コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             2016年01月

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

九州トラウトドリーム?に近い場所

003_2016011702382597e.jpg
小さな釣堀的な管理釣り場ではなく、九州にも素敵なフィールドがある。
実はここも市営の管理釣り場、釣堀の様に沢山釣れるイメージとは少し異なり自然湖に放流をしている関東のフィールドに近い気がする。しかし放流されているのは約50cmクラスのニジマスのみ。
019_201601170243560f1.jpg
こんなフィールドには、遠投、マイクロスプーンの釣り、そしてUFMのBS-78が良く似合う。
020_20160117024617e60.jpg
早朝から日没まで投げ続けたが何故かノーバイトに終わる。
024_201601170249174d2.jpg
これだけの広さで休日4~5組であれば、釣れなくても釣れても良いフィールドだと僕は思う。
管理釣り場で釣れない、アタリも無いっていうのは、どこか屈辱的でもあり、そこが管理釣り場であることを感じさせない。
何度か足を運び良い魚に出逢いたいと思う、あとはフライが振れたら最高なのだけれどね。

嘗て地元のダム湖にトラウトフィールドとしての歴史があった。
今はそれはどこにも見当たらないけれど、此処はそういう意味で残り歴史を刻んでくれる事を祈る。






  1. 2016/01/17(日) 02:53:47|
  2. 湖用疑似餌道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

管理釣り場の楽しみ方

047_201601122358158c9.jpg
その昔、正月休みには管理釣り場というのが何故か定番になっていた。
九州に移住してからそれも何年となくしなくなり、トラウトフィッシングそのものから足が遠のく様になり、そんな恒例行事の様な釣行すら忘れてしまっていた。今年は何度か管理釣り場に行くチャンスに恵まれ、その度に真剣に釣りをしていたのだけど。
どうやら本気でミッジで釣っても釣れすぎて面白くないという事がわかり、今回はルースニングでのんびりやろうなんて考えていたけど、結局のところ際限なく釣れてしまうということに。
048_20160113000012431.jpg
今回のリールはオリムピック№500という古のリールをフライリール代わりにしているもの。
管理釣り場はお遊び程度にやるのが良いのかもしれない。

釣り人は贅沢なもので、釣れすぎても釣れなすぎても面白くないと言い出す。

今回のムートンマーカーを使ったルースニングの釣り自体は、高校生の時に覚えた釣りだから懐かしくもあり、色々な経験を積んで改めてやって見るとまた新たな発見もあり、それはそれで面白い。

マーカーに動きが出る前にフライが落ちたあたりの魚の動きを見て感覚でアワセを入れて掛けるなんていう事も、繰り返し練習出来るのは管理釣り場の良い所。

釣りを楽しむ為の難易度は自分で設定して、それを一つ一つクリアしてゆく喜びを見つけてしまった。
今後はそういう楽しみ方をしてゆこう。
  1. 2016/01/13(水) 00:15:33|
  2. 西洋式毛鉤釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新春有明海詣

011_20160103195922aa9.jpg
毎年の恒例行事の一つが有明海沿岸ライトゲームとなっている。そして主役はこのメバルである。
もう7~8年目になるのだけど、変わらずこの釣りだけは行っている。食味で釣るのではなく、ゲームとして楽しむものだけれど、仲間と並んで釣ることや道中の会話なども楽しみの一つ、本気モードで釣ることは無いけれど釣れるとやはり楽しいし夢中になってしまう。
017_2016010319592604f.jpg
少し沖目の潮を上手くトレースするとセイゴが釣れる、これも毎年同じ様なサイズが釣れてくる。普段釣りをしている筑後川でlはこのサイズが釣れる事は極めて稀であるけれど、鱸の生活史を知る上で沿岸部に幼魚が多いのは興味深い。そして身体に鏤められた黒点が有明海にいる鱸の個体群の大きな特徴でもある。
027_20160103195932685.jpg
根に付くのはタケノコメバルである、構造物をタイトに狙う事で釣れてくる魚だけれど僕には何故かよく釣れてくる。今年はなぜか?の部分を解明するのに充分な数を釣ることが出来た。
035_20160103201142629.jpg
中層を上手く潮に乗せてドリフトで狙うとメバルとシーバス、障害物に当てるとタケノコという具合に釣り分ける事も可能である。
038_20160103201148a9a.jpg
砂礫底の飛び石周りを丁寧に狙うとマハゼが遊んでくれた。実はハゼは生まれて初めて。何度も釣るチャンスはあったにも関わらず狙ったことは一度も無く今日に至る。
042_20160103201153552.jpg
そして最後はソゲ、釣り方は研究中だ。
これを釣った後に直ぐ同じ場所で掛けたが、フックを折られてサヨウナラ。。それでもこれにて五目達成。
今回の様な多様な魚種が遊んでくれる事も有明海の大きな魅力の一つ。
また近いうちに出かけてみたい釣り場の一つである。
  1. 2016/01/03(日) 20:00:04|
  2. 沿岸小物疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミッチェル409 ラチェット音の不具合修理

046_20160102023921b30.jpg
先日、友人から依頼があったリールの不具合修理、一台はカーディナルC3、もう一台はミッチェル409。
カーディナルはリアドラグの固着の修理、これは以前のオーナーが逆ネジを知らずに緩めようと強引に回した為、単なるネジの固着だけだったので10分で修理完了した。

問題はこのミッチェル409、ラチェット音が弱く、正回転でも逆回転でも鳴ってしまうという代物。
15年くらい前に、ギアの滑った408はバラバラにして、ギアのバックラッシュを調整して修理した事があるけれど、今回の依頼は正直難易度高そうな感じ。

さっそくバラバラにして原因を探る。
032_20160102030645e2f.jpg
部品は失くさないように・・紛失すれば取り返しが付かなくなる。
037_20160102025929050.jpg
原因はこの鳥の形の歯と細いバネ、バネは変形しているのと、錆びが原因と断定。
ダイヤモンドシャープナーで錆を落としてみるが・・・かなり腐食が進んでいる。
036_2016010202592729e.jpg
錆を落としバネを手で戻して調整するが良い音色が出てこない為、調整しては組み直しを3回ほどするが良い状態にはならない。
031_2016010202391411b.jpg

因みにシャープペンはバネを嵌めこむ時に使用したもの、ピンセットでも良いのだけど、ペン先に穴のある事が理由で僕はこれが使い易い。
044_2016010202392045c.jpg
確か何か持っていたはずと・・・ストックのパーツボックスに何故か忍ばせていた409用の純正パーツ。
いっそのこと新品に換えてしまえという事で、部品を探す。さすがミッチェル、細かな消耗パーツは全てこの中に入っている。
国産の高級リールではこうは行かない、このあたりがミッチェルというメーカーの素晴らしいところ。
038_2016010202391863c.jpg
さっそく組んでみると完璧。これでOK。
047.jpg
ミッチェルのラチェット音は新品のように、リズミカルな音色を奏でた。
これでまたせせらぎの中で良い時間を過ごして頂ける事でしょう。



  1. 2016/01/02(土) 03:04:41|
  2. 温故知新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あけましておめでとうございます。

040_20160102021306538.jpg
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

そんなこんなで2016年が始まりましたが、今年は何時も以上に釣りを楽しむ事に専念できそうな気がしています。
画像は愛用の1976年製 Abassader 2500C 40年目を迎え、東洋式疑似餌釣研究所も8年目に突入します。

3年程、テスターという釣具メーカー側に関わる活動もしておりましたが、諸事情あり以前のスタイルに戻り釣りを楽しむ本質の部分をより深く追求して行こうと考えています。また個人的な趣味で古道具を中心に釣りを相変わらずやっていますが、そんな釣りの色々なものをこれからも変わらず、此処で綴って行きますのでどうぞ宜しくお願い致します。
  1. 2016/01/02(土) 02:26:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: