コピー (3) ~ b1 東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所             回転式疑似餌針

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

もっと自由に もっと深く 人と魚との出逢いを求めて。

スピナーの世界

IMG_20161010_031147.jpg
渓流のルアーフィッシングにおいてこの3年ほど徹底的にスピナーを考えてみた。

独断的な解説をお許し頂くとして、これからスピナーを使ってみたい仲間達の為に僕の持ってるノウハウを此処に纏めさせて頂く。

結論から言えば、シャフト、ボディとブレードにフックを付けたシンプルなルアーであるが、ポイントに投げ込みリールを巻くだけの簡単な操作の中に奥の深い世界が存在しているということをまず念頭に置いて頂きたい。

スピナーというルアーはそもそも。
初心者のルアー、昔のルアー、糸が撚れて扱い難い・・・渓流魚の餌には似ても似つかない・・・・等、マイナスのイメージを多く持つアングラーも多いかと思う。

だが、実際に使い込んでいく事で見えてくる、ルアーとしての性能の高さ、安定感、実績は、シンキングミノーやスプーン等、他の渓流ルアーよりも一歩先を行っている様に思える。
033.jpg

それではどう使うのか?

その答えは、基本的にスローにステディリトリーブ。

不必要に抵抗を掛ける事無く、ブレードが回転する範囲で巻いてくる事。
レンジは回転するブレードが目視できる範囲で沈めても浮かせても良い。
それに少し慣れてきたら、安定したリトリーブの中に僅かブレードが回転しない間を与えるというのも良い。

投げて巻く、それだけで充分釣れるのであるが、ここまでは基本の話し。

ただし、そのリトリーブコースは何処でも良いわけではなく、仮に小さな渓流の場合、流芯を、そのセンターを一本引けば良い。
スピナーは他のルアーとは少し違い、アピールが強い分、二投目、三投目でフォロー的に入れるのではく、一発勝負になる。
リトリーブコースさえ間違えなければ、ほぼ一投目で答えが出るものである。

201704210137428f9.jpg

瀬ではストレートにアップクロス、又はアップストリームで使う、淵などではそこにリフト&フォールを組み合わせることもある。
一旦ヒラヒラとボトム付近まで落としてから、スゥーっとリトリーブへ可変させる方法も初夏以降のシーズンは魚が深みに沈んでいる事もあるので有効な使い方の一つであり、過去、カラフトマスの釣行ではこの方法が一番効果があった。

ここ最近では、あえてブレードを回転させずに流し込むドリフトからの縦ターンに効果が得られる事もわかってきた。
今シーズンキャッチした良型の魚は、この流し方であることが多い。

ドリフト中にもバイトが出るため、ブレードを回転させることが全てでは無いというのが今のところの見解である。
20170524232411d55.jpg

僕の場合、その全てをシングルフックへと交換している、具体的には管理釣り場用のシングルフックや山女針かチヌ針にケプラーのアイで自作している。

タックルは通常の渓流タックルで良いが、ロッドに関してはシンキングミノーを操作する為の高弾性カーボンのものでは無く、グラスや低弾性の曲がるロッドがお薦めであり、その理由としては、シャープにキャストした場合、スピナーは飛行中の軌跡を目で追うことが難しく、速度をギリギリまで抑えて緩くキャストする方がアキュラシーの面で有利であると云える。

ラインは蛍光のナイロンライン3~4ポンド程度をお薦めしたい。
これも糸撚れの面で色々言う方がいるが、実際スピナーを多用して効果を得ているアングラーで糸撚れを嘆く方は居ない。
僕の場合、その多くの釣行を70年代のミッチェル308と408で使用しているが、ライントラブルで困る事は無く、良くわかっていない方の間違った解釈ではないかと思われる。

必要以上にブレードを回して使わなければ糸撚れに困らされる事は無いはずだ。

次にスピナーの種類をここで限定する気は無いが、これからスピナーを初めて使う人に対しては、扱いやすさ、安価で買うことが出来て、入手が容易である事からブレットンの№2 3gをお薦めしたい。
1469683666388.jpg
関東から西の雪代の少ない地方、九州の小渓流であれば、ほぼ全てのポイントを№2 3gでカバーできる。
逆に少し水量の多い渓流では№3 5gを抑えておいても良いと思われる。

他にメップスアグリア、アグリアロング、ルブレックスセルタ、ベルチィック等の標準的なグループと、ABUドロッペン、パンサー、ルースターテール等のボディが重い良く沈むタイプのグループで大枠を分けることが出来る。

個人的には淵などの深い場所は、スピナーではなくスプーンで探る事が多い為、ドロッペン等の使用は少ないが、その効果のほどは数十年前から語られて来ているものであり、現代の釣り場でも実力は十分であろう。

ここまでが、現在の僕が釣りにおけるスピナーに関しての考え方。
これからも、更にこのルアーを使う事に磨きをかけて、その世界を楽しんで行くつもり。

僕等のわかったつもり、でも、それは大概、浅い部分、その世界の入り口でしかないのだから。
  1. 2017/10/14(土) 02:15:22|
  2. 回転式疑似餌針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フィンランド製ルアーのあれこれ

ラパラの国、フィンランドにはラパラの他にも数社ルアーメーカーは存在している。
中でもブルーフォックスというルアーメーカーは、数年前までノーマーク社傘下、現在はラパラ社傘下になったメーカーであり、なかなかのアイデア商品が多いので僕の好きなメーカーの一つである。
有名なのはピクシーというサーモン用のスプーン。(下画像左)
このピクシー太陽光に透かすと中央の樹脂が光を浸透させて艶かしくクリアーピンク、オレンジ、レッドなどのイクラ色になるのである。
サーモン用
中央と左のスピナーはメップス(フランス製) アグリア#4同#5である。共にサーモン用ルアーとしてアラスカなどで人気があるそうだ。ここにあるルアーはイクラをイミテートしているのだが、そもそもなぜイクラなのかをお話させて頂く、鮭・鱒達は食性としてイクラを捕食することも広く知られているが、産卵期になると、自分以外の鮭の遺伝子であるイクラを噛み潰す習性があるそうだ。わざわざ産卵床を掘り返してまでは噛まないが、流れてくるイクラは噛み潰される運命にあるという。産卵期の食性を失ったサーモンにはその習性を利用した釣があるということである。逆に食性でこのルアーを捉えるのは、イワナやニジマスなどの魚、北日本ではハヤが鮭の卵を狙っていると聞く。
ミノースピン     そしてそんなブルーフォックス社、数ある製品の中で異彩を放つルアーがコレ、ミノースピンである。姉妹品にミノーチェイサーという御茶目なルアーもあるのだが、ミノースピンが表層、中層用、ミノーチェイサーがボトム用と考えていいだろう。シンキングペンシルとスピナーが合体したルアーをラパラとコラボして作ってしまったようだ。メップスで云えば、メップスミノーというスピナーに樹脂製の偽モノワカサギが付いたルアーがあるがボディが回転してしまう欠点があった。しかし、このミノースピンは、ラパラの優秀な異伝子を持つルアーなのでボディが回転するような、欠点は見受けられない、むしろブレードの使い方次第ではイレギュラーダートも発生させるし、波動はバイブラックス(同社スピナー)譲りのブレードで意外と強く、アピールは高い。
そして性能が気になるのだが、はっきり言わせて頂けば、釣具屋で見つけたら一つ残らず買い漁ることをお勧めする。それくらい釣れるのだ。魚種は問わないが特にブラックバスには絶大な効果があり、野池をコレ一本で釣まくっていた。スピナー=小物 なんて思ってるアングラーはおそらくスピナーを使い切っていないはずだ。
フィンランド製ミノー             そして最後にラパラになれなかったミノー達である。左半分がクサモンのピッケレ、右半分がニルズマスターのインビンシブルである。日本のルアーには無いどこか手作りの温もりがあり、尚且つ漁具としての安定度は高いルアーであると認識している。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/02/22(日) 23:12:40|
  2. 回転式疑似餌針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

スピナーというルアー

実戦部隊
スピナーを使うアングラーも最近は少なくなったのではないだろうか。そもそも僕が初のトラウトを釣ったのはスピナーである。投げて巻くだけの初心者ルアーと言われた時代もあったり糸が撚れるからと嫌煙されたりとなかなか理解されないルアーであるが、流水の管理釣場や渓流、それにバスにも効果はかなり高いルアーである。数あるスピナーの中で一番のお気に入りはブレットンの#2、そしてメップスのライトニンの#2~#1などになる。共にフランス製である。メップスやルブレックスはフランスを代表するルアーメーカーではないだろうか。実はその昔リールで有名なミッチェルも本国ではスピナーを作っていたりもするのだが流通量は少ないだろう。
ブレットン フランス製
特にブレットンはあらゆる面でオールマイティーなスピナーである。ゴールド・シルバーなどのブレードプレーンのもの、又は黒、緑、青、赤などのドットのみのデザインであるが、回転すると縞模様になり美しい。スピナーには番号(#)がある同じ種類でもその番手によって重さやブレードの大きさは異なる。大きいのは#5小さいものは#0と流速や、狙う魚種によって使い分けることが可能なのである。ブレイドは非常に軽く、立ち上がりも早い特徴を持ち定番である。もしスピナーを始めるのであればブレットンから使うとわかり易いということでお勧めしたい。
メップス ライトニン フランス製
次にメップス社のアグリアロングにラメスケールを奢ったメップス ライトニン。その昔常識を打ち破るメップスというフレーズで広告を出していた。表層を攻める時はコイツの早巻きで決めることが多かった。下北半島の川内川でヤマメ48尾ほどを午前中の半日で叩き出した実力ルアーである。川の実力かもしれないが泳ぐルアーに数匹のヤマメがまとわり付き交互にアタックしてくる様は鮮明に覚えている。
スピナー一生分
そしてこれらはしばらく困ることがないほどストックしている。
スウェーデン製                  そしてスウェーデンのABUそしてマイヤー。フランスのルアーが女性的であるのに対してどこか男性的であるイメージが強い。ABUには数種類スピナーがあるのだけど、有名なのはドロッペン、そしてリフレックス、ゾネットが有名だろうか。ダイワが輸入販売店だったミラー、パンサー。フランス製に比べると重量がどれも有り、深場に向くが日本の流れでは雪代の時期意外であれば不向きなことが多い。本流のヤマメやサクラマスを狙いキャストしていた。憶測であるが、流量の多い河川というのがスウェーデンの国内に多いのではないだろうか。ABUのスバングスタ工場の横に流れるモラム川も水量は多く太くゆったり流れていたのをなにかの雑誌でみたことがある。

では左から

ABU ドロッペン スウェーデン製
トロ場、深場用のスピナーとして広く知られている。現在売られているかどうかは不明であるが僕も残りは3個になってしまった。現在はあまり投げないが良く飛びよく沈む。
ABU ゾネット スウェーデン製
非常に重量がありベイトキャンティングでの使用も可能。ある釣友が昔好んで使っていた。なんとこれで40オーバーのブラックバスを連発させるのである。
マイヤー パンサー スウェーデン製
衝撃的な重さの15g、10gのラインナップが存在する。ブラックのボディに水玉模様が非常に美しい。
利根川のサクラマス用に使用していた。8フィートクラスのロッドで遠投可能である。
マイヤー ミラー  スウェーデン製
マイヤーのスピナーのなかで最も美しい作りである。何年経過しても飽きのこないデザインであり、ルアーとしては好みであるが使用するか?と聞かれれば使用しない。本来、スピナーとしてのルアーはブレットンくらい陽気な感じでいいのである。あまり作りこむと作品になってしまうので。

最後に渓流での使用は、バーブレスのシングルフックを使用している。その理由は釣れ過ぎるからである。リリースに時間のかかるトリプルでは効率が悪いしライトライン2~3ポンドではフッキングパワーが不足している感じがする。僕は丸せいご16号~12号又は赤チヌ6号を使用している。ただ大型狙いの場合はトリプルフックが多い。それと糸撚れだが、僕はそれでライントラブルが出るほど遠投はしないので苦に感じたことはない。むしろ、フックに絡んだり根掛かりしたりというのが少ないのでストレスは他のルアーに比べても少ないくらいだ。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/01/17(土) 06:40:52|
  2. 回転式疑似餌針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Megaceryle

Author:Megaceryle
■北は青森県~南は九州まで釣歩いた疑似餌釣師です。

源流から沖合いまで疑似餌で釣れると聞けば何処へでも向った時期は終わり、現在は筑後地方での疑似餌釣りを楽しんでいます。

沢のイワナから青物まで何でも釣ったら面白いと思います。

今までの僕は、人から釣を学び自分の釣りにしてきた。
今現在の僕は、人に自分の釣を伝えたいと思った。
此処からの僕は、誰よりも釣を楽しんでやる。

書籍 東洋式疑似餌釣研究所 2008~2010傑作選

25636961_1486831294747250_112864410_o.jpg

過去記事から編集をした電子書籍です。 こちらも宜しくお願い致します。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

サトウ・オリジナル

satouOL.jpg

お世話になっている佐藤さんのHP

Tailswing

logo09876.png

スプーンフィッシング専門サイト スプーンを愛する全てのルアーマンへ

BlueBlue

BlueBlue.jpg

「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」

ima

ima_banner.gif

株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

筑後川有明鱸の釣仲間 「筑紫次郎」氏のブログ。 過去数年間に渡る豊富な釣行データは必見です。

陸っぱり疑似餌研究所

okappribanner.gif

「筑紫次郎」氏運営のサイト。 「陸っぱり疑似餌研究所」は フィールドの選定や開発を行い 「陸っぱり」からの「疑似餌」を使った 「釣り」に焦点をあて、 「知的好奇心」よりフィールドや魚種の研究 疑似餌やタックルの研究開発を行うことを 目的に設立されております。

八丈島のアシタバ青汁

健康上級者の青汁

 

健康上級者は釣も上級者! 明日の為におすすめです。

アマゴとヤマメ釣り 渓流茶房 エノハ亭

banar03.jpg

ブログ:九州の渓流釣り「憧渓」さん運営のHP。 「えのは」とは?九州の渓流とは?を大変わかりやすく紹介されています。 只今、渓流釣りのビギナーズスクール開講中!

プロショップ オオツカ トラウトブログ:内藤 努のSweet Stream

blogtitle.gif

昔からの釣仲間である内藤氏の勤める「プロショップオオツカ」のスタッフブログ。最先端の渓流ベテランアングラー。

風来房

a2731516.jpg

千葉県房総半島発のブログ。ショアからのヒラマサを狙う男の世界です。シーバスやヒラメなど河やサーフの釣行レポートも見所です。

東京湾シーバスガイド スズヤ

suzuya.gif

四半世紀以上ガイドを続けてる凄腕の親子です。 僕がお世話になったガイド船、スズヤのHPです。 東京湾のシーバスで腕を磨きたい方はお勧めです。

naniimo

img-nanimo.jpg

自然(nature)と協調した 素敵な(nice)映像(movie)を製作している。 ㈲ナニモさんのサイトです!

Flyfishing from  Mt.Pigeons!

bnr1[1]

埼玉発、フライフィッシャーマンの「しげさん」を中心に運営されているサイトです。渓魚~里川のオイカワまで楽しんでらっしゃいます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

地域別のアクセス状況


ジオターゲティング

天気予報

月齢

fxwill.com

潮汐表

潮汐表2

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ
佐賀県-若津
提供:釣り情報フィッシングラボ

潮汐表3

過去の人気記事

最近のトラックバック

RSSフィード

バナー

ご自由にお持ち帰り下さい。

コピー (2) ~ base

リンクフリーです。 リンクに関するお問い合わせは、メールかコメントにてお願い致します。

問い合わせ・質問はこちらでも受け付けます。

内容は釣り関連と限らせて頂きます。釣り以外の事には対応しかねます。 尚、例えば「ポイントを教えて?」など内容によってはお答えしかねますので予めご了承願います。

名前:
メール:
件名:
本文: