コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             ある夏の追憶

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

ある夏の追憶

DSCN0673_convert_20090910093642.jpg
最近、またアンバサダーが好きになってきた。もう使うことはあまり無いけれど戦友の様な存在である。クラッチを切ったりハンドルを回したりドラグをいじったり、フェイスの擦り傷や磨耗したハンドルを眺めていると様々な興奮が蘇えってくる。夏の朝、自転車に乗り隣町の先の橋を渡り、丘を越えて野池に向かった日々の事や、炎天下の焼ける様なコンクリート護岸を何キロも歩き続けた事も。そして沢山の魚と仲間に出逢えた。
貧乏性の僕は、昔の道具を捨てられずに、売ることも出来ずに、何時までも何時までも傍に置いている。
僕が買えたアンバサダー5500Cは既にパーミングカップだった。初めて手にしたのは1986年である。
写真の機は1979年製。どうしても欲しくてバス釣りの師匠であるIさんに探してもらった物。そして初めて50センチ超えのブラックバスを釣ったリールでもあり思い入れの深い一台である。
ちなみに、その時のルアーはボーマーロングA 15Aである。

この写真の他に、2台。合計3台の5500Cを所有している。80~90年代、周囲で2500Cやウルトラマグが人気があった時代も、僕は5500Cを使い続けた、現在の右腕の強靭なリストはグラスロットにアンバサダーを組み合わせたその重いタックルを、まだ十代前半の青年期に使込んだ事で養われたのである。現在、僕はタックルに軽さを必要としない。同時に2500Cも使用はしたが、どちらかというと小物用という存在である。僕にとっての位置付けは、1500Cと2500Cはトラウト用である。

最近はこの丸型のリールを装着できる竿も少ない、スーパーストライカーやフェングラスの復刻物の竿くらいだろうか。九州の筑後平野は、バス釣りするのに丁度いいクリークが無数にあり、ダム湖も充実している。そして、この地方の特徴である有名な場所にしか人はいない。

今年は何故かバス釣りをしなかった。行きたい気持ちはあったのだが、時間的に空きが無く僕の好きな夏は終わってしまった。秋にまたトーナメントって話もあるが、今年は仕事の都合でそれもお休み。

日中、釣りに行けないので少し昔のバス釣りの本を読み返して見るとまたなんとも云えない雰囲気があり、何度もやってみたくなる。コイツを次に使うのは何時になるのかはわからないが・・
少し、タックルを整理してリールを手入れして、竿を選んで来年(笑)
また時期を見て行こうかなと考えている。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/10(木) 09:42:29|
  2. 湖沼・黒鱒疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<続、ある夏の追憶 | ホーム | 釣技釣術  自分の釣と他人の釣り。 >>

コメント

呼び水ですか?(笑)

来たねぇ~アムバサダー。バンタム、ファントム少年達の憧れのリール。
あの頃は、アムバサダーを使うのが、ひとつのステップアップでしたね。
オイラは、貴方より歳が上なので、先に手に入れました(笑)
やっぱり、Iの兄貴が使ってた、25か55(どっちかは忘れた)が、格好良くてねぇ(笑)
コーデルのパワハンも決まってたな…(暫し回想)
で、オイラが最初にかったのが、25でした。
今でも、25が一番好きですね。最初に買ったと云う思い入れもあるしね。
次は、56のパーミングカップ…その後は加速度的に増えて行ったねぇ(笑)
オイラの釣りスタイルには46が一番合うのだけど、
ナローのは、格好良く思えないんだよな…
縦横のバランスが、悪いだよねぇ(笑)
25とか5000は、美しいね。オイラの最初の25は、カシメが取れてしまい、使えなくなってしまったけど、ずっと手元に置いておくつもりです。
オイラも、釣具は処分出来ない人なので、増える一方ですよ(笑)
アムバサダーは、一生物ですからね。
そうそう、アムバサダーで思い出すのは、俺達の天敵S君の『荒川旧河川、貴方の車の鍵、対岸から返却事件』です(笑)
あの時は、『521』だったけど、アムバサダーだから出来た荒業でしたね(笑)
本人には、悪いけど外野は大爆笑でした。
オイラもたまには、25使おうかな?と思った今晩ですよ。
  1. 2009/09/10(木) 21:14:34 |
  2. URL |
  3. 熊谷のPB2 #-
  4. [ 編集 ]

熊谷のPB2さん

コメントありがとうございます。
アンバサダーよりアムバサダーの発音のほうがあっているかもですね(笑) 
そのIの兄貴のABUリールコレクションは半端じゃないですよね(羨)
青春の回想録より→俺達の天敵S君の『荒川旧河川、貴方の車の鍵、対岸から返却事件』は有名な伝説ですよね。僕の鍵は70m対岸からキャストされて手元に無事届きましたが、意図的にスナップは開かれたままだったのは言うまでもありません(爆)
それと届くまで数回のミスキャストがあった事実を僕は見逃しません・・(汗)
愛機2500Cに関しましては次回やりますのでご期待下さい。
  1. 2009/09/10(木) 21:55:24 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

はじめまして

 はじめまして。バス釣りは不得意で全然別の釣りに使っていますが、私も5500Cが
手放せない一人です。最初はあの小説家に倣って、5000Cを探そうと思ったのですが、
巻き上げスピ-ドの事情から5500Cを使い始めて以来、常に一線で活躍させております。
必要に十分な性能を携え、しかもあのカッコ良さ!なんとも言えませんね(^-^)
  1. 2009/09/21(月) 19:10:06 |
  2. URL |
  3. 湖童 #-
  4. [ 編集 ]

湖童さん

コメントありがとうございます。
ご存知のとおり、5500Cは5000ベースハイスピードのカスタムでステンレススチール製ボールベアリングを装備しています。僅か3g足らずのプラグもキャストできますし、30g以上のルアーにも余裕で対応しますので非情に幅の広いリールですよね。そんなリールが今から30年前には既にあったのだからそれは凄い事だと思います。
  1. 2009/09/21(月) 23:38:33 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/268-a924afac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: