コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             フィールドリサーチ  「鎮西湖」 楽園その現実

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

フィールドリサーチ  「鎮西湖」 楽園その現実

僕が九州に移り住んだ頃、最初に釣をしたフィールドがある。
「鎮西湖」である。
久しぶりにバスタックルが使いたくなり、ベイトロッド片手に出かけた。
筑後地区のバスフィールドはクリークやダム湖が中心で野池というのが意外と少ない。

北関東に居た頃のバス釣の遠い記憶は印旛沼や霞ヶ浦。
そして地元である荒川の旧川、明秋・釜虎・蓮沼。
2月半ばにでもなるとミノーやスピナーベイトで良く釣れたものだった。
DSC01247.jpg
九州に来たばかりのこと。
九州の釣場とは、当時は北関東の環境からすれば、それはさぞかし素晴らしいフィールドに違いない。
九州はパラダイスと本気で思っていた。
DSC01252.jpg
まずはバス釣からと向かった場所がこのポイントだった。
確か最初に釣れたのが25センチほどのブラック君だった。
DSC01251.jpg
現実は普通の釣場だった。
標準サイズがそこそこは釣れるが、それはそこそこであって大きなフィールドのそれとは違う。
水面積の大きさや水の量で魚の大きさやストック量が変わってくるのだろう。
筑後川本流のバスは数こそ出ないが大型が多く、僕はそちらのほうが好きだ。
DSC01245.jpg
優れた生態系を有する地域?という看板を見つけた。
DSC01246.jpg
オイカワは護岸化された川なんか好んでいないと思った。
瀬でもヨドミでも何処でも生活なんかしていない、他の魚と共存し棲み分けしているのだ。
フナもヨシノボリも水の汚れに強いとある。

それよりもそんなことよりも、この悲しい現実の画像を見て頂きたい。
DSC01243.jpg
ブラックバス・ブルーギルなど「生態系を乱す」外来魚の・・・・ 自称バス愛好家さん達よ、こんなことするから法で縛られるんだ。

「むやみに生き物を取ったりせずみんなで観察しましょう。」それはごもっともなこと。

何故か此処での釣が大変つまらないものに思えてきた。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/02/22(月) 11:49:04|
  2. 野外調査・研究考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<フィールドリサーチ 「筑後川下流域」  釣の組立て方。 | ホーム | 筑後川シーバス釣行 2月 Tokyo Bay Style>>

コメント

最後の写真
悲しいですね。

牛久沼やその近郊の川は、昔に比べて少なくなったかなと思いますが、釣人が少なくなったこともあるのかと思ってしまう悲しい事実。
また、海にいけば堤防にはごみの山。
船着場では船頭みずから客が出したごみを海に放り投げる始末。
一部が全部と見られる。
でも
一人ではどうしようもないが、一人でもできることがある。こんなことを思う今日このごろです。


  1. 2010/02/22(月) 16:48:34 |
  2. URL |
  3. しんのすけ #MAABAltA
  4. [ 編集 ]

こんにちはx68000です。これについては私も非常に遺憾に思っています。ペットボトルやルアーの空き箱や袋、バックラッシュか古くなったかの糸。平気でポイと捨てれる人の気が知れません。捨てる瞬間になんで罪悪感が無いのか?。こうゆうのも最近の学校教育や家庭の躾での問題なんでしょうか?。ゴミさえ捨てなくキレイに静かに釣してくれるなら・・と地元の方々のお目こぼし頂いて釣りをさせてもらっているのに、一発で台無しにされてしまいます。これらのゴミを一つ一つ手で拾って片付けて下さる方がいるのに!。自然に地元の方々や管理されている方々に、もっと迷惑を書けない釣りを心掛けます。
  1. 2010/02/22(月) 20:29:15 |
  2. URL |
  3. x68000 #-
  4. [ 編集 ]

私いつも思うんですけど・・・
画的なセンスがありますよね・・・w

時々「はっ!」っとする画像があります。

写真家とか画家とか・・・
そんな職業に就かれたら大成するかもしれませんね・・・
  1. 2010/02/22(月) 20:36:29 |
  2. URL |
  3. OHULS #-
  4. [ 編集 ]

しんのすけさん

コメントありがとうございます。
釣をする人間が釣場にゴミを捨てるなんて信じられませんよね?
自宅の庭にゴミをポイッと捨てられたら誰でも怒ると思います。
それも釣具のゴミです、釣行準備を楽しむ時間も無い忙しい人なのでしょうか?
少しムカッときて釣をやめて帰りました(笑)
個人レベルでも出来ることをしていきたいですね。
  1. 2010/02/22(月) 23:44:14 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

x68000さん

コメントありがとうございます。
この釣場には釣師以外にも農家で使うビニールや家電?と思われるものまで捨てられていました。フィールドを大切にする意識が文化がそもそも無いのだと思います。
社会や教育の所為にしたところで何も進まないので、自分が出来る事をしてゆく所存です。
こういった情報発信で少しでも意識を変えられたらと切に願います。
  1. 2010/02/22(月) 23:49:10 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

OHULSさん

コメントありがとうございます。
えーと?
> 時々「はっ!」っとする画像があります。
ってどんな画像なんですかね?本人まったく意識ありません(笑)
なんとなくこう撮ったら面白いかな?って見る人の事を考える程度です。
写真家や画家で食えるなら転職したいです(爆)
  1. 2010/02/22(月) 23:52:31 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

一番最初の画像がカッコイイです・・・

オフセットされたアンバサダーと、そこにだけ合ったフォーカス・・・
いいですね~w

  1. 2010/02/23(火) 18:52:45 |
  2. URL |
  3. OHULS #-
  4. [ 編集 ]

OHULSさん

コメントありがとうございます。
あの写真でしたか?(笑)
自分が気合入れてないものが評価高くて、自分が気合入れたものが逆に評価されないって事がどんな世界にも良くありますね~。
  1. 2010/02/23(火) 22:33:25 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
鎮西湖は身近なフィールドながら子供の頃に行ったっきりです。とにかくゴミはひどいですね。
ぼくも同じくゴミのある釣り場では気分がすぐれないのでゴミの多い場所では釣りしません。よって人里はなれたフィールドに足が向いてしまうのです。

ルアーのパッケージを釣り場に捨てる意味がわかりませんね。普通なら前の晩にワクワクしながら準備するのでそんなものが釣り場にあるはずないのに...

軽いノリでやるんなら違う遊びをしてほしいものです。
乱文失礼しました。
  1. 2010/02/25(木) 00:28:40 |
  2. URL |
  3. じろう #-
  4. [ 編集 ]

じろうさん

コメントありがとうございます。
確かにゴミの多いフィールドでしたが、昔からなのでしょうか?仮にゴミが無かったら素晴らしいフィールドだと僕は思います。
軽いノリで何千円もするルアーを買って釣りをするのか?が不思議でならないのです。
そしてフィールドでパッケージを開ける。
実釣以外に準備という楽しい時間があるはずなのです、残念ですね。


  1. 2010/02/25(木) 00:42:47 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

今更のコメントですが

釣りがつまらないものに感じでしまう気持ち痛いほどわかります。釣り人は自分で自分の首を絞めていることに気づかない人が多すぎますね。写真のゴミは論外で、さらにバサーの糸やゴミに文句を言いながら、ポイとタバコを水面に捨てる他の釣りの方々。ゴミなんて簡単なことではない、問題はもっと根底にある意識なんです。どこから変えていくのか、同じ釣り人なのだから全員が全員義務として、少なくとも最低限の敬意を自然にはらわないといけないはず。結局は常識なはずなのです。少なくともこの記事を読んだ釣り人から、その意識が広まると良いですね。
  1. 2010/07/01(木) 19:20:31 |
  2. URL |
  3. shota #-
  4. [ 編集 ]

shotaさん

コメントありがとうございます。
また地味なところを見てくださってありがとうございます。
世の中エコだの自然保護だの言ってる裏側ではこの有様です。

この問題を解決するのに難しい事は何も無くて 当たり前の事を当たり前にするだけなのです。

それは、「ゴミをゴミ箱に入れる」だけなのですよね。

これについては本当に残念です。
  1. 2010/07/01(木) 23:25:11 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/323-a003b0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: