コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             2011年01月

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

故郷の大河、利根川。

僕は利根川の事を、親しみの情を込めて「故郷の大河」と呼んでいる。
今回は、僕の知る限りではあるが、この川について話したいと思う。

はじめに 川には必ず歴史がある。釣師として、時にはその川の生立ちに目を向け、フィールドを深く知る事も大切かと思う。

ご存知の方も多いかと思うが、利根川は昔から「坂東太郎」と呼ばれ親しまれ、群馬県と新潟県の県境、谷川岳に水源を構え、流域面積日本一の大河であり、その流域は群馬県、埼玉県、栃木県、茨城県、千葉県と各県で片品川、渡良瀬川、鬼怒川、吾妻川、神名川、小貝川などの支流各支流と合流をしながら流れ、そして、河口近くには、霞ヶ浦、北浦、与田浦、外浪逆浦と水郷と呼ばれる淡水湖群を構え、千葉県銚子にて太平洋へ流れ込む。

古くから利水と水害、水と人との暮らしには利根川があり、人々は、自らの知恵と力でその暮らしを育んできた、漁師も農民も川と暮らしてきたのである。そして日本の多くの川は、木材や物資を運ぶ運河としても機能し、物流の大動脈としても大切な役目をしていた。古来は現在の江戸川が利根川であり、東京湾流入河川であった。人の力で大きく流れを変えた巨大な水路とも言える。

つまり、人工的な構造物が数百年前から構築され、現在に至るという事である。普段、釣をしているときに、何気なく乗っている足元の石も多くは人が運んだものなのである。更に、水源部には多くのダムが建設され、昭和30年代後半には東京オリンピックの開催へ向け都市部の水不足を解消する為に利根川を堰止め荒川へ流すという一大事業が進められる。これにより、利根大堰とその水を都心へ流す導水路が建設され、現在の荒川へ大量の利根の水を流す様になる。

やがて、多くの水を取水された利根大堰下流部の利根川は年々砂礫に埋まり、川、本来の姿ではなく、砂漠の様に河原が広がり年々川底が上がるという方向へ向って行った。昔の流れはこうだった・・というのを年配釣師から何度か聞かされた事があるが、今となっては古い資料などモノクロの写真で見る以外にその流れを知る事は出来ない。嘗ては渡船場が数多くあったと聞く、多くの橋が架かった現在はその役目を終え、地名として残るだけとなる。最近は東京湾や江戸川や利根川に鮭がマスが帰ってきたというニュースを耳にする事があるが、太古の昔より現在まで遡上する魚たちが姿を消した事はおそらく無いはずであり、人々の興味や関心や川や水辺に向いただけだと僕は感じている。

僕はその大河、利根川でサクラマスや鱸を釣り現在に至る。釣に明け暮れていた日々も今となっては遠い昔の事だが、多くの記憶を辿れば たった今、利根川から帰宅した様な気になる。季節毎に変化する水の匂いも、羽化する虫も、川を埋め尽くすほど遡上する魚達も、川岸の植物達もその記憶に刻まれている。今も多くのアングラーで賑わうフィールドだとは思うが、良い時期しか釣師を見かけないのは、今も昔も変わらないだろう。その偉大なる流れは、釣の真似事しか知らなかった僕を、何時しか釣師へと育てあげ、現在の本流擬似餌釣師としての、根本たるものを与えてくれた。お陰で今の僕はきっとどんな場所でどんな流れを見ても怯む事は無いと思う。以前にも話した事はあると思うが、釣師を成長させる為に必要なものは、まず「フィールド」、そして「魚」、「仲間」との出会い。この三つに尽きると思う。

そのフィールドでいえば、「利根川」が僕を成長させたという事である。

そして「サクラマス」と「鱸」などの魚達。

何時も新しい釣を教えてくれた、多くの仲間達。

僕はつくづくこの三つに恵まれた、運の良い釣師であり、その三つ全てを大切に考え、常に感謝をしている。

少年時代、当然であるが僕はまだ利根川への切符を持っていなかった。ただ、幼少の頃から見慣れた荒川よりも、更に大きな大河がある事は知っていた。のべ竿でフナやクチボソや鯉っ子を釣っていた時代、利根川へ行くと大きな鯉やアオウオという巨大魚が釣れると聞きマスの存在を知り大人になったら行く場所だとは思っていた。

十代後半になると釣も幅が広がり、覚え始めたバス釣りだけでなく、トラウトルアーやフライフィッシングまで手を出す様に成っていった。

喜楽釣具のスプーンKIRA12gシルバー。
UFMウエダのグリグリナナハン、ABUのカーディナルC4、バリバスのスーパーソフト6lb。
ハンドメイドミノーのメゾンとフローティングラパラにツインクル。
FOXFIREのウエーディングシューズで足元を固め、お気に入りのアムコのアルミボックス。

それが、まだ利根川の何も知らない頃、利根川に通い始めた頃のタックル達である。
画像 004


二十代になると、上流へも下流へも本格的にポイント開拓にも繰り出した。
砂埃まみれの愛車ランクル60に乗り、ドカドカとフレームを揺するその荒れたダンプ道を幾度も走る。大排気量のディーゼルエンジンのメカニカルノイズが車内に響くと、足元で強靭なミッションがドライブシャフトを荒々しく回し、BFグッドリッチのタイヤが大地を蹴りつつ進み、数十キロ下流へも上流へも行ったものだった。河原に車を止め、タックルをセットするとボンネットに腰掛け、利根川を見つめながら、今は止めた煙草を呑むのが習慣だった。

この頃になると、徐々に利根川の事がわかってきて、それと同時に今まで釣れなかった魚が釣れる様にもなってきた。フィールドに何度も通うことでしか見えない水の中の季節感を感じれる様に成ったりもした。それは今でも釣師である僕には大きな財産である。

毎年のシーズンの流れはこうだった。

3月、上州赤城山から吹き降ろす強い北風が収まる頃、河原には菜の花が咲き、鮭子が下り始めると、同時にマルタウグイの群が瀬付く。
4月、春の不安定な天気、冬戻りと、初夏の陽気を繰り返しながら、条件の揃わない日々が続くが、下旬に稚鮎の群が一気に遡上を始めると全ての大型魚が、それは鯉もニゴイも魚食魚になる。
5月、桜の木に葉が茂り青くなり、河原の柳の新芽がうるさく茂る頃、サクラマス、鱸の遡上が本格化する。
擬似餌釣師にとっては仕事も手に付かないほど忙しいシーズンになるが、前半は雪代の影響が強く、GWを明けた頃、そのシーズンの芯は訪れる。尚、多くの人がしない事を積極的にやると思わぬ釣果に恵まれる時期でもある。
6月、サクラマスの残りと、鱸のハシリの両方が狙えるシーズンであるが、殆どのマス釣師が諦め釣り場を去ってゆく。シーズンを追うごとに釣り方が変化する。4月のウグイ同様の釣りは、青物の釣へと変化する。
鱸が釣れたり、連魚にルアーを奪われたのなら、マスの着き場でないと理解されたい。サクラマスに限れば、柳の花が川面を埋め尽くす頃、そのシーズンのピークを終える。
7月、本流は、取水され一気に渇水方向へ向かうが、直に降雨による増水が来る。
この時期は鱸釣がメインではあるがマスを釣る事も可能である。この頃からハスも活発にルアーを追う。
そして関東地方では梅雨の真っ只中、濁りと増水を繰り返し、釣が出来る条件の日は少ないのが現状である。
8月、梅雨明けになると、本流のマスは釣れ難くなるから、群馬県の本流へ行くか、渓流で遊んでるほうが良いのだが鱸を狙う者にはベストシーズンとなる。思わぬ大釣も出来るのがこの時期と僕は踏んでいる。日没前にボラが飛び、オイカワが逃げてまわるとその扉は開く。
9月、鱸がコンスタントに釣れる時期である。この時期は100%釣れる。釣れないのなら釣れるまで通うしかあるまい。そして連魚の群れも、活発になり酸素のある流れに集結する。
10月、満月の夜鮎が落ちて、鱸釣のピークを迎える。またこの頃に何処からとも無くマスも姿を現す。
11月、鮭の遡上が本格化する。鱸の気配は消える。
12月、鮭の産卵が始まる。クリスマス頃にそのピークを迎え、川は沈黙するが、稀に鱸の釣果も聞く。
1月~2月、おそらく、魚は釣れない訳では無いが、僕にとっては準備期間であり、他の釣をする時期。

そんな本流釣の大半は、釣をイメージする事に尽きる。結果への道は、魚の居場所を突き止める事が最重要課題であり、テクニックや理論・理屈はあとから言葉を取って付けただけに過ぎない。本流には基本があり、その基本を無視するものに、結果は無いとさえ思う。たまたま大物が釣れたとしてもそれは偶然の産物であり、再現性は望めないものだ。何度も何度も繰り返し釣行を重ね、河川図を経験というノートに書き込む、常に新しい発見を追加して、古い間違った解釈を訂正して行く事で新しい釣の世界が見えてくる。そんな日々だった。

三十代に成ると、釣が自由な方向へ進んで行く事になる。
こうしないと釣れないと思っていた釣も、こんな釣り方でも、こんな時間や時期でも釣れるという楽しみを見出していた。年数匹しか釣れなかった時代は終わり、シーズン中はコンスタントに数も釣れる様になったのである。

そんな僕が最も大切にしていた事は、「釣れるイメージ」である。 
僕等の擬餌針は、魚の居場所へ届くのだろうか?正しく泳いでいるのだろうか?
狙うべき魚はその流れに居るのだろうか?タックルのバランスは信頼できるものなのか?

全てにイメージが無ければ、この釣を続ける事は難しい、特に飽きっぽい僕にそんな忍耐の釣が出来るはずが無いから、大抵何らかの根拠があって釣をしている。例えば、この時期はこうだがら、こうなるはずとか、この場所で居ればここをこうしたら出るとか、そんな仮定・想定をしてロッドを振る事が多い。むしろ本流を目の前にすると、集中力が上がりイメージが次々と湧いてくる。こうして見たい、あれを試したい、新たな挑戦したいという気持ちに素直になれるのかもしれない、目の前の流れが太ければ太いほど良いし、水は多ければ多いほど期待をしてしまう。この流れは出そうだとか、今年は此処が怪しいとか、フィールドを散策する事で湧き上るイメージもある。

最後に、利根川を離れる直前の数年間はその集大成とも言える素晴らしく楽しい釣をさせてもらった。自由な場所で、自由な釣へと進んだ訳である。天下の利根川と言えど、有名ポイント以外では、釣をする者は誰も居ない状況であり、僕の自由な釣のスタイルには最適なフィールドであった。そしてフィールド自体も、侵入者を拒むかの様に、悪路を構え普通車では進入は難しいという場所が数多くある。道自体も何度かの大水で埋まり、降雨での流失で崩れその先にはフカフカの砂地、そして獣道も無い様なブッシュに覆われているエリアもある。釣以前に釣座に付く事もままならないフィールドで結果へ結びつけるには、それ相応の覚悟が必要である。それにはどんな困難があろうとしても、時間も労力も惜しまないからこそ得られる自由な釣を目差す事なのだ。そんな世界に僕はやがて没頭して行く事になる。
画像 001
概ね、利根川は砂地構成された流れで、ポイントは水こそあれど砂漠そのものであり、魚達は僅かな地形変化、つまり、古くのマンメイドストラクチャーの沈所や流失したテトラのある、流芯のはっきりした深場に集まる。その周囲の、浅い瀬も有望なポイントであり、その場所を見つける事さえ出来れば、数年先まで安定して結果を出す事が出来る。そんな特別な場所もやがては誰かに知られ、他人が侵入してくるのだが、それでも僕等の開拓スピードが速ければ問題は無いと僕は思っている。釣れてメジャーになるならそこに人が集中する分、他の場所が必ず手薄になるものだ。僕等はポイントを開拓するノウハウを持っているからどれだけ人が増えてもその先で釣をしてやるというくらいの意地がある。

そして、僕ひとりでしていた開拓もやがて数名の仲間との共同作業へと変化して行くのであった。当時の僕は滅多な事では竿を出さない釣師であり、ポイントでのマズメ時はネットとカメラを持ち釣り場を俳諧していた。多くのアングラーで賑わう場所でじっくり観察すると、その日の釣れ具合で自分のポイントがどうなのかある程度の予想も可能なのである。そんなある日、ある人物が僕の存在に気付いた。
僕よりも4~5歳年上にも関わらず、彼は低姿勢であり、素直に「どうやって釣っているのか一度見せてください」と僕に話しかけてきた。僕が、皆が諦めた夕暮れに、後から入って数投げでサクラを釣り上げるところを目撃したという。狙いを定めて数分の勝負で結果を出すという釣が最も好きであり、その方向性を目差していたから、それを見抜く彼の着眼点には恐れ入ったという事ものもあり、包み隠さず全てを話した。つまりは、僕が知る限りのポイント全てを彼に託した。

九州へ向う前の最後のシーズンには、思う存分、鱸が釣りたいと思った。初めて利根川の河原に立ったのは、まだ十代の僕だったのだが、その当時は我武者羅に闇雲にただルアーを投げて、流して回収するいい加減な釣だった。
それでも、魚を釣る事が出来たのは偶然ドリフトする釣りを覚えたからに他ならない。鱸釣りはそのドリフトの集大成であり、ある意味の完成形である。究極的に言うと ルアーは、リールで操作するのではなく、ロッドまでのラインで操作するものである。速い流れの向こうにルアーをキャストすると、ラインが先に流れてルアーが後から着いて来る。徐々にラインを回収すると、ルアーのヘッドが下流方向から上流方向へターンを開始する。そこで再度ラインを先行させ、またラインを回収すると連続でターンを仕掛ける事ができる。

画像 009

魚の付き場が点でなく、線であれば、この釣り方が非常に有効である。渓流や小場所なら魚の付き場は点なのだが、本流では線なのである。適正流速を探す事であったり、居ると仮定した線に対して、どうルアーを送り込むのか?っていうところでもある。どんなタックルでもいい、どんなルアーでも構わない、本流を目差すなら、10年先の釣を考えるべきであると思う。釣れないのがどうした?当たり前だろう!くらいの気持ちでいいはずだ。

最近は無性に利根川で釣がしたい。今の僕ならばこう釣れるんじゃないか?と思うからだ。
予想に反して、打ちのめされるかもしれないが、何時か再びあの河原に立ちたい。

テーマ:釣り全般 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/19(水) 22:54:46|
  2. 嗚呼、釣り人生
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:12

そのシーズンは静に幕を開ける。

IMGP0321_convert_20110112190833.jpg
正月休みを終えて最初の休日、夜は当然の如く筑後川へ向かい今年の初ボーズを決めて、釣れない釣を続ける決心をした。翌日、元旦の大雪で行けなかった太宰府天満宮へ三社参りの締めに行く。昨年は家庭の事情で悶々と釣に行けない日々を過していたから、今年はそれがない事を祈り、正月気分を終えた。

そして今日は、何時か敗れたサーフを眺め、まだ見ぬ魚への想いを巡らせている。
というと聞こえはいいが、実は家族サービスで来ているのでロッドは持ってきていないだけである。

しかし、何時見ても、幾つに成っても海は良い。
原始の時代、全ての生命体は海から生まれ海岸線から陸地を目差して行ったと言われる。陸地で暮らす僕等が懐かしさや心地よさを覚えるのはその為なのかはわからないが、海に来るとそんな事も考える様になる。よく母なる海というが正にそのとうりだと思う。

僕のフィールドはそれでも筑後川。
例年であれば、鱸のファーストランがあるこの時期、当れば大型で記録的なサイズを拝む事が出来るのであるが、その道は険しく、これでもかと言わんばかりにアタリも無く、寒さに心折れる者にはチャンスさえ巡って来ない。

そして相変わらず誰も居ないフィールド。
ハイシーズンには釣り人で溢れるポイントも全て貸切で、まるで自分の家の庭で釣をしているのでは?という錯覚さえ起こる。ボトムの変化に気をつけながらルアーで川底を小突く。まるでそれは、CTスキャンの様に頭に川底を描いて行く。砂・砂・ゴミ溜り・ゴロタとボトムを感じながらの釣りも楽しい。この時期の為にフロロラインにおけるライトラインシステムを取り入れて来たのだが、寒さによるトラブルは皆無であり問題は全く無い。

最近気に入っているのがスプーンである。そう、夜の鱸釣にスプーンでやろうという魂胆である。遥か彼方の潮目や、遠くの流芯を大胆に正確に捉える事の出来るルアーとして、最注目している。
元々、得意なルアーなので大きなポテンシャルを秘めているのであるが、こちらは実績を自分で作るだけである。

狙いは曇天、雨天。この時期、星空が綺麗な夜は放射冷却で冷え込みがきつくなる。
冬の夜、雨というコンディションが人間的には良くは無いが、防寒対策をして暴風雨でも出撃する価値がある。

ある人は寒さ厳しい冬をオフシーズンと呼ぶ。
確かに、人間的には釣が楽しいシーズンとは言えないから、オフというのも正しい選択かも知れない。
しかし僕等の仲間に、この時期をオフシーズンと呼ぶものは居ない。誰もが数は少ないが記録的な大物とのコンタクトが出来るベストシーズンだと信じているのである。

今だから真冬の釣をするようになったのかといえば、それはそうでもなく、昔、バス釣をしていた頃も、真冬になるとアングラーを見かける事は少なくなり、そんな季節、雪の降りそうな天候で釣る一本がたまらなく嬉しかったりしたものだ。雪にライズするマスをフライで釣った記憶や、雪の本流でサクラマスを追った日々は僕の中では当たり前の行為であり、無理や無茶をしている気は全くもって無い。

日本の釣には、昔から、寒バヤ、寒ブナという言葉があるとおり冬の釣を嗜む風習はあった。
それをしていた先人達は、僕等と同じ情熱を持っていたのだろうか。

テーマ:釣り全般 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/12(水) 19:16:24|
  2. 野外調査・研究考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

有明海沿岸釣行 1月 釣りは連想ゲーム。

昨年末、僕は筑後川の釣り仲間である「筑紫次郎氏」に電話をした。
「今年の正月休みは長めだがら、どこかでチャンスでどこかに行こう!」と釣りを計画する。
そして仕事納め、大掃除を終え、準備をした晦日の夜、九州は大雪、残念ながら釣行を断念する他無かった。

年が明けて、正月を迎え、その夜、雪は雨に変わり僅か気温が上昇した事を教えてくれた。
「行くなら今しか無い」と再度、連絡とると「OK」の返事。

僕等の初釣行はスタートした。
今回は、普段、筑後川で有明鱸を追いかけている仲間とまったく違うフィールドで、普段は釣らないメバルやタケノコメバルなどの小物釣をするので、別の楽しみがある。それは、有明海という海を知る・相手の釣を学ぶ・自分の釣を磨く。という事になるのだけれど、釣味としての楽しみ以外に食味としての楽しみもある。

道中は車内で筑紫次郎氏と釣談議に花が咲く。
車内からは何やら懐かしいミノープラグが出てくるので、僕はそれを得意気に解説する(笑)
最近のルアーの事は全く知らないが、80年代~90年代くらいのミノープラグはだいたい知っている。
当時は魚が上手く釣れない人だったから、ただのルアーマニアだったのかもしれないな?と思った。
IMGP0314.jpg
そして、到着した僕等の有明海。
潮はまだ低いけど海は穏やかで良い感じであり。僕等は身支度を済ませると釣座へ向かう。

数分後、「おっ!釣れた!」思わず声が出る。
小さいながらもタケノコメバル。記念すべき今年のファーストフィッシュだ。
まだ食べるには早いので撮影後、速やかにお帰り頂いた。
IMGP0319.jpg
同時に筑紫次郎氏はメバルを連発させているが、なぜか僕にはメバルのバイトが無い。
時折「ぶしゅーーっ!!」と聞き覚えのある呼吸音。招かれざる客、スナメリが海面に背中を出しているのが確認できた。小型の鯨である魚食性の彼等が回遊している場所には必ず魚はいるのだが、彼等が近づくと魚達は一斉に気配を消す。こんなに魚に嫌われているのによく生き延びてきたなあと関心してしまう。

永い時間のなかで生物多様性が生まれ、海草や甲殻類や貝類、魚類、そしてスナメリも有明海の深い懐の中で生き延びてきた事を想像すると、その海で釣をしている者として全ての生き物へ敬意と特別な想いが湧いてくる。
その特別な想いとは、僕が釣をしている場所は、そのフィールドを頭上の星空から俯瞰して見れば「地球」であるという実感である。有明海の潮を動かしているのは、紛れも無く宇宙の一部ということになる。

子供の頃からなのだが、時折僕はこの身に宿る魂?を開放してとある遊びをする。
果てしなくイメージを繰り返しその先へ行きたどり着いた場所から記憶を辿り元に戻る遊びだ。

本来、人の想像の領域には限界は無いと思う。連想ゲームをしてゆくと最後に大抵とんでもないものへ行き着き、我に返る。目を覚まして元いた場所へゆっくり戻る。そう復路も楽しめる事が出来る。
子供の頃から大好きな理科と図工以外の退屈な授業はコレで過していた(笑)

僕にとっての釣りはそんな遊びなのかなと最近思うようになった。
「何で釣れたんだ?」から「ああこうなんだ!」を何回でも楽しむ事が出来るという点で非常に似ている。

そしてこの夜も発見をする。
どうやら、メバルは潮の当たる側の大きめストラクチャー周辺に、タケノコメバルはそのサイドの反転流のしたのゴロゴロとした捨石の周囲に付くという棲み分けをしている様だった。

IMGP0318.jpg

そして潮が上がるとサイズも良くなる。
IMGP0315.jpg
途中ボラも釣れたりしたけど、最後は今年最小?になりそうな有明鱸。

釣り方も答えも少し見えた頃、肝心のメバルの地合は終了していた。
これだからまた次回も釣りに行かねばわからない。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/02(日) 20:47:14|
  2. 沿岸小物疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新春 2011年

IMGP0286_convert_20101231203130.jpg

あけまして おめでとうございます。

何時もご訪問頂きまして真にありがとうございます。

今年も東洋式疑似餌釣研究所を宜しくお願い致します。

2011年が皆様にとって良い年であります様に心よお祈り申し上げます。

           Author:Megaceryle lugub


続きを読む

テーマ:釣り全般 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/01(土) 00:00:00|
  2. 竿休め
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

Hook UP

釣りと釣り人をニュースにする、NEWなNEWSログ

hook UP logo

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

YGL寄居 (閉鎖中)

YGL寄居

40年の歴史ある管理釣り場。 僕のスプーニングの原点でもあり、お世話になった釣り場です。 常連のメンバーも素晴らしい人ばかりです。 禁漁期間に腕を上げたい方にお勧めです。 ※2010年 現在閉鎖しています。

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: