コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             湖のニジマス

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

湖のニジマス

鮎の友釣が盛期になり渇水を迎える8月、僕等は高地の湖を目差す。通常であればトラウトは沈黙する季節であるが、ある条件が重なると一転し、信じられない釣果をもたらす。
その事実をを知ったのは20世紀最後の年であった。真夏に関東地方を縦断した大型台風は、暴風と豪雨をもたらし僕等のフィールドであった本流の河原を跡形もなく濁流に飲み込んだのであった。
台風の爪跡は深く、1週間後になってもその濁りは回復することはなく、週末本流でのキャンプを予定していた僕等は途方に暮れてしまったのだが、そんな時は相談して釣り場を探した。
電話でN氏がこう切り出した「こんな時は湖でスプーンでも投げるか」
僕も久々に湖もいいね~!となり、半分はヤケクソの投槍で標高1500m高地の湖を目差した。この湖の平均アベレージは20センチ~25センチ。
ある意味フライではメジャーなフィールドであるが、大型など見込めない厳しいフィールドのはずだった。午前4:00現地に到着するとしばしの仮眠をとるが、数年ぶりのフィールドに少々興奮気味の僕はなかなか眠れず、あれこれ考えているうちに夜が明けてしまった。
売店が開くと、そそくさと遊漁券を買い早速湖岸を釣歩く。この時の相方は魚野川をはじめ本流を共に戦ったN氏である。実はこの当時からみても随分前、二十歳頃になるが、僕はこのフィールドでフライをした事があった。遠投したニンフに25センチほどの綺麗なブルーバックのニジマスが2匹、僕のフライを捉えたが、他は何も当らず虚しくポイントを後にした思い出があった。
それをN氏に話しながら、水温が低いと見込めるインレットを目差した。
この時の水温は表層で22℃完全にアウトかと思うくらい温い水だったのを記憶している。案の定あたりの無いまま時間は過ぎて行ったのだが、当然餌釣もフライの方も釣れていない状況であった。
しかしである。先の台風は確実に湖水をターンオーバーさせ沖合いではライズも見られた。
「ウン。釣れるだけの活性は有る。」僕等はそう踏んだ。そうして湖のコールドスポットを探してまた歩き始めた。やがて湧き水が流れ込む小さなインレットを発見する。流れ込みの水温は9℃、湖水とのその差13℃である。そしてそのチャネル沿いに湧き水の証、ポコポコと小さい泡を発見した。
5gスプーンをキャストしていた同行N氏が言う、「ここは水が重いな」と。
そう、彼はルアーの引き抵抗で僅かな流れを感じ取る能力をもっている。早速N氏は25センチほどのアベレージをキャッチする。僕も負けるものかとキャストを繰り返すがなかなか釣る事が出来ずに時間は流れて行ったのだが、遠くを見回していると、もう少し奥のポイントの水面に異変を感じた。
あれはライズっぽいな・・・。
移動して表層用の3gを遠投。リトリーブ直後にがっちり咥えたのは40ジャストの良型だった。
そしてその直後、僕等はその場所がパラダイスであることを知る事になる。釣れば釣るほどサイズは上がり、釣れる度に爆笑しながらキャッチする。しかもすべて40センチ以上、もちろん半径一キロ以内に誰もいない。そこからの3時間程で僕の合計は13本仕留めて終了した。湖での8月、快挙である。
虹湖 後にも先にも、その台風の年だけ湖の扉は開いたのだった。もしかしたら成魚放流なのかもしれないけど、とにかく型はよく魚体も綺麗だった。
現場にいたフライマンや色々な人にそのことについて探りを入れてみたけど、知る人は皆無だった。
ただその夜、友人のフライマンに話すと彼は翌日現場に急行し50~45センチを数本キャッチした。彼曰く「聞いたポイントだけライズがあるんだよ、こんなサイズ今まで一度も聞いたことはない」と話していた。その後4~5年は通ったが、その年を上回る様な釣果に見舞われる事は無かった。何時ものアベレージ25センチの湖に戻ってしまったのである。まあ、小さい魚がいるんだから大きいのがいて然るべきなのだけど、未だに不思議でならない。フィールドには爆発的に釣れる時が必ずあると僕は信じている。そしてその瞬間にフィールドに立つことが無ければ誰もそれを知らないという事になる。今も昔もそれは変わらないのではないだろうか。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/10(火) 23:07:17|
  2. 鮭・鱒族疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<筑後川シーバス (3月) | ホーム | 遡上トラウトを求めて>>

コメント

ミンーイング・ゲーム

昨夜はお電話を頂いた後から潮が動き出し、メバルのライズが始まりました。キープは23、22、20、20弱×2、鯵×2、カサゴ20弱×1。短時間で楽しめる結果となりました。最近のパターンでは、潮が湾奥から外に向けて動き始めたときがいいようです。つまり海に向い右から左の流れですね。
積み石エリアでは、ブレイク付近でトッププラグに水面を割って飛び出してきました。ドラグを出しながらも近くまで寄せたのですが、あえなくフックアウト。23cmでもドラグは出ない設定をしておりましたので、本日一番のサイズだったと思います。逃げた魚はやはり大きかったです。
最大サイズはスロープのシャローでヒット。スロープパターンは漂流物がスロープ付近に着き始めたときがいいようです。いわゆるゴミパターン?
これまでの調査(ここ数ヶ月ですが・・・)で、対岸エリアでタカバ(マハタの幼魚)30cmサイズ、カサゴ27cm、キス30cm弱、、鯵多数、エソ多数と魚種は豊富ですね。対岸では護岸から20m付近のブレイクで、メタル系のリフト&ホールが効果的でした。カマスも確認しましたし、ヒラセイゴ、クロダイも釣れました。狭いエリアでこれだけの魚種を楽しめる場所も少ないような気がします。というか自分が他を知らないだけ!?
とりあえず、あと数回は調査し、またご報告いたします。
しかし、写真のニジマスはキレイ・・・というより美しい!ついつい美味そう・・と思ってしまうようではダメですね。渓流や湖の魚、とくにトラウト系の魚対はいつ見ても惚れ惚れします。この写真を見て思い出したのですが、小さい頃(小学生ころ?)、ヤマメの写真をみて無性に触ってみたい欲望に駆られました。やっぱり美しいんだな。
  1. 2009/03/11(水) 18:32:29 |
  2. URL |
  3. 波乗三平 #-
  4. [ 編集 ]

波乗三平さん

何時もコメント及びフィールドからのご報告をありがとう御座います。
小さな入江ですがやはり魚種が豊富で豊かな海なのですね。
僕もたまには食べる事にしています。食べることも勉強ですし、食べるのであれば持ち帰ることもいいと思います、そういった部分も含めて釣は自由であるべきなのです。
ヤマメは僕も子供の頃から憧れていた魚でした。暖かくなったらメバルのタックルで佐賀の沢に出かけてみては?
あまり釣り方もルアーも基本は変わりませんので釣り上げて是非触ってみて下さい。
  1. 2009/03/11(水) 21:07:39 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

いつにも増して大変興味深い記事ですね
「その時」にフィールドに立てる人なんてほとんどいません
相手がサカナだけに運とゆうあやふやなものに左右されるのかもしれませんが、それを呼び込む力が今までフィールドで培ってきた経験なのは間違いないと思いますね
  1. 2009/03/11(水) 22:41:49 |
  2. URL |
  3. ホゲタツ #-
  4. [ 編集 ]

ホゲタツさん

何時もコメントありがとう御座います。
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる的、当てずっぽうな釣も、
たまには本当にアタリますので、釣はやめられません。
そうしてフィールドに通う事になるのですね。
  1. 2009/03/12(木) 03:15:18 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

「その瞬間にフィールドに立つ事が・・・」
良い言葉ですね。

釣りは、やはり良いですよね。

  1. 2009/03/12(木) 23:03:53 |
  2. URL |
  3. hiraipapa #-
  4. [ 編集 ]

hiraipapaさん

何時もコメントありがとう御座います。
そのフィールドに立つ事が、家族や仕事を抱える今は、一番難しいと感じています。
  1. 2009/03/13(金) 12:34:42 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/212-c269274b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: