コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             フィールドリサーチ 冷たい雨

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

フィールドリサーチ 冷たい雨

DSC00989.jpg
僕の住む筑後地方にも晩秋の冷たい雨が降った。
もうすぐ冬が来ることを知らせる雨である。秋は一雨ごとに冷え込み季節は冬へと変化して行く。
現代の日常生活だけでは、そんな季節を感じる動物として当たり前の感覚でさえ失われつつある。
これは自然と関わる人間だけが敏感に感じる感覚であると僕は思っている。
そんな季節の移ろいと共に僕の釣りも変化をしてきた。

早春のサクラマスから始まり、有明海沿岸のメバル、筑後川の有明鱸、夏のヤマメそして小川のオイカワ。
めぐりめぐって振り出しの冬に戻る。そろそろまたスモルト探しの旅にでる準備にかかる。
同時に有明鱸、晩秋~初冬の可能性も検証して行くつもりである。

多くの愛しい魚達やフィールドに出逢えたシーズンではあったもののやはり終わりを迎える時期なると少々の寂しさを覚える事は言うまでも無く。

このところは日を追う毎に、釣りの服装も防寒着など枚数も増して行く様になった。
最近、ホームセンターで安く買ったネオプレーンの靴下を使っている、足元から冷える河の釣りには大変効果的で寒い夜も快適に釣が出来ている。
最近の衣類は、蓄熱素材や防寒素材や浸透素材など、10年前アウトドアメーカーで使われた高級素材も一般化して普通にホームセンターでも何処にでも売っている時代になった。

僕の子供の頃は、軍手を何枚も重ねて、腹に新聞紙を巻いて風通しの良い(笑)ナイロンのジャンバーを着込み寒さのあまり指先の感覚を失いはぁはぁ言いながら釣りをしたものだ。
釣れなくなると恒例の火遊び。焚き火をして、ねぎや銀杏を焼き食べたものだったった。

釣り場には僕以外の人も見かけなくなってきた。誰もいない晩秋の闇夜に河に佇むと不思議と社会との接点を失った感覚になる。

僕だけがこの闇の世界に存在して、釣りをしている。そんな感覚になる。それは寝不足の疲れた体で脳が死掛けているのか、意識が障害を起こしてるのか、精神が不安定なのかわからないが、意識が眠さで薄れつつ竿を振り続けている。

明け方の「もういい加減にしなさい!」とカミサンからのお叱りの電話が携帯に届くとたちまち現実に戻されるのではあるが・・・

釣りを取り巻く環境が良い時代になったのか、悪い時代になったのか?それは十年後でもわからないだろう。

多分、十年後も河原に立ち続け、河を見て釣竿を振り夢を見ているのだろう。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/11(水) 10:15:52|
  2. 野外調査・研究考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<冬を迎える前に | ホーム | 筑後川シーバス釣行 11月 寒波の中で。>>

コメント

シーズンの終わりは・・・?

戦線離脱(?)宣言中ですが・・・(泣)。
シーズンの終わりは、結局のところ「自分」が決めているだけのような気がします。
魚種を変えれば「釣りのシーズン」は続くし、特定の魚種でもシーズンに終わりはあるのか?と考えるようになりました。もちろん渋い時期があるのは確かだと思います。
以前までは、「決まったルアー」「決まったポイント」「決まった時合」で釣れなければシーズンは終わったと思っていましたが、手数が増えてくるとそういうわけではなかったのだという実感が持てるようになりました。結局「魚がいない=シーズン終わり」というのは仮説であって事実ではなく、「魚が釣れない」ことだけが事実ですもんね。
「魚を獲る」ことが主目的なら釣れなくなるとめげてしまいますが、「フィールドに出て竿を振る」ことが主目的ならめげずに続けられるように思います。
まあ、今も昔も「ストレス乗っけて飛んでケッー!」とルアーを投げるのは変わりませんが(笑)。自分の場合、ほとんどこれが目的で釣りをやっているような気がしてなりません。
  1. 2009/11/11(水) 16:24:50 |
  2. URL |
  3. 釣友 #57/sxb6I
  4. [ 編集 ]

こんばんは

アタシも新聞紙でした
上には
腕に3本ラインの
アディダスのウインドブレーカー紺色(爆)

この冬のインドアフィッシングは
東擬研(笑)の
春の遡上魚Sの章をみてお勉強

実はず~っと狙っているんです(笑)
この先もずっっと・・・
  1. 2009/11/11(水) 20:03:12 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

さすがに仕事帰り気軽に竿出すかって気温じゃなくなりましたが川スズキ調査も継続予定wです
10年後も楽しく釣りのできる環境(自然だけでなく諸々)だといいのですが・・・

ここ数年は寒いときの釣りや雪遊び時にユニクロのフリースを愛用しています
1シーズン持てばいいと割り切って使う分にはまったく問題ありません
フリースもそうですがゴアテックスも買いやすい値段になりましたのでありがたいです

  1. 2009/11/11(水) 23:59:49 |
  2. URL |
  3. ホゲタツ #-
  4. [ 編集 ]

釣友さん

コメントありがとうございます。
先日の釣談義でお話したとおり、シーズンは終わりませんね!
僕も早春の例のパターンを探して通う事にしています。
釣れない人達の言い訳もその後定説に成ってしまう事があります。
僕等の場合は、今の時期をどう釣るのか?だけを常に探して色々アレコレやるわけです。
いままでも、そしてこれからもですね。
  1. 2009/11/12(木) 00:47:07 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

ジェロさん

コメントありがとうございます。
ふぁっしょんセンターしまむらとかに売ってたアディダスでなくて亜デだすの三本線なら着てたかもです(爆)
春の遡上魚も幼魚達が晩秋の落ちシーズンです、海へと旅立つ準備をしている頃でしょう。
お近くのK川合流点で脱走虹鱒が釣れたという噂も聞いた事があります。
とにかく不思議な坂東太郎です。
  1. 2009/11/12(木) 00:54:45 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

ホゲタツさん

コメントありがとうございます。
河鱸調査継続ですか~この時期からキャッチされたら貴重です。僕も修行の日々では御座いますが、寒くて渋い本流に通います。
  1. 2009/11/12(木) 01:00:13 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

こんにちは
道具やウェアは格段の進化を遂げましたが
釣りを取り巻く状況に関しては寧ろ年々後退
している感が拭えません
特にオカッパリに関しては、かなり厳しくなって
いるような気がします(東京ベイエリアの話ですが)
  1. 2009/11/12(木) 14:07:57 |
  2. URL |
  3. 釣りキチ万博 #-
  4. [ 編集 ]

釣りキチ万博さん

コメントありがとうございます。
確かに東京湾は入れない所が増えたと思います。でもどうでしょう?
それだけ釣られずに守られる鱸もいる訳です。
僕は遊歩道や公園を有効に使っての釣りをしていました。
例えばお台場海浜公園や若洲の人工磯などは自由に釣ができたうえにシーバスのストックもかなりのものでした。そんな誰でも知ってるメジャーな場所ですら、寒いシーズンや雨の日は誰もいませんでした。
  1. 2009/11/12(木) 22:38:40 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

まぁ~皆さん色々な思いや何かを背負ってフィールドに立っていると思いますが・・・。
結局終わりにするのは自分自身ですし10年後も20年後もMegaceryle lugub さんはその場所に立っていると思いますよ!

私など完璧に「ルアーと一緒にストレス飛んでけぇ~」ですゎ(笑)
  1. 2009/11/12(木) 23:20:44 |
  2. URL |
  3. hiraipapa #-
  4. [ 編集 ]

hiraipapaさん

コメントありがとうございます。
たった今、hiraipapaさんのブログにコメント入れたところでした(笑)
20年後も明け方まで竿振ってるって事ですか?(笑)
  1. 2009/11/12(木) 23:50:38 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

 おはようございます。

 軍手重ねの新聞腹巻懐かしいですね。
 足元は長靴に靴下2枚重ね唐辛子入りなんてこともやってみました。
 最近は安近短に快が入ってしまい耐える釣りはしなくなりました。
 できるだけ快適な場所、時間、天候で釣っています。
 これも年齢でしょうか?
 釣りはこの後10年経とうが20年経とうができますし、環境も良くなってくると信じています。
 私自身水溜りがあると何処でも外聞も考えず魚が居るか居ないかと覗きこんでしまいます。
 これが釣り大好き人間の悲しい性とでも言うのでしょうか?
 チャンスがあればすぐに竿を握っています。

  1. 2009/11/13(金) 04:02:17 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

Megaceryle lugubさんこんばんは。

軍手…子供の頃は釣りに行く時は軍手の親指と人差し指だけハサミで切って使っていました(笑)

極寒の時はあまりの寒さから体を暖める為に船だまりの駐車場で吹雪の中なぜかサッカーをして暖をとったこともありました(爆)

極寒の中、我慢して釣り上げた時のあの一瞬はなんとも言えない嬉しさがありますね。

春夏秋冬、狙う魚が違えど釣りに対する情熱は変わることはありませんよね!
  1. 2009/11/13(金) 21:47:52 |
  2. URL |
  3. 新潟漁釣会 会長 #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん

コメントありがとうございます。
唐辛子入りとは恐れいりました!
ふとした日常の中で魚を探す癖は抜けませんね(笑)
最近、子供が喜ぶのもあって近所の小川から連れてきたオイカワを水槽で飼育しています。
それが思いのほか縄張り意識の強い魚で驚きました。
オイカワ一つとっても奥の深い世界ですね。
  1. 2009/11/13(金) 22:54:55 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

新潟漁釣会 会長さん

コメントありがとうございます。
軍手をハサミで切って釣用手袋を作った記憶が僕にもあります。
情熱を今年テーマにして釣をしてきましたがそれなりに釣果も伴った結果であったと我ながら思います。
あとラストスパートのひと月半、どんな魚と出逢えるか楽しみです。
  1. 2009/11/13(金) 23:00:23 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/291-8a022d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: