コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             ノイジーファミリー 時にはルアーに任せてみる。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノイジーファミリー 時にはルアーに任せてみる。

DSCN0986_convert_20091218234654.jpg
懐かしの80年代ルアー続編です。画像はへドン・クレイジークロウラー、フレッドアーボガスト・ジッターバク、ダルトン・ツイスト。前回のクワイエットプラグ(ペンシルベイト)に相反するのがノイジープラグだと言えます。

投げて巻く投げて巻く。それだけで釣れるのならそれに越した事は無いということでその代表がノイジープラグ。

昔、僕が車の免許を取った頃のこと。その頃会社の帰りには必ずバス釣という時期があり、夜の12時までは必ず釣りをするというのが日課だった。不思議な事に、どういうわけか毎回釣り場を変えて今日は○○沼、明日は○○調整池と半径50キロ以内の釣り場なら何処にでも出向き、昼間と同じ様にブッシュギリギリのキャスト?とはいかずに、ややストラクチャーから離れた位置をトレースラインで攻めていくイメージで釣って行く。

闇夜の中でノイジープラグのカポッカポッ~カポカポカポって音だけが頼りの釣りであり、昼間はコバスしかいない様な池でも40センチクラスが容易に釣れる事もあり、それが面白くて数年間は続けた。
バスも夜行性なのか、2月下旬から釣れ始め11月始めくらいまでは夜釣りでも実績があった。
つまり、昼間釣れる季節であれば夜も釣れるって事なのだ。

良い場所を見つけたら本当っぽい幽霊の噂を流して自分だけ楽しむ事をお忘れなく。。

カポッカポッ~カポカポカポって音がバシャとかゴボッて音に変わりプラグの存在が消えてズシリとリールのハンドル重くなる。これだけの単純な釣りで単調なのだけど。時にはオープンウォーター、それも池のど真ん中でもそんなバイトが多発することもある。外道のナマズに悩まされる事も多かったけど、このプラグ達でいったい何匹仕留めたのだろう。
僕にとってのノイジープラグは夜用のプラグであり昼間使用した記憶は殆ど無いのである。

そして釣行を重ねる度にあることに気付く。それはトップで釣れる日とそうでない日があるのだ。
季節でもないし天候でもないし気温でもない。それはどうしてなのかわからないが釣りをしてみるとそれを直感的に感じる事がある。そんな時は池を換えるか諦めてワームで中層を引くかに限る。ボトム狙いでもつれない事は無いが夜間のやる気のある魚は中層に浮いているものだ。

ノイジープラグは下手にアクションさせてはならないと思う。投げて巻くだけで十分釣れるルアーなのである。
唯一行う操作は「止め(とめ)」でありキモは止める位置と止める時間かもしれない。 この「止め」を入れた瞬間と動き出しの瞬間にバイトが多い気がする。止めずに巻くのが良い日もあるし、「止め」を入れないとバイトしない日もある。

もう夜のバス釣りをしなくなってから10年以上経つが、夏の夕暮れをになると無性にこの釣がしたくなる時がある。
最近、昔夢中になってした事がとても懐かしく遠い昔の出来事に感じることが多くなった。また何時でも始めればいいやと思っていた事も、やらなくなったらそれはそれで億劫になり戻れなくなる。

燃え尽きた情熱は、二度とは燃え上がらない事はわかっているが、だからこそ違う角度でもう一度ノイジープラグを引いてみたい。あの頃の僕より、今の僕のほうがルアー任せに釣る事が出来そうだ。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/19(土) 00:42:09|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<筑後川シーバス釣行  12月 冬の雨 | ホーム | クワイエットファミリー 演出、操作する悦び。>>

コメント

またまた美味しいルアー登場でコメント入れさせていただきます。クワイエット系は私は苦手としていましたので、ザラ2のみでした。ウォーキングドッグがやり易かったので。ノーマルザラなんて私にはただの棒か太いソーセージでした(恥)。クワイエットシンキングのニードルフィッシュに至っては沈む鉛筆。ノイジー系は大好きですね。大御所のクレイジークローラーとジッターバグ。まぁなんて下手初心者に優しいルアーなんだろうと思いました。ジッターバグのパチもんかと思ったダルトンツイスト。ジョイティッドジッターバグにジッターバグウィードレス。バルサ50に耳デカノイジーが有ったと記憶しています。ヘドン210なんてなんだかよく分からないのも有りました。毛が生えたピンポン玉みたいなワースフラッターフィン。各社構造に特許取っていたみたいで、類似品が少ないルアー類だったと思います。1980年代、初心者に優しいルアーのはずなのに私は釣れませんでした。http://gsxr1100r.blog84.fc2.com/

  1. 2009/12/19(土) 20:53:18 |
  2. URL |
  3. x68000 #-
  4. [ 編集 ]

x68000さん

コメントありがとうございます。
ワースのフラッターフィンも入れれば良かったですね(笑)
あれは一度だけ釣った事があります。

ウィードレスジッターバグはフッキングした事がありません、ウシガエルなら釣れました(笑)
バルサ50のはラージマウスですね確か。

80年代のバスは幻の魚でしたからね。そうは釣れない魚だったのです。


  1. 2009/12/19(土) 22:35:02 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

懐かしいです

かれこれ25年程前になるんでしょうか、”ブラックバス釣りの楽しみ方”って本に憧れてFO60に5500c乗せてゴムボートで遊んだ記憶が甦りました
楽しかったナ~
  1. 2009/12/21(月) 23:38:36 |
  2. URL |
  3. 汁神 #v2lwKtgo
  4. [ 編集 ]

汁神さん

コメントありがとうございます。
確かに25年くらい前まではバスマン達はへドンやレーベル等のプラグで普通に釣ってましたね。しかしアメリカのバスプロ、ローランドマーチン来日以後一気にバストーナメントブームが加速した気がします。その後はワームしか使えないバスマンばかりになってしまいましたね。
ブラックバス釣りの楽しみ方が出版されたのが昭和53年の事ですから30年前の話ですね。僕が小学生の頃に夢中になって読んだ本です。初版はボロボロになるまで読んでどこかにいってしまったのですが、11年前に復刻されたものを再度購入して保管しています。
  1. 2009/12/22(火) 00:17:29 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

記憶の中で・・・

お晩です!!

私も会社帰りのバス釣りを思い出しました。
立ち寄るのは毎日同じで、同じ場所。
釣り方を変えてルアー全般~フライまで
しかしその池の脇に変死体が・・・
マジで・・・
知らずに釣りをしてました。
車を止めて置く所のすぐ脇で・・・
それから行ってませんが・・・
幽霊の噂の方がまだ良いですね。
  1. 2009/12/22(火) 16:28:45 |
  2. URL |
  3. gijie.angler #aghQ/S3w
  4. [ 編集 ]

gijie.anglerさん

コメントありがとうございます。
釣り場に変死体はある意味付き物のですね・・
僕の友人には数名「第一発見者」という経験をされた方がいらっしゃいます。

僕はその経験は無いのですが、よくニジマスの釣れた橋の下に死後5年~の白骨死体がぶら下がっていたという事はありました。何度も釣行していたものの、頭上は気にせず釣りをしてたのでまったく気がつきませんでした。

僕はあまり気にしないほうではありますが、霊的な部分で気持ちが悪いと感じたら撤収する様にしています。睡眠不足で疲労困憊状態ですと見えやすくなる気がします。
例え見えても気のせいにしますけどね(笑)
  1. 2009/12/22(火) 16:48:40 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

任せっぱなしで(笑)

ども、ノイジー…良いっね(笑)
なんてたって、基本巻くだけでOK!だし(笑)
しかし、奥が深い部分も…『止め』の入れ方ひとつとっても、そうですし。
ただでさえ動くプラグに、ペンシルなみの操作を加えたら…(笑)
でも、俺はただ巻きが好きです。
明日は、スプーン巻きますよ。
先日、懐かしい先輩と某管理釣り場で、久しぶりに釣りしました。
  1. 2009/12/22(火) 19:04:18 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

コメントありがとうございます。
ノイジーにペンシル並みの操作をする方はあの御人だけですね(笑)
管理釣り場が近くにあるって羨ましいですね、九州にはそんなもんはありません。本当はあるけど、北関東みたいに広大なスケールの釣り場はありません。

  1. 2009/12/22(火) 21:49:14 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ブラックバス釣りの楽しみ方、当時、私のバイブルだったですね!。この本に従ってルアー買ってました。ですので、自然と5/8OZのデカプラグが多くなってます。未熟者の私にそんなデカイルアー使って釣れるわけもなく、ルアーを店に見に行ってあれこれ悩んで購入するだけで楽しかったです。
  1. 2009/12/22(火) 23:56:17 |
  2. URL |
  3. x68000 #-
  4. [ 編集 ]

x68000さん

コメントありがとうございます。
そうですね、標準サイズが5/8OZですからね。
僕も3/4~3/8OZのプラグを買ってましたね。
三段のタックルボックスを早く満載にしたくて大きいプラグばっかりでした。
池に行って投げてるだけでも楽しかったものです。
釣れないのが当たり前で釣れたらラッキーでしたね。
  1. 2009/12/23(水) 01:48:38 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

子供の頃、クレージークローラーやジッターバグは憧れでした。
本物は高くて買えないので、コーモラン製を買っていましたのを覚えています。

でも、ノイジーって実は自作しやすいのですよね。
とりあえず、金具付けてれば動く、って感じで。
今のトップ系ハンドメルアーのあの価格って何なの?って思います。
  1. 2009/12/26(土) 11:42:42 |
  2. URL |
  3. booboo_ksr #-
  4. [ 編集 ]

booboo_ksr さん

コメントありがとうございます。
コーモランのパクリルアーは安くて釣れましたね。
コーモランだけではなく日本のルアーは殆どが外国製のパクリでした、それは現代も変わらないんじゃないかなあと思います。
ハンドメイドは高額なものが多いので実用的ではないと思っています。ルアーはロストするものなので安くて釣れるのが一番いいと思っています。
ハンドメイドの製作者はビルダーとしてプロではありますが、実釣はどうなのか?という疑問はあります。
僕はルアー作るのもタックルを作るのもフライを巻くのも不器用ゆえに下手糞ですから、その道の人たちに任せます(笑)
そういった意味で欲しいものが納得して買える値段であるのなら使うべきではと思いますよ。
  1. 2009/12/27(日) 13:57:09 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

こんばんは

昼の川調査中

カワセミを目撃しました

確実に水面突撃で餌をとっていました
まぁ彼らは死活問題でしょうから
アホンダラ釣り師も
その姿勢は見習わないと
と思った次第(笑)

私の居住地は
合併により
市の鳥が2種に
フクロウとカワセミです

フクロウはみかけますが
カワセミはやっと現認しました

カワセミ→Megaceryle lugub 氏と
連想しましたので
ご報告(笑)
  1. 2009/12/27(日) 17:36:58 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

ジェロさん

コメントありがとうございます。
カワセミの仲間でヤマセミからMegaceryle lugubと付けてます(笑)
ヤマセミは自分の羽毛を水面に落とし疑似餌として魚を誘き出し捕食する行動をするというのがありまして。
そこから名付けています。
魚だとアンコウも疑似餌を使いますし
僕等も疑似餌を使いまして、それは本能なのかもしれませんね(笑)


  1. 2009/12/27(日) 23:53:50 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/300-906d1d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。