コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             2009 シーズンの折り返し地点。

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

2009 シーズンの折り返し地点。

DSC00193_convert_20090828014123.jpg   早春から初夏。そしてもう「秋」になろうとしている。今シーズンのテーマは情熱であり、いつもの年以上に釣に向けたシーズンとなった。釣行回数はここ5年で一番多いのではないだろうか?とも思う。情熱的に突っ走ってきたのだが、正直、釣果に恵まれない釣行が多かった。ブログだけ見返せば釣っているように見えなくも無いのだが本当の所は人に見せない釣行というのが存在していて、その中の僕はかなり苦戦しているのである。
春先のスモルト(サクラマスの幼魚)探しは、尽くイダの猛攻を喰らい、サクラマス調査もイダ・ニゴイの釣果はあるものの、本命とは出会えずに夏を終わろうとしている。来年も勿論、継続して調査はしていく所存であるが、筑後川水系でのトラウト遭遇率の低さを痛感した結果となった。
それではと、各支流を見て回るがヤマメそのものが清流域に少ないという事がわかった。
此処、福岡県の渓流は源流部の僅かなエリアで細々とヤマメ達は棲み命を繋げているのである。間違いなく関東以北の感覚で入渓してもヤマメ・アマゴには逢えない。どちらかと言えば、イワナ釣りのエリアにヤマメが居るというイメージだろうか。大分県のエリアではランドロック型のサクラや本流ヤマメが出ているが、僕としてはどうしても地元の川で釣りたいのである
釣りたければ、釣れる場所へは常識であるのだが、本流が好きなのでどうしても水量が無い川は遠慮してしまう傾向にあるのだ。鱸にしても、確実に釣れる場所は有明海沿岸で押さえているものの、やはり本流で釣りたいから筑後川に拘ってしまう。釣れない理由は明確であり、釣りたい場所(理想)と釣れる場所(現実)が必ずしもイコールでは無いからである。駄目だと知りながら、それでもフィールドに立ち続ける理由は、立ち続けない限り可能性は0%のまま少しも進まないからである。確かな事実は、僕の足元の大河に鱒も大型の有明鱸も生息はしているということである。釣れないのはまだポイント、地合い、釣り方をマスター出来てないという事なのだろう。もう一度、本流の可能性を最後まで諦めずに追うつもりでいるが、冷夏の影響か季節は「秋」になってしまいそうだ。
今が折り返し地点と考え、今期の釣りをまた再度見直し、もっと自由に釣る為に日々修行していくとする。

※写真はシェイクスピアというアメリカの釣具メーカーのスプーン。恐らく、コンデックス5430(コータック社)の原型であろうと思われる。シェイクスピアは80年代はよく売られたメーカーであり、FLYタックルやアグリースティック(ルアーロッド)やシグマΣ(大森製作所OEMのリール)などマニアックなモノが多く流通していた。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/28(金) 01:47:46|
  2. 嗚呼、釣り人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<筑後川シーバス 8月 夏、最後のチャンス。 | ホーム | ベイトフィッ種とは何か? >>

コメント

そちらの渓相がよく解りました。
適正水温(生息水温)が源流部でヤマメに合ってるのかな?

そうなると、降海や遡上行程が長くなり、ヤマメにとってもリスクが高いですね!

「イダ」←ウグイですか?
  1. 2009/08/28(金) 12:42:12 |
  2. URL |
  3. 3LFG #V0sVL5lk
  4. [ 編集 ]

3LFGさん

コメントありがとうございます。
仰るとおり、降雪の少ない九州では平均水温が高く、山岳部の渓のみヤマメの生息域なのかもしれません。しかし有明海にてのサクラマスの漁獲が有る限り、諦めずに続けます。

> 「イダ」←ウグイですか?

