コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             2014年11月

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここで釣りを覚えたという話

032_20141125213316b19.jpg
コイ、フナ、クチボソ、少し青臭い水の匂い。
6歳か7歳かの頃、夏休みの釣り場って言えば此処だった。
034_20141125213319093.jpg
こんな堰無かった、当時の面影は何も無いけど間違いなく此処が原点。
038_20141125213324917.jpg
ここはヘラ釣り場になってるけど、昔はバスのフィールドだった。
039.jpg
トップウォータープラグやラパラを覚えたのがこのフィールド。
040_201411252133274a5.jpg
そしてここは深いタナでのワームを覚えた。
044_2014112521415669a.jpg
ここは15歳の頃、午後からの釣りで38匹のバスを釣って天狗になった場所、今思えば何もわかっちゃいないのだが・・・
048_20141125214158ac2.jpg
ここは釣れたことよりも、泳いだ記憶が多い気がするのはなぜだろう?
052_2014112521420294e.jpg
対岸のオレンジ色の車の下、倒木があるあたり・・・あれが僕が初めてのバスを釣った場所。もちろん30年前の話。
053.jpg
もしかすると、ここがバス釣りの終点かもかしれない。
056_201411252149506d0.jpg
これ以上熱い思いでバス釣りをした記憶は無いのである、この釣り場を後にして僕の釣りは徐々に本流へと向きだす。
もうそこで竿を出す事は無いだろうから、此処に軌跡としての記録を残しておく事にした。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/25(火) 21:54:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Blog 東洋式疑似餌釣研究所の歩み

015_20141120234954c77.jpg
これまで多くの方々が此処を訪れて頂いたことは本当にありがたい事である。

実に今回で397本目の記事を書いている。

始まりは僕の釣りへの戯言を綴ったに過ぎなかったけれど。

故郷の釣り仲間達へ向けて「今はこんな釣りをしているよ」という意味で報告がてらの釣行記であったり。

そして歳月を重ねて行く中で多くの出会いやご縁があり。

大先輩から若い世代までの多くのアングラー達と知り合い語り合う事ができた。

釣りは魚を釣る遊び。

一人でもそれなりに楽しいけれど、様々な人の釣りを見たり聞いたりするのもまた楽しいもの。

その昔、自分の釣りの為になる話を沢山聞きたいというのを、常日頃から願っていた。

それには、まず誰かの為になる話を自らすることから始めたらいいというのを此処で学んだ。

得は徳を積む事で得られるものであるんだと。

この釣りを道とするならば、僕はまだ歩みだしたばかりであると思う。

今は大きな発展は無いかもしれないけれど、地道に少しづつ。

この歩みを止める事無く続けて行くつもり。

皆様、本当にありがとうございました。

これからもどうぞ宜しく。
  1. 2014/11/21(金) 00:19:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

終わりを確かめることも、始まりの一歩

またひとつ季節を駆け抜けた後の満たされて行く気持ちと。

その言葉にならない虚しさを、肌で感じるために晩秋の闇に身を置く為に、真夜中の筑後川へ車を走らせた。
026_2014110922341622b.jpg



筑後川の有明鱸達との時間はもう残されてはいないだろうけれど。

終わりを確かめるべく、向かわずには居られないものである。

そんな淡い期待と、着古したレインウエアと使い慣れた道具達と共に。

午前2時を少し回った頃、川岸を歩いた。

雨脚は強まるばかりで、フィールドは僕が釣りをすることをまるで拒むかの様だった。

この時期の釣師の心はその二つに支配されるものだと思う。

良き季節を思うとき充実感に満たされながらも、寂しさを噛み締める。

或いは、期待と不安。

本当の答えが分からないから、その答えを探す。

まだ見果てぬ夢の魚を求めて行くのがその釣りならば。

その季節の引き際も、今での経験測から言えば、出会えない事を知りつつ、ただ微かな意外性を少し。

この気持ちは少年時代感じた夏の終わりの空の切なさにも似ている。

日本には四季があり、季節の釣りがある。

魚が釣れない釣師の言い訳は浅墓であるが、自分に釣れないはずは無いという気持ちが言葉を纏い一人歩きしているのかもしれない。

シーズンは何時から始まり、何時に終わるのか。

これは永遠のテーマであるけれど、実は終わりが次の始まりだったりするもので。

川から抜けたなら、川に上るハシリを探し、残る意外性を探す。

今までも、これからも、それが僕の釣りだから仕方ない。

ここぞというチャンスも無く、魚からの反応も何も無く。

ただ静かに夜はふ深けて行く。

それでもこの大切な時間に遠慮する事も無く雨は降り続く。

夜明け前、冷え切った身体を温めながら家路に付き。

明け方ベットに転がり込む。

それでも、それも釣りだから残念だなんて思わない。

また、真冬のチャンスを探すだけである。





ゆっくりと昼前に目を覚ますとまだ雨は降っていた。

気持ちは遠く春を想い、フライを巻くべくバイスへ向かう。
094.jpg

この先はどんな釣りが待っているのだろう。

春の渓流を夢見ながら、一つ一つ丁寧に巻いて行く。

僕は鱸釣りだけをする釣師ではないから、季節毎にいろいろな魚たちと遊ぶ。 

一年を通して、海での釣りは少ないけれど、それも嫌いでは無い。

それでもどちらかといえば、淡水が好きだと思う。

相変わらず一人で向かう釣りは淡水魚かもしれない。

それでも、今後は仲間たちと釣りをする機会を徐々に設けたいと考えている。

釣りにおける個性は明確にあるから、自分と同じ釣りをする人などは稀にしか居ない。

出会えたとしたらそれも奇跡と呼んで良いかもしれない。

シーズンの終わりだと線を引くもの自分次第。

シーズンの始まりだと準備を始めるのもまた自分次第。

何をしたいのか?が決まったその日からそこに向かうだけである。

フィールド、魚、そして仲間達へ。

出逢えたことにありがとう。

  1. 2014/11/09(日) 22:35:37|
  2. 嗚呼、釣り人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。