コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             次世代ルアーの登場 

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

次世代ルアーの登場 

ラパラやボーマーやK-TENが使われていた時代も長くは続かず、やがて、アイマとかメガバスとかDUOとかジップベイツとかのメーカーが強くなりだし、徐々に僕等のタックルボックスの中身は変化していった。丁度そんな中、メガバス トリックダーター X-80が誕生した。
時は、1999~2000年頃だったと記憶している。確か、北海道標津町にある忠類川が解禁した年かその翌年頃だった。
当時メガバスというブランドは抱き合わせ商法とか抽選商法とかで釣具屋が釣師を釣るルアーであったので興味は無かったのであるが、東北地方遠征の折には地方の釣具屋でバスの連中のお土産用に購入はしていた。僕が実戦投入したのはSW(ソルトウォーター)バージョンからである。その前に使っていたのはリップレスベイトと呼ばれるメガバスの中では人気のあまり無いバイブレーションである。
生意気に重心移動の機能があり、SS S FS と同一ボディで沈下速度が異なるバージョンがある。東京湾ではこのリップレスベイトとTDバイブとラパラがあれば大抵のフィールドは攻略できたものであった。         リップレスベイト     釣り人の意思とは別に、ルアーが意思を持った様にふらつきダートする。それがX-80である。色々な意味でオートマチックである故、誰が使っても釣れる事から、SWバージョンが追加されると東京湾のボートゲーム、及びオカッパリのアングラーの間で一世風靡するまでになる。
X80.jpg 丁度その頃、旧型バルサ製ラピッド(アングラーズ・リパブリック)が欲しいという友人がいて交換したのがX-80SWであった。
その性能を試して見たくなった僕は、早速、8月前半の蒸し暑く淀んだ夜、有明ふ頭橋の橋脚裏のシェードにコイツを打ち込んだ。パッケージ裏の説明どうりに、スレきったメジャーフィールドの・・・タフコンディションの・・・と選んだ場所だった。
なるほど確かに簡単にダートするのね?と感心しているとシェードから明部に抜ける直前でいきなりのバイトである。答えは65センチのシーバスを叩き出した。誰もが狙う場所であっさり釣れてしまったのである。
この時、とうとうルアーが魚を釣る時代が来たのだと思ったものだった。
その後釣れに釣れて面白くなくなり、封印する。もちろんどうしても魚が欲しい時は使っていたが、このオートマチックルアーで釣れても僕の技量じゃない気がしていた。丁度、相反するのはラパラCD-7なんだけど、よりストラクチャーをタイトに狙いだすと、この手の勝手にダートするルアーは逆に扱い難い存在になっていった。
とはいえ、このX-80を真似たルアーも数多く出回っている事から、この当時のルアーとしては独創性が強く、唯一無二の存在であった事は、ほぼ間違いない。港湾部の釣においては1個はタックルボックスの底に忍ばせておいても損はないだろう。

あれから10年近く時は流れたのであるが、今も昔も僕は、次世代ルアーも20年前のルアーも使いこなせるアングラーになりたいと願っている。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/24(火) 01:23:10|
  2. 鱸用疑似餌針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<ZEAL マレオ | ホーム | 有明海とその源>>

コメント

私にとってメガバスとは「憧れ」と「偏見」が混じったブランドですかね・・・
私がバス釣りを始めた当時はすごい人気で欲しくても買えなかったですし、周りで誰も使ってないのに折れやすいだとか塗装がすぐ剥げるだとかウワサだけが多かったですからw
雑誌で泉和摩さんが「日本のバスアングラーはバスを探すことよりも、ルアーの良し悪しを追求する土壌に育ってしまった」って言っててなるほどと思いましたね
  1. 2009/03/25(水) 21:46:57 |
  2. URL |
  3. ホゲタツ #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。
外房の河川でシーバスを追いかけている者です。
ネットサーフィンの末にこちらに辿り着き,興味深い内容に読み耽ってしまいました。
そして,リンクの欄に,私の職場(海洋生物環境研究所)の名前があったので驚きました。
差し支えなければ,当研究所とどのようなご縁がおありなのか,教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。
  1. 2009/03/25(水) 23:17:12 |
  2. URL |
  3. マークン #-
  4. [ 編集 ]

ホゲタツさん

まいどコメントありがとう御座います。
僕も泉 和麿氏の意見に共感します。ルアーの善し悪しを追求するというのも一つ必要になるのですが、まずはフィールドありきと僕等は考えています。
ご指摘のとおり、リップ折れや塗装のハガレは頻繁に起きます。
良くも悪くも見てくれ優先のルアーですので。
  1. 2009/03/26(木) 04:04:06 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

マークンさん

ご訪問及びコメントをありがとう御座います。
まず、(財)海洋生物環境研究所のリンクに関してですが、スズキの産卵行動などの大変貴重な映像をより多くの仲間達に見て欲しいという願いから、誠に申し訳御座いませんが、当方で勝手ながら貼らせて頂いております。

勝手な振る舞い故、ご迷惑をおかけしているのであればお詫びと対応をいたします。

ただ水面から下の事実を僕等アングラーはもっと考えるべきと考えています。(財)海洋生物環境研究所様の今後の活動に期待を寄せると共に影ながら応援させて頂きます。
今後とも宜しくお願い致します。


  1. 2009/03/26(木) 04:16:13 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

(財)海洋生物環境研究所

毎度です。

(財)海洋生物環境研究所って水槽内ではあったけれど、
鱸の放卵の映像を出してくれていた所だよね・・・?

その放卵の模様はラパラのエノモト氏が編集した鱸の捕食シーンを
水中撮影した「シーバスライブ」に次ぐくらいのインパクトであり、
非常に興味深い映像だったと記憶しています。

なるほど、こうして産卵するのね・・・というカンジで
非常にわかりやすかった。
もちろん、金魚や鮒など他の魚類の産卵から推察はできても、
実際に映像と推察(想像)とは違う。

しかしながら、「鱸」と言う非常に身近な魚類でさえも
その生態の1サンプルさえも完全解明されていないこの実情は
いったいいかがなものなのでしょうか・・・?と常々思っています。
日本の水産研究は、「鮪」や「鮭」「鱒」に偏り過ぎではないのか・・・?

どこの「鱸」でもいいのですが、
その生態の解明などお願いできないものなのでしょうかね・・・?

例えば、筑後川で捕獲した有明鱸の
ここ2年の「捕獲場所」「体長」「重量」程度の200サンプルくらいならば
すぐに提供できるのですが・・・?

しかしながら、どうしてもスポーニングの時期は最終的には追跡困難になるので、
GPSのタグを打って追跡するなど研究機関の力が必要となるのです。

単なる知的好奇心なのか?対象魚への興味なのか?は微妙ですが、
最終的にはその生態も含めて解明したいという思いは
非常に強いものがありますよね!
  1. 2009/03/26(木) 05:26:40 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集 ]

Megaceryle lugubさん
筑紫次郎さん

ご返答ありがとうございました。
“迷惑”などでは全くありません。
逆に,マイナーな我が研究所HPへのリンクを業界関係サイト以外(それも大好きなルアー釣り関係の)ブログ内に発見して,たいへん嬉しく思ったしだいです。
あの映像を撮影した担当者も喜ぶことでしょう。
(なお,ウチでは,他にヒラスズキのキャッチ&リリースの影響について,飼育実験を行ったこともあります。)

スズキの生態は,ローカルな変異がかなりあるものと推察しております。
私も,釣りと研究の両面から解明したいものだと常々思っており,そのうちピンガー等を用いて河川内での動きを追跡してみたいと考えています。

今後ともよろしくお願い致します。


なお,私も友人のブログ(http://blog.livedoor.jp/jzx12012/)で時々釣行記を書いておりますので,機会があればお立ち寄り下さい。

研究的とはほど遠い内容ですが(笑)

  1. 2009/03/26(木) 07:40:42 |
  2. URL |
  3. マークン #-
  4. [ 編集 ]

マークンさん

ご理解とご回答をありがとうございます。
同じシーバスゲームを愛する者としてわかりあえる気がしていました(笑)
ブログ:風来坊 拝見させて頂きました。自作フックでのリバーゲーム。
大変参考になりました、今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2009/03/26(木) 10:14:09 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/216-26bc2269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: