コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             兄貴達の背中を追って。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

兄貴達の背中を追って。

DSCN0954_convert_20100309175258.jpg

ルアー兄貴達は今、何処にいるのだろうか?

僕の父親は釣りをしない。
だから釣りをする父親を持つ友人達が羨ましかった。僕に釣りを教えたのは祖父や叔父であるが、母親の実家なのでそうちょくちょく行く訳では無かった。
一番釣りを教えてくれたのは釣場で出会った兄貴達である。
今回はそれをお話致します。


僕がまだ野球帽を被って半ズボン履いてコイ・フナ釣りをしてた頃、兄貴達は短いリール竿に両軸リールでルアーを投げていた。「それ、いくらするの?」「どこに売ってるの?」「一個ちょーだい!」という具合に仲良くなると釣場や釣り方や投げ方などを教わった。それから時が流れて、僕はルアーを始めてイワナが釣りたくてブラックバスで練習していた。当時の子供にとってルアーの道具は高価だから兄貴達のお古を売ってもらったりして揃えていった。

釣場で知り合った数々の兄貴達。ルアー兄貴は、経験豊富で情報に詳しく、質問に何でも答えてくれる。そして人間臭くて情があって、少しだけお節介で、こと釣に関しちゃめっぽう熱い。
何より兄貴達が教えてくれた一番大切な事は、間違った事を「それは間違ってる」と正してくれた事である。
見て見ぬ振りが多い世の中で、
「他の迷惑になるからそうゆう方向に投げるもんじゃない!」
「みんな静かに釣ってる場所にバシャバシャと立ち込むべきでない。」
「そんな リリースの仕方はダメだ」
とまだ釣り少年だった僕に教えてくれたのは兄貴達である。


僕が大人になったら、あんな兄貴達の様な立派なアングラーになりたい。
子供の僕は素直にそう思っていた。

色んな名人、上手、天才、鬼才に色々な刺激をもらい僕の釣りが生まれたのであり、正確に言えばオリジナルの釣りじゃなく兄貴達の技のひとつひとつを自分の釣りに取り入れて行く事で今の自分のスタイルが生まれたわけである。

そして、そんな兄貴達は、僕の秘密のポイントを知っていて僕が釣る前にその場所でルアーを投げているものである。
タックルボックスの中には歴戦の証、歯型の付いた外国製のプラグがずらりと並び、自慢話の10や20は入っている。そんな兄貴達の釣りに纏わるエピソードに目を輝かせて聞き入る。兄貴達は更に「これはとっておきなんだけど・・」とかなりスペシャルな情報をくれたりする。何時しか釣りよりもそっちがメインで釣りに行く感じでもあった。

僕はそんな兄貴達の影響を強く受けて、当時はまだまだ「ハシリ」だったバストーナメントに15歳で参戦した。
まだNBCかバスオブジャパン主催のトーナメントしかなくて結構のびのび釣ってた気がする。レギュレーションとかは厳しくなくてトーナメントというよりも釣り大会という和んだ雰囲気だった。
その頃からだろうか、休日の野池というバス釣場で兄貴達の姿を見かけなくなった。

ルアー兄貴達、彼等はまだ釣りをしているのだろうか?

現役で釣りをされてる方もいると思うし、止めてしまった方や遠くに行ってしまった方もいるだろう。
彼等に僕は憧れを持ち、手解きを受けて、更に釣りを学び、釣りに導かれて 今に至る。

今の時代、頭を素直に下げて人に躊躇無く抵抗無く手解きを受ける人も少なくなったし、釣りを教えてくれる兄貴も少なくなったんじゃないかなと思う。同じ釣りに関わる者として仲良く出来て当たり前ではないのかと思うのだが。

皆様にとっての「兄貴」との出逢いはありましたか?
その「兄貴」は今でも記憶の中で生きていますか?
そして「兄貴」に成れましたか?

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/03/09(火) 17:54:33|
  2. 嗚呼、釣り人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<続 荒川サクラマス  海に行けなかった川マス達。 | ホーム | 荒川サクラマス  祖父との記憶の中で。>>

コメント

こんばんは!!

とても素晴らしい環境だったのですね。
釣りを通して人と触れ合いが持てるということに僕は憧れを持っています。

僕はほぼ100%一人で釣りに行きます
釣り場も田舎なので、その他の釣り人に会うこともまれです
例えあったとしても、僕は人見知りが激しいので、初対面の人とはなかなか話ができません・・・

だから兄貴達のような存在にあこがれます。
今は僕の中では、このブログでの出会いが兄貴達ですかね!
  1. 2010/03/09(火) 22:33:02 |
  2. URL |
  3. prankster #-
  4. [ 編集 ]

Megaceryle lugubさん、こんばんは。
僕も兄貴に影響されました!
小学3年の頃だったか、川でミミズを餌に釣りをしていると、見慣れぬ輝く金属片を投げている高校生くらいのお兄さん2名がやってきました。
それがルアーとの最初の出会いで、スピナーを投げては直ぐに巻くを繰り返すその姿に衝撃を受けました。当時、ルアーの事を全く知らなかったのでコレ何?質問攻めをした記憶が有ります。それがルアーに夢中になるきっかけでした。
それから川で見かける度に金魚のフンのように付いて回り、仲良くなり、しばらくしたら家まで釣りの誘いに来てくれました。
出会って1年経った頃からぷっつりと出合わなくなり、川に行く度に探しましたがそれから会ってません、元気なんでしょうか?再会したいものです。
そんな経験を想い出しました。
  1. 2010/03/09(火) 23:04:51 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

こんばんわー

素晴らしい原体験をお持ちなのですね~v-411
子供の頃、住んでいたところは、魚釣りができるような池や川などなく
ドブ川とゴミ溜めの池でした・・(T_T)
そのゴミ溜めの池でのザリガニ釣りと、母方の田舎に泊まって祖父に連れて
行ってもらう鯉釣りが私にとっての釣りの原点です!
そんな感じで兄貴には巡り合うことはできませんでしたが、今住んでるところは
野池の土手が見えるところなので、近所の子供達とよく一緒に釣りをします(≧∇≦)
Megaceryle lugubさんのお話のように、ルアーをあげたり、一緒にゴミを拾ったりと
なかなか良い感じでバス釣りを楽しんでますよ~v-411
  1. 2010/03/10(水) 02:12:48 |
  2. URL |
  3. notcreate #zniSEbEA
  4. [ 編集 ]

トーナメントが作った物わ多数ありますが、
トーナメントで消えていった物もありますね。
トーナメントが下火で少しは、回復した物もありますか。
釣り場の数は戻ってないですか。
  1. 2010/03/10(水) 20:16:08 |
  2. URL |
  3. コカスキ #-
  4. [ 編集 ]

私の場合は同級生が釣りの師匠兼ライバルでした。
就職、転居等で今ではすっかり疎遠になりましたが、彼らの存在があるから今の私がいるのだと思います。

ワカサギやらハゼの世界だと、1つ聞いたら10以上返してくるベテランさんが数多く生息しているので、いろいろ教えてくれる釣り人は今でも少なくないと思います。
自然フィールドのルアーと違って、人が密集しているというのもあると思いますが。
  1. 2010/03/10(水) 22:02:28 |
  2. URL |
  3. yotarizm #MLu55xGc
  4. [ 編集 ]

pranksterさん

コメントありがとうございます。
釣りは基本的に一人で行くものだと僕も思いますが、釣場でのご縁で仲間が出来たりする事もあります。「どうですか?釣れますか?」と声を掛けたことで始まる事も沢山あるんです。
しかし、他に釣り人が居ないとは素晴らしい環境ですね。羨ましいと思う人も多いと思います。
そうなんです、釣りのブログを通して知り合うのもご縁ですから これからも宜しく(笑)
  1. 2010/03/11(木) 08:24:04 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

camiさん

コメントありがとうございます。
兄貴達からcamiさんはルアーを教わったのですね。
僕は兄貴達により進化した感じだったですね、ここはこう釣れみたいなのを沢山教わりました。もう逢えないとはわかっているのですが、もし釣場で再開できたら素晴らしいですね。


  1. 2010/03/11(木) 08:39:13 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

notcreateさん

コメントありがとうございます。
notcreateさんは都会で子供の頃を過ごされたのですかね?
ザリガニ釣りは懐かしいですね、僕もよくやりました、煮干しやスルメもいいのですが レバーを使った時はよく釣れ(獲れ?)ました(笑)
それと、現在、バス釣りの兄貴をしているとの事、それを伺って僕も嬉しいですね、記事にしてよかったです!
  1. 2010/03/11(木) 08:44:27 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コカスキ さん

コメントありがとうございます。
トーナメントで釣場も釣りも変わったかもしれませんね。
その分、至るところバスだらけになってしまった気もしています。
昔は生息地の少ない、貴重な魚だったと思います。
だから大切に扱っていた気もします。
  1. 2010/03/11(木) 08:47:06 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

yotarizmさん

コメントありがとうございます。
僕も同級生での釣りは小学校や中学校時代に何度かしましたが、長く続ける者は少なかったです。仰るとおり、彼等は良きライバル、時々師匠(笑)
だったかもしれません。
ワカサギにハゼですか、それやってみたいです。
それでベテランに教えてもらう。
楽しそうですね!
  1. 2010/03/11(木) 09:23:51 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

ルアー兄貴。

兄貴達は、近所に住んで居ます(笑)
ついでに、師匠兼ライバル?の超恐ろしい(猛爆)
同級生も近所に住んで居ます。
皆さん、都合で?
一緒に釣り為てません(泣)〇松〇の兄貴!
行〇の兄貴!
同級生の先生!
これ読んで、『俺?』と思ったら、俺を釣りに連れて行って下さい(笑)
  1. 2010/03/11(木) 21:34:29 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

まいどです。
あの兄貴達も読んでくれてるのでしょうか?
熊谷のPB2さんを宜しくお願いします(笑)
  1. 2010/03/11(木) 22:36:51 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

兄貴たちですか・・・遠い記憶の中にあるような無いような???チャリで釣りに出かけた日々が懐かしく思います。
兄貴達の人生の中では、ほんの一瞬の出会いでしょうが少年には一生の出会いと感動だったんでしょうね。
Megaceryle lugub さんは現在でも兄貴になっていると思いますよ。少年でない私が今思うくらいですから
  1. 2010/03/12(金) 08:27:51 |
  2. URL |
  3. hiraipapa #-
  4. [ 編集 ]

hiraipapaさん

コメントありがとうございます。
そうなんです、少年にとっては生涯忘れない衝撃的な思い出なのです。
それと使ってる道具も素晴らしく、fenwickやスーパーストライク、ABUやフルーガーのリール。タラスブルバやフォックスファイヤー、アングラーズハウスのニーブーツどれをとってもカッコ良かったです。
hiraipapaさんにそう言われると照れます(笑)
僕なんかまだまだこれからです。
  1. 2010/03/12(金) 09:57:43 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

ご覧の通りの田舎です。昔の男の子の遊びと言えば釣りでした。このお話のような兄貴がそこかしこの釣り場にいて、やはり憧れのまなざしで見ていました。
自転車10台くらいの大船団!?で釣り場に乗り込み小さな子供の面倒まで見ていましたね。ぼくもよく面倒見てもらってました。駄菓子屋で買ったお菓子をみんなにきちんと分けてあげたり。
いい思い出です。

時は流れて、はなたれだったぼくも30を迎えてしまいました。最近釣りする子供は少ないですね。自転車の船団も見かけません。

ただ記憶をたどると自分の面倒を見てくれた兄貴達はみな小麦色でライオンズの帽子が日差しに光っていたなぁ~。同じくどこかで彼らは釣りしてるんだろうかと思ってしまいます...
  1. 2010/03/14(日) 00:52:21 |
  2. URL |
  3. じろう #-
  4. [ 編集 ]

じろうさん

コメントありがとうございます。
自転車10台の大船団とは驚きです。僕の子供の頃は精々5台も集まればいいくらいでした(笑)
今の子供達の世界は、NETやゲームなどで大人の世界との境界線が曖昧になった気がします。昔は子供達独自の世界が存在していてそこに小さな秩序や掟があったと思います。
それが上級生から下級生に受け継がれていくそんな独自の文化がありました。


  1. 2010/03/14(日) 01:19:23 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは♪
人を作るのは出会い。しみじみと思わされました。
時間を少し巻きなおして、
あの頃を思い描き、
今の自分があることへの感謝。

上手く言えませんが、伝わることにも感謝しました。

PS:お互い身体には気をつけましょう(笑)
  1. 2010/03/14(日) 21:31:12 |
  2. URL |
  3. 憧渓 #-
  4. [ 編集 ]

憧渓さん

コメントありがとうございます。
風邪はだいぶ良くなりました(笑)
ヤマメ・えのはに逢いたくて筑後川水系か山国川水系に行きたいのですが、子供の行事や家の用事が多くてなかなかいけてません。
  1. 2010/03/15(月) 10:13:30 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/327-2987b247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。