コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             DUO タイドミノー90

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

DUO タイドミノー90

僕の使うシンキングミノーの中でラパラCDの次に使用頻度の高いルアーがこのDUOタイドミノー90CDである。タイドミノー90                    理由は色々あるのだけど、僕は根本的に暴れるルアーが好きであり、ワイドウォブリング系の動きをドリフトで殺して流して釣る釣り方をするので流れに強いタイトローリング系のミノーの必要性をあまり感じていない。
ただしワイドの場合その比重とのバランスがモノを言うのである。あまり軽すぎるとレンジに入らないので釣り難いからだ。このDUOというメーカーなのだが当初はバスルアーのメーカーなのね?と認識していた。
まあなんとなく初めはアイの雰囲気が気に入って購入したのであるがそれが90CD鰯カラーだった。
それも8年ほど前ではないだろうか・・・確か大田区にあるバスメイト関係の方で(シーバス船)ガイド船をしていた方と僕の仲間が知人関係にあり11月の初め乗船した時である。場所は城南島という羽田空港の近くの埋立地、ポイントは城南島海浜公園の人工浜のサーフのサイドに位置するゴロタ石のシャローである。沖から岸に向ってキャストし少々リップで底を当てながらファーストリトリーブ。ゴロタシャローを抜けたところで細かくシェイク&カーブフォール。これで60センチクラスのシーバスが5連発した。同船した友人も目が点というか、僕ばかり釣れていたので少し感情的になっていた。
ガイドの○△さんにどうやって釣ってるの?と聞かれ「かくかくしかじかで・・」と伝えると「マニアックな釣り方ねぇーー」と感心されてしまった。実はボートシーバス3回目なんですとは言えなかった(笑)
その時、僕の中ではこのルアーはかなりヤバイぞと予感していた。
tideminnow90.jpg           
ここでまた解説に戻りますが、タイドミノー90㎜は同一ボディで実は数種類あります。左から90CD確か16g、最近復刻したものが90Sという名前にウエイトは忘れてます。タングステンウエイトで重心移動になり進化したのでしょうが、昔の90F(フローティング)のボディでは?と疑ってしまいます。CDはカウントダウンでSはシンキングってことですが、これも時代の流れなのでしょう・・カウントダウン釣法も今は死言?なので時代はタングステンでシンキングのSになっています。ドリフトには不向きです。理由はウエイトが固定されるまでの僅かなラグがレーンのズレを生むので。右から2番目のレッドヘッドのが90Fフローティングです。そして一番右が90SSRスーパーシャローランナーという格好のいい名前ですが河川のザラ瀬くらいしか使い道を知りません。
メーカー開発担当者が見たら泣くでしょうか?タイドミノー90CDの意外な使い方もあります。(ちなみに僕の場合こちらがメイン)実に僕は何度もこれで釣っています。そう、サクラマスに効果的です。
エピソードに戻りまして。
シーバスでの釣果は確認した翌年の三月初め、北陸は九頭竜川に向い埼玉を出て長野から大雪。北陸道はずうーっとチェーン規制だった。当時乗っていたランクルはそれでも80キロの巡航スピードのまま大雪を乗り越えて福井に到着。反対車線では5箇所でスピンによる事故を目撃した。
AM5:00夜も空けきらぬ早朝の河原、真っ白に雪。というか大雪。
ウールの靴下に5mmのネオプレーンウェーダーを履き準備にかかる、ラインは信頼のバリバス10ポンドにシュガーディープ90赤金、ロッドはこの日の為に準備したウエダのスティンガーディープ82(当時は最新モデルの初回ロット分を予約して3ヶ月待ちで前年秋に購入)タックルはバッチリでポイントに入水、北陸道下流のポイントで水中に中州状のシャローがあり対岸にはテトラ帯、中州とテトラの間は水深2m~3.5mほどだろうか・・ところどころ崩れた三角テトラがあり深々と黒々と重く鉛の様に流れていた。この時水温は4℃腰まで瀬に浸かり上からは大粒の湿った雪。その黒々とした深瀬にサクラマスが居ると信じてキャストを繰り返した。2キャストワンステップ。一歩下り二回投げる。投げては下り投げてはまた下る。
九頭竜川3月
然るべき場所にきたんだな。。と考えながら釣り下るが、強風と雪でキャストが決まらずストレスも多いので秘密BOXを開く、そこにはマールアミーゴとか、アスリートシンキングとかブルーオーシャンとかのシーバス用ルアーをこっそり入れてあった。その中で入れていたひとつのルアーに気が止まった。
そう、タイドミノー90CDである。しかもホログラムのイワシカラー。
この時の僕に迷いはあまりかった目の前のポイントに、この強風でテトラのポケットに入れるにはサクラマス用のルアーでは駄目なんだ。
チェンジして一投目、いい感じで入るね・・二投目・・・三投目・・・その先の崩れたテトラが気になっていた。だいたい崩れている前は深くなっていて釣れることが多い。そしてその場所にキャストは決まった。見事にテトラの奥に着水した。ラインスラッグを回収しルアーヘッドを下流へ向けたまま3mほどドリフトし、崩れテトラの前でテンションを掛けてターン&上にリフトした。斜め45度の角度で上に向かいながら流芯に差し掛かった瞬間、ドンッ!!とスティンガーのバットまで衝撃が走った。
全て流れが予想どうりで本音を言えば怖かった。釣れる前に釣れる気がしていた。
九頭竜川サクラマス            長年釣りと関わってきたけれど、これほど鮮明に記憶している日は他には無い。そんなところで僕のタイドミノーは特別なルアーなのである。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/12/16(火) 16:00:50|
  2. 小魚型疑似餌針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TDバイブレーション | ホーム | 通用しない釣り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/177-b74aeb0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: