コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             ロッドのあれこれ 

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

ロッドのあれこれ 

国産メーカーは、各社あるのだが、僕は故郷の埼玉県に工場を構えるUFMウエダを長年愛用していた。それは子供の頃からであり、何の抵抗も憧れも無くウエダというメーカーが近所の釣具屋にたくさん展示してあり、価格的にも僕には等身大であった為だ。
ところが、数年前から僕の使い方や釣竿に対しての考え方と、ウエダさんの方向性はズレ始めてしまい、高感度、軽量、高価格となってしまい現在は新規で導入することは考えていない。
昨今のロッドビルディング技術の進歩は素晴らしく、低レジン化ブランク、チタンフレームガイド、各パーツの軽量化など、軽量且つ高感度で粘り強くしなやかな竿も多くなってきている。
そんなウエダ一色だった僕も、とある北陸の砲弾サクラマスに流芯に走られ、止めることが出来ず、それまでの竿や道具に対するコンセプトを底辺から考え直した。
釣道具である竿の役割は軽さでも感度でも強度でもなく、トータルバランスで考えるべきであると思う。
つまり何がしたいのか?を明確にしなければ始まらないのでないだろうか。
ロッドにもルアーにもフィールドテスターなる方々が存在する。ただ僕の知る限り、この筑後川で活動してるテスターを存じていない。居るのかも知れないけど僕は会った事はない。
パワーゲームで仕留めるのか?繊細にライトラインで獲りに行くのか?何でもこなすオールマイティタックルでゲームの幅を広げるのか?は各個人自由ではもちろんあるのだが、自分の釣り場に合った道具は自分の力と努力で探す他は無いのである。
結婚し子供が生まれ会社と家庭中心になると釣具に大金も使えなくなる。なのでまず安い物に越した事は無いのだけど作り込みまでプアーな物にたとえ100円でも出す気にはなれない。
そんな中で安価でも比較的まともなブランクを提供しているメーカーがメージャークラフトである。
DSC00377_convert_20090806001648.jpg    使用感としてはこの価格でこのフィーリングなら申し分ないというのが正直なところである。
「安価=初心者の竿」という時代はもう終わっている。なんせ5万も7万もする高級ロッドでさえ昨日釣りを始めた若者が使っていたりもするからだ。今の僕の考えは、そこそこ安価な竿を定期的に入れ替える事でこのハードな有明鱸の釣りをしていこうと考えている。どんな竿も2シーズン目にはグネグネの腰抜けになってしまうからだ。それはへビーウエイトのルアーを常にフルキャスト、そして4キロ5キロ6キロのシーバスを何本も掛けるのだから、通常市販のシーバスカテゴリーの竿では許容範囲を常に超えて過酷な条件になるわけであり、高級竿を何年も使う処では無いと考えている。
そんなわけで、この竿をしばらく使って行こうと思う。最近の小技を効かせたルアーの操作にはピタリと嵌る竿ではある。釣り場に立ったとき、視界にあるキャスト&リトリーブできる範囲を升目で表現するとその升目が細かく刻める竿ほど操作性が高く、その升目からズレる竿は釣がしずらいだけで無く、釣りそのものが雑になりやすい。そんな訳で操作性は高いに越した事は無いのであるが、僕は敢えて通常より大きめの番手のリールでセッティングする事で手元に重心を集めてテップを振りやすくしている。あとはフィールドの状況に合わせて微調整はかけていくつもりだ。
次の釣りへ向う為に、今出来る釣りをもっと深く追求していきたい。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/06(木) 00:26:22|
  2. 有明鱸用道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<ライトショアジギング  佐賀県沿岸 | ホーム | 筑後川シーバス 8月 釣感覚バイブレーション>>

コメント

確かに・・・

こんばんは。いつも拝見させていただいています。確かに安くてもいいロッドはたくさんあります。その中でメジャークラフトは安心価格でスペックもソコソコ。このソコソコって言うのが大切なところで、フィールドにエントリーすると常に状況って変わってくるものです。ルアーが変わったり、ウェイトが変わったりって感じで1本のロッドである程度をこなさなくてはいけない状況ってあるのです。車で言うと「カローラ」見たいなもので、「特別に良いところがあるわけでもないが、特別悪いところもない」のです。僕もメジャーのロッドを所有していますが結構いいですよ!どこかのブランドじゃありませんが「カリスマ的」なアングラーを仕立てて、たいした作りでもないのに数万円もして、少量生産と偽ってプレミア度を上げて希少性を売りにするロッドビルダーより、誰もが安価で公平に醍醐味を体感できる。そんなロッド作りの考え方が気に入りました。僕はメーカーの回し者でも何でもありませんが、これからシーバスを始めようとしている方、一度握ってみてください。想像以上に使いやすいですよ。
  1. 2009/08/07(金) 00:16:26 |
  2. URL |
  3. つよすけ #-
  4. [ 編集 ]

つよすけさん

コメントありがとうございます。
なるほど、車で言うとカローラですか・・・・上手い事言いますね。実はトヨタさんのカローラって30~40万キロぐらい走れますよね。丈夫で壊れない、そして基本性能を尖らずにまとめた車だと思います。
駄目ジャーとか言ってないで、カリスマあんぐらーさん達も一度使ったらいいのにですね(笑)
  1. 2009/08/07(金) 00:37:30 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

メジャクラは良いですよね!
僕もバスロッド改の鯛ラバロッドを使っています。
60cmUPの鯛でも大丈夫でした。

ネットでは「折れる」と悪評のメジャクラですが、折った事はありません。
折る人は投げ方が悪いのではないか、と思っています。
あと、安いロッドではダイワの「ネオバーサル」も良いです。
グラスが多めで粘りがあるので、バイブレーションがよく飛びます。
  1. 2009/08/07(金) 18:58:08 |
  2. URL |
  3. booboo_ksr #-
  4. [ 編集 ]

少し気になって調べてみたら実売価格2万以下でチタンガイドですか・・・
いやはやなんとも^^;
メジャークラフトさんは雑誌広告もすごいから売れてるんでしょうね

Megaceryle lugubさんのおっしゃるとおりタックルはトータルバランスですね
重い、軽い、強いなど断片的に語られることが多いですが自分が使いやすいバランスを見つけられず良さもわからぬままにすぐ売却してしまうようなケースもよくあるようです

「何がしたいのか?」で私は未だ迷走中ですw
  1. 2009/08/07(金) 20:44:13 |
  2. URL |
  3. ホゲタツ #-
  4. [ 編集 ]

booboo_ksrさん

コメントありがとうございます。
折れない竿というのもありませんし、折れる竿というのも無いと僕は思っています。
扱い方をそれぞれの竿に合わせるのもアングラー側の技術であると考えています。
投げ方で折れる投げ方も実際にはあります。
初速を上げすぎてティップセクションのみを使って投げるとどんな竿でもダメージを受けます。
スムーズな動作を心がければ竿の傷みも少なくなりますので。
まあ最終的には魚を釣ってナンボですよね。
  1. 2009/08/07(金) 21:46:40 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ホゲタツさん

コメントありがとうございます。
ホゲタツさんは、既に何をしたいかを知ってるはずですよ?(笑)
上流域でのシーバス調査楽しみにしています。
ベイトの居る場所にはフィッシュイーターが必ず居ますので
がんばって下さいね。
  1. 2009/08/07(金) 21:50:29 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/08/07(金) 22:13:18 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Megaceryle lugubさん、こんばんは

Megaceryle lugubさんはソルティック使いなんですね
ウエダは確かにここ数年で、ハイエンドモデル専用メーカーになってしまいましたね。あの価格設定では、この不況の折、家庭を持つパパさんアングラーにはちょっと手が出せないですよね
メジャークラフトのロッドは自分も三本所有しています。PEライン専用モデルは、エギングにも使い回しできて、何かと重宝しています
  1. 2009/08/07(金) 22:58:35 |
  2. URL |
  3. 釣りキチ万博 #-
  4. [ 編集 ]

die gelbe Rasseさん

コメントありがとうございます。
センシティブな情報への配慮ありがとうございます。質問に関しては正解です。
Fさんはもう相当古い釣友達です、僕の失敗談も武勇伝も知ってる方です。もちろんdie gelbe Rasseさん とFさんの交流があるのなら僕の事を本人に聞かれても構いません。Fさんに宜しく(笑)
  1. 2009/08/07(金) 23:43:24 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

釣りキチ万博さん

コメントありがとうございます。
ごく最近、UFMのCPS-EXtiからソルティックにスイッチしました。
理由は、この筑後川の有明鱸も年々、偏食やスレでシビアになりまして、
より繊細な釣りを迫られている為です。
元々、九州に来るまではナイロン派の僕も、PEラインメインになっています。
東京湾からすれば魚が遠く、薄く、大きくそして重い。それがこの地の特徴です。
  1. 2009/08/07(金) 23:52:49 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

そうですね・・・

毎度です。

「SALTIC ST-962PE」 調子いいですね・・・!
釣り具屋さんでちょっと振ってみたカンジでも、他のメジャーのロッドに比べてこれだけは「張り」があっていいカンジですもんね・・・!

筑後川フィールドでのロッドテスターですか・・・?
テスター以上に道具に「うるさい」アングラーにはよくお会いしますよ・・・(爆)
「Megaceryle lugub」さんが筑後川フィールドに立つ限りは「筑後川をメインフィールドにしてます」ってロッドテスターなんか出てこれませんよ・・・(笑)

こちらもそろそろ実戦にいくつかロッドを導入してみようかと思っています。
  1. 2009/08/09(日) 20:44:36 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集 ]

筑紫次郎 さん

毎度です。
道具に「うるさい」人っていましたっけ??(笑)
シーズナルやポイントに合わせて数本は必要なのかなぁと考えてはいますが、
一本で全てこなせればそれに越した事は無いですよね。
962PEは実際に数本振って見て一番気に入ったのを購入しました。
カタログ上のスペック以外にフィーリングも大切ですもんね。

  1. 2009/08/09(日) 22:03:57 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

はじめまして!
ホゲタツさんにロッドのことで聞いて伺いました。
メージャークラフトのロッドを今度見てみます。
情報ありがとうございます^^
  1. 2009/08/12(水) 19:15:06 |
  2. URL |
  3. チョコボ2 #-
  4. [ 編集 ]

チョコボ2さん

ご訪問とコメントをありがとうございます。
ホゲタツさんからなのですね!
ブログも拝見させて頂きました。鹿島や館山は僕も何度か釣行した事があります(笑)
それにしても伊勢海老は羨ましいです。
今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2009/08/12(水) 23:31:06 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/256-ec8b87e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: