コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             2009年11月

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

江川ダム釣行 11月 幻のトラウトはいるのか?

DSC01031.jpg
九州は福岡県にも嘗てはトラウトの聖地があった。
甘木市にある江川ダムだ。
ブラウンやレインボーなどを地元のクラブが有志で放流し冬場になるとアングラーで賑わったという昔話をよく耳にしていた。

この土地に移り住んでから何度と無くその痕跡を追う釣行をしているが未だに「鱒」には逢えていない。
それでも釣行する訳はそもそもどうしても釣りたいという事では無くこのフィールドの雰囲気が好きなのである。
ブラウンもレインボーも再生産性の無い外来種であり北の地や高山でもない限り繁殖は望めないだろう。

ただ、先人たちの熱い思いを受け継ぐ者として敬意も込めてこのダムで竿を振ることにしている。
そしてバックウォーターから上流の渓流域にはヤマメも生息しているからもしかしたらランドロックのサクラがいるかもしれない。可能性は0じゃないけど、極めて難しい道かもしれない。

お昼ごろの遅い到着でサクラ用タックルに10g前後のスプーンで釣を開始する。
午後4時までみっちり全てのタナを探るべくキャストを続けたがノーバイト。
雨も強くなり厳しい感じなので遊びで小型ミノーをキャストすると・・・
何かがヒット。
DSC01036.jpg
チニングではありません、青鰓魚です。ブルーギルです。これも立派なゲームフィッシュです、大切に僕は扱う事にしている。
誰か知らないが、その昔アングラーが何かの思いをもって、それは疑似餌釣を楽しむために・・この場所に放流したのなら、それを楽しむのが僕等のマナーかと思う。魚に罪はないですから粗末にはしないで下さい。
DSC01051.jpg
そんなわけで車に戻りタックルを変更です。僕は意外と好きなブルーギルのフライフッシング、九州に着てから一度もして無いので今回の作戦を変更して挑戦してみた。
DSC01043.jpg
オイカワタックルなので竿は毎回満月で15匹ほど遊んでもらい少し休憩。
ふと見ると小さな15センチくらいの魚がライズしているのを発見。
ワカサギかなぁ?とミッジヒューパをキャスト。
DSC01044.jpg
小さなオイカワでした。ダム湖の止水でのオイカワ釣もまたシビアでしばらく夢中になり。
DSC01054.jpg
やがて日が暮れて、冷えてきたので終了し帰路に付いた。

今回、お目当ての鱒には逢えなかったのだけど、1匹だけ鱒らしい魚、丁度40センチくらいだろう足元を泳いで行く姿を目撃してしまった。また次回この場所に来る時はフライタックルかもしれないけど、こんなフィールドを貸切で釣が出来ることは誠に贅沢な時間であると思った。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/30(月) 20:34:48|
  2. 鮭・鱒族疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:32

筑後川シーバス釣行 11月 表層の珍客。

月末の追い詰められた仕事を終えてPM23:00すぎ夜霧の道を走り何時もの筑後川へ釣行。
今夜も「筑後川鱸(シーバス)通信」の筑紫次郎氏と合流。
昨日20日ぶりに釣行した釣友氏が50センチクラスをキャッチとのことで有明鱸も帰ってきたかもしれない?と企みながらキャストを開始する。
大潮前の中潮下げと多少最近降雨があったことで流れは申し分ない。
冷え込みも落ち着きやや暖かな夜だった。
筑紫次郎氏の計測によると水温は12℃前回よりも1℃ではあるが上昇している。
1時間ほど並んで会話をしながらのキャスト。
「今年は・・だったから」
「来年は・・したい」
「これもイケるんじゃないか」
などと、これから始まる冬のシーズンのことをあれこれ考えていく。
そんな中遠投したDC9に明確なアタリ。
すかさずシャープに反射的にアワセが入る。
「ヨッシャ!キタッーー!!」
が何かが違う。
軽い とても 軽い。
抜き上げてライトで照らし出されたその正体は。

ニゴイであった(苦笑)
DSC01028.jpg
約40m先の流芯でのバイトだったので 間違いなく鱸だと思ったのだが。
このDC9の深度はドリフト気味に流していたので50cm未満。
このニゴイはボトムから浮上してルアーを捉えたのか。
魚の姿を見るまでは決して喜んではいけないことを思い知らされた。
明日の釣もあるのでAM1:30を過ぎ終了した。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/30(月) 19:59:55|
  2. 本流・鱸疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

筑後川水系オイカワ釣行 昼間のライズ

DSC01011.jpg
午後から仕事なのでそれまでの時間、昼食も食べずに釣に出かけた。
場所は筑後川支流の某所。
ナマズが2匹、フナの群れ、カマツカなどオイカワやカワムツの他にも色々泳いでいる。
ユスリカが少し出ており、ライズも徐々に増えてきた。
冷え込みのきつい時期は気温の上がる昼から夕方にかけて虫も出てくるのでそれにあわせて釣行したのが吉と出た。
DSC01006.jpg
元気にドライに出たのはカワムツである。良く竿を曲げてくれたので楽しめた。
DSC01021.jpg
オイカワもしっかり出てきた。
この後、小さなオイカワばかりになりなかなか針に掛かりしないが、それはそれで来年も遊んでもらえるという事だろう。

最近、夜の鱸釣はさっぱりアタらず、耐寒耐久訓練状態である。
寒さには身体は慣れてきたものの、釣れない釣行が続くと正直釣が見えなくなって雑になってしまう。
繊細なこの毛鉤釣をすることで 自分の繊細さに磨きをかけてもっと釣技釣術を極めて行きたいと思う。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/27(金) 09:42:06|
  2. 追河毛鉤釣 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筑後川水系オイカワ釣 不発。

DSC01002.jpg
久々の近所の小川。最近行事ばかりで足元の釣り場を見れずに過ごしていた。
少しだけではあるが時間が出来たので早速、朝8時すぎの到着。
秋ももう終わった?という小川の雰囲気であり、透明度も何時もの何倍もある。
DSC01000.jpg
つい先日まで、あれだけいたオイカワからの反応は皆無。
小川は口を閉ざし何も教えてくれなかった。

本流に落ちたのか?

深場に沈んだのか?

居るけど食わないのか?

疑問をあげればキリが無いが反応は無く釣れない時間を過ごし、やがて雨が落ち始め冷えてきたので
帰宅した。

しかし、これしきの事で諦めないし、たかが小物のオイカワ如きと見下したりもしない。
オイカワ一匹釣れない自分がいる事実は受け止める必要があるということである。
どんな状況でも自由に釣りたいからこれからも続いて行くのだと信じている。


家の水槽のオイカワも活性が最近低く藻の隙間に実を隠し じっと している。
大昔の記憶では雪が降るような寒い日でも釣れた記憶があるのだが。
よく晴れた無風の日など滅多に無いからそんなチャンスを逃さずに夕方狙いで挑みたい。

初冬の黄昏の中でフライを振りに行きオイカワを釣りたいと思った。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/24(火) 16:13:40|
  2. 追河毛鉤釣 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

 本流の記憶。

DSCN0922_convert_20091120224638.jpg
最近、本流の鱒を目差して釣歩いた時の事を思い出す事が多くなった。

まだ残雪の残る時期から、新緑の季節。そして雨の日も、夏の夕暮れも、それは秋風の吹く禁漁期まで続き毎週通い続けたのである。あの頃の僕は我武者羅に若い情熱だけで釣をしていた、片道150キロの魚野川の年券を買いシーズンを追ったものだった。

当時愛用していたアングラーズハウス・ケプラーのウェーディングシューズはシーズン中にソールを2回も張替えて更に秋には擦り切れて踵に穴の開いた状態になり、毎年買い替えをしていた。

ただ釣る為にというよりも、本流の釣、ドリフト釣法をマスターしたいが為に通ったというのが正直なところである。そして、残されたスプーンの塗装には当時の傷がまだ残っている。

そして得たものは、スプーンやミノーの使い方と疑似餌の流し方なのであるが、未だにその釣り方としては変わった訳では無く。本流に通った頃にマスターした基本をそのまま忠実に実行して現在に至っている。目に見えない流れを感じ取り、その確信したポイントにルアーを送り込み、上昇させてスライドさせてヒットさせる釣りかたと言葉にすれば簡単なものであるが、実際は感覚を磨き何度も同じ事を繰り返し身体に叩き込む世界である。

悲しい事に自分の釣が進化する中で開拓したポイントの多くが、河川工事や台風の洪水、最後は地震の災害などで消えていった。

もう一度、あの頃の魚野川で釣をしてみたい自分がいる。

今の自分を試してみたいと思う自分がいる。

これからは後悔しない釣をする為に、自分の持つ釣技釣術に磨きをかけて 今現在の釣に向き合うべきなのだ。今、当たり前にあるフィールドは明日は無いかもしれないのである。
いったい今をどう釣るのか?という疑問を自分にぶつけてその方向に向かうのが大切であるという事だ。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/21(土) 01:55:21|
  2. 嗚呼、釣り人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

冬を迎える前に

DSCN0902_convert_20091117001735.jpg
最近、一雨毎に冷え込みもきつくなり冬がそこまで来ている。釣に行かずに道具の手入れをするのも良い時期でもあるが、僕の中ではオフシーズンというものは無い。先日出かけた呼子の海も時化が収まらず雨と寒さに耐える釣になった。

ブログの記事にはしていないがハイシーズンと変わらず釣行だけは重ねている。
木枯らしの吹く中での釣りもまた味があり好きな釣である。
釣れる釣れないで言えば釣れない確立が高いのであるが、あえてそこは釣果を求めずにフィールドに身を置く事で得られる何かを探している。
昨夜も深夜の筑後川に釣行してきたのであるがその寒さに、水の透明度に既に冬の釣であるという事を思い知らされた。早春のバチ抜けまでまだ少し時間がかかりそうであるが、定期的にフィールドに立ちその始まりをしっかりと抑えたいと思っている。

埼玉に住んでいた頃であれば管理釣り場や冬場でも釣になる本流やダム湖によく出かけたものだった。九州にも管理釣り場は幾つかあるのだが、フィールドの規模の大きな場所は少なく高番手のフライタックルでのロングキャストを楽しめる様な場所は近くに無いのと時間的に都合が付かないのとでなかなか釣り場に足が向かない。

ふとこの冬は何を釣ろうかと考えてみた。
疑似餌に拘らずに寒鮒の釣りもいいかもしれないし、タナゴ釣というのも手ではある。有明海のメバルなどの小物釣も楽しみであるが時間の都合と僕の気分によるところが大きくどうなるのかわからない。
僕は大物釣師では無いので小物釣も結構好きである。
どちらかと言えば繊細な釣が好みかもしれない。
筑後川の有明鱸とオイカワ釣は日常的な釣であるので継続であるが、その他にも何かを釣りたいと常に考えてはいる。

欲張りな性格故に、アレコレ手を出しては中途半端になるのは目に見えているのだが、この時期になると昔からアレコレやりたくなるのである。

しかし現実的には防寒対策をして近所でイダでも釣に行くことになるだろう。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/17(火) 00:26:50|
  2. 釣の四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

フィールドリサーチ 冷たい雨

DSC00989.jpg
僕の住む筑後地方にも晩秋の冷たい雨が降った。
もうすぐ冬が来ることを知らせる雨である。秋は一雨ごとに冷え込み季節は冬へと変化して行く。
現代の日常生活だけでは、そんな季節を感じる動物として当たり前の感覚でさえ失われつつある。
これは自然と関わる人間だけが敏感に感じる感覚であると僕は思っている。
そんな季節の移ろいと共に僕の釣りも変化をしてきた。

早春のサクラマスから始まり、有明海沿岸のメバル、筑後川の有明鱸、夏のヤマメそして小川のオイカワ。
めぐりめぐって振り出しの冬に戻る。そろそろまたスモルト探しの旅にでる準備にかかる。
同時に有明鱸、晩秋~初冬の可能性も検証して行くつもりである。

多くの愛しい魚達やフィールドに出逢えたシーズンではあったもののやはり終わりを迎える時期なると少々の寂しさを覚える事は言うまでも無く。

このところは日を追う毎に、釣りの服装も防寒着など枚数も増して行く様になった。
最近、ホームセンターで安く買ったネオプレーンの靴下を使っている、足元から冷える河の釣りには大変効果的で寒い夜も快適に釣が出来ている。
最近の衣類は、蓄熱素材や防寒素材や浸透素材など、10年前アウトドアメーカーで使われた高級素材も一般化して普通にホームセンターでも何処にでも売っている時代になった。

僕の子供の頃は、軍手を何枚も重ねて、腹に新聞紙を巻いて風通しの良い(笑)ナイロンのジャンバーを着込み寒さのあまり指先の感覚を失いはぁはぁ言いながら釣りをしたものだ。
釣れなくなると恒例の火遊び。焚き火をして、ねぎや銀杏を焼き食べたものだったった。

釣り場には僕以外の人も見かけなくなってきた。誰もいない晩秋の闇夜に河に佇むと不思議と社会との接点を失った感覚になる。

僕だけがこの闇の世界に存在して、釣りをしている。そんな感覚になる。それは寝不足の疲れた体で脳が死掛けているのか、意識が障害を起こしてるのか、精神が不安定なのかわからないが、意識が眠さで薄れつつ竿を振り続けている。

明け方の「もういい加減にしなさい!」とカミサンからのお叱りの電話が携帯に届くとたちまち現実に戻されるのではあるが・・・

釣りを取り巻く環境が良い時代になったのか、悪い時代になったのか?それは十年後でもわからないだろう。

多分、十年後も河原に立ち続け、河を見て釣竿を振り夢を見ているのだろう。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/11(水) 10:15:52|
  2. 野外調査・研究考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

筑後川シーバス釣行 11月 寒波の中で。

今夜は無理だろうと思う気持ちと今夜でもいけるかもしれないという期待が入り乱れる中で11月の寒さの中、何時もの筑後川へ向かった。
DSC00874.jpg
苦戦を強いられるのも想定の範疇であるが、此処で釣れたのなら更なる喜びと感動を手にする事ができるだろう。大潮下げ、干潮午前2時半。自宅を出たのは午前0時半残り時間は僅かであり、運転する車の速度を上げて現場に直行した。

午前1時現場に到着するが潮はかなり下がっていた。
この時点で試合には負けているとも云えるが、それは僕の固定概念であり打ち砕くべきものである。
釣れるか釣れないのかは釣るまでわからないのだ。

ところが釣師というのは次第に謙虚さを失い、都合の良い釣りやすい(結果の出やすい)時間だけフィールドに立とうなどという甘い考えや行動をとってしまうものである。
そんな自分嫌で一から特訓する意味も兼ねて、午後3時の潮止まりまでキャストをし続ける事にした。

午前3時半、潮が止まった。
ニーブーツの底から体温を奪われ、疲労感も増してきたが逆にこの寒さで眠気はあまりこなかった。
この間、先日のヒットルアーを二個もロストして少しがっかりもしたが所詮消耗品だからと諦めた。
「ヒットルアーなどまた探せばいいんだ」と楽観的に考えることにした。

それから数時間で上げ潮に変わり物凄い勢いで潮が上ってきた。
この日の有明海は「02時27分 42cm 08時43分 509cm 」の潮汐差であり、信じられないくらい海面が下がり信じられない勢いで海面が上がる。
この上げ潮に乗って海に出た有明鱸が戻ってくれば、とワンチャンス賭けてみたが何も起こすことはできなかった。

やがて夜が明けて。
DSC00879.jpg
明るくなり。
DSC00896.jpg
完全に寒さに負け釣りを終えた。
この広い流れのいったい何処に有明鱸はいるのだろうか・・・・
DSC00935.jpg
しかし、平日ということもあるが釣り人は僕一人である。

釣れない事も真実であり、事実として受け入れることも必要である。
腕の所為でも時期が悪いでもなく。

この大きな河のほとりでいかに釣り人が無力であることを思い知らされる事もいいだろう。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/03(火) 00:33:07|
  2. 本流・鱸疑似餌釣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: