コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             遡上トラウトを求めて

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

遡上トラウトを求めて

子供の頃に見たニジマスやヤマメを釣りたくて、祖父に聞いた謎の鱒(サクラマス)が釣りたくて僕はトラウトの世界に突き進んで行った。そしてインターネットも普及する以前の情報といえば、釣人や地元の漁師から聞いた情報が一番有力であった。何を間違えたのか本流から始まった僕のトラウト釣りは、やがてダムや海からの遡上物を求めて東北地方を釣歩くスタイルになっていた。当時の愛車ランクル60の走行距離は年間約3万8千キロである。通勤にまったく使用していなかったことを考えると異常な走り方であったに違いない。働いた給料の全ては釣行費と釣具に注ぎ、休みになれば深夜高速を飛ばしては北陸や東北に飛んでいく。釣れても釣れなくても季節が変わる中でフィールドを変えて様々な釣をしていた。
あの当時、それをして得たものは何だろう。魚は確かに釣れた、大物でもない小物でもないそこそこのサイズをそこそこ釣って、人並み?な記録を持ち満足していたのではないだろうか。
僕が注目していたのは、サクラマス、アメマス、カラフトマス、シロサケという海から来る魚達であった。渓流に比べれば容易に大型が釣れるのと禁漁や規制、規則が厳しく釣が出来る場所は限られていたのでローカルルールで釣が可能な場所というのを探し求めていた。(キープしない釣り)
やがて下北半島の小河川でカラフトマスが釣れるという情報もそんな時期に飛び込んできた。情報元は一枚のFAX、叔父が青森の仲間から送ってもらったほんの一枚。僕はそれを見た瞬間に行くことを決意してしまう。渓流のルアーの経験も無い僕は、手当たり次第使えそうなルアーを買い漁り準備にかかる。そのまま行き着いた7月の釣行で無事、雄・雌のフレッシュランのカラフトマスをキャッチした。
下北半島                  その年の8月半ば過ぎ、台風が翌日通過するというのに竿を出し、無事に獲物をキャッチする直前のショット。この時僕はバラしてなるものか!と心の中で叫んでいた。梅雨が明けた夏の小河川は渇水しているので完全なサイトフィッシングになる。そしてこの様な写真を残してくれた釣仲間に感謝である。今では公にサケ・マスは調査目的での釣が許されているが、当時は黙認とかいう闇の釣であった。もう15年近く前なので時効ですかね?まあ全て海の魚も含め、当時はオールリリースであったが・・この直後、スカジットの皆川さんがこのカラフトマスの釣をビデオにして、その後北海道の一部がサケ・カラフトマスを解禁させ今の日本のサーモンフッシングが幕開けしたのである。もう僕はこの釣をすることはおそらく無いが、ダムや海の遡上トラウトは本流にはない魅力がある。何も居ない、小さなヤマメしかいないような渓流に突如、大型トラウトが姿を現し、小場所の大物という特殊なジャンルの釣りを僕等に与えてくれる。当時の僕の竿はUFM UEDA トラウトプラッキングGS-702である。本当に小場所の大物に適した竿である。でも、あれから15年釣りをした今の僕が行くのならもう少し違うセッティングで望むだろう、雑な釣りのわりにはフィールドが良かったから結果が出たのだと、今はわかる。

当時色々情報を下さった八戸のルアーマンの方、大変お世話になりました。本人さんは覚えていないだろけど、その方は渓流にしてはやや強めのウエダのCSⅡの6.5フィートに5ポンドラインを使われてました。そのタックルセッティングが実はすごく参考になったのです。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/05(木) 00:03:25|
  2. 鮭・鱒族疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<湖のニジマス | ホーム | 本流のトラウト ニジマス>>

コメント

このショットは・・・

まいど・・・!

本日も筑後川ではホゲリを食らってしまいました・・・(泣)

しかし、この写真はいいですね・・・!
「バラすもんか・・・!」が姿勢から滲んでるし、何より魚がいいタイミングで水面で反転してる・・・。

なかなか、狙っても出ないショットですね。

しかし、被写体 若い・・・?
説明なかったら、わかりましぇん・・・(爆)
  1. 2009/03/05(木) 03:59:31 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集 ]

筑紫次郎さん

まいどコメントありがとうがざいます。
仰るとおり、若かれし頃の僕でありますw
この時の撮影は腕のいい釣り師カメラマンです。
釣るのが目的ではなく撮るのが目的で構えてくれていました。
今夜、筑後川は出撃します。宜しくお願いします。
  1. 2009/03/05(木) 08:54:22 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

お久です。

ナイス!ショットですね。

このアングルと写真の色合い、水面を見つめながらのロッドさばきいや~緊張感が伝わります。

暫くお邪魔していなかったので、記事読み入って想像してしまいました。

しかし、年間走行38000Kは凄過ぎですよ!(驚)

  1. 2009/03/08(日) 21:21:25 |
  2. URL |
  3. hiraipapa #-
  4. [ 編集 ]

hiraipapaさん

ご訪問、ありがとう御座います。
コメントを2つも入れて下さったのですね。
ココは記事を読んで想像して頂くブログですので今後とも宜しくお願い致します。
最後に、走行距離と釣果は比例しませんので あしからずw 
  1. 2009/03/09(月) 12:28:03 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

アフターメバル

昨夜、一緒にキャストしたエリアへアフターメバル狙いに行って来ました。というよりもヒラセイゴ狙いだったのですが、地合までメバルでもと思いヒラセイゴ用に準備したプラグでキャストしたところメバルがボコボコ!これまでプラグでは釣ったことが無かったので、こんなに釣れるのかと驚きでした。いや~セイゴ狙いからこんな展開があったのかと目から鱗でした。おかげ様で楽しませていただき感謝しております。今夜は昨夜捕獲したメバルのアクアパッツアとアジフライ。エコな生活です。
ところで、たいへんいい写真ですね。男と魚が細いラインを通して真剣勝負。魚と自然へのリスペクトそして緊張感がこちらまで伝わってきます。ロケーションそしてタイミングといい、完璧ですね。
  1. 2009/03/09(月) 20:33:44 |
  2. URL |
  3. 波乗三平 #-
  4. [ 編集 ]

ところで

ブログで紹介されてた、ミノースピン?でしたか・・・ 
今日、ポイント鳥栖店にセール用ワゴンの中に、似たものがたくさん入ってました。いかいにも古いパッケージで、お値段は380円に。興味のある方はお早めにどうぞ。
但し、こちらで紹介されてるもとのまったく同じものではないと思いますので、ご注意ください。
  1. 2009/03/09(月) 20:45:00 |
  2. URL |
  3. 波乗三平 #-
  4. [ 編集 ]

波乗三平さん

コメントありがとうございます。

例の場所に行かれたのですね、ヒラセイゴは気まぐれなので居ないときは居ないですものね。

写真は以前お話した下北半島に通っていた頃のものです。
この当時海のライトゲームを始めました。

鳥栖店の情報は筑紫次郎さんからも頂きましたが、同じブルーフォックスのミノーチェイサーの様です。極小の魚を追う小魚をイミテートしたお茶目なルアーです。
そのルアーに小さい魚がヒットして、それに大型回遊魚がヒットしたら楽しいですねw
  1. 2009/03/10(火) 08:54:31 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/211-7b5fc0b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: