コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             僕らのフィールド 未知なる魚を求めて

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

僕らのフィールド 未知なる魚を求めて

筑後川          先日、筑後川鱸(シーバス)通信の筑紫次郎氏と有明海沿岸に釣行してきた。毎度の事であるが、潮汐大きく濁ってることもあるが海洋生物、それに魚類多く豊かな海であることに驚かされる。そこと山々からの水を繋ぐ大河である筑後川であるが、この河の性格をまだ把握できていないし、固有種の行動など、まだまだ知らないことばかりだ。筑後川は嘗て暴れ河だったという事もあり河川工事が到る所で行われており、堰や堰堤にテトラ、排水機場など人工的な構造物も多い。沈所(ちんしょ)というのをご存知だろうか?コンクリートテトラを作る技術など無い頃は、もちろん護岸も石組みであり、その昔、流れの当たる場所は岬状に石を積み杭を打ち沈所というもので流れの強さを弱めていた。現在はその様な沈所はテトラやコンクリート護岸に変えられた場所も多く見た目には中々わかり難いが、川底には嘗ての構造物が現在も残ってる事が多く良いポイントになっている。泥砂の川底にいきなり人の頭ほどの大きな石が積まれているような場所は意外と人工的に作られた沈所であることが多い。沈所には、海老やハゼ類が多く生息してそこにフィッシュイターである魚食性の魚も居付く。
そしてこの有明海と筑後川には固有種や希少種が多い、エツをはじめクルメサヨリ、アリアケヒメシラウオ、オヤニラミまで生息する。そしてそんな本流にヤマメが居ない筈は無い、サクラマスだって居るのではないか?もちろん結果は出ていないが調査釣行を継続していくつもりだ。当面の目標は有明海沿岸からこの本流、そして夜明ダムや江川ダム、合所ダムまでを僕のフィールド(釣り場)と考えてその中で様々な、スタイルで疑似餌釣を楽しみたいと思っている。僕の故郷の川ではサクラマスの釣果が聞こえ始める時期になった。仲間の一人はもう今年は釣らないと話していた。理由は人が多すぎるということである。サクラマスは20年前、30年前でも泳いでいたが、誰からも狙われる事無く悠然と泳いでいたのである。この釣の開拓時代から、やがて情報は広まりだし、人伝の情報も、NETや雑誌に掲載されるようになるとポイントのキャパシティよりも釣り人が増えてしまうことになる。恐らく全国のサクラマス河川はそうなのじゃないだろうか、釣ることで「自慢」や「優越感」や「達成感」・「自己満足感」というのに酔えるのかもしれないが、それは釣れる場所で釣れる時期に釣れる釣り方でやれば小学生でも釣れる魚なのである。 釣れる方法を探すこと=河を知ること だと僕は思っている。最近釣った人には申し訳ないが、その後は誰かの釣のコピーである。真似は僕のいう釣りではない。
それを認めないとか否定するという意味ではなく、もちろん、最初の一匹はコピーでも網でもなんでもいいと思う。ただもう何十年も釣りをしているアングラーはそうあるべきでないと思うということである。もしここに気付きがあれば、自分のフィールドをより深く見つめる目を養って欲しいと願う。
よくあるメジャーな実績ポイント、そこから15キロ上流や下流には、釣り人などまるで居ない未知のフィールドが広がっている事を知って欲しい。 実績=人が多いから ということなのである。
海から山まで河であるし、その一部分しか魚が居ないなんてことは有得ないので、フィールドのマクロな見方と現場でのミクロな視点が必要なのではないだろうか。全てはこの疑似餌釣をより愉しむ為に。
  1. 2009/05/03(日) 07:33:06|
  2. 野外調査・研究考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ハンドルはどちらが? 右巻・左巻 | ホーム | OLD Daiwa  究極的、TDミノー登場!>>

コメント

僕らのフィールド 未知なる魚を求めて

Megaceryle lugubさんの仰る事よくわかります。
僕も似たような考えです。
家で地図と睨めっこをし 現場に出て坊主坊主の連続でした。 その度に友人達と話し合い時を重ねてきました。 未知のフィールド僕も全ての流れが可能性だと信じています。  まだチャレンジして行きたいと思います。   今月は、原鶴辺りで頑張ってみます。
  1. 2009/05/04(月) 23:08:36 |
  2. URL |
  3. at #-
  4. [ 編集 ]

atさん

コメントありがとうございます。
地図からポイントを探すという手法をとられているとのことですが、それが凄く大事と思います。地図も作られた時期によっては河の形が変わってますから、結局は毎年春に探し歩くそしてここぞという場所で時期になり竿を出すの繰り返しです。最近の原鶴あたりは水量も豊かでいい感じですよ。
  1. 2009/05/04(月) 23:25:02 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

僕も地図を見て、「この川にはヤマメがいそうだな。」とか、「この漁港の横は磯だな。ならば!」とか考えるのが大好きです。
どうも、最近は、最初から「答えだけ」求める人が多くて・・・・。
  1. 2009/05/05(火) 21:18:00 |
  2. URL |
  3. booboo_ksr #-
  4. [ 編集 ]

booboo_ksr さん

コメントありがとうございます。
ヤマメ探しも楽しいですよね、3~4年ほど前は探しに出かけたりしてました。
まあ良いのですけど、多くのアングラーが答えを求める道筋が近道しすぎの急ぎすぎなんですよね。
  1. 2009/05/05(火) 23:11:45 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/228-068b83e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: