コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             筑後川水系オヤニラミ釣行(予定)  タックル準備編 

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

筑後川水系オヤニラミ釣行(予定)  タックル準備編 

DSC01304.jpg
昨年秋のオイカワ釣行の際、偶然見つけた魚がいる。それは「オヤニラミ」学名は「 Coreoperca kawamebari」そうカワメバルである。

淡水のメバルならば・・・それを疑似餌で考えるのは僕だけだろうか?
現時点では環境省の絶滅危惧II類(VU)に指定され徳島県では採取を禁止されているが、一方でモラル無き愛好家?の手により各地で放流繁殖をしているという例がある。ここ有明海流入河川では比較的珍しい魚ではなく、昔から地元に住む釣好きなら誰でも知ってる魚なのである。

昨年の実釣では小さなニンフを沈め誘ってみたが、流れに上手く乗せる事が出来ずに肝心のオヤニラミには逃げられてしまった。生息域は少しだけ掴んだもののまだ触れた事も無い魚に憧れを感じている。

僕の妄想の中では、小さなワームやスピナーや小型プラグで釣れる魚として考えている。
そして少しづつ詰めてキャッチするその日まで楽しみたいと思っている。

そして最近タックルを準備した。

ロッド:UFMウエダ スーパーパルサーⅡ CS46UL/B 
4.6フィート 適合ルアー3~12g 適合ライン6~12LBという一昔、二昔前の設定の竿である。色々なロッドを考えたが小河川、ピンポイントの釣りでスピナーやプラグを駆使する釣りを想定し、岩や藻の隙間に正確にキャストとなるとショートレングスの貼りのある竿が有利と判断した。何よりもこの竿で釣りたい。

リール:ダイワ UL7 「ユーエルセブン」
まず何といっても名前がカッコいい、そしてデザインがダサい。これも一昔前のダイワの小型リールで大きなスプールに小型ボディ、飾りは無く、無骨でいて黒とゴールドの配色がPENNっぽくて、子供のリールっぽくていい。ナイロンの3LBを巻いた。メインギアにはモリブデン&エステルの自作スペシャルオイルを注入済みで回転は良好であり申し分ない。

ルアー:発掘したプラグ達
トラウトルアーのボックスをひっくり返して集めたプラグ達である。ICサージャーやソリッドミノーに初代シュガーミノー40mm、N氏に貰ったスカジットの小さなバイブ?色々出てきた。この他にはパンサーマーチンの#0やライトニンの#0を数個準備した。そしてワームはしばらく使わないと決めた。この釣では外道となる大型オイカワやハス、カワムツなども楽しみたいと思っている。

さて、あとは釣りに行くだけなのだが、サクラマス探しもオイカワ釣りもシーバスも時々バスもと色々欲張りな僕なので何時になるかはからない。でも何度か釣行してオヤニラミを手にしてみたい。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/03/22(月) 00:23:18|
  2. 川眼張疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27
<<筑後川水系オヤニラミ釣行 3月 春休みの宿題。 | ホーム | 筑後川シーバス釣行 3月 春なのに寒い夜。>>

コメント

こんばんは

オヤニラミは子供の頃、小さなターゲットでした。
昔はミミズで良く釣れていましたし、釣ったオヤニラミを水槽で飼ったりもしていました。
今でもS川には沢山居ますよ(笑)
プロセスもお楽しみのようですので釣り方は書かないでおきますね!頑張って小さな宝石を釣りあげてください。
  1. 2010/03/22(月) 00:43:42 |
  2. URL |
  3. じろう #-
  4. [ 編集 ]

じろうさん

コメントありがとうございます。
昔はよく釣れていたのですか!羨ましい(笑)
居場所や釣り方は自分なりに探してみますが、困ったときは教えて下さい。お願いします。
小さな宝石を釣ったら水槽で飼育もしてみたいですね。
秋から飼育してるオイカワが大きくなったのでそろそろ放流しようかと思っています。

  1. 2010/03/22(月) 00:55:03 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

Megaceryle lugub さん、こんばんは。
こちらではオヤニラミは生息してないので習性は知らないのですが、ブルーギルのような感じですか?
  1. 2010/03/22(月) 01:09:23 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

46かよ(笑)

マニアの間では名(迷)竿ですね(笑)
昔の少年達が、Z社の5fの代わりにバス釣りに使ってたのが懐かしい(笑)
リールもUL 7?(笑)
短竿好きなオイラには、たまらねぇセッティングぅ!ですね(笑)
やっぱり、5f以下には、
500番が格好良いです(笑)
ちなみに、オイラは『プリマックス』にマシンカット風のハンドル付けて使ってます。

さて、オイラはオヤニラミ?がどういう魚か知りません(笑)
なので、そのセッティングがあってるのかどうかも…魚のサイズ的にはバッチリだと思います。
ただ、海メバルでしょ?
(FS)や(FWS)も使えるのではないでしょうか?
FSやFWSは完全に個人的な好みですけど(笑)

一昨日、S君と釣りに行きました。
オイラの44のベール留めてるネジが、水中へ…
大爆笑されました。
無事にネジは、回収できましたけど(笑)
  1. 2010/03/22(月) 09:16:27 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

まちがえました。

カワメバルですね。
海メバルじゃ普通のメバルですよね(笑)
  1. 2010/03/22(月) 09:19:53 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

おーオヤニラミ!

冬の間ずいぶん釣ってましたね~
こっちはパッとしません。いつもの事ですが本流は水量が安定せず、今日もPB2さんとウダウダ~と
虚しい時間が過ぎていきました~とさ~
さて、オヤニラミ昔ダイワの釣り図鑑で見ただけの
なじみの薄い魚!目はメラメラ燃えて、大槻ケンジか青田赤道(古っ!)の様な傷跡みたいな模様があったと記憶!しております!
真相の解明に全力を尽くしてください!
  1. 2010/03/22(月) 20:03:31 |
  2. URL |
  3. サイタマスノスケ #-
  4. [ 編集 ]

今日新聞を読んでいたらオヤニラミの記事が載っていて写真見るとバスみたいな体型(エラ後ろの模様なかったらスモールと勘違いしたかも^^;)してたんでルアーで釣れそうだなぁって思ってたとこでしたw

  1. 2010/03/22(月) 23:11:34 |
  2. URL |
  3. ホゲタツ #-
  4. [ 編集 ]

昔はオヤニラミは筑後川に沢山いました
そしてブルーギルも上流から流れてきたのか居ました
今から28年前の話です
日田淡水魚センターから逃げ出したのかとも思ったくらいですね
今じゃ支流にその姿が有るだけで、本流じゃ姿を消しました
ヒナモロコも天然記念物になってます

僕が最初にルアーで釣った魚はパラタナゴでした
オヤニラミが釣れる前に釣れたのです
スピナーを上下にしゃくりフォールしたときにヒットしましたね。
オヤニラミも追ってきてましたがタナゴに負けましたよ
  1. 2010/03/23(火) 10:30:31 |
  2. URL |
  3. TAKA #-
  4. [ 編集 ]

cami さん

コメントありがとうございます。
オヤニラミはカワムツやオイカワと混生する、スズキ目ケツギョ科の魚です。
ブルーギルはバスの仲間でサンフィッシュ科なので分類は違うのですが、北米大陸にいる淡水のスズキの仲間はこのサンフィシュ科に分類されます。

日本や中国大陸などのアジアにいる淡水のスズキの仲間や、オーストラリアアンバスなどがこのケツギョ科に分類されています。
おそらくは生息している大陸、地域が違うという事で分類されてますが、広い目で見れば同じスズキの仲間であることは間違い無さそうです。

ブルーギルは成魚になっても群れを形成する事が多いですが、オヤニラミは縄張り意識が強い魚という事ですから、生息域や習性はもちろん違うという事になります。
僕も一度しか見た事はありませんが、用心深く臆病で物陰に潜み、じーっと餌を待ってる感じの魚です。何より釣らなければ詳しくはわかりません。生息域は限られますがオヤニラミは日本の固有種であり、日本の小型淡水魚でネイティブなのです。

しかし釣り仲間であるブログ:筑後川有明鱸(シーバス)通信の「筑紫次郎氏」にオヤニラミについて尋ねると「このあたりではどこでもいるよ?案外ブルーギルと一緒だもんね!」とバッサリ言われてます(笑)
  1. 2010/03/23(火) 10:58:00 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

コメントありがとうございます。
今更ですがヨンロクです。
小さな淡水鱸のカワメバルには、ショートレングスに小型リールがぴったりかと(笑)
FSやFWSは釣果に余裕のある方でないと使えません、まだ釣ってないので真剣モードです、はい、ヨンロクですけど(笑)
Sさんには、直列4気筒のカリカリエンジンはダメです。彼は6気筒シルキーシックス派なんですよたぶん(笑)


  1. 2010/03/23(火) 11:12:22 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

サイタマスノスケさん

コメントありがとうございます。
冬の間も休み無く釣りしてました。そちらの本流はこれから本番ですね?
コメントの青田赤道NETで検索してわかりました(笑!)
ダイワの釣り図鑑に掲載されていたオヤニラミは確かスピナーで釣れていた記憶があるのですが・・・うろ覚えですので何度か釣れるまでがんばってみます。
  1. 2010/03/23(火) 11:22:48 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ホゲタツさん

コメントありがとうございます。
そうなのです、ルアーで釣れそうな魚なのです。
どうなるかわかりませんがチャレンジですね。
  1. 2010/03/23(火) 11:24:39 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

TAKAさん

コメントありがとうございます。
今回も貴重な情報ありがとうございます。
オヤニラミ、昔は本流にも沢山いたのですか?
しかしパラタナゴがルアーで釣れるとは驚きです。
また色々教えて下さい。
  1. 2010/03/23(火) 11:28:51 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
オヤニラミの学名がカワメバルとは知りませんでした!
しかしメバルみたいにわんさか群れて簡単にルアーで釣れる魚ではないのでかなり難しいでしょうね(笑)
頑張って釣ってください!
  1. 2010/03/23(火) 18:29:26 |
  2. URL |
  3. ken某 #-
  4. [ 編集 ]

オヤニラミ。

近所のホームセンターで売ってました(笑)
バスっぽい?かな(笑)
なんとなくなんですけど、ギルをルアーで釣るのをかなり繊細にすれば、良いんじゃないかな?って感じです。
スピナーは、
ルースターテールの小さい奴か?(笑)
いずれにしても楽しみですね!
オイラも鱒レンジャーにプリマックスつけてギルでも釣りに行きますかね(笑)
  1. 2010/03/23(火) 20:37:24 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

ken某さん

コメントありがとうございます。
本日も偵察に行ってきましたが、雨の増水と濁りで断念でした。
自分の釣りたいタイミングと釣りのタイミングはなかなか上手く行きませんね。
  1. 2010/03/23(火) 22:03:54 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

コメントありがとうございます。
近所に売ってましたか!観賞魚として売ってるのはいいとして出所が気になります。
昔、吉見の沼で、スペリオール1gとかコンデックスの1.6gなどのスプーンによるブルーギル釣りをした事があります。アタリはカンツリのあれと同じでいい練習になりますよ(笑)


  1. 2010/03/23(火) 22:08:25 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

おお!?

こんばんは☆

オヤニラミとは、狙いというか目の付けどころがさすがです!!肝はフィールドからそれを得ているってとこですね。これからもっと見ることって思いました。

楽しみにしてますヨ。

追:最近目が薄くなってますけど♪
  1. 2010/03/23(火) 22:23:42 |
  2. URL |
  3. 憧渓 #-
  4. [ 編集 ]

憧渓さん

コメントありがとうございます。
好奇心ですね、見たい釣りたい触りたい。
万が一絶滅してしまったり、法的に規制されてしまってからでは遅いので、出来るうちに出来るだけ知りたいんです。遠くの海や渓流にも憧れがあるのですが、まずは地元をしっかり釣って触って知ってからと考えています。
  1. 2010/03/23(火) 23:34:58 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

オヤニラミは先ずは群れである程度居ます
そして泳ぎ方は止水域では、ヒレでバックします
まさにサンフィッシュ科の魚ですね
水が綺麗で産卵にはわき水が必要であるように、水が綺麗じゃないと住めません

さてさて筑後川にオヤニラミが戻る日なんて有るのかな?と思います
そしてこの地域の人は不思議と川魚を食べるのです
何でも食いますので、根こそぎ居なく成る可能性が高いのです
大水で河川が氾濫したら、網をもってニワカ漁師に早変わり そして沢山の魚を捕り自慢しています
近年 魚が減り続けています、どうなる事やら
  1. 2010/03/24(水) 17:44:14 |
  2. URL |
  3. TAKA #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは
オヤニラミが釣れるということは、自然環境がそれだけ恵まれているということなのでしょうね

確実に釣ることのみを考えるのであれば、メバル用ワームが一番効率的な気がしますが、敢えてハードルアーでの釣りに拘る点に男気を感じます
  1. 2010/03/25(木) 01:22:31 |
  2. URL |
  3. ばんぱく #-
  4. [ 編集 ]

TAKA さん

コメントありがとうございます。
コメントの
> オヤニラミは先ずは群れである程度居ます
> そして泳ぎ方は止水域では、ヒレでバックします
> まさにサンフィッシュ科の魚ですね

という事でNETで調べたところサンフィッシュ科のウオーマウスが形的にも似てました。
単独行動かなと思ってたら意外にも群れを形成するのですね、その姿を見てみたいものです。

僕の個人的な意見としては、適度に魚を獲り魚を食べるのはいいと思います。
しかし必要以上に獲りすぎるのは確かに考え物です。

魚が減った原因の一番は三面護岸や川底、河川敷を闇雲に弄繰り回す工事が一番大きいのでは?と考えています。利水・治水事業の範囲を超えた工事や構造物が与える影響は想像を超えるものがあります。護岸により植生を失った川岸からは生き物は生まれないと思います。

そして川鵜による鳥害の話も多く聞きますが、鳥が食べる魚も減り魚の居る場所、魚の食べられる場所に鵜も集中しているだけの事かと思います。

筑後地方は昔から比べると悪くなったとはいえ、北関東から比べてもまだ自然が残されています。これ以上壊されない事を願います。
  1. 2010/03/25(木) 22:47:10 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

ばんぱくさん

コメントありがとうございます。
そうなのです、オヤニラミが釣れるらしいのです。
僕はまだ釣った事は無いですけどね(笑)
ワームの釣りは嫌いじゃないのですけど、仮に被写体として写真に収める時に美しさはプラグやスピナーの方が上かと思いまして。
でもプラグで上手く釣れないなら、使う事もあるかもしれません。
まだ何もわかりません(笑)


  1. 2010/03/25(木) 22:54:05 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

 おはようございます。

 オヤニラミはカワメバルなんですね。
 この記事にコメントできるような気のきいた言葉があるか考えていました。
 先日NHKの番組の中でオヤニラミが紹介されていました。
 えらの所に丸いマークがあり威嚇する時にえらを広げるとこのマークが見えて前から見るとダルマ???
 そんな名前だったような気がします。
 地域の方々が子供の頃から愛している魚だそうです。
 さて、こんな魚が生息するには環境が一番ですね。
 子育てが大変なようで湧き水があり絶えず溶存酸素が豊富な緩やかな流れが必要とか。
 こんな所は昔はワンドが沢山あったので気にしていなかったように思います。
 今はワンドなんて言っても知らない方が多いのではないでしょうか。
 川をいじってしまったのでこんな場所が少なくなってしまったんですね。
 オヤニラミは関西が中心の魚のようで私はまだ見たことがありません。
 是非大きな写真でアップしてくださいね。
 楽しみにしています。
  1. 2010/03/28(日) 06:51:47 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

オヤニラミを勉強させてもらいました

Megaceryle lugub さん、こんにちは。
今回のオヤニラミ釣行を拝見させてもらいまして、オヤニラミについて勉強させてもらいました。
実際に野外等で見た事はないのですが、水族館で見た思い出があります。驚いたのは絶滅危惧種でありながら意外と全国的に分布していることです。
少し思ったのは、成魚のオヤニラミはバスやギルの天敵になるのかなぁ~(バス&ギルが幼魚の時ですが)?とか思いました。この辺興味あります。
是非、オヤニラミを釣り上げてUpしてもらえる事を願っています!頑張ってください!
  1. 2010/03/28(日) 09:54:52 |
  2. URL |
  3. トレック #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん

コメントありがとうございます。
そうなのです、オヤニラミは湧き水の豊かな小川に生息しているらしいのです。僕も一度しかその姿を見た事は無いのですが、釣ってみたくなり夢見ています。

護岸により徐々にワンドは失われつつありますね、真っ直ぐな水路状にされた川ばかり目に付きます。

僕が幼少期に遊んだ小川にはザリガニやトノサマガエルにクサガメそしてフナやクチボソなどが泳いでいました。父が子供の世代まではシジミを獲ったと聞きます。そして祖父の話では秋ヶ瀬に堰が出来る前は、海からボラがそこまで遡上してきたといいます。
やがてニュータウンという名の住宅地が増えてから、子供には危険だということなのでしょうか?両岸にフェンスを張られ三面護岸のドブ川へと姿を変えてしまい、沢山いた生き物も姿を消しました。

僕が昔見た小川は九州にはまだあるのです。ルアーで釣れる様な大きなオイカワやカワムツも泳いでいます。淵にはフナの群れが泳ぎ、岩影には大きなナマズと小さなオヤニラミが暮らしています。

難しいとはわかっていても、何時までもこの環境を残したいものです。

  1. 2010/03/29(月) 02:17:38 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

トレックさん

コメントありがとうございます。
まだ釣った事も無いので何とも言えませんが、釣れる日までゆっくり楽しみながら遊ぶつもりです。
最近では都内の川など都市部でペットとして飼われていたものが、闇放流されやがて定着している様子ですね。

泳いでいる姿を一度だけ見つけただけなのですが、その付近の流れにはバスやギルは見かけません。オヤニラミは獰猛な性格だと聞きますのでバスやギルが小型のうちは捕食対象になりそうです。
  1. 2010/03/29(月) 02:24:12 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/330-dd264393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: