めない。
そんなコンディションでは風を僅かでも避けてアプローチした方が間違いは少ない。
DSC01333.jpg
こんな木陰の流れに潜んでいないか目を凝らして探して見るが、カマツカとフナが目立ち肝心のオヤニラミの姿は無かった。今回も下見の心算なので小一時間で小休止。
DSC01363.jpg
前回、オイカワを釣った巨瀬川へと移動した。この川の上流には完成して間もないダムが有り、放水の加減なのか水量は安定している。この流れも人間が造った小川や水路ではあるが、永い時間は徐々に構造物を風化させて、植生を生みやがては元の姿に戻そうという力が働くものである。川岸には草木が茂り水辺には簡単に近づく事が出来ない様になる。小魚は適度に守られ適度に餌として鳥達の命を繋げるのである。そしてこの日もカワセミやカイツムリが盛んにオイカワを捕食していた。水鳥からのプレッシャーは相当なものである、鳥が飛ぶとサッと小魚達は姿を消し暫くするとまた出てくる。そんな時は鳥に狙われないサイズの魚だけは盛んにルアーを追った。
DSC01350.jpg
まるで果実の様に赤く、追星の付いた大型のカワムツ。20センチを超えた見事な魚体であり、体高は指3本有る為、ヨンロクのロッドはバットから絞られて良いファイトだった。同じ水系にはヌマムツ(カワムツB)もいる事から、オイカワ、カワムツ、ヌマムツ、ハスが全て揃う水系であると言える。これでオヤニラミが釣れれば最高なのだが。
DSC01355.jpg
対岸の葦際5センチにスピナーが着水すると同時に銀色のコイツにひったくられた。このハスも30センチに近い魚体でなかなかの引きを楽しませてくれた。この川はひょっとすると#3くらいのフライタックルでウエットの釣りをしたら面白いかもしれない。ルアーは手返しが良く、効率的に釣る事が出来るのであるが、逆にあまり釣れ続く事は無く、数投で勝負が決まってしまう。逆にフライの場合は同じコース同じフライでも数回は同じ手が通用する。
釣り下りながら大型オイカワ、ヌマムツ、カワムツ、ハスと釣れたら楽しいだろうなぁ?と妄想してしまった。
DSC01364.jpg
オヤニラミは簡単には釣れない様であるが、オイカワ「ハヤ」の釣りには最適な場所が見付かったので良しとした。
何時かこの流れでフライを流そうと思う。オヤニラミは風の無い日にまた探す事にしよう。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/14(水) 00:36:08|
  2. 川眼張疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<僕のリールと呼べるものを求めて | ホーム | 筑後川水系オイカワ釣行 4月 息子との約束。>>

コメント

Megaceryle lugubさん、こんにちは。
凄い綺麗なカワムツとハスですね!
特にカワムツは「ドキッ!」とする位の綺麗な魚体にしばし見惚れていました(笑)!
それにしても、釣行をされた場所。こちらも又見ていて癒されました~!本当に素敵です!
早くオヤニラミを見てみたくなりました!
是非、頑張ってください!
  1. 2010/04/15(木) 10:31:09 |
  2. URL |
  3. トレック #-
  4. [ 編集 ]

カワムツでもいいから・・・

良い釣りしてますね!
場所がら無理してヤマメなど狙わなくても
充分楽しそうで羨ましい、
オヤニラミが出ればもっとよいのですが!

こちらは最悪です。
利根川は常に増水気味、平水でも岸際で大型の草魚が川底のトロロを群れで食べてる他、魚っ気はほとんどありません。マルタも遅れてます。
したがって解禁してからの釣課はゼロ。
能書きのSや物好きPB2ちゃん、おっちゃんもダメ。
いつもはキライなマルタも今なら相手してやるのに~
  1. 2010/04/15(木) 19:20:32 |
  2. URL |
  3. サイタマスノスケ #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは
コセ川、T主丸の役場前~工業橋の間。昔はたくさんいましたからいってみてください。
ちなみにオヤニラミはものすごく神経質な魚で、ハードルアーには出ないのではないかと、私は思います。
体そのものも大きくないし、おちょぼ口ですよ。
ルアーで釣れる所を見てみたいので、頑張ってください。

焼酎のせいか文章グダグダですみません。
  1. 2010/04/15(木) 19:47:45 |
  2. URL |
  3. マーシャン #-
  4. [ 編集 ]

グダグダですわ(笑)

毎度です。
なかなか手強いようですねぇ。
なんとか、北関東の釣りが九州の魚に通用するのが、見たいです。


今週は、勉強がハードな為夜の電話に出られなくてすみません(泣)

サイタマスノスケさん、利根川が駄目なら、また栃木の川に行きましょう。
リベンジしないと気が済まないので(笑)
  1. 2010/04/15(木) 21:50:05 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

>Megaceryle lugubさん、こんばんは。

筑後川水系の雑魚は成長が早いですね!
こちらでは、カワムツやケタバスの、そのサイズが釣れ出すのは6月に入ってからですから、地域的な特徴も有るのですね、羨ましい!
  1. 2010/04/16(金) 00:54:57 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

トレックさん

コメントありがとうございます。
のどかな風景を流れる川で色鮮やかなカワムツが突然釣れるとなんとも不思議な感じがします。時間的な都合で渓流や本流でトラウトを釣る時間が無い僕にとっては小川の魚達も立派なゲームフィッシュです。オヤニラミは何処にいるのでしょうか?ゆっくりじっくり探ります。
  1. 2010/04/16(金) 22:35:33 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

サイタマスノスケさん

コメントありがとうございます。
ヤマメを釣りに行きたい気持ちはあるのですが家庭的な事情で真夜中か14時から17時くら
いの時間しか釣りに行けません(笑)
確かに、無理して渓魚を釣る事もありませんね。昔、散々釣っておいて良かったです(笑)

利根川は増水時は難しいですよね?僕は4月の本命キャッチは一度もありません。
  1. 2010/04/16(金) 22:43:49 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

マーシャンさん

コメントありがとうございます。
貴重な生息情報をありがとうございます。役場近くの流れですね?今度探ってみます。
僕もミミズやソフトルアーやフライの方が釣れると思います。
しかしです、昔ダイワの釣魚図鑑に掲載があったオヤニラミがスピナーで釣れていたので、同じ様に釣りたいのです。夢、憧れですね(笑)
  1. 2010/04/16(金) 22:49:09 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

まいどです(笑)
はじめに、北関東の釣り師は九州では通用しません(笑)
九州には九州の釣があります。

それじゃあって北関東に帰ったとしても、昔の様に釣れる自信はありません。
釣りは常に新たな挑戦の場であり、毎回の様に発見もありますので。

上手く言えないけど、初めて諏訪沼で釣ったバスをその後二度と釣る事は出来なかった様に。
利根川で釣り逃した大きな鱒が二度と僕の針には掛からない様に。
過去は過去でしかない訳です。

知らない土地に来た僕は、名声や見栄や面子の為に魚を釣る事が無意味である事を思い知らされました。釣っても誰にも話せないというか誰とも喜びや感動を共有出来ないってのは一番辛いですね。今は少しずつ仲間も増えて楽しく釣られてもらってますが(笑)

全てはゼロからのスタートなんです。ぼちぼち楽しみながらやっていきます。
いい魚をお見せ出来る様に頑張りますので待ってて下さい。
  1. 2010/04/16(金) 23:03:00 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

camiさん

コメントありがとうございます。
そうなのです、筑後川水系の魚は多くの魚種が大型であると思います。
大分県内の流れでは解禁から50センチクラスのヤマメが釣れたというのを聞いたり、35センチを超える鮎や20センチを超えるオイカワ。35センチのハス、10センチを軽く超えるカネヒラに120センチの鱸などどれも大型になるのが特徴です。
しかし深刻な問題として近年、僕の釣果が大型化してない(笑)
camiさんの紀伊半島も羨ましいです、あんな流れでサツキを釣ってみたいです。
  1. 2010/04/16(金) 23:12:24 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

 おはようございます。

 のどかな風景ですね。
 こんな風景を見るとほっとします。
 人工の護岸も時間と共に風景になじみ草が茂り鳥が来て、小さな世界ができますね。
 この文章を読んでいると小畔川を紹介しているようです。
 このカワムツはなんていう大きさでしょう。
 こんなモンスター初めて見ました。
 ハスは残念ながら釣ったことが無いのです。
 関東にも入っているようなんですが何処にいるかも判りません。
 このぐらいのサイズを釣ってみたいです。

 オヤニラミは釣れなくてもいいですよね。
 釣れない釣れないと言いながら貴重な魚だと紹介して、こんな魚がいるんだと判ってもらうのも大切なことと思います。
 
 釣りは一匹、釣ったのとおでこでは雲泥の差。
 釣れ過ぎて手返しが良すぎてなんて贅沢!贅沢!
 
  1. 2010/04/18(日) 05:51:47 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん

コメントありがとうございます。
そうなのです、適度に人の手が入って適度に自然が風化させた景色を見ると僕等はの心は和み気は安らぐ様です。自然と人との暮らしで生まれる調和のとれた景色なのかもしれません。
以前からオイカワをフライで釣っている時に得体の知れない何かが針に掛かりロッドを絞られて寄せられない事が度々ありました。正体はこの魚達の様です。
#1~2番のタックルでは少し無理がある様子なので#3で挑みたいと思います。
オヤニラミは気長にお待ち下さい(笑)
今年か来年か再来年くらいまでに釣れるか掛かればいいかな?程度に考えています。
希少種なので釣れないくらいでいいのかとも思います。
  1. 2010/04/18(日) 22:49:26 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。

ご挨拶遅れてしまいました。
利根川中流域を徘徊しているはっしーと申します。

いつかは利根で120を・・・と夢見がちなアラフォー2年生ですが、まずは90を目指して精進の日々が
今年も始まる寸前です。

Megaceryle lugubさんの考察、勉強になります。
ぜひリンクさせて下さい。
  1. 2010/04/19(月) 23:39:22 |
  2. URL |
  3. はっしー #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

はっしーさん

コメントありがとうございます。
ブログ:風来坊さんのリンク先、ブログ:Bay-sideのハッシー@さんでいいのかな?
利根川で釣りする方ならリンクは大歓迎です。
現在の利根川釣り情報を是非、発信されて下さい。
こちらでもリンクさせて頂きます。
今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2010/04/20(火) 01:28:04 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

承諾ありがとうございます。

@は外して下さい^^;

利根行脚、そろそろスタート。
今年もM越え狙って精進しつつ一家揃って利根を楽しみます。

今後とも宜しくお願いします。
  1. 2010/04/21(水) 00:15:17 |
  2. URL |
  3. はっしー #amXlFcx2
  4. [ 編集 ]

はっしーさん

コメントありがとうございます。
@は要らないのですね?失礼しました。
利根川と聞くだけで懐かしさと親近感が沸いていきます。
今後とも宜しくお願い致します。



  1. 2010/04/21(水) 09:37:07 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/333-09e2932f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: