コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             続 荒川サクラマス  海に行けなかった川マス達。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

続 荒川サクラマス  海に行けなかった川マス達。

前回、荒川サクラマスのお話をさせて頂いたのだが、今回は「荒川本流ヤマメ」の話である。

埼玉県を流れる荒川にはサクラマス(川マス)も本流ヤマメも各支流には天然系のヤマメも棲んでいる。
秩父市付近の流れでも地元の釣師にサクラマスと呼ばれる大型になり、本流ヤマメの範囲を超えた ランドロック系サクラマス「川マス」が存在しており、餌釣りやフライ、ルアーの対象魚となっている。

僕がサクラマス、通称「川マス」を荒川で初め釣った頃のこと、埼玉県のとある町に昔の行きつけの釣具屋さんがあり、そこのご老輩に遡上してくるマスや鱸の事を伺った事がある。

そのお話によると昭和20年代後半~30年代の頃の事、「大ヤマメが下流の荒川で釣れたから魚拓をとってくれ」とお客が魚を持ち込んだのだが、そのヤマメは二尺に及ぶ大きさでご老輩(当時店主)の想像を超えた代物であった為「だいたい沢にヤマメはいるもんだ、ヤマメはどんな大型でも尺一寸、そんな魚はデタラメだ!」と言った。
しかし釣った本人は「いいや、ヤマメだっ!!」と主張し最後は「だめなものはだめ!」と追い返してしまったという。
そのやりとりが僕にとっては十分面白かったのだが、ご老輩は少しがっかりした口調で「今思えば、あれがおめぇーの言ってるマスなんだろぉなぁ~しっかり記録をとっときゃよかったいっ!」と話してくれた。

それから僕は荒川中流域へ釣行を重ねたが、サクラマスには逢えずに数年を過ごした。
やがて時が流れて本ブログに何度か登場してもらっている秩父市に住むN氏と知合い、荒川の大型ヤマメやサクラマスの存在が明確になる。彼の話によると尺は当たり前、50センチクラスも釣れるというものだった。
そして年間で50本以上本流ヤマメを釣るという。

そんなに釣れるものなのか?と最初は驚きであったが、実際の釣行を重ねて行くと本来の荒川の豊かさも彼の釣りの技術や素晴らしい視点、着眼点を身をもって知る事になった。
昨今では雑誌やネットで紹介され当たり前の情報となっているが、10年以上前には僕等以外のルアーを投げるアングラーなど皆無であり、N氏との釣りは驚きと発見の連続であり、常に新しい釣り方の開発に明け暮れていた。

逕サ蜒・002_convert_20100303231739

荒川には数箇所のダムと堰とで本流は魚の遡上が容易に出来ない川になっている。海に行く事の出来ないスモルトヤマメは本流で鮎を食らい大型になりサクラマスと変わらない姿になる。僕等はその本流ヤマメを実験台にサクラマスの釣り方や釣れるタイミングを勉強させてもらった。それでも毎年の魚の動きは変わり、一筋縄では行かず、ポイントの選択や遡行の方法、河原への降り方を工夫して行く中で、N氏の釣るスタイルと僕の釣るスタイルは互いに刺激を受けて進化もしていったと思う。

そんなある日、何時ものポイントでの事、毎日、荒川に犬の散歩にくる民宿の親父さんと仲良くなりここでも大変貴重な話を聞かせてもらった。
その親父さんは「どうだ釣れたか?よくここへ釣りにくるけど、ヤマメ釣ってるんだろ?でもよ昔は居なかったんだいねぇ」と話だす。昔は居なかったというのが気になり「なぜですか?」と尋ねると、ダムが上流に出来てから川が変わったという。という事は、川マスは適水温域が広がったから本流ヤマメとしてこのエリアにいるという事になるのではないだろうか?と考え始めた訳である。
もちろんダムや堰の影響で本来海に行く魚がロックされるというのもあるが、海に行かなくても本流で育ち海に行った魚と変わらない大きさに成長する事もできるということだ。
人為的に変化し続ける環境の中でマス達は、それを巧みに利用しながら強かに生きている。
渓流のヤマメのイメージは、渓流の宝石と言われ清楚で美しく儚くと女性的なイメージを受けやすいが、それは釣り人の妄想であり、何度も言うが大変強かで強い生命なのであると僕は思う。

そのヤマメ・サクラマス(川マス)を釣るということは、その生息域である源流・本流から 水路・池・湖・河口・海までその生息域の生態や行動に合わせた釣り方で釣る、フィールドと向き合う釣りなのではないか?そう思えてならない。

よく釣れるヤマメ。めったに釣れないマス。その差は規模に対しての絶対数の違いなのである。
また何時かそんな奇跡的な魚と出会ってみたい。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/03/15(月) 12:24:59|
  2. 本流櫻鱒疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<筑後川シーバス釣行 3月 春なのに寒い夜。 | ホーム | 兄貴達の背中を追って。>>

コメント

な~るほど(笑)


「二尺山女魚の話」

「でもよ昔は居なかったんだいねぇ」

浪漫ある話ですね

ありがとうございました




  1. 2010/03/15(月) 21:55:53 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

「二尺の本流ヤマメ」情報が無い時代、ご老輩はさぞ驚いたでしょう。
個体数が極端に少ないでしょうが私も合ってみたいですね。「二尺の本流ヤマメ」
  1. 2010/03/16(火) 08:18:34 |
  2. URL |
  3. hiraipapa #-
  4. [ 編集 ]

ジェロさん

コメントありがとうございます。
一昔前はNETや雑誌の情報なんてありませんでしたから、川を知る者に訊くに限ります。
最近は魚が釣れないのでそんなネタでアップしました。
  1. 2010/03/16(火) 22:20:24 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

hiraipapaさん

コメントありがとうございます。
ヤマメってのは不思議な魚で平均サイズは30~40センチの川でも、数年に一度50センチを超える個体が釣れる事があります。
生まれてから生きた年数は同じでも60センチを超えて鱒になったり20センチ未満で成熟したりと、環境によって変化する魚なんでしょうね。
漁師の投網で獲れたサクラマスで大型ですと、75センチというのを訊いた事があります。
そんなのが釣れたら嬉しいですけど、一生、自分の自己記録を超えられない。
そんな気がします。
  1. 2010/03/16(火) 22:28:02 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

遡上スイッチは何時入るか?

Megaceryle lugubさん、こんばんは。
荒川の寄居近辺にいるサクラは玉淀ダムの遡上組だと思います。これが6月頃上流を目指します。そのタイミングの見極めが難しそうです。
自分が毎年サクラ釣ってる所はダム湖の上流で普段は水がちょろちょろ流れてますが雪代で水深10m位になります。こっちは遡上タイミングがわかります。
自分で足を運びそのポイントの釣れるタイミングを見極めれば楽しい釣りができそうですね。

  1. 2010/03/18(木) 18:24:36 |
  2. URL |
  3. WOODY #-
  4. [ 編集 ]

WOODYさん

コメントありがとうございます。
昔は浦山ダムや二瀬ダムの放水による増水がキーでした。
逆に渇水になると極端に難しくなります。

遡上する魚は増水を待ち、増水~平水に戻るまでの
所謂、水位が下がる時に釣れる事が多い様子です。
  1. 2010/03/18(木) 23:25:57 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは、憧渓です♪
なんだか色々とヒントがあって一気に詰め込むとパニックになりそうです(笑!)

確かに彼らはしたたかで強いです。上へも下へも行って、其処に合わせて成長してますよね、納得~。そろそろ河口回りからサッチャンも上がってくると思うけどと思ってはいてもタイミングが無い。

先日のお話から幾つか狙い箇所は絞ってます♪
 
  1. 2010/03/19(金) 18:21:23 |
  2. URL |
  3. 憧渓 #-
  4. [ 編集 ]

憧渓さん

コメントありがとうございます。
昔何かの文献で読んだ事があるのですが、サッチャンは海水温16℃で河川に遡上するそうです。
利根川のサクラマスも海水温16℃になる4月下旬から5月上旬に河口に集まり、中流域、本流の水温16℃になる5月中旬に群れが集まり大釣りに成ります。
昔、16℃に達した日から3日連続で釣れて通算5本キャッチという記録はあります。
因果関係がありそうなのですが、まだ検証はしていません。
  1. 2010/03/19(金) 22:57:38 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/328-c52d7806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: