コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             筑後川シーバス釣行 2月 風と雨の中で。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

筑後川シーバス釣行 2月 風と雨の中で。

先日まで暖かだった筑後地方も寒の戻りで肌寒い日だった。
昨夜の気温は5℃と雨の影響で放射冷却は免れて零下には至らず気温は申し分無かったのだが筑後川を吹き抜ける風雨は強烈で駐車スペースに止めた車を揺らすほどの強い風だった。
川岸を見ると水面は大きく波立ち白泡が溜まり、吹きつける風が強い事を知らせた。

今日は無理か・・・車に戻りしばらく考える「竿を出すべきか?出さぬべきか?」

僕以外の釣り人は皆無。雨も強くなってきた。

「2月の暴風雨」実は昨年経験した釣である。冬の暴風雨の中、竿を出したのは僕と筑紫次郎氏の2名。
僕が2バイト2バラシ。筑紫次郎氏が2バイト2キャッチ?だった記憶が・・「竿を出せ」と僕に命令する。

答えは決まった「やらずして諦めるなら、やって諦めろ!」
という事で風雨の筑後川へ挑んだ。
風でルアーが何処まで飛んだのか飛んでないのかわからない。
泳いでいるのか流れているのかもわからない。
高感度のロッド、PEラインを使ってもこの天候は全てのルアーからのインフォメーションを掻き消してしまう。
つまり、現代の高感度の道具じゃなくても状況は一緒。
そして風雨により防寒着のフードを被らざるを得ない、これで視界は50%減少。
更に、目からのインフォメーションさえ奪われる。
「やはり失敗だったのか」と心の中で徐々にマイナスな思考になってゆく。

一時間は過ぎた頃に、もう少ないルアーからの情報を求めるのを諦めて、風の吹くまま雨の降るままこの風雨に任せてみようとリールのリトリーブを完全に止めてルアーを巻かずに流した。いい感じで流れてる、僕は操作していない。
風がラインを運んで、ルアーは勝手に好きな方に流れて行く。

そうだ昨年の有明海のメバルでやったこれだ。
奥儀?「風ドリフト」を試してみた。僕は何も入力していないから技とか腕とかじゃない。
自然と一体になって釣をする、それだけの事。

数分後「答え」は目の前の水面で炸裂した。
ドババーンと鰓洗い。多分鱸よね?たぶん食ったのね?と弛みきったラインをゆっくりたどる。
20100215ari.jpg
昨年のファーストヒットは尽く2連続バラシだった。その後、タックルを変えてやり取りを変えてオイカワなど繊細な釣りをトレーニングしてきた。昨年の僕よりも今年の僕の方が上達していると祈り、無理せずフッキングポイントを確認して「テールハンドランディング」した。
昨年の10月末から3ヶ月半ぶりの有明鱸である。
60センチ2kg

サイズでも数でもなく、今回は色々な経験を活かせた事が大きな収穫。

「釣れない釣も無駄じゃない、全ての釣が何時かの一尾に繋がっているんだ」
 
そう思えてきた。釣を通して脳裏や身体に刻んだ記憶は決して無駄になんかならない。
経験という引き出しをより多く持ち、状況に応じて的確に引き出せる釣師になりたい。

もっともっと自由に釣る為に。



そしてこんな時に限ってコンデジを忘れた(笑)
仕方なく携帯電話のカメラ機能を使う。
これもどこかであった様な。。そう昨年の夏にヤマメを釣った時と同じだ(笑)

身体も冷え切った午前4時。まだ風雨収まることの無いフィールドを後にした。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/02/15(月) 09:57:09|
  2. 本流・鱸疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<筑後川シーバス釣行 2月 情熱の大陸弾道弾。 | ホーム | 筑後川水系オイカワ釣行 2月 新たなフィールドを求めて。>>

コメント

これで・・・

毎度です。

これで今年も無事、皆さん 出揃いました。
サイズでも数でもない・・・
今年はどんな感動が待っているのやら・・・。

答えはフィールドにしか存在しない・・・!

引き続き、今年も筑後川フィールドに落ちているパズルの欠片をみんなで探しましょう。
  1. 2010/02/15(月) 13:57:52 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集 ]

筑紫次郎さん

まいどです。
本当に「今年も」ですね(笑)
昨年の暴風雨釣行が役立ちました(爆)
今回も色々と「新ネタ」仕入れましたので
今度ご報告致します。
  1. 2010/02/15(月) 14:39:41 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

やりましたね。

まずは、おめでとうございます。
俺もよく使いましたよ!
『風ドリフト』赤城おろしを利用して(笑)
あと、『風フッキング』もね(笑)
やっぱり、人様からみた天候と魚からみた天候は、違うのですね!
荒れてるから、諦めてたらそこで終わりですからね。答えは、自然の中なんですよね(笑)
それを出すには、十分過ぎる準備もないと、駄目ですね(笑)
この一匹が、貴方の足跡を証明しましたね。
これからも、現場主義で頑張りましょう(笑)
あっ、風で引かれたルアーは、ウォブルしてた?(笑)
  1. 2010/02/15(月) 19:14:01 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしい

そこで竿をだすのが
Megaceryle lugub さんの情熱ですね

アタシじゃ間違いなく退散してます

俄然力入りました(笑)
  1. 2010/02/15(月) 20:24:46 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

おめでとうございます

昨日の爆風の中、素晴らしいですね。
私も未だに今年ノーバイトが続きますが、ブログを拝見し、元気を頂いた気がします。
寒い日がまだまだ続きますが、お体には気をつけてご活躍ください。更なる釣果期待しています。
  1. 2010/02/15(月) 22:44:34 |
  2. URL |
  3. ハヤピー #-
  4. [ 編集 ]

やりましたね~!おめでとうございます!!

通い、投げる。そして結果を得る。
説得力あります。
いつも情熱をありがとうございます。

  1. 2010/02/15(月) 22:51:42 |
  2. URL |
  3. 憧渓 #-
  4. [ 編集 ]

やはり心意気ですよね
そのまま帰る言い訳はいくらでもあるけどそこにサカナはいるんだって!
当たり前のことだけど目の覚める思いとゆうか・・・

でも無理しないってのも釣りなんでそこら辺の見極めが大事ですよね
  1. 2010/02/15(月) 23:42:44 |
  2. URL |
  3. ホゲタツ #-
  4. [ 編集 ]

寒さに耐えて獲った鱸

Megaceryle lugubさん こんばんは。寒さに耐えて獲ったからこその1匹なんですよね。価値のある1匹だと思います。東京湾はまだシーズンに入らないみたいです。僕がよく覗きに行くサイトの釣果も小ぶりで数が少ないです。春はまだ先みたいですね!
  1. 2010/02/16(火) 00:26:29 |
  2. URL |
  3. つよすけ #-
  4. [ 編集 ]

やはり…

行ってましたか、あの風雨の中でも…。
自分も珍しく日曜の夜に出撃可だったのですが
昼間にカワムツポイントを発見してカワムツ達に癒されて満足してしまったので家でおとなしくしてしてました。
「自然と一体になって釣をする」…簡単なようでなかなか出来ない、特に自分のように殺気立っていては出来ない「釣り」だと思います。
  1. 2010/02/16(火) 01:27:18 |
  2. URL |
  3. さやはる #-
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

コメントありがとうございます。
やっとこさ釣る事ができました。

> 『風ドリフト』赤城おろしを利用して(笑)
> あと、『風フッキング』もね(笑)
現代の管理釣場だと常識的な釣法なのでしょうか?それとも熊谷のPB2さん独自の釣法?(笑)

そうなんです。「答えはフィールドにしか存在しない」
とブログ「筑後川有明鱸(シーバス)通信」筑紫次郎氏も申しております。
何時までも現場主義でいきたいと思います。

> あっ、風で引かれたルアーは、ウォブルしてた?(笑)
との事ですが、それは風に訊いて下さい(笑)
  1. 2010/02/16(火) 13:45:42 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

ジェロさん

コメントありがとうございます。
情熱というか、今日やらなければ次は無いかもしれないって
純粋にヤケクソ状態で(爆)
ダメ確認も必要と・・・竿を出してみたんですね(笑)
これで億劫になったら先が無いなって思ったんですね。
例えば遠征先なら、どんな条件でも竿を出すと思うんです。
それと同じ事を地元でもしようと決めました。


  1. 2010/02/16(火) 13:52:31 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

ハヤピーさん

コメントありがとうございます。
確かに爆風でしたね(笑)
通っていれば何時かは報われます。
11月から毎週1~2回は釣行していまして「やっと結果が出た」そんなところです。
頑張って下さいね。
  1. 2010/02/16(火) 13:56:47 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

憧渓さん

コメントありがとうございます。
釣れない釣の向こう側を皆様に伝えたいってのがありますので
今期も情熱的にやっていきます。(笑)
ところで本当にもうすぐ解禁ですね~?
憧渓さんどこ行きますか?(笑)
  1. 2010/02/16(火) 14:01:03 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

ホゲタツさん

コメントありがとうございます。
釣には、何をやってもダメなときと
何もやってなくてダメなときがありますから。
何もしてなければ「情熱」とか「忍耐」とか「訓練」とかの、
男臭い部分でなんとかなるものであると僕は思います。
ただ仰るとおり「危険」を冒してまで釣をする必要はないです(笑)
  1. 2010/02/16(火) 14:07:43 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

つよすけさん

コメントありがとうございます。
東京湾であれば周年釣れると僕は認識しているのですが?最近は少し変わってきたのでしょうかね。
僕のデータ(隅田川河口エリア~台場・城南島・京浜運河)で言えばですが、2月初旬の大潮で最初のバチ抜けが起きて、その後はコンスタントに潮汐と時間を合わせればハズレの方が少ないはずでした。
ただそんな釣れてる時期でも人を見かけることは少ないので、昔からなんですが、所謂「釣果情報」と実際のフィールドには温度差があると思います。
東京湾を5~6年は通いましたが、一年中でも釣果情報の少ない「2月~3月」と「8月」に最も一回の釣行あたりの「数」を釣っていました。良い時は二月でもバッチリ二桁は釣れますから。
つよすけさん、情報に振り回される事無く竿を出して見て下さい。

  1. 2010/02/16(火) 14:22:26 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

さやはるさん

コメントありがとうございます。
おっ!カワムツポイント発見したのですか?それはよかったです(笑)
日曜日に来ればよかったのに~(笑)
って釣れたとしても、気象条件はキツイ状態でした。
今度ゆっくりやりましょう。まだこれから始まった感じですから。


  1. 2010/02/16(火) 14:26:57 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

この記事があったからあの波の中でもキャストしました。
やっとサーフ初のシーバスに会えました。
ありがとうございます!
  1. 2010/02/19(金) 22:31:14 |
  2. URL |
  3. チョコボ2 #-
  4. [ 編集 ]

チョコボ2さん

コメントありがとうございます。
何度も何度も釣れない日々を過ごしてそれを超えたた者だけが
フィールドからご褒美を貰えるのだと思います。

きっとその時その地合でそこには鱸が居たのです。
通ったからその時を逃さなかった。
チョコボ2さんの努力の賜物ですね。

お互いに「偶然釣れた」を何時の日か必然に変えて行きたいですね。僕も燃えてきました(笑)
本当におめでとうございます!!
  1. 2010/02/19(金) 23:10:29 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/320-cee86451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。