コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             OLD Daiwa  究極的、TDミノー登場!

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

OLD Daiwa  究極的、TDミノー登場!

DSC00230.jpg    色々な意味でまたダイワさんのミノーに登場してもらうことにした。今でも使うショアラインシャイナーR40の原型であると思う重心移動を内蔵したTDミノー、そしてダイワ初のリアルメイキング樹脂ミノーであるザ・ミノー。前回取り上げたバルサミノーやロビンに比べると随分現代的であるが、これもザ・ミノーは1985年頃、TDミノーは1990年頃である。実に20年近くの年月が流れている。
まずはザ・ミノーから。今、改めて見ても、このザ・ミノーは、まるでメダカの親分のような顔つきで美しいとは思えないが、当時としては斬新なリアル路線であり、樹脂成型プラグとしては珍しかった。
そして実釣面では、先輩達の間ではサクラマスの実績は少しある。僕のは上手く泳がすことが出来ずにラパラやムラセミノー、メゾンなどに心が向いてしまいお蔵入りになってしまった。
当時の人気カラーはオイカワ♂であるが写真はワカサギである。使い心地的には飛ばない、そしてストリームでは泳がないのであるが、飛距離は泳ぎは釣り人側の使い心地には関係あるものの、釣果に対しての効果はあまり関係ない様子である。後発でザ・ミノーにはポッパータイプも存在して面白かったりもするが、気が付いたら釣具屋で見かけることは無くなっていた。
そしてその飛ばない、泳がないを克服して世に放たれたのが、TDミノーである。TEAMDAIWAブランドで売り出されたこのミノーは、信じられないくらい飛距離を確保したスリムミノーであった。初めてキャストした日、正直僕はK-TEN以来の衝撃を受けた。動きも申し分なくトロ場のサクラマスや本流ヤマメにも有効であった。10年近く前であるが、埼玉の荒川本流ヤマメの名手であり、僕のライバルでも親友でもあるN氏はコイツのホットタイガーでビシバシ釣っていたりして求めるものは同じなんだなと関心したりした。ちなみに当時N氏の本流尺ヤマメ撃墜数はシーズン50本以上であった。スプーンの腕もいいがTDミノーもかなりモノにしていた。
僕の場合は利根川で瀬の中のシーバスへの使用が多かった、白泡の切れ目のガンガン瀬をドリフトさせるとコイツがボトムに引きこまれ、何度も何度もイイ思いをした。現在はTDミノーを釣具屋で見かけないが、中の構造はジップベイツ、ザブラミノーに良く似ている。おそらくダイワだけの技術で作られたモノでは無いと僕は感じるのだが、みなさんはどう思うだろうか。何れにせよ、大手メーカーと名乗りを上げるのであれば、作り続けて欲しかったというのが僕の正直な気持ちだ。
最後に、この二つのミノーが持つ特性にある、魚が釣れるという基本性能に変わりは無いのだが、90年代日本のルアーには飛距離や泳ぎという快適さという性能がプラスオンされていったということである。その使い心地が必要か必要でないかは別として。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/28(火) 19:03:47|
  2. 釣の四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<僕らのフィールド 未知なる魚を求めて | ホーム | フラットフィッシュ  新たなる可能性はあるのか?>>

コメント

この頃から国産ルアーは抜群に成長しましたですよね。

TDミノーは当時買ったものの、既にバスフィッシングはワーム全盛期で使った記憶はないです。
  1. 2009/04/28(火) 22:08:55 |
  2. URL |
  3. booboo_ksr #-
  4. [ 編集 ]

ザ・ミノー

懐かしすぎて涙がでてきますね
当時購入しようかどうか迷って、結局シーバスハンターⅡを買った思い出あります
TDミノーは今のショアラインシャイナーのご先祖様にあたるミノーでしょうか?
  1. 2009/04/29(水) 00:56:30 |
  2. URL |
  3. 釣りキチ万博 #-
  4. [ 編集 ]

booboo_ksrさん

コメントありがとうございます。
90年代バスフッシングは、トーナメント色の強いスプリットショットとか塩入りワームなどの影響が強く、○○メソッドが死語になり、○○リグと呼ばれる境目であることから、プラグによるバスつりが淘汰され、ラバージグやスピナーベイトそしてワームやポークが全盛期であったと思われます。80年代後半まではアメリカ先行、翌年日本(フィッシュフォーミュラなど)という流れも多かったブームも90年代は同時進行(フィネスなど)、もしくは、日本独自のブーム(芸能人の影響など)なんていうのもありました。まさにそんな流れの時に、一メーカーの真面目なミノープラグなど
見向きもされず人気も無かったことは仕方が無いかもしれませんね。
  1. 2009/04/29(水) 09:51:05 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

釣りキチ万博 さん

コメントありがとうございます。
僕がTDミノーを見かけたのが先で随分あとからショアラインシャイナーを使ったので、そう感じているだけかもですが、TDミノーの発売が数年先行していたと記憶しています。シャフトドライブの重心移動はTDミノーが最初だと思いますが、正確な内容ではないかもしれませんご了承下さい。
  1. 2009/04/29(水) 09:59:02 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

電化製品なんかでも画期的な進化以外は取って付けたようないらない機能が増えていくのと同じですね^^;
売り物なんでしょうがないことですが・・・
写真のTDミノーと手持ちのショアラインシャイナーを見比べたのですがそっくりですね!
  1. 2009/04/30(木) 21:05:41 |
  2. URL |
  3. ホゲタツ #-
  4. [ 編集 ]

ホゲタツさん

コメントありがとうございます。
TDミノーはご指摘どおり、ショアラインシャイナーR40と同じ形です。
カラーはもちろん違いますが共通の金型を使用したものと思われます(笑)
  1. 2009/04/30(木) 21:51:01 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

Megaceryle lugubさん はじめまして九州の本流鱒釣りに励むatと申します。
凄く内容の濃く読み応えのあるブログいつも楽しみにしております。 
私も筑後川の本流は、凄く魅力あるフィールドだと感じています。 今年も2度ほど筑後川で竿を振りました。
結果は、出ませんでしたが・・・・
大分県で今年海でのチヌ釣りでヤマメ?アマゴ?が釣れたみたいです。
写真では、はっきりした朱点が確認できません。
エリアは、アマゴ圏です。 【サイズ30㎝】
九州でも海に出る固体が稀ですが存在するみたいです。
筑後川本流開拓頑張って下さい。応援してます
  1. 2009/05/01(金) 18:15:30 |
  2. URL |
  3. at #-
  4. [ 編集 ]

atさん

はじめまして。
当ブログへのご訪問とコメントをありがとうございます。筑後川の本流鱒釣においてご関心を頂き、嬉しく思います。
大分(アマゴ圏)で朱点の無い個体、つまりサクラマスだとすると興味深いですね。春に30センチだとすると初冬に降海して間もない個体なのか、もしくは越冬を海水域で行うタイプかもしれませんね。何れにしても海と源流を鱒の生息圏としてラインで結ぶと中間の本流域に生息が無いはずが無いと僕らは考える訳です。夢や浪漫が先行してしまいがちですが、もしも釣れたら嬉しさや達成感は凄く深いものになるはずです。時間をかけてじっくりやりたいと思っていますので、これからも宜しくお願い致します。
  1. 2009/05/01(金) 20:04:53 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こちらこそ宜しくお願いいたします。
確かに夢や浪漫が先行します。私は、よく挨拶した地元の人にココは、鱒いないよ上流に行きなさいとよくと言われます。

私も時間かけじっくりと開拓したいと思います。
今月も一度は、筑後川に竿をふりに行く予定です。もしも鱒が釣れたらご報告いたします。









  1. 2009/05/01(金) 22:02:46 |
  2. URL |
  3. at #-
  4. [ 編集 ]

ルアーの系譜

ダイワで、デザインされていた方が、新たに立ち上げたメーカーが、ジップベイトですから、同じ系譜の延長線上にあっても、問題ないですよね。
  1. 2009/05/01(金) 22:51:54 |
  2. URL |
  3. 横井勇治 #5KK3/cX6
  4. [ 編集 ]

atさん

コメントありがとうございます。
僕も常日ごろ地元の人には色々言われますが、地元の人よりも川を知ってるアングラーになりたいと願っています。結果ありましたら、お伝え頂ければ幸いです。
こちらも気長にお待ちしております。
  1. 2009/05/02(土) 14:44:20 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

横井さん

ご訪問とコメントをありがとうございます。
なるほどですね。ダイワから出た方が作られているのですね。詳しい情報をありがとうございます、合点がいきました。 
  1. 2009/05/02(土) 14:47:35 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/227-e1b87c61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: