コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             OLD Daiwa  日本の釣はどこにいくのか?

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

OLD Daiwa  日本の釣はどこにいくのか?

DSC00200.jpg         昨日、近所の書店に釣雑誌を買いに出かけた。数冊手に取ってみたが買う気になれず、少しの虚しさを覚えて書店を後にした。日本の疑似餌釣は商売根性むき出しの釣具業界に操作されてるとしか思えない。

バスブームで味を占めた業界は、やれソルトだジギングだ、シーバスだエギングにメバルだと留まる事知らず、今度は管理釣り場だ渓流だサクラだと賑やかな事極まりない。

それはそれでもちろん結構な事であるし、流行に乗っていけば飽きるような事も無いだろう。

画像は大昔のダイワルアー各種、左からバルサミノー、ロビン、コネリーとなる。原型はラパラフローティング、ABUキラー、へドンリバーラントスクープもしくはABUハイローだろう。
日本製のルアーは当初コピーから始まった。というより、全ての産業が欧米諸国のコピーから始まったのではないだろうか?ルアーフッシングの文化は戦後、進駐軍が残した遺産なのかもしれない。

現在の年齢50代~いわゆる団塊の世代の諸先輩方は1970年代に最初のルアーブームを起こした。深夜TV場組や巨匠、開高健著書のフィッシュ・オンの影響が大きかったと聞いている。インターネットが無い時代は、果てしなく想像力を働かせ思いを馳せていたことだろう。

僕はその時代に強烈な憧れを感じている。というのも幼少期に見た雑誌、フッシングにはその世界が書かれていたからだ。当時は今のようにバストーナメントがメジャーでは無かったがキャスティングの競技が盛んだったり、ブラックバスが徐々に注目を集めだした時代であった。

国内ではスミスやティムコは当時から、ブランド力があり、海外の有名ルアーを輸入していたメーカーさんだった。ルアー意外の総合釣具はオリムピック、ダイワ、シマノの順ではなかっただろうか。
最近ではダイワもシマノも世界的に有名な釣具メーカーに成長して、abuが逆にダイワの真似をするくらい立場は逆転してしまった。もう後は日本独自のルアー釣を進める他は無いかもしれない。
  1. 2009/04/04(土) 00:27:29|
  2. 釣の四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<OLD Olympic 続 日本の釣はどこにいくのか?  | ホーム | フィールドリサーチ  鱸の行方>>

コメント

確かに・・・

毎度です。

確かに、その当時の釣り具業界は、
「オリムピック」「ダイワ」「シマノ」の順番で、
「リョービ」もまだ釣り具を世に出してましたね。
ダイワのいかにもバッタくさいルアーとかコーモランとかしか
勿体なくて使えなかった記憶があります。
フィールドでも、勝手なことをしていると
餌釣りの地元の「おっちゃん」に怒られたりして、
よくも悪しくもある程度の秩序やモラルが守られていたカンジでした。
段々といつの間にか無秩序状態になってしまったような・・・。

何だか、懐かしさと寂しさが混在しますね・・・。
  1. 2009/04/04(土) 15:57:58 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして!
私のブログに訪問していただいたみたいでありがとうございます。

ブログを拝見させて頂きました。
筑後川でサクラマス、すごく夢があって良いですね。
九州でサクラは夢の魚ですが、何年かに一度、室見川にサケが迷い込んで来るところを見ると、「有り得る!!」と思います。

それとリンクさせていただいても宜しいでしょうか?
  1. 2009/04/04(土) 21:48:55 |
  2. URL |
  3. booboo_ksr #-
  4. [ 編集 ]

筑紫次郎 さん

コメントありがとうございます。
仰せのとおり、昔は釣り場でのマナーやモラルはそうやって教育されていったものですね。
最近では釣り場で、間違いを叱る釣師をあまり見かけなくなりましたけれど、マナーは低下した気がします。中にはトンデモナイ人もみうけられ、釣以前の社会的道徳の部分がどうかと思う次第です。
  1. 2009/04/05(日) 22:29:17 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

booboo_ksr さん

ご訪問ありがとう御座います。
こんなブログで良ければどうぞリンクして下さい。
居るかな?居ないかな?って考えながら釣る釣もまた楽しいものです。
  1. 2009/04/05(日) 22:35:53 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

懐かしいですねぇ。写真のルアー,ワタクシも全部持ってました。
それから,雑誌フィッシングも中学生時代に良く読みました。
外房のスズキ釣り(確か磯でカラーパイプを使っていた)の記事に,強烈にインスパイアされたのを覚えています。

で,現在こんなんなっちゃった(笑)

あの頃の雑誌には,良くも悪くもロマンがありましたよね。
最近のは,ホント広告・宣伝ばっかり・・・
続々と新作が発売になるルアーのハイテク化ももう行き詰ってる感じがしますが,今後どのような方向に進むのでしょうかね。

商業主義への反逆で,ハンドメブームなんて来ないかな。
  1. 2009/04/06(月) 17:37:18 |
  2. URL |
  3. マークン #-
  4. [ 編集 ]

マークン さん

コメントありがとう御座います。
マークンさんも同じ時代に憧れつつルアーの世界にどっぷりのクチなんですね。
僕もどっぷり浸かって深みに嵌まったクチです。
僕の実家がある埼玉にも商店街に釣具屋さんが黄色いダイワの看板をあげておりまして、
しょーもないルアーが沢山並んでいました。アメリカやヨーロッパの高価な舶来モノは中々買う事ができず、子供にとって等身大である国産メーカーの個性溢れるルアー達は僕等に夢やロマンを容赦無く与えてくれました。

本ブログでは釣行記だけではなくルアー日本史にも迫ってみたいと思っています。

実はハンドメイドルアー計画は、我々の仲間達の間でも既に水面下で徐々に進行している様子です(笑) 色々な意味でブームになる前にお互い楽しみましょう!
  1. 2009/04/06(月) 22:07:31 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/220-94c1751c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。