コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             2011年10月

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

筑後川水系オイカワ釣行 10月 黄昏の一時。

10月の終わりに、夕暮れのオイカワが釣りたくて小川へ向った。
秋の空というより、それは冷たい北風の吹く晩秋の空である。

生き物達の息吹が溢れるばかりの夏の面影は何処にも見当たらない。
IMGP0776.jpg
季節は晩秋に近づき、秋桜が満開である。
IMGP0784.jpg
今回は夏に訪れた小さな流れ込み付近を再度釣る事にした。
IMGP0782.jpg
北の風が少し強い時はこの小川が風除けになり、何とか釣りになる。
IMGP0766.jpg
ドライでの反応は無し、ウエットをやや沈めてターンさせるとコツコツとアタリが出る。
ワンキャスト、ワンバイトの入れ食い状態で釣れ続く。いったいどれだけの魚が居るのだろう。
IMGP0768.jpg
婚姻色は薄くなり秋色のオイカワ。
IMGP0772.jpg
幅広の大型、グングンと良く走り竿を曲げ楽しませてくれる。
IMGP0781.jpg
ここはカワムツとの混生域、流れの速い場所はオイカワ、少し深い緩めの場所はカワムツと交互に釣れてくる。
IMGP0777.jpg
遠くに脊振山を望む、夕日はこの先の佐賀平野を超えて有明海に沈む。
IMGP0783.jpg
季節はゆっくりと確実に冬へ向う事だろう。

無風の夕暮れにライズを楽しみたいのであるが、中々条件は合わないみたいである。
理想と現実はまるで違うが結局は夢中になってしまった。

次回はもう一つ隣の小川へ出かけてみたいと思う。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/25(火) 19:47:17|
  2. 追河毛鉤釣 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

筑後川水系オイカワ釣行 10月 出勤前、それでも釣りに。

このところの筑後地方は雨が多くなってきた。
一雨来る度に寒くなり、やがて冬になるのだが、この秋の雨が呼び水となり本流からオイカワの群れを連れてくる。

先日、数年ぶりにフライラインを新調した。今となっては旧タイプのウルトラ3 DTの#2である 当時は6000円くらいしてた記憶があるが、中古釣具屋で新品が2000円で売っていた。以前も同じ銘柄だったのを記憶しているから2001年の冬に購入したラインをそのまま使ってるので彼是10年使い続けた事になる。

ラインを新しくしたら当然投げてみたくなって出勤前にほんの少し竿を振ることにした。
軽いスイングでスルスルっとラインが伸びてキャスティングが上手になったのか?と錯覚するが・・ラインが新しいだけである。
IMGP0759.jpg
今日は釣れなくてもいいやと軽い気持ちでの釣行のはずだったのだか。
今年一番の魚のストック量である、一面ライズしかも良いサイズばかりである。
一匹出たら止めようなんて考えてたのであるが、気が付けば夢中になり本気モードに。
IMGP0760.jpg
こんなサイズがパシャ!ギラ!ツンツン!と何度もフライに出てくる。
あれよあれよと10匹以上釣れてしまい、僅か15分で終了した。

今日は釣るぞ!狙ってくると強風に濁りに何時も悪い事ばかり。

少し様子見てみようか?なんて日に大当たりするのが釣の面白い所かもしれない。

新しいラインで出勤前に釣りに行く。

それは、凄く贅沢な事に感じる。

毎年寒くなると、何故かこの釣がをしたくなる。
次回は秋の夕焼けの中、雨の様なライズを楽しみたいと思う。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/23(日) 00:50:28|
  2. 追河毛鉤釣 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

筑後川シーバス釣行 10月 CD9よ再び。

10月、筑後川では有明海へ鱸が落ち出す時期である。
産卵なのか、ベイトに付いて行くのかはわからないがこの時期にを境に水中の生物全体が海に帰って行く時期であるのだが。
アリアケシラウオ、エツ稚魚、柊稚魚、イナ、テナガエビなどがこの時期の有明鱸のベイトと成り得る生物であるが、明確にこれだ!という絞込みは中々困難である。

さて、Tシャツで汗をかきながらブンブンロッドを振り回してした時期は過ぎ去り何時の間にか秋も深まり夜間は肌寒さすら感じる様になった。少しブランクも空いたので、何時もよりも少し早い午後10時に自宅を出発して筑後川に向う。

ハンドルを握りながら見た車の外気温計は14℃を差していた。
「そうか、そんな時期になったのか・・」思わず独り言を呟く。

ポイントに到着するとそこには晩秋というよりは初冬の静けさという言葉が似合う情景である。
何か盛期を終えた寂しさと、こらからやって来る冬の気配に「今夜を何とかしなければ・・」という意気込みが強くなる。

今夜は小潮、0時すぎに満潮を迎える。
考えられる全てのレンジ、コース、ルアー、アプローチを試す事2時間。
キャストも申し分無し、潮も良い感じで流速差を生み出しポイントを形成している。
これだけの状況にも関わらず、そして魚からの反応は全く何も無しである。

前半戦は完全な惨敗、予想は秋のハイシーズンを想像していただけに残念である。

さあ、どう獲りますか?・・・となるが、一旦車に戻り小休止する事にした。

そこで携帯で昨年のデーター(釣ログ・ブログ)を読み出した。こういう時に釣行記(釣行データ)が役立つ。
やはり、昨年の今時期はハズレ無しである。でも今年は概ね2週間進んでる。

10分ほど休憩のあとポイントをランガンで再度アプローチ。撃っては移動、撃っては移動。
流速はどこも最高である、小潮といえど秋の小潮は潮もそこそこ動く、良い感じの場所がアチコチに存在している。

なぜに釣れないのか?

この状況でなぜ・・・

それは「居ないのか?」「釣りきれないのか?」

釣れない時は基本に戻す事が一番だと考えた。
バイブレーションとシンキングミノー。

これが僕が筑後川を始めた頃のルアーである。
そして沖で違和感。

何と今投げてるルアーと同じルアーが釣れてきた(笑)
これで今年二回目である。それは運が良いのか悪いのか。

それだけ皆が使うルアーと同じ物を投げているって事なのだろう。

釣れて来たルアーに鱸の歯型がくっきり付いてるのが気に入らないので今夜はこのルアーで釣る事にした。
そして待望のバイト!
IMGP0748.jpg
小さいけど、シーズンが終らなくて良かった。

この時点で午前3時。

帰っても良いのだが、そこから詰めるのも僕の釣。
別の場所で最後の勝負にでた。


今夜のテーマは。

「シンキングミノーのドリフトで釣りたい」

昔の定番、今は誰も見向きもしないルアーのひとつ。
ラパラCD-9である。

IMGP0753.jpg
河川の下げ潮、ドリフトで使う時はフックにコイルオモリを巻きつけて使う。
カラーは大好きなFT(ファイヤータイガー)である。このバスプラグみたいな色で釣れるのが良い。

使い方には流儀がある。
まず、キャスト後カウントダウンする。321でも1234・・・でも良い。(カウントしないと入魂されぬ。)
何故かってシンキングラパラではなく、カウントダウンラパラですから。

ドリフト中はテンションをあまりかけずに張らず緩めずですぃーっと流す。(ブルブルとさせては成らぬ。)
此処だと思うところでチョンチョンとラインだけを揺らす。(ラインを張ってロッドを曲げては成らぬ。)

IMGP0757.jpg
すぃーっ。。チョン、チョン、で「カツンッ!」とアタリが出て直後に鰓荒いをしてくれた45cmほどの個体。

やはり何度やっても何十年やっても面白い釣りは面白い。

今シーズンも残りがカウントダウン状態であるが、更に自分の釣に磨きをかけて行きたいと思う。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/19(水) 14:46:49|
  2. 本流・鱸疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

筑後川水系フライフィッシング フナに始まる。

「釣りはフナに始まりフナに終る」という言葉がある。
永年、毛鉤やルアーでの疑似餌釣をしてきてマブナを釣った事はあるにはあるが、狙って釣れるのか?と問われれば、そこは疑問である。約2年ほど前からその釣り方を考えていたのだが、本日ある答えが見つかった。

強風の為、オイカワ釣りを諦め、市街地から流れるある川へ向う、写真で見ると意外と綺麗な川に見えるが・・・・
筑後川本流へ流れ込む河川で、ここは感潮域である、干潮時間に近い為水深は30cm~1m前後と浅いので長靴で沈み中州へ渡る。

今回は#6タックル、20~30ヤードのロングキャストも時には楽しい。
IMGP0740.jpg
鼻を突くような臭気漂う排水が流れ込む。
IMGP0738.jpg
汚い場所で釣るのは趣味ではないが、そんな場所には未開拓のポイントが無限に広がっている。
本当はコイかボラが釣りたかったのだけれど。
IMGP0734.jpg
マブナ!
IMGP0735.jpg
しかも、しっかりフライを食っている。パターンは排水口1号(仮名)の#10、ティペットも4Xなので安心。
水中のまま撮影してリリースすると流心に帰って行った。

もう釣った事のある人からすれば、フライでマブナが釣れる事は珍しく無いかもしれないが久々の大発見に満足出来た。これを最後に潮が止まり、水位がさがり、魚も薄くなったのでフィールドを後にした。

こうして始まった、「フナのフライフィッシング」これが確立できたらどんなに楽しいのだろう。
この冬の楽しみが出来た。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/04(火) 18:33:23|
  2. 淡水毛鉤釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

さらば友よ。

1987.jpg
今日は彼の命日。

僕にとっては特別な日。

あの記憶から21年という月日は流れた。

悲しいけど少しづつ記憶は風化して行く。

悔しいけど少しづつあの日は美化されて行く。

もう見えない背中を追いかけるのには疲れ果てた。

見えないその軌跡を辿る事などできない。

ここからは僕は僕の道を進む事にする。

ほんの少しだけ先を行くから見守っていてくれよ。

そこに辿り着けたら。

何時の日かあの場所で釣りをしよう。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/01(土) 23:23:11|
  2. 嗚呼、釣り人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: