コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             かわいい弾丸

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

かわいい弾丸

MFR3.jpg
写真は言わずと知れた小型プラグ ミニファットラップラパラ MFR3。
このルアーが販売されていたのは1984年頃からだったっと思う。

3cmで3.5gのシンキングクランクベイト?というジャンルのルアーであるが、その懐の深さは物凄く正直まだこのルアーの性能を使い切れていない。

小さいながらも飛距離は伸びるし、速やかに沈み 高速で巻いてもバランスを崩すことは皆無である。そしてルアーの誤った常識でさえ覆す潜在能力さえ備えている。

バスはもちろんトラウト、シーバスに効く。特にスクールしている小型のバスやスポーンシーズンの大型にもいい、ブラウントラウトもよく釣れたし、今ではストラクチャーのシーバス釣りでの最後の手段として登場させることが多い。

非常に残念なことに、最近釣具屋で、見付けることもなかなか難しいルアーのひとつになってしまった。

80年代バス釣がまだまだ発展途上の頃、関東地方の灌漑用溜池に一部のアングラー達の手によりバスが放流されそれが生産し20~30センチクラスのバスがちらほらと釣れていた。

大きなプラグではなかなか釣ることも難しいフィールドだったがコイツを使うとたちまち数釣りが出来るようになった。当時は6フィートのミディアムライトアクションのベイトロッドに10ポンドのライン、ABU アンバサダー2500Cでロングキャストして釣っていた。

ワームよりも釣れるイメージがあったし44センチのバスも仕留めた。

トラウトでは50センチ弱ではあるがブラウンを数匹、シーバスでは50~60センチ台を数多く釣った。 


僕の経験で言えば 大きなルアー=大きな魚 小さいルアー=小さな魚 とは考えていない。

小さなルアー=大きな魚 ということは良くあることだし。

小さければスローな釣りでも魚に見切られ難いとすら思う。

MFR3 コイツが発生させる強烈な波動は使った人なら知っているはずだ。

追記:MFR3で釣ったあの日

DSCN2143.jpg
(画像:先日仲間のじろう君から頂いた、1984年 MFR3 P)

1985年5月の良く晴れた午後。

僕は一人S沼に向った。

S沼は周囲一キロくらいの小さな野池、大小のワンドに葦、リリーパッド、オダに乱杭、そして流れ込みに桟橋と変化に富んだフィールドだった。

獣道のような踏み跡を辿るとほぼ池を一周出来る。

今日は葦原の横の岬に釣座を構えた。

タックルボックスを開けると今日のルアーを決めるとベイトキャスティングのマグネットブレーキを調節しながら色々なルアーを試す。

夕方、目の前で小魚がピョンピョンと跳ねるとガバッ!!ボコ!!と捕食音が響き、夕マズメが始まったのであるが、小魚の大きさはどう見ても3cmサイズ。

僕はラパラMFR3(ミニファットラップ)をラインの先に覚えたてのクリンチノットで結び、ボイルの進行方向へキャスト。

巻き始めると直にバイト。

ブラックバスだ!

無我夢中で掛かったバスを陸へ上げる。たかが23cmの小バスなのに、僕は興奮しすぎて、その後どうしたのか覚えていない、タックルボックスの底で静に出番を待っていたストリンガーに初めて魚をかけて水に放す。

興奮冷めやらぬまま、次のバスを狙うが呆気無くMFR3はオーバーハングした木の餌食になってしまう。フックが小さいから直に外れると思ってロッドを煽った。

次の瞬間、バチン。。とラインが切れて、静にMFR3は水面に落ち、沼の底に沈んで消えた。

初めての記念すべきルアーを失くすわけには行かない。

慌てて僕は水に飛び込み、腿くらいの水深を必死に探すが。
夕暮れになってもMFR3は見つかる事は無かった。

ビニールに水を張り、釣れたバスを入れると僕は家に初バスを持って帰った。
庭でバスを持ち笑ってる写真が今でも埼玉の実家にはある。

そうしてラパラは僕にバス釣りの入り口を開いてくれた。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/03/20(木) 01:35:09|
  2. 世界的疑似餌針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラウリ・ラパラの遺作 | ホーム | 黄金の6月1日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/26-70cad737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: