コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             続、ある夏の追憶

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

続、ある夏の追憶

DSCN0679_convert_20090911231207.jpg
夜明け前、何時もに増して自転車のペダルは重かった。辺りはまだ薄暗く、新聞配達のバイクの音とライトの明かりだけ見える。
ハアハアと息を切らして坂道を登る。推進力を失った前輪はペダルをこぐ度に右へ左へと蛇行し、荷台にくくり付けたオールドパル製三段のタックルボックスの中で宝物の外国製プラグ達とワームシンカー、栓抜き、缶切り、金属製のストリンガーなどがカタコト、カタコトと音を立てた。ハンドルと共に握るのはアルマイトが輝くABUアンバサダー2500C、UFMウエダFB-60M/C。ラインはストレーン10lb蛍光ラインが妙にカッコよく見えた。

僕の実家のある埼玉の町から向うは比企郡の野池郡。時間にして一時間。
その昔は情報なんて無いから少年つりトップだの創刊されて間もないタックルボックス誌だのを読み漁り、比較的近場でメジャーなフィールドであった天神沼と大沼を選んだ。
時には雨に打たれ、時には向い風、そして空腹、眠さ、寒さ、喉の渇き。言い様のない孤独感。

坂を上りきると後は直線が見える、さあ、僕等の野池はすぐそこだ。

始めはフラポッパーかそれとも買ったばかりのバルサBか、確実にラパラフローティングか?そんな妄想をしているうちにお気に入りのワンドに到着する。一番乗りだ!誰もいない、朝霧の中キャスト!

そして、夕暮れになっても終にバイトは無かった。
まあいいさ、来週は釣れるかもしれないし、今日は欲しかったルアーを、隣町の奴と交換で手に入れたし。夕暮れ、空腹と疲労感に包まれながら家路に着く。


ブラックバス。僕の情熱をそこまで突き動かしたのは何か?

スポーツフッシング、バストーナメント、アメリカ合衆国。

いや違う。

でも当時はまだブラックバスは特に大きいバスは幻の魚。

叔父が言った。 

釣った奴がいるらしい。ルアーだとさ。オマエもやってみろ。
ブラックバスが釣れるようになったら岩魚釣りにつれていってやるゾ。

じゃあ釣ったら連れていってくれるんだよね!!!

そんなキッカケで始まったバス釣り。
あれからざーっと25年の歳月は流れた。四半世紀以上も疑似餌釣りをやってる。

イワナは結局自分で釣った。
とある新潟のダム湖、バイト10gパールピンク。
夏の大イワナはボトムからルアーを捉えた。
その時、リールは無数の傷跡を持つ少し草臥れた2500Cだった。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/11(金) 23:54:06|
  2. 湖沼・黒鱒疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<フィールドリサーチ 筑後川 | ホーム | ある夏の追憶>>

コメント

こんばんは。

「坂を上りきると後は直線が見える、さあ、僕等の野池はすぐそこだ。」「一番乗りだ!誰もいない、朝霧の中キャスト!」の情景・・・。
会った事も無いのMegaceryle lugubさんが必死に自転車のペダルを踏んで行く姿が目を瞑ると想像出来て思わず楽しくなりました!(笑)

でも、「ABUアンバサダー2500C、UFMウエダFB-60M」は子供には高額では・・・(驚)
私が今買うにしても悩みますよ!(笑)
  1. 2009/09/12(土) 20:17:36 |
  2. URL |
  3. hiraipapa #-
  4. [ 編集 ]

つりトップの衝撃

つりトップ懐かしいですね。表紙は確か魚のイラストでしたね。当時はバス釣りの情報は少なかったですね。ザ・ブラックバスっていう本があってザウルスのトップルアーでバンバン釣ってた写真が載ってて興奮した思い出があります。オールドパルは自分は2段でした。当時はベイトタックルはあこがれではありましたが使ってませんでした。アブやフルーガーにスーパーストライクのタックルがすごくカッコ良かったなあ。ルアーも高価でジョイントラパラやレーベルクランク、マグナムトーピード使ってました。
  1. 2009/09/12(土) 20:48:20 |
  2. URL |
  3. WOODY #-
  4. [ 編集 ]

hiraipapaさん

コメントありがとうございます。
はい、それは必死に踏んでおりました(笑)
子供でも背伸びしてましたから、ABUは知人から売ってもらったり。
ウエダのグラスは当時は安価の竿で6500円くらいでしたよ。
子供でも買える価格だったのです。


  1. 2009/09/12(土) 22:14:29 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

WOODYさん

コメントありがとうございます。
そうですね、つりトップの表紙は魚のイラストでしたね。別冊フィッシング:ザ・ブラックバスは今でも持ってますよ(笑)
昭和57年8月10日産報出版株式会社 発行となっています。表紙はバルサ50ビックラッシュを咥えたバスの写真です。懐かしいですね。
  1. 2009/09/12(土) 22:20:13 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

こんばんは

始めまして。
先日はコメントありがとうございました。
つりトップ懐かしいですね。色んな釣りが載っていて私の釣りの教科書で毎月発売が、楽しみでした。

当時は私も自転車でバスを釣りに片道4時間くらいのダム湖まで行っていました。そして何も釣れない日の帰り道に近所で釣れてしまったりとかありましたね(笑)ルアーはほとんどダイワだったと思います。バスハンター、ピーナッツ、コネリーとかでした。
  1. 2009/09/13(日) 00:08:47 |
  2. URL |
  3. ken某 #-
  4. [ 編集 ]

みな 子どもの頃からの三平クンでしたね

原体験はみな違えど

熱い思いは同じですね

アタシが子どもの頃は身近に
バスなどおらず
西武線で通った
入間川・高麗川

自転車で朝方3時出発の
秋ヶ瀬取水堰が原体験かな(笑)
  1. 2009/09/13(日) 00:24:37 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

 Megaceryle lugubさん こんにちわ

 天人沼、大沼メジャーですね。
 この外にも沢山の池があってバス良し、フナ良しいろんな魚が住んでいますね。
 私が子供のころの釣りは同じく野池でした。
 福島の田舎で小学生の頃は自転車で通いました。
 バスはいなかったのでフナとクチボソ釣りでした。
 藻エビも沢山いました。
 楽しい思い出です。
 今は、バスとブルーギルが入ってしまい、骸骨のようになった頭だけが異常に大きなバスとブルーギルのみの池になってしまいました。
 うまいこと共存できると良いのですが、閉鎖水域では難しいようです。
 
  1. 2009/09/13(日) 13:38:35 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

2500Cィ!

どうも、どうも。
オイラの大好きな2500C。あの頃は、リールを買ってしまうと、予算の都合で竿は、スーパーパルサーの
FBかスピードスティックのグラスになる事が、多かったですね(笑)
オイラのFBとスピードスティックは、天敵S君の手によって、チャンピオングリップ仕様に改造されてましたけど…(スーパーストライクへの憧れが隠せませんね)(笑)
でも、今となるとフジグリップに2500Cも結構格好良いかな?
そんなんで、スーパーストライクを手に入れたら、今度は、フルーガー2600が欲しくなりまして…(未だに手に入れてませんけど)
2500Cが、在るから今は其ほど欲し気は為ないですけどね。
まとまりませんが、オイラの永遠のスタンダードなリールは、2500Cとカーディナル3&33です。
子供頃から、現役で使ってる道具ですからね。
追伸。今日、俺達のハイランドレイクに行って来ましたよ。
流石、師匠と改めて思いしらされましたよ(笑)
ピカピカグリーン、良いね(笑)
  1. 2009/09/13(日) 16:58:12 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

ken某さん

ご訪問、コメントありがとうございます。
片道4時間というのは素晴らしいですね、その情熱は今でも冷める事無くですね!
九州の知り合いの多くは、少年時代ダイワのルアーで過ごしているようです。
僕は、関東地方だったのでルアーの種類は何でもありました。
僕が、ダイワで一番好きなのはバスハンターのバスカラーでしたね(笑)

  1. 2009/09/13(日) 21:44:02 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

ジェロさん

コメントありがとうございます。
子供の頃から大人になった今でも釣りキチガ○三平君です(笑)
ちょっと道具が高級になった程度でやってる事は大人なのかは疑問です?

昔、入間川へはオイカワ釣りに、高麗川ではヤマメ釣りをしたことがあります。
秋ヶ瀬はマールアミーゴでマルタを釣りました。どれも懐かしいつり場です。
  1. 2009/09/13(日) 22:08:49 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん

コメントありがとうございます。
日本の古来の小魚達は、外来種の登場で髄分肩身の狭い思いをしているという事でしょうか。
僕はバスにもブルーギルにも罪は無いと思ってます。
釣り人の自分勝手な都合や、釣り業界、ペット業界の営利目的の放流などによるものであるのは間違いありません。とかくバスフリークだけが悪者にされますが、餌に寄る雑魚を嫌がるヘラ師が自分の腕を棚に上げてヘラ釣り場にバスを放した話も聞きます。
とにかく元に戻す事はできない状況にあるのは間違いなく事実です。
今を受け入れて未来を考えるべきなのは我々水辺の達人である釣師なのかもしれません。
生き物が共存できる、そこに人間も共存できるのであればそれが理想ではありますね。
  1. 2009/09/13(日) 22:28:23 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

コメントありがとうございます。
ご希望?かどうかはわかりませんが、2500Cで今回はいきました。
今年も行ったのですね、夢を釣りに。
ピカピカグリーンはあのフィールドに適しているのだと思います。
この時期、メインに食べているものはビートルなどのテレストリアルですからね(笑)
熊谷のPB2さんもブログ始めませんか?ネタは僕より多いかもですし?(笑)


  1. 2009/09/13(日) 22:33:52 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして。
ストレーンで検索をかけていたら、たどりつきました。

私も大沼・天神沼に通いつめていたことがあり、当時のことが懐かしく思い出されます。

夏~秋になると水位が落ちて一周できるようになるので、もっぱら釣れた記憶はこの時期に集中しています。
  1. 2009/10/12(月) 22:59:47 |
  2. URL |
  3. yotarizm #-
  4. [ 編集 ]

yotarizmさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
yotarizmさんもストレーン世代ですか?(笑)
天神沼、大沼 そこは僕もよく通ったフィールドです。
当時は真冬や早春でも努力すれば釣れる沼でしたのでよく通ってました。
夏を過ぎて減水するとナイターで35~40センチクラスが良く釣れたものでした。
これからもどうぞ宜しくお願いします。
  1. 2009/10/13(火) 04:56:18 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

Megaceryle lugub様>
一応ストレーン世代ですが、実はストレーンを使った経験は全くありません。

始めた頃は銀鱗かよくわからない激安ルアーライン、その後は兄にもらった数百メートル巻のアブロンを使っていました。
  1. 2009/10/13(火) 20:29:07 |
  2. URL |
  3. yotarizm #-
  4. [ 編集 ]

yotarizmさん

コメントありがとうございます。
僕の場合は、ダイワの看板のある釣具屋がご用達でしたのでそのままストレーンの使用が多かったです。もちろんお金の無いときは、500mで1000円くらいの安い糸を使ってました。
その後、モーリスからバリバスが発売されてからは20年近くバリバスばかりを使っていました。
お兄様も釣りをされるのですね、アブロンを使ってるとはなかなかのベテランですね。
  1. 2009/10/13(火) 21:47:37 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/269-afdb8d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: