コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             追河毛鉤釣 

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フライでオイカワをレクチャー

2014年の釣りは此処から始まった。
003_20140109234015e42.jpg


昨年秋、オイカワをフライで釣ってみたい、キャスティングを覚えたいという、今時珍しい?感性を持っている、地元の大学生、yoshi君と知り合う事が出来た。


キャスティングねぇ・・・・

僕で良ければ、何時でも!!

なんて言ってたらタイミングを逃し、先日ようやく実現した。

彼のフライ歴は数ヶ月、でも何か研ぎ澄まされたセンスと釣りへの情熱を感じる。
005_20140109234018c1e.jpg

 ダブルホールなんてしなくて良いからとフォルスキャストの練習をひたすらに続ける。

フライラインが細くループを描き、直線的なるまで、必要最小限の動きで、掌の荷重異動、体軸を使い。

まずは、僕が手本を見せて、彼が真似をして、少しの事を大きく褒めてあげる。

「うわーラインが始めて、真っ直ぐに伸びました!」とyoshi君。

「いいねっ!上手!!」

1時間くらいで実釣りできるレベルになったので、下の小川のライズへ。


まず、僕がフライを投げて、魚が反応する様子を見せる。


「ほら、あのあたりに投げてごらん」と言い残し、


僕は下流の瀬へ消える。


僕が、嘗て先輩アングラーに教わった教わり方。


釣りは自分で覚えるもの、誰かに教わるものじゃない。

興味、情熱のきっかけさえあれば、十分。


案の定、数分後。
001_20140109234012226.jpg



「うはっ!釣れました!!」


日本の淡水には、こんな楽しい釣りがあるんですね!と感激のyoshi君。
007_201401092340219f3.jpg

彼の人生初オイカワ。

僕は人生初のフライでオイカワのレクチャー。

この感動は、世代やキャリアを超えて共有できるもの、だから釣りは面白い。

yoshi君も少し慣れてきたので、川を変える事に。

014_2014010923402431e.jpg


フライキャスティングも随分上達した、そのペースに素晴らしいセンスを感じる。小砂利の河原が広いからバックの取れる場所、彼にとっての限界に近いロングキャストで釣らせる為に選んだ場所。

少し負荷をかけるのも上達への道。

それでも「対岸付近の、あのライズを狙ってごらん」と伝えるだけ。


あとは、カワムツを連発し。

オイカワも連発し。

彼には、僕がリズム良く釣れる姿も見せたり、渋いライズが取れなくて悔しい姿を見せたり、時にはミスキャストをしてみたりと、色々な姿を見せる。

023_201401092346180d7.jpg

婚姻色の消えた、冬のオイカワ、この地方ではシラハヤと呼ばれる。
2~3番程度のフライタックルに、7~8Xのティペット、18~24番程度のミッジフライ各種で良い。

オイカワのフライフィッシングは、誰でも始められて、手軽に釣れる魚であるが、奥は凄く深い。


日が暮れて僕は一足お先に帰り支度をするが、yoshi君は、まだ残るという。
027_20140109234621924.jpg

この日、この釣りのファンが一人増えた事を嬉しく思う。


これからの彼の釣りが楽しみである。

yoshi君のブログ。
九州四季釣行
スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/09(木) 23:50:00|
  2. 追河毛鉤釣 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

筑後川水系 オイカワ釣行 6月 青空とせせらぎと魚

019_20130618053902.jpg
006_20130618053414.jpg
014_20130618053740.jpg
016_20130618053748.jpg
020_20130618053906.jpg
018.jpg
017.jpg
014_20130618053740.jpg
010_20130618053431.jpg
012_20130618053736.jpg
韋駄天さんを探しに行きましたが・・・やはり見つからない。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/18(火) 05:41:48|
  2. 追河毛鉤釣 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年秋、オイカワのフライフィッシングのススメ 

この釣りを楽しむ為に、まずは釣りを魚を知ることから始めたい。
既にご存知の方も多いと思うが、オイカワは東北以南の日本列島に広く分布する、在来種である。
体長は概ね10cm前後、ハヤ、ハエ、シラハエ、ヤマベと地方名は色々あるが、鮎と並び清流の象徴的な魚である。初夏になると、オスは綺麗な婚姻色を強く発して、瀬にて産卵行動をし、群を形成して泳いでいる。オイカワの仲間には、カワムツ、ヌマムツ、魚食性のハスなどがある。

水温の適応力は強く6℃~25℃くらいまで活発に泳ぐので、川が氷結か、瀬切れでもしない限り、周年釣る事が出来る魚だ。

オイカワの食性は雑食性、小さなユスリカなどの水棲昆虫類が主な餌となるゆえ、釣りとしては毛鉤で釣ることが可能な魚なのである。

餌釣りでのオイカワ釣りは数釣りの競技などもあったりして、数を釣る事が目的の釣りだったりもするのだが、練り餌、サシ餌、川虫、毛鉤、ビーズなど色々なもので釣る事が出来る。勿論大型のサイズ15cmクラスになるとルアーで釣れたりする。

さて、その中で一匹を大事に釣り、より楽しむ為に、僕はフライフィッシングを選ぶ。
そもそも、日本古来のこの魚が、フライフィッシングの対象魚として雑誌などで紹介されたのは、今から25年近く前の事であるが、淡水域で釣りを覚えた者には、その存在が身近であるが故に、一見、見落とされてしまう対象魚かもしれない。

実はその釣りの趣、案外奥が深く、ファンは全国各地に存在する。

オイカワのフライフィッシングは、釣に必要な繊細さを磨き、流れの釣りの基本を再確認する為には、最適なカテゴリーだと思う。

オイカワ
IMGP1210.jpg
ヌマムツ
ヌマムツ
カワムツ
カワムツ♂

オイカワの見切り、針の吐き出しの速度は、0.1秒、だから釣った分だけ効果が出る。

それは、僕の知る限り、どんなゲームフィッシュよりも速い、当然、目に見てわかるアタリがあってからアワセをしても掛かる事は無い。確りラインから、リーダー、ティペットまで真直ぐにキャストしなければ、ドライフライでは釣れない。

プロボクサーは、相手のパンチを予測して避けるという。
サッカーのゴールキーパーもどちらにボールが来るのかを予測して左右いずれかに飛び出すという。

オイカワ釣りでは、この動体予測を使いアワセを入れる。

アタリが出ると予測してアワセを入れる。
言葉で言えば、神業に近いが、トーレーニングをすれば誰でも出来る。

動体予測を、フライでのオイカワ釣り以上に、トレーニングできる釣りを僕は知らない。

僕の反応スピードは自動車教習所で図ったら0.8秒だったから、アワセるまでに8回は見切り吐き出しをされる計算になる(笑)
やはり、オイカワだって、小魚だって、魚類は偉大だ。

本来は年間を通してシーバスやマスなどの比較的大型の魚を狙う事も多いが、そんな釣りの本当の大勝負は年に数回の事であり、何時もそんな釣ばかりしているわけではない。

年に数回しかチャンスの無い大事な勝負に、基本的なミスをしない為のトレーニングを色々な意味で大切と考え、この釣りを続けている。

大物狙いの釣りはスケールの大きな釣りになるかと思うが、時にそれだけでは仕留める事の出来ない繊細な一面を兼ね備えている事を、経験を積んだアングラーほど理解をされているかと思う。

魚を探して、丁寧に釣ること。


釣りは、毎釣行、経験地を0にリセットされる、過去にどんな経験があろうが、今日というコンディションは唯一無二なのだ。

無の状態から、一匹に出会うためには、それなりに状況判断をしつつ、足で稼ぐ必要がある。

釣りだけを見れば、繊細さを磨く釣りがオイカワの釣りであるが、オイカワも河川の中で大きく移動を繰り返している。

昨日の群れは、翌日は全く居ないなんて事は良くある事。

釣りに一番大切なものをこの釣りは僕に教えてくれた。実際、オイカワを上手に釣れる様に成ると、どんな釣りをしてもアワセ切れが無くなる。僕の釣行日数は多くは無いから、ある意味、少ないチャンスで結果を出さないと、そのシーズン何も釣れずに終ってしまうことに成る。

どんな釣りでも必要な要素がこの小さなターゲットには詰まっている。
釣りの組み立て方、やりとりが上手くなるから、色々な釣りで、キャッチ率が向上するかもしれない。


実際のフィールド。
こんな水路でもオイカワは生息している。
DSC01205.jpg
清流、美しき日本の川。
画像 018
僕はこんな流れが好みである。

まず、ライズを見つけたら直ぐに近づかず、遠くから距離をおいて徐々に近づく事。
神経質で敏感なオイカワの群れは危険を察知するとすぐに逃げます。



■参考タックル
IMGP1188.jpg
ロッド:テンリュウ ザ・オイカワ、7ft、1・2番
このジャンルの専用品は少ないかもしれない。過去発売されたものには、UFMウエダのオイカワスペシャル、同オイカワロイヤルなどもある。過去にはウエダも使ったが、現在はテンリュウ。しなやかで短く取り回しも楽、それでいてオイカワのアタリを弾かない、良く出来た竿である、因みに現在は売られていない。僕はテップのガイドを重めのものへ交換して少しダルな竿に味付けをしている。渓流用の7fクラスの2番程度のロッドであれば、何を使っても釣ることに関して問題は無い。

リール:アキスコ エアライト 34
何となく安かったので12年くらい前に購入。

ライン:3M、DT-2(#1でもOK)

リーダー:7x 7.5f (元を30cmカット)

ティペット:7xまたは8x

フック:#18~#26(ドライ・ウエット)

■10月の釣行 1日目
IMGP1195.jpg
当日使用のフライ、CDCの#20 夏から秋のシーズンはグリーン系の色が良い。
IMGP1189.jpg

この日の釣行時間は、1時間程度、約10匹のオイカワ、ハスの稚魚が遊んでくれた。
IMGP1194.jpg
小春日和とは云ったものの、この時期は大抵風が吹いている。
トラブルの無いキャスティングをマスターしなければ、釣りにも成らない。

■10月の釣行 2日目
IMGP1207.jpg
少し川らしい場所へ、自宅から10分ほど 遠征。
IMGP1204.jpg
曇天なこんな日は、日中から高活性。
IMGP1201.jpg
ワンキャスト、ワンヒット。
IMGP1216.jpg
良い型も少し混じりながら。
IMGP1208.jpg
流れの緩い場所を流せばカワムツもヒットする。
この日は3時間で30匹ほどを釣った。

オイカワの仲間は、深さや流速でちゃんと棲み分けをしている。
そんな付き場を探すのもこの釣りの面白いところ。

僕にとってのオイカワ釣りは、身近な季節を楽しむ釣りでもある。
IMGP1217.jpg

釣りに行く時間が無い時、釣りのリズムが崩れて調子が出ない時。
そんな時は、小さな好敵手と遊ぶのが一番。

僕は、シンプルで難しいオイカワ釣りが単純に好き。

小春日和の秋の日になると、何故かこの釣りがしたくなる。

お手持ちの道具で、拘りの道具で、気軽に楽しめる、夢中になれる。

小さな魚にも、情熱を忘れない釣師でいたい。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/10/23(火) 02:09:22|
  2. 追河毛鉤釣 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

筑後川水系 オイカワ釣行4月 流れに魚が戻る時。

IMGP0992.jpg
近所の小川も年度末の河川工事が終わり数日が経過した。寸断された流れも、以前の静かな流れに戻っている。
暖かな春の雨も降り、そろそろ本流からオイカワ達が入ってくる時期という事で子供を連れて出かけてみた。
しかし、魚からの反応はイマイチでなかなか手ごたえの無い時間が過ぎて行く。
IMGP0991.jpg
そして苦労の末?小さいながらも釣れてくれたオイカワ第1号、以前の様に小川が復活する日まで命を繋いで欲しい。
IMGP0996.jpg
そして本日の主役、もうすぐ二歳の彼はまだ入院生活が長く、外遊びも出来なかったので、もちろん生きた自然の魚に触れた事が無かったのだが。魚への関心、釣り道具への興味は合格!

この小川の様に、少しづつ元気になって欲しいと願った。
そしてこの流れに完全に魚が戻る頃、僕も釣師に戻ろう。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/04/25(水) 08:04:41|
  2. 追河毛鉤釣 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

筑後川水系オイカワ釣行 10月 黄昏の一時。

10月の終わりに、夕暮れのオイカワが釣りたくて小川へ向った。
秋の空というより、それは冷たい北風の吹く晩秋の空である。

生き物達の息吹が溢れるばかりの夏の面影は何処にも見当たらない。
IMGP0776.jpg
季節は晩秋に近づき、秋桜が満開である。
IMGP0784.jpg
今回は夏に訪れた小さな流れ込み付近を再度釣る事にした。
IMGP0782.jpg
北の風が少し強い時はこの小川が風除けになり、何とか釣りになる。
IMGP0766.jpg
ドライでの反応は無し、ウエットをやや沈めてターンさせるとコツコツとアタリが出る。
ワンキャスト、ワンバイトの入れ食い状態で釣れ続く。いったいどれだけの魚が居るのだろう。
IMGP0768.jpg
婚姻色は薄くなり秋色のオイカワ。
IMGP0772.jpg
幅広の大型、グングンと良く走り竿を曲げ楽しませてくれる。
IMGP0781.jpg
ここはカワムツとの混生域、流れの速い場所はオイカワ、少し深い緩めの場所はカワムツと交互に釣れてくる。
IMGP0777.jpg
遠くに脊振山を望む、夕日はこの先の佐賀平野を超えて有明海に沈む。
IMGP0783.jpg
季節はゆっくりと確実に冬へ向う事だろう。

無風の夕暮れにライズを楽しみたいのであるが、中々条件は合わないみたいである。
理想と現実はまるで違うが結局は夢中になってしまった。

次回はもう一つ隣の小川へ出かけてみたいと思う。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/25(火) 19:47:17|
  2. 追河毛鉤釣 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。