コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             筑後川シーバス 6月  川下から吹く風

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

筑後川シーバス 6月  川下から吹く風

昨夜、梅雨入りした筑後平野の大河に本流有明鱸を求めて筑後川 鱸(シーバス) 通信」の筑紫次郎氏と釣行した。今年の5月から、いや3年ほど前から、確信していたポイントに向かう。昨年秋の実釣では、釣友さんが大型を掛けるが、足元のストラクチャー巻かれブレイクによりキャッチに至らなかった。潮位が低ければ低いほど不利になるのがこの場所の特徴あり、確実に獲る為の地合いは、満潮からの動き出しの僅かな時間である。実にキャッチにまで至るのは今回が初めてではあるが、新規のポイントであっても、他の場所の応用で予測という勘が無意識で働いていく。深夜11時を過ぎたころ、僕と筑紫次郎氏は、車内でポイントの予測を立てる。

この風この潮この場所なら・・・「そうだね、たぶんあそこしかない。」 

僕らはその場所に向かう事となる。

見えてる物は少ないが、感じるものは多くなって行くのが夜の釣であると僕は思う。
到着すると何時ものタックルを何時もの様にセットし並んで仲良くキャストする。
僕の選択したルアーはDC9バレット、受けた水流をうまく受け流し滞在時間の長いルアーである。
有明海から吹く風がラインを弛ませ、より長い時間ピンスポットにルアーを留めていてくれている。
そんな時、地合いを告げるボイル音が木魂した「ボシュ!!」間違い無く、近くに鱸はいる。

その後、フィーディングゾーンに差しかかった僕のルアーから衝撃が伝わってきたのである。いきなりの水面爆発の大きさ、トルク、ヘッドシェイクの振り幅、どれをとっても大型であることは間違いなかった。ロッドを寝かせいなすも流芯の太い流れから外すことが出来ず、半ば強引に流れから外そうと角度を変えた次の瞬間、絶望的な、テンションの抜け方をしてしまう。魚の頭はこっち向きであり下流側であり、バレるなんて信じられないといった状況ではあったが、ベリーのフックが尽く伸ばされていた。

「繊細且つ強引に」それが本流鱸の全てであると僕は信じている。ただこれは間違いなく僕のミス。
テンションを必要以上に掛けてしまったのである。

筑紫次郎氏からは、「今のはとらな、あかんよね~」と言われる始末。

何年釣しても「ここ一番のバラシ癖」は抜けないようである。下手の証です。

でも、ここからは本気モードになるのが僕のパターン。同じ失敗はもうしない。
ウエイトからすれば多分半分くらいのサイズ「筑後川の平均個体」ではあるが、次のボイルを仕留めてキャッチ。
DSC00276_convert_20090612214711.jpg      よく太った、コンディションの良い有明鱸。久々に逢えた鱸に、大河に、自分の事のように喜んでくれる、釣仲間に感謝である。その後数箇所視察の後、何時ものメインフィールドでランガンするも筑後次郎氏の痛恨のバラシで終了。

僕等の合言葉、「あーテンションかけすぎたーー!!」「とらなーもいかんよねー!!」
僕ら共有の課題になりそうである。
その後の問題として、今日仕事だというのに、明るくなるころ床に付く始末であった(微妙に反省)  

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/12(金) 22:39:15|
  2. 本流・鱸疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<筑後川シーバス フックシステムの見直し | ホーム | 本流ミノーイング  トラウトのナイトゲーム?>>

コメント

おぉ~おめでとうございます。
バラシ後の狙っての一本で、喜びもひとしおだった事でしょう!(^^)
俺も、バラシ後の1本と言うのをやってみたいが・・・やっぱりノーバイトで終了です。(泣)
  1. 2009/06/13(土) 00:11:38 |
  2. URL |
  3. 〇バラ #-
  4. [ 編集 ]

〇バラさん

コメントありがとうございます。
ようやく、生き物を釣ることができました。(笑)
バラさないのが一番いいのですが、悪い癖です。
  1. 2009/06/13(土) 07:46:25 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

大物残念でしたね・・・。フックまで伸びてしまうとは鱸恐るべし!その後キッチリ1本は流石です!

やはり大物となるとMegaceryle lugubさんでもドラグとテンションの調整が旨くいかない事もあるのですね・・・私はそんな大物に出会っていないので解りませんが(笑)
  1. 2009/06/14(日) 21:40:37 |
  2. URL |
  3. hiraipapa #-
  4. [ 編集 ]

hiraipapaさん

コメントありがとうございます。
ドラグの調整とかテンションの問題よりも僕の判断ミスと操作ミスだと思います(笑)
久々の大物の時は大体ミスする傾向にあります、日頃のトレーニングが必要ですし、
現場での取り込むイメージが湧いていない時は大抵失敗するものです。
まだまだ修行が足りませんね。

  1. 2009/06/14(日) 22:03:26 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

ワタクシもハイシーズンの初期は,毎年“乗らない病”と“バラシ症”に悩まされます。
一本イイのを獲ると,だいたい治るのですが・・・

長引いてます(ToT)
  1. 2009/06/15(月) 11:47:40 |
  2. URL |
  3. マークン #-
  4. [ 編集 ]

マークンさん

コメントありがとうございます。
なるほど、これは「病」とか「病状」だったのですか。。。はやく一本イイのを獲りたいですね、今夜またリベンジしてきます。お互い早く完治しましょう(笑)
  1. 2009/06/15(月) 14:12:51 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは!

フックを伸ばすほどの大物…惜しかったですね…
流芯から引っ張り出すのは大変ですよね!
向こうも必死ですし…

でも、そこが面白いんですよね!

僕も流れの中からネイティブニジを引っ張り出したいっす!
  1. 2009/06/16(火) 12:16:23 |
  2. URL |
  3. prankster #-
  4. [ 編集 ]

pranksterさん

コメントありがとうございます。
ネイティブのニジですか、北海道ならではのターゲットですね。イイ魚釣ってくださいね。
  1. 2009/06/17(水) 08:08:09 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/240-54cbab87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: