コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             名機達は今(素材やオイルとかのウンチク)

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名機達は今(素材やオイルとかのウンチク)

EF.jpg
僕の部屋で静かに時を待つ名機達。アブにミッチェルにペン。全ては舶来品であり日本製ではない。
90年代日本製リールの性能は過剰なまでに良くなり今では釣り場で見かける殆どのアングラーは日本製のリールを使用しているのではないだろうか。今では当たり前になったアルミボディやマグネシュウムボディ、チタンにカーボンなどのマティリアルだが昔のリールは鋳造のアルミに塗装やアルマイト仕上げそれとABS樹脂などが多く使われていた。メインギアに真鋳、フェルトやデルリンのドラグワッシャーにエンブレムやシールの装飾。4.7:1などのハイスピードモデルという言葉も今では聞かなくなった。それも時代の流れなのかもしれないが今では明らかに必要以上に過剰にベアリングを使い貴重金属を至る所に施し信じられないくらい高価なリールがゴロゴロある。
さてベアリングだがそれは軸受けであるブロンズベアリングやボールベアリングやオープンベアリングなど耳にすることも多いと思うが金属と金属の隙間をオイルが通い摩擦を少なくしているのと対磨耗性を見出している。そしてギアーとギアーの間にはバックラッシュという隙間が存在してそこにもオイルやグリースが通っているリールにとってオイルはまさに血液である。
つまり軸受部とギアーの隙間の摩擦でリールの滑らかさは決まります。そして機能で言う滑らかな回転と耐久性、耐圧、対磨耗性が必要なのでありますね。
そしてオイルの話まで飛ぶのですが、ミネラルオイル(鉱物油)シンセオイル(科学合成油)というのがあり。粘度指数が存在して、モリブデンやテフロンなどの添加剤も存在する。因みに最高級はジェット機のエンジン軸受部に使われるエステルです。。
いつも考えることはリールをメンテナンスする上でベストな状態とは何か?ということでメーカー純正のオイルやグリースも色々ありますが僕は様々なオイルをブレンドして使っています。
それは保存なのか過酷な使用なのかでメンテナンス方法は異なるので研究すると面白いです。

そういえば先日、某有名イカ釣師にこんなことを言われました。

「どうしてそんなにマニアックなの?普段の生活で浮いてない?」と(笑)

確かに僕は知らなくていいことを知ってるかもしれないけど、釣が好きなので自然に覚えてしまっただけなのである。どこまで釣りなのか?はその人次第です。
ルアーを作ったり竿を作ったりリールを改造やメンテしたりそれが好きな人、釣るのだけが好きな人、魚が好きな人、川や海が好きな人、道具集めが好きな人、釣り場で人と話すのが好きな人とまあ色々居ますが僕の場合はそれら全て釣りに関わる全てが好きです。






  1. 2008/10/22(水) 23:22:40|
  2. 釣の道具道楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<疎水、水路での釣り | ホーム | 故郷の川>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://4551433.blog37.fc2.com/tb.php/150-93c1b0b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。