コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             2012年10月

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年秋、オイカワのフライフィッシングのススメ 

この釣りを楽しむ為に、まずは釣りを魚を知ることから始めたい。
既にご存知の方も多いと思うが、オイカワは東北以南の日本列島に広く分布する、在来種である。
体長は概ね10cm前後、ハヤ、ハエ、シラハエ、ヤマベと地方名は色々あるが、鮎と並び清流の象徴的な魚である。初夏になると、オスは綺麗な婚姻色を強く発して、瀬にて産卵行動をし、群を形成して泳いでいる。オイカワの仲間には、カワムツ、ヌマムツ、魚食性のハスなどがある。

水温の適応力は強く6℃~25℃くらいまで活発に泳ぐので、川が氷結か、瀬切れでもしない限り、周年釣る事が出来る魚だ。

オイカワの食性は雑食性、小さなユスリカなどの水棲昆虫類が主な餌となるゆえ、釣りとしては毛鉤で釣ることが可能な魚なのである。

餌釣りでのオイカワ釣りは数釣りの競技などもあったりして、数を釣る事が目的の釣りだったりもするのだが、練り餌、サシ餌、川虫、毛鉤、ビーズなど色々なもので釣る事が出来る。勿論大型のサイズ15cmクラスになるとルアーで釣れたりする。

さて、その中で一匹を大事に釣り、より楽しむ為に、僕はフライフィッシングを選ぶ。
そもそも、日本古来のこの魚が、フライフィッシングの対象魚として雑誌などで紹介されたのは、今から25年近く前の事であるが、淡水域で釣りを覚えた者には、その存在が身近であるが故に、一見、見落とされてしまう対象魚かもしれない。

実はその釣りの趣、案外奥が深く、ファンは全国各地に存在する。

オイカワのフライフィッシングは、釣に必要な繊細さを磨き、流れの釣りの基本を再確認する為には、最適なカテゴリーだと思う。

オイカワ
IMGP1210.jpg
ヌマムツ
ヌマムツ
カワムツ
カワムツ♂

オイカワの見切り、針の吐き出しの速度は、0.1秒、だから釣った分だけ効果が出る。

それは、僕の知る限り、どんなゲームフィッシュよりも速い、当然、目に見てわかるアタリがあってからアワセをしても掛かる事は無い。確りラインから、リーダー、ティペットまで真直ぐにキャストしなければ、ドライフライでは釣れない。

プロボクサーは、相手のパンチを予測して避けるという。
サッカーのゴールキーパーもどちらにボールが来るのかを予測して左右いずれかに飛び出すという。

オイカワ釣りでは、この動体予測を使いアワセを入れる。

アタリが出ると予測してアワセを入れる。
言葉で言えば、神業に近いが、トーレーニングをすれば誰でも出来る。

動体予測を、フライでのオイカワ釣り以上に、トレーニングできる釣りを僕は知らない。

僕の反応スピードは自動車教習所で図ったら0.8秒だったから、アワセるまでに8回は見切り吐き出しをされる計算になる(笑)
やはり、オイカワだって、小魚だって、魚類は偉大だ。

本来は年間を通してシーバスやマスなどの比較的大型の魚を狙う事も多いが、そんな釣りの本当の大勝負は年に数回の事であり、何時もそんな釣ばかりしているわけではない。

年に数回しかチャンスの無い大事な勝負に、基本的なミスをしない為のトレーニングを色々な意味で大切と考え、この釣りを続けている。

大物狙いの釣りはスケールの大きな釣りになるかと思うが、時にそれだけでは仕留める事の出来ない繊細な一面を兼ね備えている事を、経験を積んだアングラーほど理解をされているかと思う。

魚を探して、丁寧に釣ること。


釣りは、毎釣行、経験地を0にリセットされる、過去にどんな経験があろうが、今日というコンディションは唯一無二なのだ。

無の状態から、一匹に出会うためには、それなりに状況判断をしつつ、足で稼ぐ必要がある。

釣りだけを見れば、繊細さを磨く釣りがオイカワの釣りであるが、オイカワも河川の中で大きく移動を繰り返している。

昨日の群れは、翌日は全く居ないなんて事は良くある事。

釣りに一番大切なものをこの釣りは僕に教えてくれた。実際、オイカワを上手に釣れる様に成ると、どんな釣りをしてもアワセ切れが無くなる。僕の釣行日数は多くは無いから、ある意味、少ないチャンスで結果を出さないと、そのシーズン何も釣れずに終ってしまうことに成る。

どんな釣りでも必要な要素がこの小さなターゲットには詰まっている。
釣りの組み立て方、やりとりが上手くなるから、色々な釣りで、キャッチ率が向上するかもしれない。


実際のフィールド。
こんな水路でもオイカワは生息している。
DSC01205.jpg
清流、美しき日本の川。
画像 018
僕はこんな流れが好みである。

まず、ライズを見つけたら直ぐに近づかず、遠くから距離をおいて徐々に近づく事。
神経質で敏感なオイカワの群れは危険を察知するとすぐに逃げます。



■参考タックル
IMGP1188.jpg
ロッド:テンリュウ ザ・オイカワ、7ft、1・2番
このジャンルの専用品は少ないかもしれない。過去発売されたものには、UFMウエダのオイカワスペシャル、同オイカワロイヤルなどもある。過去にはウエダも使ったが、現在はテンリュウ。しなやかで短く取り回しも楽、それでいてオイカワのアタリを弾かない、良く出来た竿である、因みに現在は売られていない。僕はテップのガイドを重めのものへ交換して少しダルな竿に味付けをしている。渓流用の7fクラスの2番程度のロッドであれば、何を使っても釣ることに関して問題は無い。

リール:アキスコ エアライト 34
何となく安かったので12年くらい前に購入。

ライン:3M、DT-2(#1でもOK)

リーダー:7x 7.5f (元を30cmカット)

ティペット:7xまたは8x

フック:#18~#26(ドライ・ウエット)

■10月の釣行 1日目
IMGP1195.jpg
当日使用のフライ、CDCの#20 夏から秋のシーズンはグリーン系の色が良い。
IMGP1189.jpg

この日の釣行時間は、1時間程度、約10匹のオイカワ、ハスの稚魚が遊んでくれた。
IMGP1194.jpg
小春日和とは云ったものの、この時期は大抵風が吹いている。
トラブルの無いキャスティングをマスターしなければ、釣りにも成らない。

■10月の釣行 2日目
IMGP1207.jpg
少し川らしい場所へ、自宅から10分ほど 遠征。
IMGP1204.jpg
曇天なこんな日は、日中から高活性。
IMGP1201.jpg
ワンキャスト、ワンヒット。
IMGP1216.jpg
良い型も少し混じりながら。
IMGP1208.jpg
流れの緩い場所を流せばカワムツもヒットする。
この日は3時間で30匹ほどを釣った。

オイカワの仲間は、深さや流速でちゃんと棲み分けをしている。
そんな付き場を探すのもこの釣りの面白いところ。

僕にとってのオイカワ釣りは、身近な季節を楽しむ釣りでもある。
IMGP1217.jpg

釣りに行く時間が無い時、釣りのリズムが崩れて調子が出ない時。
そんな時は、小さな好敵手と遊ぶのが一番。

僕は、シンプルで難しいオイカワ釣りが単純に好き。

小春日和の秋の日になると、何故かこの釣りがしたくなる。

お手持ちの道具で、拘りの道具で、気軽に楽しめる、夢中になれる。

小さな魚にも、情熱を忘れない釣師でいたい。
スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/10/23(火) 02:09:22|
  2. 追河毛鉤釣 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

筑後川シーバス釣行 10月 河の扉が開いた日。

有明鱸のフィールド「筑後川の秋」

潮汐差5m以上の特異な海域である有明海、僅か4~5時間ほどで大量の水は姿を消し、広大な干潟が現れる。
その大きな潮流に引き込まれ、満潮時の穏やかな流れは一変して激流と化し、一筋縄では行かない難攻不落のフィールドがある。

日本三大河川のひとつ、筑後川である。

そこに棲む鱸の事を、僕等は、筑後川の「有明鱸」と呼ぶ。

有明海の生態系は多様性に富み、氷河期に切り取られた独特の環境の中で、僕等のターゲットである、有明鱸(有明海産スズキ)が、太古の昔から命を繋ぎ続け生息している。

此処で育つ鱸達の主なるベイトも、アリアケヒメシラウオ、アリアケシラウオ、クルメサヨリ、エツなど、他の地域には生息しない魚種が多い。
日本一の潮汐差、それに極端に濁度が強く、塩分濃度の低いフィールドでは、他のフィールドの常識は通用しない。
とはいえ、有明鱸に巡り会う為に、この釣りの基本である、魚を探す事、捕食されるベイトを特定して釣りを組み立てるプロセスが最重要課題である事は間違いない。

僕は、関東の大河、利根川淡水域で鱸釣りのいろはを覚えた。
10月上旬ともなれば、全国的にはいわゆる「落ち鮎パターン」の季節に突入している。
鮎が産卵行動をする季節、月明かりの瀬で、太くてボリュームのある12~14cmクラスのルアーで表層を流す釣りである。

落ち鮎
瀬の中で「仮死状態で流れてくる、大きなベイトを捕食するスズキを狙う」それが秋の定番だった。

筑後川の秋、複数の複合的なベイトが存在する中でパターンを仮に絞るなら「エツ稚魚パターン」である。

エツ稚魚は3~6cm、平べったいイワシの仲間、エツの稚魚が秋のメインベイトの可能性が濃厚である、梅雨時期にエツの成魚が大群で押寄せ、産卵。夏に生まれた稚魚は秋までにすくすくと育ち、10月末には稚魚の群れの大半は有明海へと出てしまう。
エツ
参考画像(数年前の秋のもの)

秋、海に下る、大量のエツ稚魚、河川に入り込んだ鱸はそれを追って、徐々に河川から抜けて行く、それと同時に初冬を迎えるから、有明海の何処かの海域で、鱸達は産卵行動に入るのものだと僕等は考えている。

産卵前の秋の荒食いと大量のエツ稚魚、海へ落ちる鱸の群れ、キーワードが揃ったら、あとは実際のフィールドに向かうだけである。
有明海に落ちる秋の有明鱸、その足は以外と早く、一潮毎にその数や存在を消して行く事が多い。

それは、釣行のタイミングが重要となる事を意味している。




「何処かにその群れは存在している・・それは何処か?」

筑後川の汽水域と感潮域(塩分濃度は低く淡水に近いが潮汐の影響を受ける河川下流部)には、毎年、エツ稚魚の群が集結するエリアがある。
まずは、鱸を釣る為のポイント選択を考る上で、最も重要なのは、捕食対象となる、ベイトフィッシュが集まる場所を探し当てる事。

当然、大勢のアングラーが押寄せるメジャーなフィールドとは違い、過去の確かな実績など存在しないローカルのエリアでは、自ら一つ一つヒントになるパズルを拾い集め、足で稼ぐ以外に近道は無い。

「新規ポイント開拓」をするのには大変な労力を伴う、10回に1くらいは成果があるが、後は答えが見つからないまま終る事が大半である。
釣れるか釣れないかわからない、釣果に確約など無いのが当たり前、それを無駄な事と頭ごなしに決め付けていては真実に巡り会うチャンスさえも無い。

それでも、このフィールドの真実を知りたい。釣れたって釣れなくたって良い。その「好奇心」に突き動かされる様に僕等は、釣場へ通った。
実際に、その全体像からすれば、僅かな一片に過ぎない事ですら、発見までには、僕と仲間達との共同作業で歩き釣り続け、数年を要した。

そして、そんな開拓を繰り返していたある秋、僕等、仲間達は「衝撃的な状況」を体験してしまう、普段のセンシティブで難攻不落の沈黙のフィールドは、時に鱸の大群が押寄せ、連発に連発を生み、その釣果も二桁越えの釣堀状態に成っていたのである。

もちろん、そんな状況は年に一度、いや数年に一度、遭遇出来るかできないかの確率かもしれない。
刻々とシーズンが変化して行く中で、毎年何処かで、いや、今夜も何処かの流れでその状況はあると言える。

どんなに釣れない時期、難しい季節も、そんな良い状態を味わった事があるから、何時かの釣果、結果を信じて耐えて行ける、それが「釣れない」この釣りで唯一報われる一時、それが一番の喜びであると知ってしまったからである。

誰もが諦めてしまう事を投げ出さず続けた先で、誰も信じないような状況に出会えるのが開拓の醍醐味かもしれない。




「果たしてそのチャンスを掴む事が出来るか?」

日中は多忙な家事?をテキパキとこなし、嫁からの出撃許可を手にする・・・実はこれが一番重要な釣るためのファクター(爆)
10月上旬の九州地方は正に秋真っ只中、夜になると少々肌寒い。先日までの薄着ではなく、日中の掃除ついでにタンスから冬着を調達。

21時、長袖、厚手のシャツを着込み、期待を胸に車に乗り込む。

「今夜、出撃!」を仲間の筑紫次郎氏「Blog:筑後川有明鱸(シーバス)通信」に連絡を入れる。
「今、現場!(爆)」と返事。

またしても・・先を越されてしまった、しかし、狙いは一致して今夜も合流と相成った。

ポイントに到着して、支度を済ませると、僕よりも1時間前に開始した筑紫次郎氏がキャスト?では無くランディング体勢。
「どう?」聞けば「もう二桁掛けたよ?ランディング任せた」と、まる投げ(笑)

どうやらランディングに疲れるほどこの一時間で釣ったらしい・・・・

ロッドを振る前に、この御仁が掛けた魚をランディングって前にもした事があるような。。

まあ、いいやと・・・中型サイズ(人の釣った)をキャッチ。

僕の「もしかして、今夜はXデー??」との問いに、筑紫次郎氏の「わんさかおるね?」との返事。
「河の扉が開く日」というのは、正にこの状況の事である。

とはいえ、先行で二桁の魚が反応したとなると、後手の釣りには丁寧さとイレギュラーさ加減が必要になる。
どんな状況でもまずは、手前の表層から、フローティングミノーできっちり流すがセオリー。

しかし予想どおり、ノーバイト。

表層狙いのシンペンに変えて様々なコースを試すが、これも「吉」と出ない。

秋の定番、ヨレヨレにルアーを変えて徐々に沖の核心部へ投入を開始する。

気合のロングキャスト、糸ふけを回収して流し込む。

この角度、この流れ。

ヒットゾーンに入ったら、レンジを落とし始めて、再びリフトした瞬間、「カキン!」と金属的なアタリ!

直後、沖の水面が割れる。
強引に寄せにかかるが、最後の足元で抵抗を見せる。

僕:「久々の魚なので、最後に定番のバラシでも良いですか?」と筑紫次郎氏に合図を送るが・・(笑)

筑紫次郎氏:「いいえ、だめです、そんな人は今すぐ帰ってください!」とキツイ一言をもらい気合を入れてラインデング。
IMGP1227 54cm
53cm 小型ながらも 秋の体型。

撮影後、御協賛ありがとうございましたと、鱸にお礼を言いつつ・・優しくリリース、スゥーっと暗闇の流れに帰って行った。


そしてここでルアーチェンジ、2匹目狙いはワゴンセールの198円ジグミノーにチェンジ。
18gの70mmだから、ヨレヨレよりも少し下のレンジ、少し遠くの流れを探る事が出来る。

投げる度、ドリフト中に鈍い当たりが続くが乗せきれず、緩いリフトフォールを仕掛けてみる。

直後。

「カカカカッ!」と頭を振るアタリ、直後「チチッ」とドラグが滑る。
「よっしゃ!のった!」と思わず声が出る。

しかし、魚は50m沖、重厚な流芯の流れに乗った魚に下流へ突進され、ラインはどんどん出てゆく。
潜行板のように身体に流れを当てながら、深く魚は沈んで行く。

グリップのすぐ上からバットが曲がり、寄せる事が出来ず、リールが巻けない。
10cmでも、5cmでもいい負ける時には巻くを繰り返す。

隣の方から「遊んでないで、はやくランディングしてください~」と野次が飛ぶが・・・

この状態で寄せるのは無理(爆)

不覚にも、何時もより1~2ランクほどライトなタックルをセットしてしまった事に後悔するが、ここで鱸は頭を上流に向けて河を上りだした。
サイドからプレッシャーを掛け付け、ランディング体勢に入ろうとしたときに、最後の抵抗か、派手なジャンプを見せる。
浅瀬に誘導して無事ランディング。
IMGP123 75cmcm
74cm 背中の盛り上がり、太いボディは秋の有明鱸。
70cm台とは思えないパワー、ファイターだった。

パターンとしてはレンジは1m以下、その流れをドリフト&○△をするとバイトするといった状態。
潮が下げきるまであと一時間、弱くなった下げの残る潮へキャストを続ける。

その後、ドリフト&リフトで
IMGP1238 65cm
黄色い胸鰭の65cm

続いてドリフト&抜きフォールで

IMGP1243 65cm
少し、尾鰭の付根に奇形のある65cm

最後、ドリフト&トゥイッチングで

IMGP1250 75cm
本日の最大魚、75cm 尾鰭の尖った綺麗な個体だったが、重量は先ほどの74cmより軽い。



その後、しばし沈黙、「河の扉」は、静かに閉じた模様。

空しい時間が過ぎてゆくが、本来、この状態が普通であり、さっきの出来事は夢に思えてならない。
徐々に下げ潮は終息に向かい、潮どまりを迎えんとする頃。。

ドリフト&大きなリフト&フォールで


コツ・・??(ちゃんとアタリがありました)

IMGP1258.jpg
特別ゲスト!珍客の鰻を捕獲。

鰻は上潮に乗って河川に入ってくる魚との事、それは完全に下げ潮が終了した事を意味している。
これが終わりの合図となり終了した。

今回は、短時間で5本という釣果、僕の年数回という、極端に少ない釣行日数からすれば、大変満足の行く結果となった。
良き魚、良きフィールドと大切な仲間に感謝である。

ここ筑後川では、全国的には少し早い10月下旬にはそのピークを終えるが、その後も初冬にかけて、残留する有明鱸は狙うことが出来る。
釣場は滑りやすいテトラ、傾斜のキツイ護岸、何も無い自然のままの足場の悪い場所も多く、転倒や落水の危険もあるので、足元を固め、ライジャケの着用、単独釣行を控える事をお勧めする。安全と寒さへの対策をしっかりして望みたい。

IMGP1261.jpg
■参考タックルデータ
ROD:UFM UEDA CPS 862EX-ti
REEL:Daiwa 3012H
LINE:PE #1.2 
LEADER:20LB

■釣行日時・場所
平成24年10月11日 22時~24時 長潮 (下げ) 
佐賀県~福岡県 筑後川下流域

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/10/17(水) 01:57:49|
  2. 本流・鱸疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。