はい。正解です、そちらにいるエゾウグイに似て関東にいるウグイ、オレンジのお腹のヤツではありません。
背中は、冬季にはブルーグレイ。春からは、茶褐色で銀色~黄金色の魚です。
サクラマスそっくりのファイトでドキドキさせられますが、スタミナはフッキング後瞬時に終わります。

本流のコールドスポットのある、ダムの放水口や、湧水の出るであろう岩盤ナメ床ポイントを中心に狙ってはいますが、未だに苦戦しています。これも大分県まで行けば可能性が上がるのでしょうけど、下流に拘っています。
  1. 2009/08/28(金) 22:24:59 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

懐かしい

こんばんは
シェイクスピアって懐かしいですね!
僕が最初に買ったシェイクスピアは、中学一年の頃で、それは、ぶ厚い透明なビニールに入ったフライフィッシング入門セットでした。
当時、僕は、フライのシステムは、まだ理解出来てなかったので、そのセットは、助かりました、それでハイ・ウグイ・オイカワを沢山釣った事を想い出しました。
  1. 2009/08/28(金) 23:27:21 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

camiさん

コメントありがとうございます。
誰しも昔は買ったことのあるフライのスターターキットですね。(笑)
キットのフライロッドは白いグラスのブランクスだったのをなんとなく覚えています。

当時、素人の僕には、まともにラインコントロールの出来ないべナベナのグラスロッドでしたけど、高校生になり、小遣いを貯めて、グラファイトロッド(UFMスーパーパルサーです)に持ち替えた日の感動は忘れられません。
  1. 2009/08/28(金) 23:42:26 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

Shakespeare

シェークスピア懐かしいですね。釣りを始めた頃はそのメーカーのルアーロッドとクローズドフェイスリール使ってました。リールは今も有ります。当時はあのロゴがカッコよく見えました。サクラマスは今年は1匹しか釣れてません。湖遡上でしかもエサ釣りですが(^_^;)。春の利根大堰は今年1度も行けなく来年こそは海遡上のサクラをルアーで釣ってみたいです。
  1. 2009/08/29(土) 07:01:20 |
  2. URL |
  3. WOODY #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

初めまして初コメになります。
先日はお見舞いのお言葉ありがとうございます。

いつも雰囲気のいい写真・充実した内容・・・・
『うん・うん、へ~』と独り言を言って読んでます!!

  1. 2009/08/29(土) 07:53:06 |
  2. URL |
  3. gijie.angler #aghQ/S3w
  4. [ 編集 ]

>釣りたい場所(理想)と釣れる場所(現実)が必ずしもイコールでは無いからである。
全くその通り(笑)
この七月八月の自分の釣行は
回数、拘り方は、キ○ガイ
ブログに全部はのせられません(汗)

でも行けば気づきというか収穫があるんです
行かなきゃ分からないものが
  1. 2009/08/29(土) 12:46:46 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

WOODYさん

コメントありがとうございます。
シェイクスピアにもジョンソン・ゼブコにもクローズドフェイスリールってのがありましたね(笑)
僕が買えたのは国産のダイワやオリムでしたけどね。ラインだけは、凄く意識してストレーンかトライリーン。いい時代でしたね~。
利根大堰のサクラマスを釣るのであれば、僕の友人である プロショップ オオツカ 熊谷店 内藤 努さんに聞いて下さい。たぶんWOODYさん の近所のはずです。彼からなら的確なアドバイスを頂けるはずです。僕のブログの名前を出しても構いません(笑)
  1. 2009/08/29(土) 22:01:26 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

gijie.anglerさん

コメントありがとうございます。
突然ですが、gijie.anglerの車ネタ何気に好きです。EKシビック乗って見たいです。EG6は何度か山で運転しました。僕が、昔乗ってたのはEAの25iでした(笑)
釣りとモータースポーツは精神面で似てるところがありますよね。
参戦資金不足で挫折しましたけど(笑)
  1. 2009/08/29(土) 22:13:45 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

ジェロさん

コメントありがとうございます。
やはり・・・釣りキチガ○(笑)でしたか・・・思ったとおりでした(笑)
釣れても釣れなくても、そこはフィールド第一主義で今後も宜しくお願いしときます。
  1. 2009/08/29(土) 22:17:29 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

megaceryleさんこんばんは。コメント入れさせてもらいます。

釣りたい場所(理想)と釣れる場所(現実)は必ずしもイコールではない。
私もまだまだ半人前ですが同感です。

今私が挑戦してるポイントは地元のシーバスアングラーが一般的にシーバスが遡上の限界と思われてるポイントよりも約10キロ近くも上流域です。
なぜそんなシーバスがいないかもしれない所でやってるの?と聞かれたらキチ○イだからと答えるしかありません(笑)

私自身、身近な漁港のポイントでシーバスが常に入っている場所を知っています。(釣れるか釣れないかは別として(苦笑))

しかし私は川鱸にこだわりを持っています。
だから理想を追いかけたいのです。

私は人と同じことをするのが嫌いな変人ですから,,,
  1. 2009/08/30(日) 02:50:46 |
  2. URL |
  3. 新潟漁釣会 会長 #-
  4. [ 編集 ]

新潟漁釣会 会長さん

コメントありがとうございます。
>シーバスが遡上の限界と思われてるポイントよりも10キロ近く上流

この考え方は好きです。僕達も地元の利根川で河口ならいざ知らず100キロ以上上流のシーバスを今から14年前の夏に開拓しました。雑誌にもそんな情報あるわけもなく、もちろんNETも無かった。
漁師の話や、他の餌釣りのオジちゃんの情報を元に自分達で推理して釣りを詰めていった時期がありました。

その経験があったので、筑後川を攻略するにも大変役立っています。場所には何時でも困りません。
逆に自分一人では足らないくらいです。
そうしてるうちに、一人、また一人と考え方やフィールド、鱸釣りに対するスタンスが共感・共鳴できる素晴らしい人たちにフィールドで出会いました。

そして現在、今までの数倍の速度と密度でポイントとつり方の開拓、開発が進んで行っております。

変人は変態になり仲間を呼びそして広がって行くわけです(笑)

  1. 2009/08/30(日) 07:43:49 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

福岡の渓流は厳しいですよね。
今年はあまり行かなかったですけれど、やっぱり大分方面の渓流の方が釣れる気がします。
  1. 2009/08/30(日) 07:56:08 |
  2. URL |
  3. booboo_ksr #-
  4. [ 編集 ]

booboo_ksrさん

コメントありがとうございます。
皆様口を揃えて福岡は厳しいと言うのですが。確かに簡単には釣れない渓流が多いです。

ただ僕の場合はそれくらいで丁度いいと思ってます。年間300匹前後ヤマメを釣っていた時期もありましたので、実はもう必要以上に渓流で釣る気はないのですね。ただ本流ヤマメの可能性を知る為、サクラマスを知る為には渓流の現状も知る必要があるんですね。

○○水系や△△水系に行けば釣れるという情報は、皆様から頂くのですが、僕はこの筑後川とその周辺の水系で釣りたいのです。
ただの我侭になってるんですけどね(笑)
  1. 2009/08/31(月) 11:16:39 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

Shakespeare 2

Megaceryle lugub さんこんばんは。
ストレーンラインは当時使ってました。当時は色付のラインが殆どなく色付きのかっこよさだけで使ってました。
オオツカは今は国道17号線沿いにありますね。今年は2回行きました。ダイワのサクラマス用ミノー買いましたが来年使用になるでしょう。
情報をいただきありがとうございます。
  1. 2009/08/31(月) 20:53:01 |
  2. URL |
  3. WOODY #-
  4. [ 編集 ]

WOODYさん

大堰は有名なので3月初旬の早くから通う人も多いですが、だいたい4月下旬から6月下旬までの2ヶ月が勝負になると思います。早朝は呆れるくらい人が居ますので、日中とか夕マズメが良いかもです。
  1. 2009/08/31(月) 21:00:40 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/263-e9fd755d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: