コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             ロッドのあれこれ UFM CPS-862EXti

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロッドのあれこれ UFM CPS-862EXti

僕のシーバスフィッシングは利根川から始まった。当時のロッドはUFMグリグリナナハンである。
その後、ウエダのロッドばかりになるがトラウトプラッキングGS-832H トラウトスティンガーTSS-92とトラウトロッドを流用で使ってきた。当時からCPSは有ったがパワー的には強すぎる感じがあり、河鱸向きでは無かったと感じている。これは勿論、個人的主観であるのだが、利根川の流速の有る比較的シャローを狙う上で、ライトライン&トラウトミノーが必然的になり、もちろんトラウトタックルの延長線上になる。河口域の重く太い流れと川幅であればCPSがベストだと思う。
その後、SPSソルティプラッガーという竿がデビューする、アイマ・コモモSF125のデビューと重なり干潟が着目され始めるが、僕のフィールドは相変わらず利根川に変わることは無かった。自宅の近所で鱸が釣れる場所、それが利根川なのであった。
そして初めてのボートシーバスを経験した頃、シーバスの世界にどっぷり嵌って行くことになる。
利根川でシーズン釣れても二桁やっとの頃、一夜にしてその数を釣ることが出来る東京湾に大きな魅力を感じてしまう。東京湾のおかっぱりもこの頃夢中になっていたので僅か2年で開拓したポイントは50ヶ所以上になる。東京湾ではショートロッドのランガンスタイルであったのだが、ある時ロングロッドの待ちの釣もしてみたいと思い始めた。そんな時代に手にしたのがCPS-862EXtiである。
このロッドは利根川、荒川、多摩川、東京湾、涸沼川など場所を選ばず使込んだロッドである。
DSC00378_convert_20090806001717.jpg        利根川もそれまでのディープウェーディングからナガグツウェーディングスタイル(笑)になり、手前の浅い流れのシーバスもシビアに狙うようになっていった。無闇にウェーディングする事が魚を追いやるという事を学んだのである。
僕の河鱸釣も実はこのロッドのデビューと共に飛躍的に変化を始める。それまでのトラウトミノー中心からサブサーフェイス系のスリムミノーによる流芯ドリフトの釣である。糸ふけを利用し、ルアーヘッドを下流に向けて泳がせる、そしてここぞという場所でターン。その瞬間に水柱があがる。
常夜灯も橋もテトラも水門もボイルも何も無い、深夜、落ち鮎が捕食される瀬の釣である。感覚の世界なので何度味わっても興奮度や満足感に満ちた釣りの世界である。
そんな利根川の主力も、ここ筑後川ではライトロッドの部類である。最初のシーズンはこのCPS-862EXtiで挑んだのだが、筑後川下流域の有明鱸5キロオーバーの猛烈な暴力的な暴走は異次元でありこのロッドの限界を感じた。ただそれもファイティングスタイルに問題があるのでロッドの所為では無いのであるが、当時の僕にはそれが理解できていなかった。現在は、筑後川でもバックの取れない場所での使用をしている。今後も更に深くこの竿を自分のモノにしていきたいと思う。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/22(土) 22:11:07|
  2. 有明鱸用道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ベイトフィッ種とは何か?  | ホーム | 夏休み 魚は釣れなくても>>

コメント

おはようございます

>東京湾のおかっぱりもこの頃夢中になっていたので僅か2年で開拓したポイントは50ヶ所以上になる。

2年で開拓したポイントは50ヶ所以上というのは凄いですね。ソーラス条約改正以降、東京湾は立ち入り禁止区域が増えてしまい、釣りができる場所が限られてしまいました

>最初のシーズンはこのCPS-862EXtiで挑んだのだが、筑後川下流域の有明鱸5キロオーバーの猛烈な暴力的な暴走は異次元でありこのロッドの限界を感じた

所変われば品変わるではないですが、やはり地域によって、使えるタックルも様変わりしますね
自分は実家が宮崎なのですが、宮崎の釣友が使っているシーバスタックルはやはり関東のものと比べるとハイパワーなものばかり
釣友曰く、アカメや大ニベなどが掛かる場合もあるので、これくらいのものでないと安心してやりとりできないそうです
  1. 2009/08/23(日) 07:50:24 |
  2. URL |
  3. 釣りキチ万博 #-
  4. [ 編集 ]

毎度・・・

毎度です。

田舎の大河川タックル 開発しないといけませんかねぇ・・・?(笑)
しかし、今となっては筑後川も「CPS-862Ex-ti」で十分過ぎますけど・・・ね。
誰かさんは冬にはSPSナイロンラインでキャッチしてたし・・・(爆)

最近、筑後川フィールドに立ててないので、来週からはショートタイムでもフィールドで佇むように致しますです・・・ハイ(笑)
  1. 2009/08/23(日) 10:43:03 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集 ]

釣りキチ万博さん

コメントありがとうございます。
僕が東京湾をウロウロしてた頃は、丁度、ソーラス条約改正前でした。警備員と仲良くなり1時間だけ車を置かせてもらったり、ココやるときはこっちの100円パーキングに止めてこう歩いてとか、工夫は惜しみなくしていました。実は、僕が何箇所も開拓した理由は、周囲に誰もこの釣をしている人が居なかったからなんですね。もちろんNETの情報や雑誌の情報で最初は動きましたがいい思いをした事がなく。
こうなったらがむしゃらに全部釣ってやれ!という勢いで通いました。
話が変わって、先日、家族と大分の水族館「うみたまご」に行ってきました。オオニベ、アカメを生で見て大きさに感動しました。
  1. 2009/08/23(日) 22:44:14 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

筑紫次郎さん

コメントありがとうございます。
その誰かさんは・・・
もう一度ナイロンの有効性を見出したく、来春用に準備は進めています(笑)
ハイ、僕です。
  1. 2009/08/23(日) 22:48:15 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/260-1f10612f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。