コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             2011年06月

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

本流ヤマメ釣行 6月 ダム遡上を狙え。

このところの九州筑後地方は大雨。自宅前の筑後川も濁流が物凄い勢いで流れている。
こんな時、ある場所が気になる。数年前の初夏、渓流釣りの帰りに立ち寄ったダムの流れ込みにて30cmほどの銀化ヤマメを仕留めた事がある。雨後の増水、そしてこの蒸し暑さ。もしかしたらチャンスかもしれない。
IMGP0505.jpg
今日の天気は曇りのち晴れ、夕マズメまでは出来ないとしても日中の僅かなタイミングでいけるか?
IMGP0500.jpg
事前にチェックはしてなかったが、たいぶ減水している。瀬の中にいれば・・と準備に取り掛かる。
IMGP0507.jpg
完全にダウンクロスで狙うつもりなのでベイトタックルを持ち込んだ。
UFM SPC-602W&ABUAmbassadeur1500Cに今回は6lbライン。7cm中心にシンキングミノー各種。
IMGP0490.jpg
非常に重い流れに足元を何度か掬われ転倒しかかるが、根性でこの荒瀬を釣り下る。
これでヤマメでもマスでも釣れるのなら最高のシチュエーションである。
IMGP0492.jpg
最初に釣れたのはハス。サクラは居ないのか・・
IMGP0484.jpg
こんなサイズがこの瀬から連発する。
IMGP0493.jpg
婚姻色を纏い、果敢にルアーにアタックする様は素晴らしいのだが。
IMGP0499.jpg
サクラは咲かず、追星の出たハスが今回の主役だった。
IMGP0506.jpg
また何時か、あの日のマスに逢いたい。
僕はきっとこの流れに、仲間とつり歩いた故郷の本流を見ていたのだろう。
しかし此処は九州。これも現実、受け入れるしかない。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/13(月) 23:07:04|
  2. 鮭・鱒族疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

筑後川水系 渓流釣行 6月 初夏のミノーイング。

渓流で釣りをしたのは、どれくらい前の事だろう。
この春こそはと毎年思うのだが、色々な用事で流れてしまい諦めかけていたのだが、今日の午後、奇跡的に3時間だけ時間が出来た。
向ったのは最寄の渓流、車で約40分、山道を駆け上がるとヤマメの棲む里川がある。
今回は逢えるだろうか?
期待に胸を弾ませ随分草臥れたウェーディングシューズの靴紐を締め直す。
IMGP0479.jpg
照付ける日差しは、初夏のそのものだった。
梅雨の中休み、平水に戻る前の一瞬のチャンスといえば大袈裟だが、実際はヤマメに触れたい、逢いたいちという想いのほうが今回はメインである。
IMGP0478.jpg
棚田の田植えも終わり、少し蒸し暑い空気が漂う午後だった。
IMGP0474.jpg
今回の相棒は、UFMのCSⅡ552&ミッチェル408、何時のものだが知らない古のナイロンラインが巻いてある。
渓流で使うのは精々10m、毎回5m詰めても15回くらいの釣行は出来る。
昔は毎回が勝負だったから新品をどんどん買い換えたものだが、使えるものは使えなくなるまで使うのが経済的だと思う。
IMGP0476.jpg
流心に岩。この前に付くような理想的な魚が居る筈もなく、数度のバラシとのせきれないチェイスに手を焼くが、それも仕方ない事、随分この釣りから離れているからそう甘くは無いものである。
IMGP0473.jpg
どうせカワムツだろう?と寄せてみたらそこにはパーマークが。
IMGP0467.jpg
黄金色の夏ヤマメに暫し見とれていた。
満足である、やっと逢えた。
IMGP0475.jpg
花に舞うアオアゲハ蝶を見ながら、初夏の渓を後にした。
また何時か。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/08(水) 18:18:45|
  2. 鮭・鱒族疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

利根川サクラマス 2011 仲間達からの報告!

冬が寒波の年は豊漁になる。僕がそんな言葉を呟いたのは8年前。
数年ぶりの当たり年、仲間達も釣果に恵まれ、嬉しい知らせが相次いだ。
サクラ
利根鱸、利根川サクラマス。そのどちらも、海からの使者なる者。

20110527121517.jpg
パターンを掴めば、ほんの数時間で2本。

僕が釣りをしていた頃は、今の様に情報は無かった。
「どうやら○○が釣れるらしい」という程度の根拠の無い噂を頼りによくも通ったものである。

初めてサクラマスが投網で獲れたの見た時の魚体の美しさが脳裏に焼きついている。

初めてサクラマスを足元でバラシた時の悔しさを今でも覚えている。

初めて釣る事が出来たとき、その魚を手にした興奮は一生の宝である。

今後も事故無く、トラブル無く、この利根川というフィールドが何時までも豊かであることを願う。

※今回、画像・情報を寄せていただいたAさん、PB2さん、Oさんありがとう御座いました。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/05(日) 22:22:54|
  2. 本流櫻鱒疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: