コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             フッキングのメカニズムと理論

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

フッキングのメカニズムと理論

イワナ

僕の疑似餌釣は釣針に拘る。針が駄目ならどんなリアルなフライでもどんなに魅力的なルアーでも釣として成立しないからだ。フッキングはどうやって起こるのか?考えたことはあるだろうか。
まず魚は疑似餌を咥える(バイト=噛み付く又は吸い込むアタリ)のだが対処物に合わせて口の開く度合いまで変えるほど魚は賢い。吸い込まれた疑似餌は違和感を感じた瞬間に 吐き出し&反転を食らう。そこで竿にグンっとかゴンッとかアタリが発生するのだが、活性が低ければ低いほど反転が鈍い速度になりロッドで感じ取るのは難しくなる。逆に巻き重り感は(引き抵抗)は増す方向になる為、リールで感じ取ることが出来るであろう。さてここで僕等アングラー側の出来ることは何か?を考えてみたいと思う。言葉にしてしまえば、ラインテンションコントロールだろう。それはリールを巻くことであったりロッドを撓らせることであったりするのだが、バイトにテンションコントロールが加わりフッキングに繋がる。ルアーの場合はラインテンションは張っていることが多いが流れでのドリフト中やフォール中はこのテンションが抜けている場合もある。またバスでワームの釣や、フライのニンフの釣もそれにあたる。フッキングにアワセは必要か?答えはNOでもYESでもない。
アワセなくてもフッキングすることも多いし、アワセても魚の口を破壊し抜けてバレることがある。
同時にフックサイズや軸の太さそしてフックの形状が結果を左右する場合も多い。対象魚やタックルに合わせて或いはフライの場合フックサイズ=虫のサイズになりニンフならばフォールスピードもそこで決まってくる為シビアに選択する必要がある。 
以前管理釣場でスプーンのフックを外し実験をしたことがある。その結果から言わせてもらうと手に来るアタリは全て何等かの形でフッキングをしているということだ。針が無い=バイトしてもフッキングしない状況 ではラインに一瞬変化はあるもののはっきりとアタリは出ないことになる。つまりショートバイトなど存在しないというのが僕の意見である。手に来るのならそれは明確なアタリであり初期フッキングをしているということである。その後反転にて蝶番の奥に掛かるのが理想であるがフッキングポイントの移動は時にバレを招き抜けてしまうことが有る。魚の口内をズレながら或いは裂きながらフックポイントは移動するということを頭に入れて頂きたい。もちろん異論はあるとは思うが複数のフックを持つルアーではこの傾向が強い。
写真のイワナは鰓蓋でフッキングしてランディングになっているがコレはヘッドシェイク中に移動したものと思われる。ファイティング初期は腹のフックでやり取りしていたのを記憶している。ところがランディングの段階になってミノーのベリィフックは外れた。偶然フォローが外れない場所にセットされているだけで本来はバレている魚である。
シーバスもこの様な状態でランディングされるケースを多く見かける。またフライの場合はシングルフックの為フックポイントの移動は考えにくいが蝶番のところに掛かるのが理想だと思う。タイミングが合うとそこにフッキングする。フックは掛けるという意味がある 刺すのであればニードルである。口に掛ける意味を考えて今後の釣行に望みたい。そして適度なアワセと適度なやり取りがキャッチ率を向上させるに違いいないだろう。
フッキングについては最後まで試行錯誤していくはずだ。




テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/03/12(水) 19:54:33|
  2. 釣の四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<理想の道具とは? | ホーム | 本流開拓時代>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/23-cb485c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: